フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2011年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

アルノ河のほとりから

f0106597_23194575.jpg今日は朝からフィレンツェに来ています。いくつかのチェックインが午前中あり、その後、今晩のアパートのチェックインまでフリー。
今はマッタリとアパートでネットをやったりテレビを観たりしています。
お昼はアポイントの合間に適当にパニーノを食べたので、後で、美味しいドルチェを食べに外に出ようと思っています。


f0106597_23223845.jpg



アパートはアルノ河のほとりに、ヴェッキオ橋のすぐそばにあるので、窓からはゆったりと流れるアルノ河がよく見えます。


f0106597_23243657.jpg



あいにく雨模様になってきてしまいましたが、川沿いの風景とはなかなか良いものです。


f0106597_2325557.jpg
あ、カヌーを漕いでいる人が居ます。
アパートの入り口は、ボルゴ・サンヤコポのホテル・ルンガルノの真横にあるのですが、お部屋はアルノ河沿いに面しています。フィレンツェには、凄いアパートを持っている人が居るものです。


f0106597_23274084.jpg
帰りが遅くなりそうなので、これから街の外に駐車していた車を取りに、一旦バスで街の外に出て、街の中のパーキングに車を入れに行きます。
ドルチェは何処で食べようかなあ?(←こればっかり・笑)

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-04-29 23:40 | フィレンツェという町 | Comments(18)

動くぬいぐるみ

f0106597_1981992.jpg



GASで小麦粉や牛肉、豚肉を購入している農家コロンバイアにて。


f0106597_19112148.jpg



↑こんなのが居ました!


f0106597_19121352.jpg



うわっ!動くぬいぐるみ!じゃなくて本物の牛の赤ちゃんです。
イギリス原種の牛だそうで、食肉用・・・(汗)


f0106597_19134641.jpg



↑でも大きくなるとこんな感じになります(ちょっとガッカリ・笑)


f0106597_19154595.jpg



本人は自分がいかに可愛いか自覚していないんでしょうね。
か、可愛い・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-04-28 19:28 | トスカーナ山暮らし | Comments(23)

畑の野菜~4月の畑

f0106597_1733341.jpg



ここ数日、ビミョーに涼しいフィレンツェ。一方、ブログを拝見すると、もっと北に位置するパリは結構暑いようですね。
長期予報(余りあてになりませんが)を見ると、5月10日過ぎからイタリアにも本格的に高気圧が到来し、気温が上がっていくようです。


f0106597_17355690.jpg



ソラマメはまだまだこんな感じ。最盛期の半分くらいの高さです。


f0106597_17373296.jpg
それでも白い花がついてきました。


f0106597_1739308.jpg



ジャンッ。こちらはトマト。
森から切り出してきた木の枝を使って、アントネッロがビニールハウスを作ってくれました。
これはめくった状態ですが、夜は、上面のシートも被せて寒さから守ります。


f0106597_17401610.jpg



ビニールハウスのお陰でかなり元気に育っている様子。


f0106597_17411959.jpg



↑最近良く食べているのがカルド。フキのように茎の部分の筋を取り除き、下茹でをして、オーブン焼きにします。


f0106597_1742165.jpg



ビエトラもどんどん成長してきたので、食べられるようになりました。


f0106597_18551100.jpg



今年もミントが顔を出してきました。夏に、このミントを刈り取り、塩漬けにして冬の間使います。
使い方は、オムレツに入れたり、オーブン焼きに振り掛けたりと様々・・・。塩はあら塩でも、普通のお塩でも良くて、そのまま塩に漬けてしまいます。紫蘇みたいに独特の香りが出て美味しいんですよ。


f0106597_17432429.jpg



おっ♪ ズッキーニもそろそろです。楽しみ~。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-04-27 18:09 | フィレンツェで畑 | Comments(11)
f0106597_211675.jpg



昨日はイースターの翌日でパスクエッタという祭日&開放記念日でもありました。祭日が重なっても、決して「振り替え休日」にはならないイタリア。そういえば今年は元旦も土曜日だったし、今度のメーデーも日曜日。どうやら祭日という意味ではついていない年のようです。

