フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2012年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

歴史の授業

f0106597_2561653.jpg


今日、学校から帰ってきたユキちゃん。どうやら学校でもお花が咲き始めたようで、髪に花飾りをつけていました。
現在、ユキちゃんたち4年生は歴史の授業で古代エジプトを学んでいます。
昨日は山の学校にフィレンツェの考古学美術館の方が来て「ミイラの作り方」の指導をしたのだそうです(爆)。
子供たちは7人ずつのグループに分かれ、それぞれ代表の子がミイラになります(爆)。他の子達は、2人はミイラ職人、もう2人は装飾係、2人は書記になるんです。ユキちゃんは書記になったそうで、このミイラへ捧げる詩を作って、象形文字で書いたんだそうです。装飾係は、装飾するための絵を描きます。
で、ミイラ職人は、用意された麻の布をミイラになる子に巻くんです。

「正式なやり方じゃないけどね」とユキちゃん。

「え、ユキちゃん、正式なやり方ってどうやるの?」

「まず、心臓以外の内臓を取り除き、それらをカノプス壷に保存します。体はナトロンで水分を取り除き乾燥させます。」(こらこら、ユキちゃん!・汗)

ともかく、スゴーく楽しかったようで、目をキラキラさせながら、授業の様子を話してくれました。ミイラになった子も楽しかっただろうな。

普通だったら「縁起でもないっ!」って目くじらを立てる親が居そうですが、このイベント、村の小学校4年生の恒例行事で、大人も子供もとっても楽しみにしているんです。

なんか、心地よい位、大らかです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-03-31 03:10 | イタリア子育て~小学校編 | Comments(14)
f0106597_22345897.jpg



随分前ですが、出版社から送ってもらった「スローライフのイタリア語」が届きました。
今回も、バールのイタリア語と同じように、ちょっとざらりとした手触りの、優しい素朴な質の紙を使っていただきました。


f0106597_22385044.jpg



↑こちらは編集者さんが気に入ってくださった写真。
餌のバケツを持ったアントネッロの後ろを、ノコノコとニワトリたちが追いかけています(笑)

基本的に、イタリア語の学習本ですが、日本語のエッセイもいくつか載せています。


f0106597_22411724.jpg



後ろの方には、イタリア語を学ぶ方への、私なりのアドバイスを加えさせてもらいました。
学習中でちょっと行き詰って居る人にも、新しいアイデアになれば嬉しいなと思います。


f0106597_22442220.jpg



この本を作るにあたって、協力してくださった皆さん、買ってくださった皆さん、本当に有難うございます。
もし読んでいただけたら、宜しければ是非、アマゾンや楽天でレビューを書いて下さい(ドキドキですが・汗)。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-03-29 22:47 | トスカーナ山暮らし | Comments(8)

昨日のお買い物

f0106597_16505652.jpg



昨日は一日、仕事でフィレンツェでした。
帰りに、GASの受け取りがあったので、村の小学校の前で、色々とオーダーしたものを受け取りました。昨日届いたお買い物は、

ブラジル産のフェアトレードの粗糖 3袋
チンタ豚の豚肉 5キロ袋
農家の手作りソーセージ 15本
無調整、無熱殺菌の絞りたて有機牛乳 1リットル(ミネラルウォーターのボトルに入って届けられました)

有機牛乳については後でまたゆっくり書きたいと思います。今回新しく始まったアイテムで、とっても美味しかったですよ。

粗糖以外は、おらが村から4キロ圏内で全て作られたものです。


f0106597_16515320.jpg



こちらがブラジル産の粗糖。コーヒーに入れたり、コレでケーキを作ったりします。
味わいがあってとても美味しいです。

こうして、気候的にイタリアで栽培できないコーヒーやカカオ、お砂糖などは、フェアトレードの商品を直接買うことが出来ます。勿論、間にショップなどが入らない分、私たちは安く買えるし、生産者の収入は増えるというわけです。


f0106597_1653527.jpg



お、我が家のクロマニョン人、肉を見たら火をおこし始めました。人間の本能ですな。


f0106597_16553544.jpg



3人前、ドーン(笑)。美味しかったです。
トスカーナのmaiale di cinta という名前の古い種類の豚です。我が家の裏に、この豚を完全に放し飼いにしている農家があり、購入は私が担当しています。本当に美味しいお肉です。


f0106597_16562583.jpg



お肉が焼けている間、私は何をしているかというと・・・


f0106597_16565694.jpg



夕陽を見ながら、ワインを飲んでいます。スミマセン・・・(反省・笑)。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-03-28 17:17 | シンプルエコライフ | Comments(15)
f0106597_522299.jpg



