フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

スイカズラ

f0106597_02385086.jpg

久しぶりにラーラとお散歩。

何だか、今週はギューンと寒くなり、木曜日の夜に我が家の方は零下に下がったようで、遅霜が降りてしまいました。
勿論、バジルは全滅(涙)、せっかく芽が出て双葉が開いたインゲン豆も半分以上が霜にやられて枯れてしまいました。自然は厳しい。
我が家は趣味でやっている程度の畑だからどうということはないけれど、ワインの生産者等は本当に大変だと思います。キャンティの方では、苗を守る為に、畝の間で火をおこす農家もあったとか。

f0106597_02395699.jpg
3月がとても温かくて、4月にギューンと気温が下がると言うかなりマズいパターン。せっかく付いた花が落ちてしまうので果樹は大打撃です。
それでも森には春の気配も。日本の母が大好きなスイカズラが咲いていました。

f0106597_02404912.jpg

今年は5月に来ないから、この花が好きな母へ、この写真を贈ります。

来週、またインゲンを蒔きなおして、新たにバジルを植えなおそう。ドンマイ。

ハレタルで、「イタリアの古代小麦を求めて」をアップしました。
水車小屋話、宜しかったら読んで下さい。




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



# by lacasamia3 | 2017-04-24 05:23 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)
f0106597_16580987.jpg
前回アンギアーリに行ったときは平日だったので誰も居なかったのですが、今回はパスクエッタということでイタリア人のツーリストが沢山来ていました。
と言っても凄く混んでいる訳でもなく、ちょっと賑わっているという感じ。

アンギアーリは、レオナルド・ダ・ヴィンチがヴェッキオ宮殿に描いたと言われる幻の大作、「アンギアーリの戦い」の舞台として有名です。
1440年6月29日にこの村の近郊で行なわれた、ミラノ公国軍VSローマ教皇&フィレンツェ共和国軍の戦いで、ローマ教皇とフィレンツェ共和国軍の圧勝で終わります。

f0106597_16592677.jpg
村の中心にはこの戦いに関する「アンギアーリの戦い」博物館があります。
小さな博物館ですが、模型等もあって、なかなか楽しい。

f0106597_17024140.jpg

でも、アントネッロが「この写真撮ってー」と言うのは・・・

f0106597_17031482.jpg

錠前(苦笑)。
どういう仕組みになっているのか、色々説明してくれましたがさっぱり判らなかった。

f0106597_17042812.jpg
そして、村の下側には眺めの良い場所があります。

f0106597_17061517.jpg

この、サンセポルクロに続く真っすぐの道の途中で戦闘が行なわれたのだそうです。
f0106597_17064914.jpg


昔使われていた通路も。村自体は、敵の侵入を防ぐべく、迷路の様な造りになっていますが、この通路は、きっと扉で管理していて、味方だけが村の反対側に簡単に移動出来る様なものだったのでしょう。

小さいけれど、とても見所があって、丁度良い日帰りコースでした。

フィレンツェ発のワンデイトリップでは、カステルフランコ、ローロチュッフェンナ、アンギアーリ、モンテルキ&サンセポルクロまたは、ポッピのお城という盛沢山なコースでご提案しています。




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪ 

# by lacasamia3 | 2017-04-22 06:31 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(0)
f0106597_16014244.jpg

月曜日の祭日、パスクエッタは、アンギアーリと言う村を訪れました。
フィレンツェから車で2時間程、アレッツォから30キロ程の場所にある小さな村です。
私は、サイトで紹介しているワンデイトリップの下見で行ったことがあるのですが、アントネッロとユキは初めてだったので、是非見せてあげたいなと思い、今回行くことにしました。
f0106597_16045274.jpg
小高い丘の斜面にある小さな村で、旧市街地は車道がないため、村の外に車を停めて徒歩で入ります。

f0106597_16063183.jpg
車が入らない街って、やはり古くからの街並が残るものだなあと改めて実感。
イタリアにはそんな村が沢山あるのだから、そういう村の美しさをもっとアピールするべきなんだけど・・・
f0106597_16075491.jpg
所々の家の軒先には、鉢植えの花が飾られいて、石造りの建物に華やかな色を添えています。

f0106597_16090717.jpg
花も多いけど、猫も多い(笑)。振り返ると必ず路地に1匹います。
この子が寛いでいた扉の上には「猫に注意!」の看板が。大人しそうに見えて、何気に猛者なのかも・・・

f0106597_16123943.jpg

アントネッロは、いちいち扉に反応。


f0106597_16142298.jpg
彼曰く、ここの村の家の入り口の多くは、真四角ではなくて、左側の扉の様に、ちょっと変わった形なので、オーダーの扉じゃないとダメなんだそうで、そういう意味では木工職人の仕事が多そうだなあということ。

f0106597_16402522.jpg
錠前のシステムもなかなか複雑。
いちいち、1軒ずつ扉の前に立ち止まるので、なかなか前に進めません(笑)。


f0106597_16205697.jpg


扉ばかり見ているアントネッロに対して、ユキがビビッと来たのはアンギアーリの村の紋章。
フィレンツェのに似ているけどちょっと違う・・・と。
確かに比べて見ると(左がアンギアーリ、右がフィレンツェ)殆ど同じアイリスでもちょっとだけ違う。
アンギアーリは1385年から完全にフィレンツェの支配下に置かれるので、紋章も殆どフィレンツェと同じです。

f0106597_16282411.jpg


そして、アントネッロは、また扉見てるし・・・。

沢山写真を撮ったので、残りは次回に。
 
「たびねす」で、アンギアーリの見所をまとめてみました。宜しかったらご覧下さい。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


# by lacasamia3 | 2017-04-21 16:29 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(0)
f0106597_03153031.jpg

初夏の様な暖かい(というかちょっぴり暑い)日が続いていたフィレンツェですが、昨日の雨から、急に冷え込み、今日も何だか寒い一日でした。
昨日の真夜中のチェックインには、仕舞い込んでいたダウンコードを引っ張りだす程。

昨日、お隣のパオロが野菜の苗を沢山市場から買い込んで来てくれたけれど、昨日植えなくて良かった。
暖かくなるまでちょっと温室で待ってもらいましょう。
f0106597_03172187.jpg

それでも春。
キッチン前の葡萄の木は、蕾だった葉を開きました。


f0106597_03141478.jpg
ライラックの花は次から次へと咲き、切り花として部屋に飾れるのがとても嬉しいです。

さ、今日は早めに寝よう。
おやすみなさい・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


# by lacasamia3 | 2017-04-20 05:16 | フィレンツェという町 | Comments(2)