フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2016年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

山の夕焼け

f0106597_04011101.jpg
「ドーモー」
f0106597_04042797.jpg
「毎日元気です。
皆が出掛けた後は、昼までグーグー寝て、遅めに帰ってくるユキとマンマにご飯をもらいます。今日はいつもの犬用のお米がなかったので、スパゲティを茹でてもらいました。マンマが仕事に出掛ける前、夕方に、ちょっとだけ裏の森にお散歩に行きます。夜、家族が揃ったら、嬉しくて、ワンワン吠えます(でも吠えるのはこの時だけです)。ご飯をもらって、皆と一緒にご飯を食べて、ちょっと可愛がってもらいます。抱っこもしてもらいます。寝る前におトイレに行って、電気が消えたら寝ます。」
f0106597_04103354.jpg
毎日、ラーラが日暮れ時にずっと眺めている石窯の上から、どんな風景が見えるのか写真に撮ってみました。右横に写っている謎の物体は、ラーラが気に入って持ち歩いている枯れた枝。

高校が始まって半月が経ち、ユキも随分とクラスに慣れて来た様です。
朝と昼のフィレンツェのバスの渋滞には閉口しているけれど、何とか5時半起きをキープして、頑張って学校に行っています。クラスの雰囲気がとっても良いようで何より。女の子と男の子が半々位で、皆、とっても優しいんだそうです。この位の年だと、意地悪なグループとか女の子同士でもあったりするけど、ユキのクラスは皆、優しくて、そうしたギスギスした感じがないみたい。ちょっとホッ。
小学校の頃、控えめなD君と仲良くなった様に、高校でも同じクラスの、とっても無口なE君と仲良くなって、一緒に駅まで帰っています。普段喋るのはユキの方で、でもたまにE君が喋ると、 結構的を得た事を言うんだそうです。他にも女の子で2人仲良しさんが出来て、この前は学校帰りに、皆でボンディでピザ食べて帰ってきました。

小学校から中学校よりも、中学校から高校の方が親はハラハラするもんなんだなー。
まあ、ユキの性格からして、それ程心配はしていなかったけれど。相変わらず、地味友としみじみ仲良しになって(笑)、毎日楽しそうに学校に行っています。

高校生活、元気にスタートしました!

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2016-09-30 04:17 | イタリア犬物語 | Comments(0)

9月の畑

f0106597_05103829.jpg
すっかり植えたのを忘れていた黄色いクロッカスが、畑の隅っこに咲いていました。雑草に埋もれていたから気がつかなかった!
f0106597_05124065.jpg
9月に入り、暑さはもう随分と落ち着いて、昼と朝晩の寒暖の差が激しくなってきました。
フェンネルの苗を植えて・・・
f0106597_05140263.jpg
ルッコラと人参の種を蒔きました。あとビーツも。
f0106597_05172022.jpg
2週間程前に種を蒔いた人参は、もう本葉が生えて来ています。やっぱり人参って秋蒔きが作り易いね。
f0106597_05151164.jpg
トマトは流石にもう熟さないので、取り除きました。でもナスはまだ小さめ実がなっているので、あとちょっと。
f0106597_05190107.jpg
キュウリもまだポツポツなっているのです。今年は本当にキュウリの当たり年。食べても食べてもなくならない!存分にキュウリを堪能しました。
f0106597_05211191.jpg
黒キャベツは随分と大きくなってきました。
そろそろ葉っぱを収穫し始めようかな。大きめの葉で長さ50センチ程です。
f0106597_05241096.jpg
今晩は石窯ピッツァ。
f0106597_05260035.jpg
「ギャッ!グレムリンのギズモみたい」って言ったら、ユキが「何それ?」と。君、グレムリン知らないのね・・・。

さあ、明日からまた新しい1週間。元気で頑張りましょう!

