フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

我が家では、普段、アントネッロの故郷、南イタリアのプーリア料理とトスカーナ料理を交互に食べています。
今日のランチは、Pasta alla San Giovanni、直訳すると「聖ジョヴァンニのパスタ」。
このパスタと聖人がどう関係しているのかは判らないのですが、アンチョビとケッパーが利いたトマト味の美味しいソースです。
レシピは、「南イタリア記憶の食卓」に載せていたかと思ったら、どうやら簡単すぎたのか(笑)、ボツになっていたようです。
今日は手早く食べるため、手打ちパスタではなく、乾燥パスタのリガトーニにあわせました。手作りマカロニにも合います。

4人分の材料:
アンチョビ 6~8切れ
ニンニク 1かけ
イタリアンパセリ 1束
ケッパー 大さじ2
ホールトマト 400g
オリーブオイル 大さじ6
塩 適量

好みの乾燥パスタ 320~400g



f0106597_1243859.jpg



まずは、フライパンにオリーブオイルにニンニクを加えて火にかけます。
オリーブオイルが熱くなり、にんにくの周りの油がチリチリしてきたら(まだニンニクは真っ白の状態で)、アンチョビを加えて弱火にします。アンチョビが溶けるまでじっくりと加熱し、ホールトマトを加えます。


f0106597_133793.jpg



コンロの火を再び中火に戻し、トマトを潰しながら煮詰めます。
ケッパーを加え、水気が足りなくなったら、更にカップ1/2の水を加えます。


f0106597_135427.jpg



ソースの水気が丁度良く煮詰まったら、味見をして塩加減を調節し、火を止めます。
みじん切りにしたイタリアンパセリを散らして出来上がり。

これをアルデンテに茹でたパスタに絡めます。ソースが中に入り込むリガトー二のようなショートパスタが良く合います。


f0106597_1361745.jpg



ね、簡単でしょ?

豆男から一言:
大事なのは急いで作らないこと(ドキッ・私)。
ホールトマトは一旦水気を飛ばすと旨みが出て甘くなります。その後、たとえお水を加えなくてはいけなくても、とにかくじっくり煮詰めて一旦トマトの水気を飛ばすことが大切。その後で必要があれば水を加えます。
塩気のある材料が多いので、ソースの塩加減は一番最後。必ず味見をすること。

・・・なんだそうです。
ご馳走様っ!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-11-30 01:44 | 密着レポートレシピ集 | Comments(23)

森は遊園地

f0106597_2244599.jpg



1時間半のハイキングコースの終点には、素敵な修道院がありました。
ここには、まだ修道士たちが住んでいるそうです。
日当たりの良い草原があったので、ここでランチタイム!

お昼ごはんを食べたら、大人はお喋り、子供たちは遊びに夢中。
ここで女子たちが取り出したのは・・・


f0106597_22114694.jpg



ああっ!ゴム段だっ~!


f0106597_2264490.jpg



ゴム段は、世界の女子共通の遊びです。
昔を思い出し、思わず仲間に入りたくなる気持ちを抑え(笑)、私は大人同士の話題に参加。PCを使うとき、どんな姿勢が一番体に良いのか(笑)。指圧マニアのM君パパが力説していました。私も帰宅後、PC周りのレイアウトを変更しました(←影響されやすい)。


f0106597_2213672.jpg



帰り道にはこんなものがありました。色があせてしまっているけれど、聖母マリアの小さな絵に、数珠がかけてあります。そしてその上に小さな石が沢山。
ここに人が通るたびに、石をのせて行ったのでしょう。日本のお地蔵さんに似ていますね。


f0106597_22195913.jpg



往復3時間、大人も子供も良く歩きました。
おしゃべりをしながら歩いたら本当にあっという間でした。

人間、足があれば何処まででも歩いていけるんだなあと、当たり前のことなのに何だか感動した秋の休日でした。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-11-28 22:23 | トスカーナ山暮らし | Comments(19)

落ち葉を踏みしめて

f0106597_23134845.jpg



今回のピクニックは子供10人、大人7人で行きました。


f0106597_23144117.jpg



全然整備されていないので、途中から道はなくなってしまいますが、子供たちはへっちゃら!幼稚園児のちびっ子2人組もしっかり歩いていました。右のG君は、なにやら枝を沢山集めています。


f0106597_23151741.jpg



このあたりは岩が多い場所。
我が家の近くにもありますが、こうしてたまに、広い岩盤がむき出しになった場所もあります。
「マンマ~眺めが良いから来て見て~」とユキちゃんに呼ばれ、上に上ってみると・・・


f0106597_2317268.jpg



おお~なかなか良い眺め。


f0106597_23183472.jpg



フィレンツェの近郊はこうしたなだらかな丘が多く見られます。
森もちょっと残っていて、耕されている場所にはオリーブ畑と葡萄畑が混在しています。


f0106597_23191495.jpg行く手を阻む巨木登場っ!
ドーンと大きな木が倒れていました。どうしたものかなあ?と思っていたら、周りの大人たちは・・・


f0106597_23201994.jpg



子供を乗せて写真を撮る(笑)。

楽しかったハイキング話、あと少し続きます。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-11-27 23:37 | トスカーナ山暮らし | Comments(12)

遠足に行きました

f0106597_330825.jpg
今日は、私とユキちゃんはGASの仲間とピクニックに行きました。
いつも、発起人のGちゃんが週の半ばに「今週の土曜日にピクニックに行こう♪」とメールをまわし、村の郵便局前に行きたい人は朝10時に集合します。
車で10分ほどの場所にハイキングコースが沢山あるのは、田舎暮らしをしていて嬉しいことの1つ。


f0106597_3304414.jpg



子供も大人も、時々、アップダウンもある山道を、片道1時間半、往復で3時間歩きました。子供たち良く頑張った!

