フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2016年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

一日が長いです

f0106597_06421826.jpg
一日がとっても長くて、遅くまで明るいサマーシーズンのフィレンツェ。
タップリ楽しめるのは良いことだけれど、うっかりするとどんどん夕食の時間が遅くなってしまいます。最近は、昼も夜も、キッチン前の外のテーブルで食事をしています。(洗濯物も干してる・笑)
f0106597_06484762.jpg
今晩は、昼に茹ですぎちゃったパスタを利用して、パスタのフリッタータ。日本で言う所の、「余りご飯でチャーハンを作りました」という感覚でしょうか。茹ですぎちゃったパスタにソースを絡ませて、卵とパルメザンチーズのすり下ろしを混ぜて、フライパンで焼くだけ。これを切り分けて食べます。カリカリにするのが美味しくするコツです。パスタとして食べる以上に美味しくなる残り物のオムレツ。

f0106597_06452517.jpg
ラーラも自分のご飯を食べてマッタリ。
f0106597_06495127.jpg
やっと暗くなって来た。
我が家の森はまだだけど、フィレンツェの近郊では既にセミが鳴き始めました。いよいよ本格的に夏です。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2016-06-30 06:52 | トスカーナ山暮らし | Comments(2)
2週間程前、仕事でずっと病院通いだった期間、家族が寝ている間に起きて、1人で早朝に車で出掛ける時は、美味しい朝ご飯を食べてから仕事に行くことにしていました。そう思うと、前の日から楽しみになるから。
今回の仕事で、急に2日間、ヘルプをお願いし、快く受けて下さった通訳さんから、美味しいバール情報を入手!通っていた病院の近くにも1軒、美味しいバールがあり、そこはフィレンツェの中心部からもお菓子を買いに行く人が居る程、有名なお店なのですが、その話をその方としていたら、「地元の人は、そっちじゃなくて別のお店に行くんですよ」と。それを聞いたらぜひとも行かなくちゃ、ということで、早速、美味しい朝ご飯を食べに、教えて頂いたお店に行きました。


f0106597_20070350.jpg
ショーケースにずらりと並んだペストリー。
ヤッター。
基本的に甘いものがメインで並んでいます。塩味のパニーニなどはお昼前から。
f0106597_20082535.jpg
朝7時30分頃だったんですが、既にこんな素敵なお菓子も。
朝から食べるんですよね。ババというナポリのお菓子に、生クリームとフルーツのせ。
f0106597_20101217.jpg
この日の朝ご飯は、クリーム入りのブリオッシュ&カプチーノ。イタリアの典型的なバールの朝ご飯です。
ブリオッシュには、外皮がパリパリのタイプ(口の中に刺さっていたいくらい・笑)としっとりタイプがあって、お店によって結構特徴があります。ここは断然しっとりタイプ。しかも、お姉さんが手渡しでナフキンでつまんだブリオッシュを渡してくれるのですが、ここのはずしっと重いんです。見た目以上に中にぎっしりと美味しいクリームが詰まっています。
f0106597_20132749.jpg
周りはこんな感じの普通の住宅地。
犬の散歩の途中のサンダル履きのおばさんや、新聞を読みに来たおじさん、ジョギングの後でそんなの食べたら痩せないでしょ!と言いたくなる若者などで、朝から賑わっています。この力の抜け具合がまた心地よいお店。