フィレンツェの街はアルノ河を挟んでこっち側と向こう側、という風に2つに分かれています。
上の写真では、向かってアルノ河の左側が駅側、シニョリーア広場側、右側はピッティ宮殿、ミケランジェロ広場側。
河の反対側、ピッティ宮殿側のことを、親しみを込めてOltrarno(オルトラルノ)、または、Diladdarno(ディッラッダルノ)と呼びます。


f0106597_541134.jpg



フェラガモ本店の前の橋、サンタトリニタ橋を渡ると、そこはもうオルトラルノ。
美味しいトラットリーアや小さな工房、そして最近は可愛らしいオリジナルブランドの小さなブティックなどが見つかるエリアです。


f0106597_544782.jpg



橋の袂には高校があります。


f0106597_56576.jpg



そして高校の向かいにはジェラート屋さん。
高校の向かいにあるジェラート屋さんって他のお店よりもやや値段が安いような気がします。きっと高校生たちがお小遣いでも買える値段設定なんでしょうね。


f0106597_573259.jpg



店構えはお洒落ですが、大盛りのジェラート(それでも小、ピッコロです)で1.5ユーロ、2フレーバーまで選べます。私はイチヂク&リコッタチーズと、コーヒー味を食べてみましたが、どちらも美味しかったです。


f0106597_5312548.jpg



この日は、夜チェックインされるお客様のアパートの最終チェックでした。
長期で借りると結構安くなるアパート、マッジョアンティーコです(ちょっと宣伝・笑)。
同じ建物の下の階に大家さんが住んでいるので、何かと安心です。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2012-03-27 05:22 | フィレンツェでアパート滞在 | Comments(7)

籠作り

f0106597_452251.jpg



土曜日の午後は、GASの友人たちと一緒に、籠作りのワークショップに参加しました。
場所は、フィレンツェの郊外にあるフェアトレードの食品や衣服を取り扱っているショップです。
「普段、何気なく使っている安い籠も、実は根気の要る手作業によって作られている」ということを体験してみよう!というテーマで、子供から大人まで、皆で籠を作りました。


f0106597_4525452.jpg



材料として使ったのはイグサの芯の部分。まずは、合計6本用意し、そのうち3本にはカッターで真ん中に切れ目を入れます。そしてそこに、残りの3本を通し、十字型にします。


f0106597_4533643.jpg
そして、長く切ったイグサを半分に折り、まずは3本ずつにまとめた十字の部分を、長いイラクサを上下に交差しながら3周します。
その後、3本を1本ずつに分けて、同じ様に上下に交差させながらグルグルと編んでいきます。


f0106597_4541970.jpg



ユキちゃんもD君も相当真剣。


f0106597_4545311.jpg



今回は時間がないので、側面になる部分は、お花のように丸く差し込みました。子供って意外と器用なものですね。


f0106597_4552560.jpg



我が家のクロマニョン人もかなり真剣。
弾力性があって使いやすいこの素材を気に入ったようで、オーダーすることにしました。


f0106597_455549.jpg



出来上がり♪


f0106597_4562961.jpg



こんな小さな籠でも、1時間半程かかりました。
ユキちゃんも、お友達も皆、「また作りたい~」と籠作りにすっかりはまっていました。
籠とか魚や鳥を捕獲するための網とか、人間はかなり早いうちからこういったものを作り始めたのだと思います。100年ほど前まではきっと、ちょっとした籠編みだったら誰でも出来ていたのでしょうね。そう思うと、「手で籠を編むことができる」ということは、結構人間の基本的な、大事な能力なのかもしれないと思うのです。

材料が届いたら、また挑戦してみたいと思います♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-03-26 05:19 | シンプルエコライフ | Comments(7)
f0106597_6512468.jpg