ピクニックの様子はまた後ほどアップします。
良い週末をお過ごし下さい♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-11-27 03:35 | トスカーナ山暮らし | Comments(16)

ニコニコカレンダー

今回も「猫のしっぽ、カエルの手 トスカーナ編」を見てくださって有難うございました。
いつも、ユキちゃんが自分の部屋で絵日記を描く時は、スタッフの皆さんにお願いをし、私は邪魔にならないようキッチンで仕事をしたり、別のことをやっています。
この日も、私はキッチンに居たら、「chihoさん、ユキちゃんが呼んでます~」と呼ばれました。何だろう?と行ってみると、鉛筆削りを探しているユキちゃん。撮影が始まる前にちゃんと色鉛筆は削っておいたのになあ・・・と思いながら、見つけた鉛筆削りを渡したら、ユキちゃんは、なにやら色鉛筆を削り始め、その削った粉を指につけて、ぼかし効果に使ったのでした(笑)。
実はこの手法、1年生の頃からお絵かきに時々登場するんですよね。「数字のゼロちゃん」覚えていますか?

可笑しいのは、お絵かきを始めるとカメラが回っていようが、夢中になって、そんなことはすっかりと忘れてしまうこと。「この部分は、どうしても、色鉛筆の粉でぼかしたい」と思って鉛筆削りを探していたんでしょうね。
まあ、絵日記コーナーに限らず、良く撮影のことをすっかり忘れて、あっちに行ったり、こっちに行ったりするので、ユキちゃんを追うカメラマンさんは大変だったと思います(苦笑)。

「自分のテレビの時間」(夜の7時から晩御飯が出来るまではテレビを見て良い時間なんです)になったら、撮影が途中でもサッサと切り上げて居なくなっちゃうし(汗)。そんな自然体過ぎるユキちゃんを優しく見守ってくださったスタッフの皆さんに本当に感謝です。


f0106597_3222146.jpg



さて、今日のユキちゃんは、学校から帰ってきて、なにやら一生懸命やっていると思ったら、カレンダーを作っていました。

Calendario del buon umore 2011-2012(ニコニコカレンダー 2011年-2012年版)


f0106597_324260.jpg



それぞれの顔が書いてあって、その日の気分を描き込むらしい・・・

ユキちゃん、カレンダーがニコニコマークで一杯になると良いね♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-11-26 03:41 | お絵かきコレクション | Comments(15)

モジャ男カット

f0106597_1453335.jpg



アントネッロがモサモサしてきたので、私が髪を切りました。
本人は「寒い」と言って余り切りたがらないのですが、私が気になってしょうがなかったのです。
↑こちらは切る前。
ああ~スッキリ!

余談ですが、我が家のバスルームにはバスタブがあるものの、温水機の湯量が足りず、お湯がバスタブに貯められません。途中でお水になっちゃう(涙)。従って、いつもシャワーのみ。
ああ、熱々のお風呂に入りたい・・・

いよいよ明日は「猫のしっぽ」です。今年は晴れ続きで紅葉した葉が落ちずに、とても紅葉が美しかったトスカーナ。それを映像に残して頂きとても嬉しいです。
また、感想を聞かせてください。楽しみにしています。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-11-25 01:51 | トスカーナ山暮らし | Comments(33)
さて、やっとクーポラの上に登ることが出来ました。


f0106597_0224438.jpg



ビュ~。
いやいやご安心を。一応柵がついていて落ちないようになっています。でもかなりの迫力。


f0106597_0234136.jpg



左側にまっすぐと伸びるのはVia dei Servi、突き当たりはサンティッシマ・アヌンツィアータ教会です。


f0106597_025812.jpg



こちらは私がフィレンツェに行く時、よく利用するオブラーテ図書館のカフェテラス。眺めが良くて気持ちよいです。


f0106597_028598.jpg



ちょっと斜めっていますが(笑)、右側の丘はフィエーゾレ、我が家はその背後にうっすらと見えるより高い山の中腹です(多分)。


f0106597_0261718.jpg



左下がドゥオーモを上から見た所。下から見ると余り判らないけれど、一応レンガ屋根なんですよね。
右はし、緑の屋根はフィレンツェ中央市場。中央のクーポラはサンロレンツォ教会のメディチ家礼拝堂。
左上には、サンタマリアノヴェッラ教会の尖がった鐘楼と白いファサードが見えています。その右側にはフィレンツェ中央駅。
ね、フィレンツェって小さいでしょ?