まだまだフィレンツェにも知らない美味しいバール、あるんだなあ。教えて下さったAさんに感謝♩

Caffe' Imperiale
Via Ludovico Cigoli, 33, 50124 Firenze
6:30-20:30
無休
フィレンツェの中心部からだと6番のバスで行くことが出来ます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2016-06-28 20:25 | フィレンツェの美味しいお菓子 | Comments(1)

f0106597_18282988.jpg

昨日で、ユキの中学三年生卒業試験が終了しました。
頑張った!
自分の発表&口頭試問だったのですが、緊張せずにベストを尽くせた様です。晴れ晴れした表情でした。
発表と口頭試問は、1人30分以上。終わった後は外に出されて、扉が閉まり、先生方が採点の協議を30分くらいかけて行います。一方、発表の間は扉が開け放されていて、家族や友人は扉の近くに張り付いて発表の様子を聞くことができます。
ユキは物理中心でしたが(相対性理論・・・のほんの触り+歴史+美術)、アメリカに憧れている子はアメリカの近代史と現代美術や、釣りが好きな子は地理と生物学など、それぞれの好みが顕著に表れていて、どれも個性に溢れていました。自由な課題を与えると、色んなアイデアを出して来るのがこの国の人たちです。それぞれ多種多様で面白かったです。

思えば、この山の学校に、小学校1年生から今まで、小学校5年間+中学校3年間で、合計8年間もお世話になっていたんですねえ。
大雪もあったし、色んなことがあったけれど、優しい先生方、良い友達に囲まれて、素晴らしい学校生活を送ることが出来ました。

f0106597_18294718.jpg
2008年の9月、自分で着るものを選んで、初めて小学校に行った日。
ピッカピカの一年生。
f0106597_18440753.jpg

森が校庭という環境の中で、穏やかで充実した学校生活を送りました。
雨の日も大雪の日も、毎日通った校舎とも今日でお別れ。

9月からは、それぞれが、それぞれの道を進みます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-06-25 18:40 | イタリア中学生日記 | Comments(13)

畑に戻る

f0106597_05300957.jpg
毎日ブログを見に来て下さっていた方、本当に有り難うございました。
やっといつもの生活に戻れました。
久しぶりに畑に降りたら、雑草がジャングルのよう!マツムシソウが沢山咲いています。
f0106597_05315931.jpg
夜間の気温が、いつもの6月に比べるとまだまだ低いので、夏野菜の生育は遅れていますが、それでもキュウリの赤ちゃんがなっていました。
f0106597_05332087.jpg

ズッキーニは数日前から食べ始めています。
表面がツルッとして切り口は円く、外皮が濃い緑色のミラノの種類のズッキーニも植えましたが、私は、このごつごつして色が薄いフィレンツェ種のフィオレンティーノの味が好きです。切り口は星形になります。
f0106597_05344520.jpg
プチトマトも大分実がついてきましたが、色はまだ緑色です。早くトマトが食べたいなあ。
今年はまだトマトを食べていません。
f0106597_05370731.jpg
人参は、ほら!ちょっと人参らしくなって来ました。
でもまだまだ、もうちょっと大きくなるまで収穫するのを我慢しています。人参を植えたのは4月14日だったので、約2ヶ月ちょっと。
長かったなあ・・・。
人参の栽培は本当に根気が要ります。

f0106597_05400474.jpg
野菜売り場は採り放題。ビエトラとほうれん草を育てています。
もう何回も刈り取ったのに、下からどんどんと生えてきます。まだまだ暫くは食べられそう。
f0106597_05435132.jpg
畑に居られる幸せ。
畑は、6月、7月が一番楽しいと思います。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-06-22 05:45 | フィレンツェで畑 | Comments(4)

ホッと一息

f0106597_04310014.jpg


ここ10日間程関わっていた医療通訳の仕事が一段落しました。
まだ、事後処理が残っていますが、患者さんは今朝、退院して出発されました。今回はフィレンツェの反対側の病院だったので、毎日通うのが大変だったけれど、何とか無事終了。

毎回、たまに入って来るこの仕事をしながら思うのは、いかにイタリア人の看護師や医師に助けられているかという事。日本の様に「患者様」という意識はなくて、「病気や怪我が早く直る様に手伝ってあげる」という感覚。一見、スパルタ&無神経に見える彼らの介護の仕方も、よく見ると、理にかなっていて、愛情に溢れていると思うんです。
日本で入院した事がないので判らないのですが、女性の病室でも、半分は男性の看護士というのは日本でもありえるのかな?ベッドとベッドの間にはカーテンなどはなくて、着替えとかも全部そのままで(汗)。