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-09-26 05:27 | フィレンツェで畑 | Comments(3)
f0106597_05290225.jpg

もうさすがに9月上旬でズッキーニはおしまい。
今年もズッキーニの実も花もよく食べました。

f0106597_05300204.jpg
ズッキーニの花は朝採りするのが一番新鮮です。アリ達よりも早く起きて(笑)花を摘みます。
冷蔵庫に入れておけば夜まで大丈夫。

いつもはリコッタチーズを詰めて、パン粉をまぶしてフライにするのですが・・・
f0106597_05311954.jpg
今年は、最近ヘルシー志向のアントネッロが、同じくリコッタチーズを詰めた花を、トマトソースで煮込んでみました。
f0106597_05322731.jpg
コレが意外と美味しかった!
来年も、ズッキーニの花を沢山食べたいな。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2016-09-25 05:33 | 密着レポートレシピ集 | Comments(1)

9月って・・・

f0106597_03273607.jpg
予想はしていたけれど、毎年グチャグチャになる9月、10月。フィレンツェが一番のハイシーズンで、気候も良く、食べ物もおいしいので、この街を訪れて下さる方が沢山いらっしゃり、本当に感謝しています。
カレンダーは真っ黒。それに加えて、9月からユキの高校が始まり、毎朝5時半起きで、6時25分発の列車に一緒に乗り、私はフィレンツェにそのまま仕事、ユキは学校へという毎日です。間に、医療通訳も差し込みで入り、バタバタと昼頃に一旦家に戻り、また午後フィレンツェに戻って、深夜まで仕事という毎日。
f0106597_03305936.jpg
ラーラをかまってあげられなくて、可哀想なので、5分でも一緒に森に行く様にしています。

早起きが苦手なユキは、すぐに根を上げるかと思いきや、今の所は頑張って学校に行っていて、まだ遅刻はしていません。でも先日は帰りの列車のホームを間違えて、乗るべき列車に乗り遅れ、1時間フィレンツェの駅で待っていました。そんな事も含め、色々経験値を上げています。
さすが理数系だからか、数学の進みが早くて喜んでる(爆)。そんな余裕もきっと今のうちだと思うのですが。
新たな教科として、ラテン語が始まりました。クタクタになって帰って来るので、まだ陸上を再開する元気はない様です。10月から始めるって。
クラスの友達とも打ち解けて(初日から宿題写させてってクラスの誰かからメッセージが来たらしい・コラコラ)、楽しく高校に行っています。

さあ、明日も早起き頑張ろう!

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪








by lacasamia3 | 2016-09-23 03:39 | 私の独り言 | Comments(3)

雨のち晴れのち雨

f0106597_21584622.jpg

洗濯物を出したり入れたり・・・
1時間ごとにざーっと雨が降って、また陽が射しての繰り返しなので、落ち着いて洗濯物が干せない!
本格的に秋のフィレンツェです。
f0106597_22094585.jpg
「ラーラ?そんな姿勢で何見てるの?」
f0106597_22102864.jpg
「エ、ナニカ?」

f0106597_22123394.jpg
今朝はアントネッロとキノコ狩りに森へ行ったので、とても満足げです。

f0106597_22151077.jpg
キオディーニというキノコを採ってきました。
トマトソースとパンチェッタ、それにキノコで手打ちタリアテッレにしました。

ユキは今週、高校が始まり、朝5時30分起きで通学しています。
さあ、明日から、また頑張ろう!