さて、いつもモグラ体質、出無精の私達、友人たちも同じく出不精なので、お互いなかなか会うことが出来ません(笑)。そんな友人達も1年に必ず一回は我が家に来てくれるのが、このパスクエッタの日。ピクニックがてらに、我が家に、マルタ、アンジェリカ、ミーノなど、親友が10人ほど遊びに来てくれました。あ、パオロ&ラウラも(彼らは隣に住んでいるのでしょっちゅう会っていますが)。


f0106597_2117083.jpg



先日、この日のために、リンゴ農家で羊も飼っているセルジョから、子羊を1頭、買ってきました。
トスカーナの人は余り羊のモツを食べないのですが、プーリアでは、心臓、レバーを一口サイズに切って、腸で巻いて串刺しにし、ニュンマリエッドゥというモツ焼きにします。
↑モツ焼きの準備をするアントネッロ。モツの色が余りにアレだったので(汗)白黒にしてみました。


f0106597_21172610.jpg
赤ワインでモツを洗い、月桂樹の葉と交互に串に刺します。これを炭火で焼くのです。
全然臭みがなくて、プリプリしていて栄養満点です。


f0106597_21205861.jpg



お昼前に友人たちが到着し、キッチン前のお庭のデッキで酒盛り開始。
↑こちらは、お料理教室でも何度か作った玉ねぎのオーブン焼き。今回は石釜で焼きました。上には塩漬けミントとパン粉を振りかけています。


f0106597_21214373.jpg



子羊は今回、半頭分食べました。残り半頭分は、冷凍庫へ。
お、美味しかった~。コツは、最初にワインとお水、ワインビネガー、オリーブオイルでヒタヒタにし、蒸し煮になるように、アルミホイルを被せて焼くのです。そして、最後にアルミホイルを取り除いて、ローズマリーを刷毛代わりにしてオリーブオイルを塗りながら焼き色をつけます。
ほんのり香るビネガーの酸っぱさと、子羊独特の甘みが良く合いました。

一同、石釜奉行のアントネッロに拍手(笑)。

その他、ラウラの手作りラザニアやアンジェリカが持ってきてくれた差し入れのお肉、マルタのパリ土産のチーズ&パテ等など、食べきれないほどのご馳走が並び、盛り上がりました。


f0106597_2122942.jpg



いや~飲んだ飲んだ。久しぶりに笑って、語って・・・飲みました。
ちょっと今朝は頭がボーっとしています(笑)。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-04-26 21:43 | トスカーナ山暮らし | Comments(15)
f0106597_14084.jpg



今朝、畑から戻ってきたら、リビングにテントが張られていました。何故にっ!


f0106597_140382.jpg
テントには、「3年A組の子供限定」、「大人立ち入り禁止」と書いてあります(笑)。
で、このテントの利用方法は・・・


f0106597_141193.jpgf0106597_1413357.jpg


中で漫画を読む!(笑)。
ちなみに入り口の左右の箱には大量の漫画が入っています。
日本の母が昔、作ってくれた、キルトのお布団が敷いてあり、かなり快適っぽい感じ。
ユキちゃん曰く、今晩のテレビの時間は、このテントの中からテレビを見るんだそうです。「今晩ここで寝る~」なんて言い出しそうな勢いです。


f0106597_142244.jpgf0106597_1443529.jpg


今日はイースター当日ですが、我が家はお昼は軽く食べ、夜、アントネッロが手作りカネロニを作るべく、今準備をしています。
お昼ごはんの後に、ユキちゃんが朝から楽しみにしていた巨大チョコ卵。
これは小さめの500gですが、1キロのもあります。


f0106597_14597.jpg
オマケの種類によって男の子用と女の子用とあって、キティちゃんとか、バービーなどのキャラクター卵もありますが、ユキちゃんは、今年の卵はチョコレートのクオリティで選んだんだそうです(←さすが食いしん坊)。
それでもやっぱりオマケを見つけるのは楽しいもの。


f0106597_1455893.jpg



オモチャジュエリーでした。
普段はひょうきんユキちゃんですが、こうしてアクセサリーを試す時は何故か「乙女の顔」になるんですよね。不思議。


f0106597_1471169.jpg
f0106597_201749.jpg


どうやらこのオマケ、相当気に入ったようで、今日は一日中これをつけています。チョコ、食べ過ぎないんだよ~!
明日のお昼は、友人たちがフィレンツェから遊びに来ます。晴れると良いなあ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-04-25 02:01 | イタリア子育て~小学校編 | Comments(24)

ウィーンの思い出

先日のお料理教室では、ウィーンからご家族で来てくださったKさんファミリー、親子で参加して下さったKさん、そしてアパートリピーターのIさんと、賑やかな会になりました。皆さん、本当に有難うございました。私たちもとっても楽しかったです♪
Kさんのご主人は日本語&イタリア語ペラペラのオーストリア人、とっても楽しい方です。田舎暮らしが大好き。

