フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2012年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

f0106597_18585341.jpgマテーラ話のおまけですが、コーヒーが飲みたくてバールに入った時のこと。
コーヒーは飲みたいけれど、余りに暑くて、冷たいものが飲みたい!そんな時、マテーラに限らず、南イタリアのプーリアでは、caffe al ghiaccio (カッフェ・アル・ギアッチョ)というものがあります。caffe' con ghiaccio (カッフェ・コン・ギアッチョ)とか、caffe' e ghiaccio (カッフェ・エ・ギアッチョ)とも呼ばれるタイプのコーヒーです。
何かというと、ただ単に、普通に淹れたエスプレッソコーヒーに、氷を入れた小さめのグラスを添えてくれるんです。まずは、エスプレッソコーヒーに好みの量の砂糖を入れて、グルグルかき混ぜ、砂糖を溶かしてから、氷のグラスに自分で注いで飲むというもの。

イタリア人にとって、氷が溶けてコーヒーが薄くなっちゃうのは耐えられないらしい(笑)。

フィレンツェでは見ない習慣ですが、プーリアでは一般的です。同じ国なのに、面白いなあ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-06-29 19:07 | ユキちゃんと海 | Comments(9)
f0106597_1112014.jpg



ちょっと引きずりましたが、今回が最後の小旅行話。
私たちは、マテーラの後、そのままアルタムーラに寄りました。マテーラ、アルタムーラ間は無料の高速道路があり、車で約20分ほどです。
周りは広大な小麦畑が広がっています。


f0106597_1115853.jpg



牛の群れも見ました。
マテーラやアルタムーラ周辺は、ローマ時代にはローマのために小麦が栽培されていたそうです。小麦を栽培し、脱穀したりする道具は石器時代のものが見つかっているので、本当に古い歴史を持つ小麦の産地なのです。


f0106597_113534.jpg



アルタムーラは小さいけれど、とてもエレガントな美しい街です。


f0106597_1134249.jpg



2本の塔が美しいアルタムーラのカテドラル。私たちが訪れた時は、丁度結婚式が行われていました。


f0106597_1161299.jpg



今回、アルタムーラを訪れた目的は、「南イタリア、記憶の食卓」で取り上げた老舗のパン屋さん、FORNO SANTA CHIARAを訪れたかったからです。


f0106597_117042.jpg



変わらない佇まい。創業1423年!
いつものおじさんがパンとフォカッチャを大きな石窯で焼いていて、夏休み中の息子さんが手伝っていました。


f0106597_1192880.jpg



野菜のせのフォカッチャ。写真では判りにくいのですが、普通のピザの1.5倍位の大きさです。
これだけ具が多いのに、下のフォカッチャが沈まず、上面はカリッと焼けていて、中はしっかり歯ごたえがありながら十分発酵されている感じ。
厚めに切ったズッキーニ、なす、トマトなどの野菜とモッツァレラチーズの上に、パン粉とオリーブオイルを振りかけて焼き上げてあります。パン粉を振り掛けるという絶妙な技に、アントネッロもひれ伏していました(笑)。
ここのフォカッチャ、言葉は要りません。本当に美味しいです。
食いしん坊が二人で食べてお腹一杯になるフォカッチャは、トマトのみは6ユーロ、野菜たっぷりは10ユーロ。


f0106597_120790.jpg



本の中でも書きましたが、昔、プーリアでは、各家庭でパンを捏ね、それをパン屋さんに持っていったり、パン屋さんの子供が集めて周って、窯で焼いてもらっていたのです。
だから、各家庭では自分のパンを区別するために、印をつけていたそうです。

↑これは、前日にマテーラの考古学博物館で見つけた、1800年代の木製の判子。Timbro del pane (パンの判子)です。印は、それぞれの家長の名字だったり、シンボルだったり、持ち手も鶏とか、ヤギとか、オリーブの絞り機とか、ワインの壷とか・・・それぞれ工夫されています。
持ち手のモチーフは、各家庭の職業と関係しているのかもしれません。


f0106597_1212522.jpg



マテーラとアルタムーラは、パンに興味のある人には是非訪れていただきたい可愛い街です。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-06-28 02:10 | ユキちゃんと海 | Comments(10)
f0106597_0202065.jpg