5人の相部屋でしたが、かえって個室よりも寂しくなかったかもと思える程、皆、周りの患者さんや、患者さんのご家族が優しくしてくれました。
向いのベッドのピエリーナお婆ちゃん(98歳!)は、一日目は、一晩中お祈りをするので、どうなる事やらと心配していたのですが、翌日には落ち着いて、夜はちゃんと寝てくれました。目が合うと手を振ったり、投げキッスをしてくれたり。私がベッドに近づいて少しお喋りをしたら、何かの機会で思い出したのか、「私は戦争も体験したし、色んな事があったけど、フィレンツェの洪水の時程怖かった事はないわよ。水位がヒタヒタと音もなく、知らないうちにちょっとずつ上がって来て、3階の私の家のすぐ下まで来たときは本当に怖かった。」と話していました。
お隣のベッドのシニョーラは、息子さんがフィレンツェの五つ星ホテルのレセプションで働いているらしくて、ちょっと日本語が出来るんだそうです。私が居ない間に、患者さんに、「早く治って下さい」と日本語で丁寧に書いた可愛らしいカードを息子さんが渡してくれました。

今朝の退院の時には、看護師さんが全員集まってくれて、ご挨拶。皆、本当に良い人たちばかりでした。
今回も、これでおしまい。明日からはやっとノンビリモードに戻ります。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2016-06-20 04:58 | 私の独り言 | Comments(6)

元気です

すっかりブログの更新をご無沙汰していますが、 元気です。
なかなか落ち着いてパソコンに向かう時間がなく、 携帯からは何故か写真がアップできなくて。
日曜日に今、 担当している仕事が一段落するので、 またいつものノンビリブログに戻りますね。
それまで、 ツイッターとインスタグラムでちょこちょこアップします。

by lacasamia3 | 2016-06-15 16:05 | 私の独り言 | Comments(1)

イタリア式中学卒業

f0106597_19222807.jpg
(最後の美術の課題をやっているユキ)

我が家のチューサンは金曜日で中学校卒業でした。
卒業と言っても、卒業式がある訳でもなく、ただ単に、最後の授業が終わったら、皆で一斉に「イエーイ!」と叫んで、おしまい。
そして、村の中の公園に全員で行き、ガベットーネという水かけ合戦。何故水を掛け合うのか、フィレンツェだけなのか?良くわかりませんが、フィレンツェでは中学も高校も、学校が終了すると、水掛け祭りです。別に誰が企画する訳でもなく、学生達がそうするの。
なので、全身びしょ濡れで帰ってきました。
f0106597_19281464.jpg
そして夜は、村の公民館でパーティ。珍しくワンピースを着て(私は仕事で居なかったので写真はありませんが)、DJもクラスメイト、1学年50人全員+先生方が参加して、歌ったり踊ったりの大騒ぎだったようです。親は食べ物と飲み物の差し入れのみ。後は、子供主体のパーティでした。
本当に楽しかったらしい。終了は0時30分(汗)。
f0106597_19311149.jpg
・・・で、いよいよ夏休みかと思いきや、中学の終了試験が来週から始まるのです。5日間の筆記試験の後、個別の質疑応答があります。
このタイミング、何か不思議ー。

ということで、夏休みまでまだ後ちょっとです。


気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪







by lacasamia3 | 2016-06-12 19:36 | イタリア中学生日記 | Comments(5)

エンジェル

なかなかブログの更新が出来なくてスミマセン。
普段の仕事に加えて、緊急の医療通訳が一昨日から始まり、来週半ばまで、病院通いの毎日です。
いつも医療通訳の仕事に当たると、イタリアの救急隊員や看護師さん達の陽気な笑顔に癒されます。