お話を伺いながら、高校時代と大学時代に合計2回訪れた、美しいウィーンの街を思い出しました。
1回目は母と、2回目は一人で、どちらも格安航空券を自分で取り、宿泊も適当というサバイバル旅行。ソ連時代のアエロフロートに乗り、モスクワでドキドキのトランジット泊。2月のモスクワは並じゃなく寒かったです。翌日に到着したウィーンもまたすごく寒かった!信号待ちをしている時に、余りの寒さに犬が片足ずつ上げていたのが可笑しかったなあ。
とにかく私にとっては、初ヨーロッパだったウィーンの街(ウィーン分離派が好きな高校生だったのです)。何もかもが新鮮で今でも、あの時の衝撃が色々浮かんできます。

高校三年生の私にとってウィーン(&ソ連時代のアエロフロート)で印象に残ったこと・・・

・分離派館で見た美しいクリムトの「ベートーベン・フリーズ」

・エゴン・シーレの美しく、激しく、そして悲しい素描や絵画達
(行きはクリムト好きだったのに、帰りはシーレ好きになった私)

・プチホテルの階段で人とすれ違ったりした時に言う挨拶「グリュス・ゴット」。
(知らない人同士でこうやって頻繁に挨拶することがとっても新鮮でした。更にイタリアだと知らない人同士、話し込んじゃったりするし・笑)

・広大な美術史博物館と自然史博物館

・↑の博物館内の自動販売機
(コーヒーのボタンを押すとコーヒーが出た後、最後にボトッと生クリームが落ちてくる「ウィーン風」)

・鶏の丸焼きを涼しい顔して、もりもり一羽分、完食しちゃうウィーンのお婆ちゃん

・ヒジョーにアンティークな、扉のない美術アカデミーのエレベーター
(途中の階で何故か犬が飛び乗ってきた!)

・帰りの飛行機(ウィーンーモスクワ間)で、やたら電化製品を沢山積んで乗ってきた体の大きなロシア人
(コーヒーはお替り禁止、その代わり紅茶は豪華なサモワールでサーブ、機内食にはキャビアあり、でもフォークとナイフなどの備品回収にはかなりチェックが厳しい???なソ連時代のアエロフロート・笑)

結局は、その後の人生、イタリアまで南下してしまった私ですが、あの時の初ヨーロッパのウィーンの印象は強烈でした。世界は広いなあとつくづく考えた瞬間。

・・・と長々と思い出話をしてしまいましたが、Kさんからお土産に色々と頂いたのですが、その1つが↓こちら。


f0106597_2593422.jpg



ラーチェン。

イタリアでは、イースターの週、キリストが亡くなった金曜日と土曜日は喪に服すために教会の鐘を鳴らさないそうです。Kさんのご主人曰く、彼の実家のあるオーストリアの田舎では、教会の鐘がローマのバチカンに向かって「飛んでいって」しまうので(実際には鐘は鐘楼にあるのですが)、鐘が鳴らないのだそうです。だから、教会の鐘の代わりに鳴らすのが、ラーチェン。

全て木でできていて、グルンと回すと、木の板が歯車に当たって「ガリガリガリッ」とすごい音を立てます。
教会の鐘の変わりに、村の子供たちはこのラーチェンを鳴らして回るのだそうです。
このお話を聞いて、一瞬、子供時代のKさんご主人を思い浮かべてしまった私。半ズボンで、得意げそうに、ちょっといたずらっ子な顔でこの玩具を振り回していたんだろうなあ。


f0106597_4563665.jpg



我が家のいたずらっ子もこの通り。

それを迷惑そうに見ている鶏に注目。あっ!靴下っ(汗)

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-04-24 04:57 | 私の独り言 | Comments(9)
f0106597_1925595.jpg
我が家にとってパンはお米のようなもの。
イタリア人はサラダを食べる時に、パンがないとサラダが食べられないのです。アントネッロも同じく。だからパンを切らしてしまうと大変です。かといって、バターなどが入らない素朴なイタリアのパンは、買ってから二日もたつとカチカチになってしまうし、山の我が家からわざわざパンを買うために下の村に降りるのも億劫です。
というわけで、いつも小麦粉を大量買いし、我が家でパンを焼き始めてからどのくらいが経ったでしょう。毎日のパンはアントネッロが焼いています。
今朝のユキちゃんの朝食も、手作りパン。ジャムは去年作ったスモモジャムの最後の1瓶。今年も沢山作るぞ~!