またまたマテーラ話の続きを・・・
私たちが二日目の朝に訪れたのは、Parco Nazionale delle chiese rupestri del Materanoという自然公園。
マテーラを訪れる方には是非お勧めの場所です。


f0106597_01994.jpg



gravinaと呼ばれる石灰岩のキャニオン。マテーラの街はこの巨大な渓谷の上にあるのです。


f0106597_0213614.jpg



やや腰が引けているアントネッロ。
男子は、こういうところに立つと、ギューンとなっちゃうんだそうです(爆)。女子にはわからんよ。


f0106597_0221777.jpg



ケッパーがこんな所に生えていました。


f0106597_0235579.jpg



↑このようにあちこちに大小の洞窟があります。


f0106597_0255775.jpg



マテーラの街の中の洞窟は、かなり家らしく改造されていますが、郊外の洞窟はそのままという感じ。家畜小屋として使われたり、戦の時の避難所だったのだそうです。
アントネッロ、なんか馴染んでいます。松明とか持って欲しい(笑)。


f0106597_0274323.jpg



中から外を見たらこんな感じ。眺めも良いし、「穴があったら住みたくなる」気持ち、なんとなく判るな~。1DKから、2LDK、4LDKなどなど、様々な大きさの「穴」があります。「ここにしよう」とか、「こっちの物件の方が良いよ」など、色々選んでしまいました(笑)。


f0106597_0283046.jpg



紀元後700年後半、当時既に東方キリスト教会の中心であったコンスタンティノーポリで、イコンは偶像崇拝とする皇帝レオーン3世によるイコノクラスム(聖像禁止)が行われ、イコンの破壊だけではなく、修道士が殺害されたりします。(この時代の同じキリスト教徒同士での迫害というのは、私にとっては結構意外ですが、考えてみれば、1500年代にもプロテスタント教徒とカソリック教徒の間で壮絶な争いがあったんですもんね。)
これにより、多くの修道士たちが、現在のアルバニア経由で、対岸のプーリアに移民をします。アルバニアとプーリアの距離は、海を挟んで一番狭い所で80キロほどなのです。
マテーラに移住してきたのはBASILIANI派と呼ばれる修道士たち。勿論、既に街の中心部のサッシには住人が住んでいたので、彼らは郊外の空いている洞窟を教会や生活空間として使い始めるのです。


f0106597_0294782.jpg



今回、私たちは訪れませんでしたが、もっと保存状態の良い洞窟形教会が沢山残っています。
この自然公園の中だけで、150の教会が残っているそうです。


f0106597_0302726.jpg



このような洞窟に作られたタイプの教会をイタリア語で、le chiese rupestriと呼びます。rupeとは洞窟のこと。

今度は、こうした郊外の教会を訪れてみたいなあと思います。

私たちは今回、自然公園へ車で行きました。
マテーラからターラント方面に数キロ行った先の右手に、自然公園への表示があります。右手に入って暫く行くと左側にある石造りの建物がインフォメーション。地図などもあり、飲み物も買えます。そこから、belvedereという展望台までは車で行くことが出来ます。そこに車を停めて、後は徒歩で周ります。

マテーラの街の中にも現地ツアーを企画しているインフォメーションポイントがあり、ガイドつきで車で連れて行ってくれるようです。ただ、徒歩で周れる街の中のサッシのツアーと間違えないように気をつけてください。

暑かったけど、また行きたいなあ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-06-27 02:05 | ユキちゃんと海 | Comments(6)

子供の遊びは世界共通

f0106597_2385836.jpg

マテーラ話の途中ですが、今日の子供達。
Uno...due...tre... Stella ! (いち、に、さん、星!)と言う遊びに夢中です。
ステッラと言う時に、鬼の子が後ろを振り向いて、他の子は、その時に動いたら負けという遊び。
f0106597_239259.jpg