今、私が担当している患者さんが居るのは、整形外科。骨折をしたお年寄り4人と相部屋です。
お婆ちゃん達は、毎日面会に来て賑やかな家族の前ではニコニコなのですが、家族が帰ってしまうと、特に夕方はちょっとメソメソになっちゃいます。シクシク泣いているお婆ちゃんを見つけると、若い女性の看護士さんが、「ほらー、また泣いてるっ!」と陽気にやってきます。お婆ちゃんが、「何だか判らないけど悲しくて涙が出ちゃうの」と言うと、彼女は、「あら良いわねっ!私なんか、悲しい事がありすぎて、泣いて泣いて、涙が涸れちゃったわ」とカラッと言っていました。
その瞬間、彼女の笑顔の奥深さの様なものが感じられ、彼女の人生もまた色々あったのだろうなあと想像してしまいました。

一昨日お世話になった救急隊員の若い男の子二人も、しゃがむとお尻が半分見えそうなくらいイマドキのズボンの履き方をしているお兄ちゃん達でしたが、急で狭い3階分の階段を、「うわーちょっともうダメ、××××〜!!!」と大騒ぎをしながら、持ち難い縦型の担架をしっかりと優しく運んでくれました。

彼らもまた、フィレンツェの医療を支える人たちなんだなと思います。
あと数日、頑張りまーす♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2016-06-11 06:59 | 私の独り言 | Comments(3)
f0106597_06092946.jpg

今朝はお天気だったのに、昼過ぎに空が急に暗くなり、この写真を撮った数秒後に土砂降りになってしまいました。

f0106597_06105532.jpg

そして7時頃、再び晴れる。
洗濯物を干したまま出掛けられないここ数日のフィレンツェです。

キュウリやトマト、ズッキーニは雨で気温が上がらないのと、日照不足で、成長のスピードが遅いのですが、葉もの野菜はとっても元気。
f0106597_06124879.jpg
こちら、ビエトラとほうれん草売り場。
いくら採っても、どんどん下から生えてきます。
f0106597_06151313.jpg
根っこから抜かずに、この位、残して、ザクッと上を切ります。
そうすると・・・
f0106597_06164176.jpg
ほらっ!内側からまたモシャモシャ生えて来て、
f0106597_06260473.jpg
再び食べられる大きさに育ちます。この繰り返し。昔は、種を蒔いて、生えてきたほうれん草を抜きながら食べていたのですが、こうして1本ずつ大事にそれぞれの苗を大きく育てた方が、効率が良い様な気がします。
f0106597_06283157.jpg
人参はまだまだ。それでもちょっと人参らしくなって来ました。
本当に、畑で人参を育てるって、忍耐が必要だなあと思います。人参農家の皆さん、凄いです。
f0106597_06295174.jpg
こうして畑の色々な野菜が食べられるシーズンになると、とんとスーパーに行かなくなるので、トイレットペーパーとかシャンプーとか洗濯機用洗剤とか、基本的なものが本当にギリギリになってから足りないのに気がつくと言うパターン(笑)。
f0106597_06311535.jpg
雨は降ったけれど、綺麗な夕焼けを見る事が出来ました。
この時期フィレンツェにいらっしゃる方は、丈夫な折りたたみ傘をお忘れなく。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-06-07 06:33 | フィレンツェで畑 | Comments(3)

お天気回復♩

f0106597_05271265.jpg

やっと天気が回復しました。
今日は、アントネッロと、ジャングルの様になっていた我が家の庭の草刈り。ひゃー、疲れた・・・。

f0106597_05384069.jpg
ラーラも久しぶりの青空で、嬉しそう。
f0106597_05430447.jpg
もう植えてから約9年になる「ユキのバラ」。今年も沢山の大きな花が咲きました。農薬などは何も撒いていないから、花弁はガジガジと虫に食べられちゃっていますが、香りはとても良いです。
大雪にも干ばつにも負けず、バラって本当に強いですね。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-06-06 05:43 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)