f0106597_19444767.jpgf0106597_19285123.jpg


そのアントネッロが最近凝っているのが、lievito madre(リエーヴィト・マードレ)。小麦ベースの自然酵母です。水に小麦粉を混ぜておくだけで、空気中の小麦を好むバクテリアが繁殖し、自然酵母になるのです。ただこの種となる自然酵母は、条件が揃わないとなかなか繁殖しないので、友人から分けてもらいました。
日本では、小麦を好むのバクテリアが存在しないと聞いたことがあります。日本の自然酵母は、果物がベースのようですね(それも美味しそう)。
lievito madreは、こうしてタッパーに入れて冷蔵庫で保管しておきます。こうすると、バクテリアの活動が休止します。
毎回、パンを作るたびに常温に戻し、小麦粉(この時は全粒粉ではなく精製した強力粉)を加えて、捏ねて発酵させます。半分は、また種としてタッパー入れ、冷蔵庫に保管し、残りをパンに使います。


f0106597_1927272.jpg



コネコネ。


f0106597_19303881.jpgf0106597_1932616.jpg


白いパンにしたければ、このまま発酵させて焼くと良いのですが、我が家はいつも全粒粉のパンなので、全粒粉にぬるま湯を加え、同じような生地を捏ねて別に作ります。
そして、予め用意しておいたlievito madreを練りこみ、両方がしっかりと混ざるまで、15分間しっかりと捏ねます。


f0106597_19343893.jpg



こうして生地の出来上がり。
これを4時間ほど発酵させます。最近は暖かいので、毛布をかぶせて、パン生地を車の中で発酵させるアントネッロ。
先日、知らないで、私、車に乗って生地を乗せたまま出かけてしまいました(爆)。


f0106597_1935483.jpg
昨日は、細長い形のパンを2本。それぞれ500g程度です。成型してから更に2時間ほど発酵させます。


f0106597_1936366.jpgf0106597_19375186.jpg


普段はオーブンで焼きますが、昨日は、外の薪オーブンで焼きました。
燃料の木は森から拾ってきた枝や枯れ木です。


f0106597_19384019.jpg



お、焼き上がりっ!


f0106597_19405782.jpg



最近はまっている自然酵母。やっぱりパンは自然酵母で作るとより美味しいです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-04-22 20:33 | 山の食卓 | Comments(20)

深夜のフィレンツェ

f0106597_20135098.jpg


昨日、仕事帰りに、車で、誰も居ない深夜のフィレンツェの外環道路を走っていたら、信号毎に、次から次へと、丁度良い具合で信号が赤から青に変わり、まるで魔法のようでした。

何だか嬉しくて、もう一周しちゃおうかと思ってしまったくらいです(笑)。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-04-21 20:16 | 幸せの種 | Comments(4)
f0106597_531442.jpg



ユキちゃんが、英語のノートを見せてくれました。

いつもの通り、書き取りはヒジョーに適当、
一方、お絵かきはヒジョーに力が入っています(苦笑)。

英語の先生と面談しても、いつも、
「ユキちゃんは・・・絵がとっても上手ですっ!」と言われます。(いや、そういうことを知りたいのではなくて・・・汗)


f0106597_5324251.jpg



お題はイースター。イースターといえば兎。
草むらでたそがれる兎。何か和むなあ。


f0106597_533484.jpg



色とりどりのイースターエッグ。模様にも凝っています。


f0106597_5345561.jpg



あ、ヒヨコ!

ちょっと早いけど、ブオナ・パスクワ!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2011-04-20 05:53 | お絵かきコレクション | Comments(35)
f0106597_226299.jpg



この新聞紙にくるまれている物体、一体なんだと思いますか?

ジャガイモ?球根?


f0106597_2265516.jpg



ジャンッ!

実は、我が家から車で20分ほど行った場所に、のーんびりした家庭用品屋さんがあります。見た目は倉庫みたいで、暇そうなお兄さんが店番をしています。でも結構、私好みの可愛いフツーの家庭用品が沢山あって、日本の母も、こちらに来ると最近は、このお店でガッツリ買い物をするのを楽しみにしています。

レジ台には新聞紙が開いてあり(お兄さんが読んでいたのではなく・笑)、これでくるくるっと陶器を包んでくれます。別に「贈答用ですか?」などと聞かれることもなく(いや、きっとプレゼントって言えば箱を探してきてくれるのですが)、「最近、朝晩がまだ寒いよね~、トマト植えた?」なんて世間話をしながら、こうして新聞紙のクルクルがあっという間に出来上がります。

私はショッピングバッグを持っていたので、それに入れてもらっておしまい。
このさりげない簡易包装好きだな~。イタリアでは、市場でもお店でも、大体こんな感じです。割れ物じゃなかったら、包装もせずにそのまま渡してくれます。


f0106597_2272298.jpg



今回私が買ったのは、シュガーポット、ミルクピッチャー、サーレ&ぺーぺ(塩と胡椒の入れ物)。
合計で10ユーロ也!



f0106597_2274933.jpg



↑、あ、シールはずすの忘れた(苦笑)。

大事に使います。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2011-04-19 02:39 | シンプルエコライフ | Comments(17)