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪









by lacasamia3 | 2016-09-18 22:17 | フィレンツェで畑 | Comments(6)

今年もトマトまみれ

f0106597_02380799.jpg
先月の事だけれど、コレをアップしないと夏が終わらないので・・・
今年もトマトにまみれました。
f0106597_02390009.jpg
いつもだったら、湯剝きしたトマトをそのまま瓶に詰めて煮沸していたのですが、今回は、トマトを潰し、種と皮を取り除く簡単な手動の道具を購入したので、茹でたトマトをその道具に通し、ソース状にして・・・
f0106597_02404297.jpg
煮詰めてみました。
ココまで手をかけた年はなかったかも。今回、手際の良い日本のスーパーマンマが二人も居たので、お言葉に甘えて、手伝ってもらい、非常にはかどったんです。
暫く煮詰めてトロリとして来たら火を止めます。
f0106597_02415245.jpg
瓶に詰めて、
f0106597_02425104.jpg
再びグラグラ。瓶の蓋の上まで水を張り、下から火をおこして沸騰させます。
f0106597_02431405.jpg
出来た♩
このトマトソース、夏を思い出しながら、冬に食べると何とも美味しいのです。

お手伝い、有り難うございました♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-09-16 02:46 | フィレンツェで畑 | Comments(5)

新たな1歩

f0106597_23043235.jpg
ブログの更新が遅れてしまいゴメンなさい。
2日間程、アパートのチェックインに加えて、緊急の医療通訳が入ってしまい、早朝に家を出て、夜中に帰宅するというペースでした。
今日は、カレンダーになーんにも用事が書いてない日♩久しぶりに一日家です。

とは言っても、明日から高校が始まるユキが、お友達と一緒に、明日のフィレンツェまでの行き方のお試しだとかで、7時の列車に乗って、フィレンツェでの乗り換えの練習に出掛けて行ったので、結局6時に起きて、下の村の駅まで送りました。
フィレンツェを挟んで全く反対側にあるお友達の高校に先ずバスで行き、また中央駅に戻って、今度はユキの高校へ行ったらしいです。

車での送迎が普通で、ユルユル過保護なイタリアなので、高校生になって、いきなりバスや列車を乗り継いで通学するのは、彼らにとってかなりの冒険なのです。
明日の朝はきっとドキドキしたピカピカの高校一年生がフィレンツェの街を歩いている事でしょう。

新しい1歩。良いねえ。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-09-15 01:34 | フィレンツェで畑 | Comments(4)

ポルチーニ茸の炭焼き

f0106597_22291411.jpg
もう1ヶ月近く経ってしまうのに、まだまだ8月半ばの写真がアップし終わらない。
それだけイベント沢山で、楽しかったという事だと思います。
f0106597_22312795.jpg
いつも、母がイタリアに来ると、日本に帰った後で、「あーこれも食べさせたかったなあ」と思う事が沢山あるのですが(今回もあった)、今回は絶対食べてもらうぞっ!と思っていたのが、コレ、夏ポルチーニ。
f0106597_22324140.jpg
8月に雨が降った年にだけ出る8月のポルチーニ茸です。秋のものよりも水分が少ないので、火を入れてもコリコリと歯触りが残って、より美味しいんです。これは森で収穫したのではなく、買って来たものです。
f0106597_22332644.jpg
表面にオリーブオイルを塗ります。刷毛で1個ずつ丁寧に塗るあたりが親方。
f0106597_22342129.jpg
勿論、外のバーベキューで炭火焼。
f0106597_22445801.jpg

写真じゃ何だか分からないのですが(笑)余りの美味しさに、一気になくなりました。

f0106597_22494131.jpg


この後、スペアリブやビステッカも焼きました。お婆ちゃん達も頑張って食べた!(歯が丈夫でビックリです)。
肉を切るのは家長の役目。
f0106597_22501949.jpg
デザートは、頭上の葡萄。
楽しい夕べでした。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-09-09 22:51 | 山の食卓 | Comments(4)

f0106597_02064413.jpg

普段は静かな我が家の村で、今年の夏、きっと10年に1度位の大事件がありました。
村のエリア内にある山の中の、フィレンツェ〜ボローニャ間の特急列車が通るトンネルで、ある少年が列車に接触して亡くなったのです。

