フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2012年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

f0106597_18503786.jpg



い、忙しい~!!!畑が(爆)。
5月の畑は楽しくて忙しいです。一日中畑だけやっていれば良いと言われたらどんなに嬉しいか。余りの畑やりたさに、仕事で昼間畑が出来ないときは、早朝、早起きをして畑に出ています。
まあ、家の前が畑なんで楽なんですよね。
というわけで、最近、土まみれ。
5月から畑はドンドン賑やかになります。段々と場所がなくなっていくので、新しい畝を開拓しなくてはいけません。


f0106597_1933979.jpg



鞘インゲン。5月から7月までの間に蒔けるので、時期をずらして沢山蒔こうと思います。沢山作って沢山食べるぞ~!


f0106597_18591378.jpg



ちょっとひしゃげていますが、ズッキーニの花もいよいよ咲き始めました。
今、植えている4本の苗が随分大きくなってきたので、あと4本、どこか別の場所に植えようと思います。


f0106597_18525597.jpg



日本から種を持ってきた白かぶ。虫に喰われていますが、あまり気にしていません。
虫に喰われる前に、食べてしまおうと、一生懸命食べています。アントネッロもユキちゃんも大好き。


f0106597_1964176.jpg



ソラマメもいよいよ食べ初めました。下から空に向かってどんどんと成長しています。


f0106597_18533778.jpg



ジャガイモの花が咲きました。芋ほりができるのは8月くらいかな?
今の時期、畑が楽しいです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-05-31 19:09 | フィレンツェで畑 | Comments(15)
いつもは胃腸がとても強いアントネッロとユキちゃん。めったにお腹を壊すことはないのですが、ここ数日二人ともちょっと「おなかよわいこ」でした(笑)。いやいや、たいした事はなくて、元気に学校にも行っています。
ただ、トイレットペーパーの消費量が結構で(スミマセン、お食事中に)、芯が沢山溜まりました。
いつも工作とかに使うから捨てずに取って置いているんですが、何に使えるかな?と思っていて思いついたこと、「そうだ!苗のポットとして使おう」


f0106597_2016989.jpg



というわけで、こうして縦にトイレットペーパーの芯を並べます。安定するように数個まとめて輪ゴムでとめました。下には土がこぼれないように、紙をしきました。


f0106597_20194249.jpg f0106597_2020347.jpg


今日、蒔いたのは、fagiolo serpente (ファジョーロ・セルペンテ)と呼ばれる長く育つインゲンマメ。50センチ位の長さになります。
味は普通のインゲンマメよりも土臭くてしっかりした味。クタクタに茹でて、生のニンニクとオリーブオイルで食べるのがとっても美味しいです。プリモのパスタの替わりに、これをお皿に山盛りにして食べます。


f0106597_20202644.jpg
こんな感じ。温室に入れて大事に育てようと思います。水遣りのときは土がこぼれないように気をつけなくては。


f0106597_20204714.jpg



唐突の話題がちょっとアレだったので、お花の写真でごまかすっ(笑)。
畑話、まだまだ続きます。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-05-30 20:29 | フィレンツェで畑 | Comments(7)
f0106597_17204854.jpg



昨日、フィレンツェの街で↑古式サッカーのポスターを見ました。
そっか~もう来月ですね。カルチョ・ストーリコ・フィオレンティーノ、またはカルチョ・イン・コストゥーメと呼ばれる、毎年6月に、サンタクローチェ広場で行なわれる古い伝統的なスポーツです。

地区対抗なので、地元の人はかなり燃えるスポーツ。余りに荒くれな選手たちが試合が始まる前に乱闘騒ぎを起したり、試合中も乱闘になって訳がわからなくなってしまったりして(苦笑)、市長が中止命令を出した年もありましたが、今年は無事開催されるようです。


1400年代には既に行われていたというとても歴史のある行事。トスカーナ大公コジモ1世などは、実際に試合に参加していたのだそうです(さすがマッチョ系)。

当日は、衣装を着た選手たちも街を練り歩くパレードも行なわれます。





こちら公式サイトhttp://www.calciostoricofiorentino.it/でも見れるPV。選手たちの荒くれぶりがムンムンと伝わってくる仕上がりとなっています(爆)
公式サイトでは直接チケットも買うことが出来ます。