イタリアでは、明日(日本ではもう日付が変わっていますが)、夏時間に変わります。
冬時間から夏時間へ変わるタイミングは、毎年3月の最終日曜日の午前2時です。要は、午前2時になった時点で、時計の針を午前3時へと進める必要があるのです。
何故、切りよく零時にしなかったのかというと、「鉄道やバスなどに影響が一番少ない時間帯が午前2時であるため」なんだそうです。ふ~ん。
こんなシステム、「ゆるゆる社会」のイタリアだから、何とか機能しているけれど、日本で導入したらかなり混乱するかもね。

とにかく、1時間睡眠時間が少なくなるのです(涙)。
あ~、早く寝よう。

↑畑の片隅にスミレが咲いていました。良い香りです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-03-25 06:56 | トスカーナ山暮らし | Comments(11)
f0106597_16484882.jpg



今年は「丁寧に」が目標の家庭菜園(毎年言ってますが・笑)。
ジャガイモも、キチンと芽を出してから埋めようと思っています。


f0106597_16505449.jpg



今日は曇りですが、お天気のときは、外に出して日光浴をさせている種芋。ジョヴァンニさんから分けてもらった有機のジャガイモです。イタリアでは、patate bianche(中が白っぽいジャガイモ。ニョッキやコロッケに適しています)、patate gialle(中が黄色っぽいジャガイモ。フライやオーブン焼きに適しています)、patate rosse(外側が赤くて、中は白っぽいジャガイモ。これもオーブン焼きに適しています)など、大きく分けて3種類のジャガイモがあります。


f0106597_16513716.jpgまあ、その他、地方それぞれの特色のある品種は沢山あるんですけれどね。我が家の近くのエリアでは、Mugello地方のpatate bianche (白ジャガイモ)が特産です。茹でてマッシュして、巨大なラビオリの中身に使うんですよ。


f0106597_16565092.jpg



こうして芽だしを始めて2週間が経つと、少しずつ芽が出てきます。
我が家はまだ夜間が冷えるので、種芋の植え付けは4月に入ってからです。

植え付けをする時は、健康そうな芽を4箇所ほど残し、それ以外は芋に傷がつかないように取り除きます。


f0106597_16573298.jpg



今回は、既に植える場所を用意しました。
私の場合、畝ではなくて「穴」。
底に乾燥させた粒状の堆肥を沢山置き、その上に、半熟成のコンポストと枯葉を置いて、更にその上に、熟成させたホロホロの腐葉土をのせて、たまに水を蒔いて濡らし、枯れ草でカバーをしています。
後の仕事は、ミミズ君、宜しくっ!

4月に種芋を植えるときは、余り深く埋めず、早く芽が出るように、5センチくらいの深さにしておきます。
何本か苗が出てきたら、何回かに分けながら、細い芽を取り除き、最後は健康な苗1~2本にします。

今から収穫が楽しみ!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-03-23 17:11 | フィレンツェで畑 | Comments(10)

課外授業

昨日は、ユキちゃんたちのクラスは、課外授業で、フィレンツェ、アカデミア美術館の隣にある音楽学校、Conservatorio Luigi Cherubiniに行ってきました。
ここは1784年、メディチ家に代わりフィレンツェを継承したハプスブルグ家時代に作られた歴史ある音楽学校です。1700年代後半のフィレンツェ生まれの作曲家ルイージ・ケルビー二にちなんでその名がつけられています。

山の学校の子供たちは、豪華なホールの内装にビックリ。ユキちゃんも後で、「赤い絨毯が敷かれていたのよ!」と興奮しながら語っていました。
学校内のホールで、子供たちが見学したのは、オーケストラの演奏と、ピアノ奏者の公開レッスン。
もうすぐコンサートがあるそうで、マエストロが、20歳そこそこの若い奏者を指導している所を見学したのだそうです。この学生さんが10年間もピアノを学んでいることに、ユキちゃんはとってもビックリしたのだそうです。コンサートで見ることはできない、究極を極める過程を見ることは、子供たちにとって、とても大きな刺激になったことでしょう。

山の学校は遠足の予算は殆どないのに、先生たちのお陰で、年間で沢山の課外授業があります。美術館や様々な団体が、年間で公募する子供たちの体験授業の募集に沢山応募しているようで、親が負担するのは殆どの場合、公共バスのチケット代往復2.4ユーロ位です。