彼の名前は、アブド・ヤヤ・アブデラツィツ君、14歳。

今年の7月にアフリカのスーダンからボートでシチリアに漂着し、恐らく北を目指していたのでしょう、列車の線路をたった1人で歩いていたのだそうです。8月2日の夜、特急列車とトンネル内で接触してしまい、亡くなりました。
やっと彼の名前が分かり、手続きが終わり、亡骸を一昨日、村で唯一の墓地に埋葬する事になり、村の人たちや村長さんが沢山小さな墓地に集まりました。

ユキにこの話をしたら、少し涙ぐんで黙っていました。彼女なりに色々感じる事があるのでしょう。ユキも来月で14歳。普通であれば、学校に通い、将来を夢見て、家族と安らかな生活を送る年齢です。内戦と貧困に追われ、サハラ砂漠を渡って、シチリアの海を渡り、イタリア半島を縦断して、たった1人で歩いていたアブド君。北を目指した彼の、長い、長い旅は、残念ながら、このトスカーナの小さな村で終わってしまいました。

書きたい事は沢山あるけれど、言葉にしてしまうと、何か薄っぺらくなってしまいそう。
今度、ユキと一緒に、村のお墓にお花を持って行こうと思います。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2016-09-09 02:24 | 私の独り言 | Comments(5)

平和が一番だと思った

f0106597_01015584.jpg
母はとっくに日本に帰ってしまったけれど、今回、結構あちこち一緒に行ったり、色んな事を一緒にしたので、まだまだ写真が一杯あります。
ここは最初の1週間、母とTさんが泊まっていたフィレンツェのアパートのプライベートテラス。(大人気のこのアパートは現在、2017年の11月末まで予約が一杯なんです)
滅多に街に出てこないから(笑)ドゥオーモを背にしたアントネッロ、貴重な写真かも。テラスでアペリィティーボ&夕食にしました。鐘の音を聞きながら眺めた刻々と変わって行くフィレンツェの空の色が美しかった!
f0106597_01043745.jpg
その後、皆でジェラートを食べにお散歩に出ました。
エドアルドのジェラート、相変わらず手焼きのコーンが美味しい。
f0106597_01053555.jpg
皆でブラブラ歩いた真夜中のフィレンツェ。
フィレンツェは、治安が良いので、暗くなっても普通にリラックスして歩ける街です。こうして見ると、今年も、世界中からのツーリストがフィレンツェを訪れています。ジェラートを食べたり、お散歩をしたり、ヴェッキオ橋でチューしたり(笑)、大道芸人を見て大笑いをしたり、それぞれが楽しもうとこの街を訪れて、幸せな時間を過ごしています。
こういうハッピーで平和な時間がいつまでも続いて欲しいと、心から思うのでした。
f0106597_01134502.jpg
私の車で、トントコこんな所にも行きました。
私が大好きな小さな村、ローロチュッフェンナ。
f0106597_01150075.jpg
村の中心には川が流れていて、水車小屋があり、今でも小麦粉を挽いています。橋の手前の左手に降りて行く坂道に「mulino=粉挽き所」という表示があったので行ってみました。
f0106597_01162355.jpg
丁度開いていて、粉引き所の中を見せてもらえました。
石臼は3つあって、トウモロコシの粉、小麦粉、栗粉を挽く為に、それぞれ使っているのだそうです。
f0106597_01174029.jpg
お爺ちゃんは2代目。
今は三代目の息子さんがこの粉挽き所をやっています。息子さんは木工職人だったそうですが、仕事を辞めて、お父さんの跡を継いで、この粉挽き所で小麦粉を挽いているのだそうです。ここで挽いた粉を買う事も出来ます。

いつ開いてるの?って聞いたら、「毎日」だって。息子さん曰く、お父さんは体が続く限り、毎日粉挽き所に来てここで座っているんだそうです。
また、たまに「元気かな?やってるかな?」ってたまに訪ねて行きたくなる場所が増えました。

あとちょっと母との「夏の思い出話」が続きます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-09-08 01:22 | フィレンツェという町 | Comments(8)