f0106597_031342.jpg



ぼやけていますが、中央がヴェッキオ宮殿。
左側のお城のような建物は、バルジェッロ国立博物館。その向かいはバディア・フィオレンティーナというとても古い教会の鐘楼です。


f0106597_0322226.jpg



当然ながら、ジョットーの鐘楼の写真を撮るのならクーポラに、クーポラの写真を撮るのならジョットーの鐘楼に登る必要があります。
一緒に登り始めて、お互いの写真を撮り合うのも楽しいかも。望遠ズームがついていれば出来そうですね。


f0106597_0334671.jpg



フィレンツェ空中散歩、お付き合い有難うございました♪

追伸;今週の金曜日、19時30分より「猫のしっぽ、カエルの手」が放送されます。今回のお題は「栗」。ユキちゃん絵日記は「ハロウィン」。
お楽しみに~。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-11-24 00:54 | フィレンツェお薦め処 | Comments(12)
f0106597_2221580.jpg



防御ガラスが曇っているのが惜しいけれど、下に居る人の大きさで随分と高い場所に居るのが判ります。
ここから見ると、大聖堂の床のモザイクがとても美しく見えます。


f0106597_223352.jpg



ドゥオーモのクーポラとジョットーの鐘楼の高さは殆ど同じで、どちらにも登ることが出来ますが、ドゥオーモのクーポラでは、天井に施されたフレスコ画を近寄って見ることが出来るという得点があります。
題材は「最後の審判」。


f0106597_2453555.jpgこのクーポラを描いたのは、芸術批評家であり、芸術家列伝を書いたことでも有名なジョルジョ・ヴァザーリ(左)であると良く言われています。でも実際には、作業開始からたった2年後で彼は亡くなります。


f0106597_337545.jpg


残りの5年間は、フェデリコ・ズッカーリ↑が指揮を取り、フィレンツェの画家たちが仕上げます。
1579年に完成。


f0106597_2265853.jpg



ふと見ると、聖人達に並んで、あれ?あれれ?


f0106597_3204048.jpg



↑パレットを持ったフェデリコ・ズッカーリの自画像・・・。制作者の役得です(笑)。彼は「神の民」という部分でも、ちゃっかり自分の家族全員を描き込んでいるのだそうです。ドウセ、シタカラミエナイモンネ(爆)

帰りは逆面を見ることが出来ます。
さあ、更に上に上って、いよいよ高い所からフィレンツェの街を見下ろそう!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-11-23 03:23 | フィレンツェお薦め処 | Comments(6)
f0106597_1636183.jpg



こちら、フィレンツェの歴史的建造物を代表する、花の大聖堂。その上の部分をクーポラと呼びます。このクーポラは1436年にフィリッッポ・ブルネッレスキによって完成されます。
ドゥオーモの裏側には「ドゥオーモ博物館」という博物館があり、ドゥオーモや洗礼堂の内部にあった装飾の一部オリジナル、ドゥオーモの構造模型、ギベルティ洗礼堂の「天国の扉」のオリジナルパネルなどが保存されています。建築に興味がある方にはとてもお勧めの博物館です。


f0106597_1637747.jpg



さて、これから登るのは、赤屋根の上にチョコンと突き出ているランタンのような部分。
皆さん、準備は良いですか?(笑) 
入り口は、正面に向かって左側(2011年11月末現在)です。人数制限をしているので、進みが遅いですが、じっと待っていると少しずつ入れてくれます。チケット売り場は、教会の中側です。


f0106597_16374227.jpgf0106597_16385984.jpg


左の写真のような階段が続きます。階段自体は割りと幅が広く、平ら。でもやはり運動靴、手ぶらで登ることをお勧めします。
小さいお子さんはちょっと難しいかな~?ユキちゃんだったら登ると思いますが、7歳くらいまでは難しいかも。
右の写真は、最後のクーポラのカーブの部分です(わかりやすいっ!)。屋根のカーブに沿って、微妙にカーブしています。この部分が一番大変ですが、幸いこれは最後の2階分くらい。ここまで来たらもうちょっと!


f0106597_163939100.jpg



途中の窓から見える外の景色も気分を盛り上げてくれます。
そして、ドゥオーモのクーポラは一番上の景色だけではなく、登っている途中で、内側に施されたフレスコ画を鑑賞することも出来ます。
それについてはまだ後ほど・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-11-22 17:04 | フィレンツェお薦め処 | Comments(4)

"可愛い"のチカラ

f0106597_16435526.jpg

ユキちゃんが親しい方から頂いたクマちゃん。
そこに居るだけで、普段は殺風景な我が家のバスルームを可愛くしてくれます。
可愛いモノを作り出すチカラは、日本ならではの感性だと思います。
イタリア人が真似しようとしても、なかなか出来ない。下手すると、コワくなっちゃうし(笑)。

f0106597_1644867.jpg

じゃん。
こんなユーモアもあります。
こればっかりが溢れると、逆に可愛くなくなるけれど、たまには、"日本の可愛い"は世界に誇るべきだと思います。


人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-11-21 16:34 | 私の独り言 | Comments(12)