ちょっとずつ近づいて、鬼のいる場所までいけたら勝ちというもの。
「だるまさんがころんだ」の様な遊びです。
私が小さい頃にやっていた「こおりおに」とか、「ドロケー」と全く同じ遊びもあります。
子供の遊びって、国は違っても似るものなんですね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-06-25 22:53 | ユキちゃんと海 | Comments(6)
f0106597_23554642.jpg



考古学好きのアントネッロと、同じく考古学博物館で可愛いものを見つけるのが好きな私は、マテーラの考古学博物館を訪れました。
この博物館には、1900年代初頭に活躍した考古学者ドメニコ・リードラがマテーラ周辺で発掘した出土品が展示されています。新石器時代の興味深い出土品が沢山あります。
「可愛いもの」沢山見つけたんですが(笑)、ちょっと話がそれちゃうので、それはまた別の機会に・・・


f0106597_23571566.jpg



右から二人目の白いヒゲのおじさんが、ドメニコ・リードラ。なんか、皆さん、楽しそうです。


f0106597_2357559.jpg



石器時代の籠編みの復元を見て、ちょっと余裕の笑みを浮かべるアントネッロ。自分の方が上手に編めると余裕の発言(爆)。


f0106597_23584868.jpg



翌日の朝は、涼しいうちに車で、マテーラの街の外側に出て、マテーラ考古学自然公園へ行きました。


f0106597_23594491.jpg



ココからは、ちょうどマテーラのサッシを正面から観察することが出来ます。
本当に足場が悪いので、トレッキングシューズまたはウォーキングシューズ&リュック必須です。行く前にお水も買っておきましょう。


f0106597_004070.jpg



街の中にいると判りづらいけど、こう見ると、やはり、洞窟が現在の建物の基礎になっていることが良くわかります。
まず、洞窟があって、そこに住んでいるうちに、綺麗に切った自然石のブロックで、周りを少し建物らしくしたという感じ。こうして、石器時代からずーっと1950年代まで人が住み続けていたって、やはり素晴らしい歴史だと思います。


f0106597_02629.jpg



こう見ると、本当に不思議なマテーラの街。

トレッキング話、もう少し続きます。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-06-25 00:29 | ユキちゃんと海 | Comments(5)
f0106597_224451.jpg



マテーラのサッシと呼ばれる洞窟住居群は、石器時代から1952年まで、常に人が住み続けた、とても貴重な世界遺産です。1952年に法律で洞窟の居住が禁止され、郊外の新興住宅地に住民が移動されるまでは、洞窟が、家畜小屋であり、寝室であり、キッチンとして使われていました。洞窟に密着した地域の人の生活が50年代まで続いていたということは本当に興味深いものです。


f0106597_2164613.jpg



ロマネスク様式のドゥオーモ。大きな薔薇窓が美しい教会です。
長い間、サッシの住民を見守ってきたのでしょう。


f0106597_2253314.jpg



ドゥオーモからはサッシを一望することが出来ます。
写真には写っていませんが、もう少し外側には、洞窟そのままという感じの住居群も残っています。


f0106597_2262590.jpg



キリストの受難を描いたメルギブソン監督の「パッション」は、一部この街で撮影されたのだそうです。


f0106597_2281052.jpg



確かに、「十字架の道」らしい風景があちこちに見られます。


f0106597_3185868.jpg



南イタリアの街歩きで気をつけることは・・・


f0106597_3192793.jpg



「靴」!ピエトラ・ヴィーヴァと呼ばれる石畳はツルツルなので、滑らない靴で歩くことが大事です。
ここは、ウォーキングシューズでワシワシ歩くべし。

マテーラ話、まだ続きます・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-06-24 03:42 | ユキちゃんと海 | Comments(9)

マテーラの絶景B&B

f0106597_3315113.jpg



今回、私たちが泊まったのは、たったの5部屋しかない小さなB&Bでした。
お部屋も、洞窟になっていて可愛い。
とても清潔なので、閉塞感は全くありません。それよりも室内はひんやりと涼しく、冷房は付いていましたが、殆どつけることはありませんでした。向かいには公共の駐車場があります。
私たちが泊まったのは、浴室シャワータイプの4番のお部屋
2名合計で1泊あたり75ユーロ(朝食込み)でした。


f0106597_3322444.jpg



そしてこのB&Bの魅力は、ジャジャ~ン!