フィレツェ、古式サッカー Calcio Storico Fiorentino
2012年6月16日(予選)、17日(予選)、24日(決勝戦) 17時より
サンタクローチェ広場にて

ローマ時代のgradiatore (グラディエーター)から、中世の古式サッカーを経て、今現在のイタリアサッカーがあると思うと、やっぱりこの国の人たちのサッカーに対する思い入れというものは、歴史的なものでもあるのかなあと思ったりします。これもまた、フィレンツェの民衆文化の1つですね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-05-29 18:05 | Comments(7)

夕方のホッとする時間

f0106597_4573248.jpg



今朝は早朝にフィレンツェに行き、夕方までずっと仕事でした。
つ、疲れた~。家に帰ってきて、山の夕焼けを見てちょっとホッとしました。
週末の急な仕事の時でも笑顔で送り出してくれるアントネッロとユキちゃんに感謝です。私が帰宅した時は、二人で、テレビの競泳を見ていました。二人とも今、水泳がマイブームなようです(笑)。

来週半ばには、ちょっとこの忙しさもひと段落すると思います。
頑張れ、私・・・。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-05-28 05:03 | トスカーナ山暮らし | Comments(20)
f0106597_450563.jpg今日は、いつも仲良くしてくださって、私に刺激を与えてくださるOさんご夫妻と、あるフィレンツェ郊外のレストランに行きました。
ここは、ルネサンス期の偉大な思想家ニッコロ・マッキャヴェッリの家です。フィレンツェを追放された後、彼はここで、「イタリア文学史上、最も有名で美しい手紙の一つ」といわれる「君主論」を書き上げます。
私もOさんご夫妻も大好きな塩野七生さんの著書「わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡」そのままの風景が、ここには残っていました。


f0106597_451179.jpg



シンボルはやっぱりマキャヴェッリの横顔。


f0106597_4532260.jpg



石造りの可愛い建物がレストランの入り口です。


f0106597_4525417.jpg



店内もとっても可愛くて、


f0106597_4534983.jpg



サービスは心がこもっていて、また訪れたいレストランの1軒となりました。


f0106597_4554731.jpg



1皿の量がたっぷりなので、3人で、前菜2つをとりシェアしました。
Oさんは、プリモの野菜のクレスペッレ(べシャベルソースをつめてオーブン焼きにしたクレープ)、奥様はお肉のグリルの盛り合わせ、私は、豚肉のノディーノ、ヴィンサント風(写真)をそれぞれ取りました。
ちょっとずつ味見をしましたが、どれも洗練されていながら、とても優しい味で美味しかった!
Oさんのワインを一口頂きました。マキャヴェッリの子孫であるセッリーストリ家が今も作り続けるキャンティワインです。とてもどっしりしていて、でも飲みやすくて美味しいワインでしたよ。


f0106597_4561553.jpg



勿論、デザートも♪ 私はcoppa macchiavelliというマスカルポーネチーズにヴィンサントとカントゥッチー二をつめたものを食べました。二人で1つでも丁度良いと思います。


f0106597_457722.jpg



食べ終わったらちょっとお散歩。


f0106597_4574886.jpg



是非、レストランを出て左手の方(駐車場と反対側)へ歩いていってみてください。
こんな素敵な風景を見ることが出来ます。

L'ALBERGACCIO
Sant' Andrea in Percussina
055-828471(電話で開いているかどうか確認した方が良いです)
月曜、火曜休業、日曜はランチのみ、それ以外はランチ&ディナー営業
プリモが8~10ユーロ、セコンドが15~25ユーロ程度です。

フィレンツェから普通のタクシーで行くことも可能です。帰りも、レストランで呼んでくれますが、タクシーが来るまで30分近くかかるので、急ぎのときは早めに呼んでもらいましょう。
他にお店がない場所なので、予約して必ず開いていることを確認していかれると良いでしょう。

マッキャヴェッリ話、まだまだ続きます・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-05-25 05:19 | フィレンツェお薦め処 | Comments(9)

ユキちゃんの遠足

f0106597_1634094.jpg昨日のユキちゃんは、学年最後の遠足でした。本当は、ポー河の川くだりだったのですが、先日の地震があった震源地に割りと近い場所で、設備の安全性の確認が出来ないということで、急きょ、行き先が変更になり、トスカーナの南側にあるティレニア海沿いのリヴォルノという街へ、地熱発電所を見に行きました。