中には、「遠足ばかりで学校の授業がなかなか進まない。他の学校はもっと先まで進んでいるのだから、もっと勉強に力を入れて欲しい」という親も居るのですが、全体から見ると小数派で、殆どの親は、小学校の今しか体験できない「学ぶことの楽しさ」をしっかりと味わって欲しいと思っているようです。

6月の半ばの学期末まで、確定している遠足だけで、まだあと6回もあります。楽しみだねえ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-03-22 18:10 | イタリア子育て~小学校編 | Comments(6)
f0106597_19221476.jpg



昨日は一日仕事でフィレンツェをグルグルして、夜は、ユキちゃんの同級生のD君宅にお夕食に呼ばれました。
フィレンツェは、昨日は曇りでしたが、今日は快晴です。
駅について、サンタマリアノヴェッラ教会の前を通り・・・


f0106597_1922507.jpg



Via de' Fossiをまっすぐ直進してアルノ河に出ます。


f0106597_19245118.jpg



カッライア橋を渡り、Via Santo Spiritoを左折し、Via de' Coverelliをゴニョゴニョっと入って(笑)、サントスピリト広場へ。

時間があったので、久しぶりにサントスピリト教会の中に入りました。
改めて、この教会の良さを感じました。また次回、この教会についてはゆっくり書きたいと思います。


f0106597_1923524.jpg



広場には小さな朝市が毎日出ています。


f0106597_1926628.jpg



広場沿いにある種屋さん。可愛い籠や、お土産になりそうな小物も売られています。珍しい種も揃うので、私も必ず寄るお店です。ここでルバーブの種を見つけました。今年初めて蒔いてみようと思います。


f0106597_19263515.jpg



帰りはまた駅の周辺に戻り、Via Porcellana にあるCentopoveriでランチをしました。
ランチメニューはお水、プリモ、セコンド、コペルト込みで10ユーロ!
かなりボリュームがありますが、ガッツリ座って食べたい人にはお勧め。サービスもとても良いです。

Centopoveri
Via Porcellana 41/r Firenze

フィレンツェは本格的に春ですよ~!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-03-21 19:41 | フィレンツェお薦め処 | Comments(11)
f0106597_224857.jpg



イタリアのニンジンって、甘くてとても美味しいです。形は細長い棒状で、三角ではありません。
今年はこの美味しいニンジンを沢山食べたいっ!と思い、畑の数箇所に種を蒔きました。時期をずらして収穫ができるように、これからも、1ヶ月ごとに蒔こうと思います。


f0106597_2254913.jpg



2月29日に蒔いたニンジンがやっと発芽しました(嬉)。この後、本葉が出てきたら、3センチ間隔、5センチ間隔・・・と何段階かで間引きします。

ニンジンって私が畑で育てている野菜の中では、一番発芽が難しい野菜のような気がします。

土の塊を細かく砕いて、漉して、平らに準備した畝に、丁度良い間隔で種を蒔いて、水遣りをします。
乾いてしまうと発芽しないのですが、光も必要。私は、毎日水遣りをしながら、不織布(イタリア語ではtessuto non tessutoと言う名前で売られています)を被せ、ひたすら雑草を抜いています。

黒く見えているのは、stallaticoと呼ばれるものです。堆肥の水分を抜いて粒状にしたもの。100%堆肥で化学物質は添加されていません。下の村の有機農家のジョヴァンニさんから「コレを使うと便利だよ」と教えてもらいました。ホームセンターで25キロ袋が7ユーロ位かな?
畝を作るときに地中にも底肥として埋めました。


f0106597_2272639.jpg



普段、仕事以外のことでは、本当に大雑把な性格の私(爆)。こういうことがとても苦手です。
種を蒔いて2週間経っても芽が出ないと「ワ~!!ぐちゃぐちゃ」ってしたくなっちゃう(笑)。実際、芽が出ないと思って、その上に他のものを植えてしまい、ニンジンがその下に生えてしまったと言うこともありました。

今年は、そんな自分の性格をぐっとこらえ、丁寧に、丁寧に美味しいニンジンを作ろうと思います。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-03-19 22:48 | Comments(12)