f0106597_3331489.jpg



お部屋の扉を出ると絶景テラスがあること。


f0106597_334310.jpg



マテーラの魅力は、岩にへばりつくように出来た住居群。


f0106597_3344434.jpg



夜もとても雰囲気がありました。
私たちは、お散歩がてらに、暗くなってからもレストラン探しを楽しみましたが、すぐそばにもレストランが何軒かあるので、夜余り外出したくない人も、便利。
チェックインのときに渡してくれる鍵は自分で持ち歩いて管理します。


f0106597_3353147.jpg



朝食は可愛いラウンジでサーブしてくれます。マテーラっ子のドメニコさんが丁寧に、マテーラの街を地図で説明してくれます。

お勧めですよ~!

FRA I SASSI RESIDENCE

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-06-23 03:49 | ユキちゃんと海 | Comments(8)

マテーラでデート

f0106597_15225117.jpg



デートといっても、炎天下でワシワシ歩いているのですが(笑)、アントネッロと二人で、マテーラという街に来ています。


f0106597_15232860.jpg



昨日はここに一泊しました。サッシという岩に張り付くように造られた住居群が、世界遺産に指定されている街です。


f0106597_15241813.jpg



不思議な街、マテーラ、後ほど詳しくお知らせしますね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-06-22 15:27 | ユキちゃんと海 | Comments(9)
海の家でユキちゃんは二人の従兄弟と一緒に過ごしています。
アンドレアはユキちゃんより1つ年上、ルビは1つ年下。
いつもはお兄ちゃんにやられっぱなしのルビ君ですが、ユキちゃんが来ると、ちびっ子同盟を組み、お兄ちゃん対ちびっ子2人の構図が出来上がります。

いつもだったら、お兄ちゃんが遊びたい時に遊んでもらって、そうじゃないと、ほっておかれるルビ君。でも今は、ユキちゃんとルビ君が遊びの主導権を握っていて、お兄ちゃんがスネるということもしばしば(笑)。

あ、ケンカしてるな~とたまにchihoオバは耳をそばだてるのですが、暫くほおっておくとこの通り↓。


f0106597_322054.jpgf0106597_335578.jpg


おみこしして遊んでます(笑)。

子供のけんかは、暫くほおっておくと、仲直りするもんですね。
朝から晩まで、何回けんかして、仲直りしたものか(苦笑)。けんかも遊びのうちだったりします。

ユキちゃん、楽しいねえ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-06-21 03:02 | ユキちゃんと海 | Comments(6)

海で仲良くね♪

f0106597_6324610.jpg



今年も変わらぬ美しさで私たちを迎えてくれたプーリアの海。


f0106597_6344893.jpg



カラー調節しないで、この青さ。
イオニア海は本当に綺麗です。まさに「地中海」という感じ。


f0106597_636334.jpgユキちゃんは、夏休みの恒例の過ごし方となった、従兄弟とおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に海の家で過ごす1ヶ月半を、今年もとても楽しみにしていました。
私たちは、ユキちゃんを置いて一旦、フィレンツェに戻り、また再び迎えに来ます。


f0106597_637763.jpg



毎日午前と夕方の2回、海の家から徒歩5分の場所にあるビーチで海水浴。


f0106597_6375787.jpg



突撃~!


f0106597_63857100.jpg



すっかりお魚になった子供たちは、暫く陸地へ上がってきません。


f0106597_6403269.jpg



元気で良く遊ぶ、遊ぶ!
去年、テレビの撮影の時にはまだ骨折のギブスをしていたアンドレアも、今年は楽しく海で遊べるようになりました。良かったね。


f0106597_6422344.jpg



3人で仲良くね。


f0106597_6432933.jpg



↑この方も海を満喫しています。普段は「山男」っぽいのですが、実はかなり「海の男」なんです。
それにしても、プーリア、暑いっ!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-06-20 06:57 | ユキちゃんと海 | Comments(17)