前の日、お弁当のパニーノのハムを買いに行ったら、おらが村の小さな食料品屋では生ハムが売り切れ(苦笑)。おじさんが、先っぽだけになった豚足を見せながら「今日は何枚薄切りにしたかわかんないぜ」って行ってました。ってことは皆、生ハムのパニーノがお弁当なのね。

アントネッロが作ったユキちゃんのパニーノは、レタス、卵、モルタデッラハム入りです。

昨日の夜8時前に戻ってきた子供たちは、とっても楽しかったようで、バスから降りてくると凄い勢いで(笑)、お母さんたちに遠足の様子を話していました。ユキちゃんも同じく。
ユキちゃんが断片的に語ってくれたのは、

・硫黄はおならの匂いがする。
・地熱発電所の近くは地面が赤くて、ところどころでソッフィオーニ(ガイザー、間欠泉)が吹き出ている
・ダンテはここのガイザーを見て、「神曲」の地獄編をイメージした(とユキちゃんは思った)
・地熱は温室に使われる。またタービンを回して発電をすることも出来る。
・地球は生きている。
・バッボが作ったパニーノは大きくてとっても美味しかった

でも凄く疲れたみたいで、ご飯を食べたら、さっさと寝に行きました。
急な変更にも素早く対応してくれて、子供たちに貴重な体験をさせてくれた先生方に本当に感謝です!
ユキちゃん、良かったね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-05-24 16:58 | イタリア子育て~小学校編 | Comments(9)
f0106597_225717.jpg



もう既に終わってしまったイベントで申し訳ないのですが・・・
先日、アイリス庭園を訪れました。
毎年、4月25日から5月20日まで、ミケランジェロ広場の右端にあるアイリス庭園が一般に公開されます。


f0106597_2303859.jpg



常設の庭園ではなく、この時期に世界的なアイリスの品評会が行なわれるためです。
入場は無料。


f0106597_2314138.jpg



手をかけた珍しい品種のアイリスが見事に咲いています。
春の気温が高い年は、早めに咲いてしまうのですが、例年、見ごろは5月の上旬のようです。


f0106597_2321952.jpg



場所柄、ツーリストが多いのかと思ったら、地元のマダムばっかりでした。
年齢層は結構高いです。


f0106597_2324617.jpg



こんなのとか、


f0106597_233465.jpg



こんなのとか、


f0106597_2343666.jpg



こんなのとか・・・手をかけたアイリスたち(あっさりスルーしてスミマセン・笑)。
私はやっぱり人知れず咲く野生化したジャーマンアイリスが好きかな。


f0106597_2353340.jpg



ベンチもあるのでノンビリ出来ますよ。
ちょっと街に疲れたら、ここを訪れるのも良いかも。

アイリス庭園
毎年4月25日から5月20日まで
確か12時半から15時まで昼休みがあり閉まっています。
入場無料

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-05-22 23:14 | フィレンツェお薦め処 | Comments(6)
f0106597_22265275.jpg



さてさて、中断していたチーズ農家の話ですが、続きを・・・。
今日のお昼は、山の上の農家で買って来たチーズとパン、それに畑で採れ始めたソラマメです。ソラマメは、鞘から出してマメの部分を生でチーズと一緒に食べると美味しいんです。
白いチーズは、tomino(トミーノ)というクリーミーなチーズ。やさしい酸味があります。右側の黄色いチーズはtaleggio(タレッジョ)という少し熟成させたチーズ、ほんのりと甘みがありとても美味しいチーズです。
勿論、材料となるミルクは、9頭の牝牛達が提供してくれたもの。

ルチアーノとティーナはお店やスーパーにチーズを卸していません。売り先は、GASとフィレンツェのオーガニック市、そして周辺の小さな街のオーガニック市のみです。彼らが市場に持っていくチーズは、毎回完売状態で、GASのオーダーも完全に予約制。こんな彼らだから、宣伝も広告も必要なく、ブランド化する必要もないんです。だから嬉しいほどにパッケージもミニマム(笑)。チーズを買うと、クルッと油紙のようなものに包んで渡してくれます。

「足りないほど売れる」となったら、もっと設備投資をして、牛の数を増やして、生産量を増やして、宣伝をして、ブランドを立ち上げて・・・そうやって利益を増やそうという欲が出てくるのは自然なことかもしれません。

でもルチアーノが大事にしているのはバランス。
「自分たちで出来る範囲で、この山の草原のバランスが保たれる範囲で、牛たちが健康で居られる範囲で、皆が幸せで居られればそれでいいんだ」
彼はそう言います。だからいつまでも9頭の牛から採れるミルクの分だけをチーズにして売ります。

彼らのこうした姿勢は、本当の意味でのエコロジー、BIOなのではないかなと思うのです。

彼らの現金収入は、驚くほど少ないけれど、「この山の上ではお金はそんなに必要ないんだ」ってニコニコ笑ってる。勿論、ここの冬の寒さは相当厳しいだろうし、苦労も多いと思います。それでも、家族と牛たちが健康であることに感謝しながら、変わらない美味しさのチーズを作り続ける仲の良い二人を見ていると、幸せってこういうことなのかもね、って思います。


f0106597_22322872.jpg



ユキちゃ~ん!!!帰るよ~!!
(↑相変わらず団体行動が下手なユキちゃん・笑)

さて何処に居るでしょう?ヒント・水色のおズボンを履いています。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-05-21 22:48 | 幸せの種 | Comments(16)
北イタリアの地震のニュースを聞いて、心配をしてくださった皆さん、有難うございます。
幸い、我が家は全く揺れず(それとも爆睡していた?)、家族三人誰も気が付かない程でした。私は昼間はテレビを殆ど点けないので、日本経由の皆さんのツイッターで地震のニュースを知ったほどです。
これ以上、被害が広がらないよう祈っています。

さて、今日は「住民会議」という名目で、お隣のお爺ちゃん宅にランチにお呼ばれしました。
いつものことながら、お婆ちゃんが作ってくれた美味しいレバーペーストのクロスティーニと手作りラザニアに舌鼓を打ちながら、ワインを飲んでワイワイ賑やか。気の強いお婆ちゃんと、のんびり屋のお爺ちゃん、なんだかんだ言って夫婦仲の良い彼らを見ていると、とても気持ちが和みます。
そして!なんとメインディッシュは、アヒルのロースト。そう、「この方」です。味わって食べましたよ~。お替りもしちゃった(爆)。美味しかったです。

美味しいな~ってお肉を味わっていたら、隣のお婆ちゃんが、「そうそう、chiho、今朝あんたの畑の中でつがいの孔雀を見たんだよ。」って(驚)。
「ええ~見間違いじゃないの?」って言ったけど、思い当たる節あり。裏山の農家につがいの孔雀が居るのです。羽が切られていないからバサバサと飛ぶので、農家の叔父さんも結構手を焼いていたのですが、もしかしてあの孔雀たちが森を抜けて引っ越してきたのかも。

むむむ、またまた手ごわい侵入者登場です。
さて、どうしたものかなあ。

あ、ちなみに「住民会議」、美味しいものを食べて、ワインをたらふく飲んで、最後はまったりしちゃって、何を決めるために集まったんだか誰も判らず、結局「食事会」として終了しました。
いつもこんな感じです(笑)

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-05-21 04:52 | トスカーナ山暮らし | Comments(14)

巨匠ユキちゃん

f0106597_23182191.jpg

牛の話の途中ですが、今日のユキちゃん。
雨が降り出す前に!とワシワシ私が畑をやっている間、キッチンでなにやら制作活動をしていたようです。
ナンダ、ナンダ???


f0106597_2324884.jpg



どうやら、プチプチに絵の具をつけてその上に紙を押し付けて、版画もどきをしたようです。


f0106597_23244722.jpg



12枚刷り終わったら、巨匠は外に出て、洗濯バサミでワイヤーに12枚の版画作品を設置しました。


f0106597_23252887.jpg



「巨匠、このインスタレーションの題名は?そしてその意味は?」


f0106597_23255433.jpg



「花です」(巨匠・談)

「えっと、花をこうしてぶら下げることに何か深い意味があるのでしょうか?12枚という数にも」

(巨匠、質問は無視して、おもむろにキッチンに戻り、おやつを食べ始める)

どうやらアートに言葉は必要ないようです(爆)
インスタレーション「花」 開催中(ウソ) 雨天の場合撤去されます。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-05-19 23:39 | お絵かきコレクション | Comments(21)