フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2010年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

f0106597_22353212.jpg



ふと気がつくと、日本はもうあと少しで年が明けてしまうっ!
年が明ける前に慌てての更新です(笑)。朝から私が何をそんなに忙しくしていたかというと、大掃除ではなく、「畑」。やっと雨がやんで暫く安定したお天気が続き、土が少し乾いたので、朝からクワとツルハシを振るっておりました。

皆さんにとって2010年はどんな年でしたか?
私にとっては、今年もまた良い出会いが沢山あった年です。そして、再会の年でもありました。今年は、ローマのB&Bを紹介し始めたことから、数度ローマに行き、ローマという街の魅力を再発見しました。


f0106597_22361258.jpg
山暮らしは、もはや例年通り、サバイバル度も例年通り。
ユキちゃんは、何だか夏休みを過ぎた頃からグンと背が高くなり、成長したような気がします。少しずつ、やっと色んなことを自分でやるようになり、こちらがお願いすると、素直にお手伝いもしてくれるようになりました。まあ、時々赤ちゃんみたいなわがままを言うときもありますが、まだまだ子供だからしょうがないかな?と、出来るだけ愛情を惜しまず、私たちなりにユキちゃんと知恵比べをしつつ、子育てをしています。

アントネッロは来年の新たなスタートに向けて着々と準備をしています。去年からタバコを完全に止めたのと、鼻茸の手術をしたために、とても調子が良いようです。今日も元気に朝から薪割りをしています。
我が家の食事当番として、毎日心のこもった手作り料理を作ってくれて本当に感謝!


f0106597_2239058.jpg



今年は、感謝するべき人々が多すぎて書き切れない程ですが、いつも日本から応援してくれている家族、親類、友人に心から感謝します。
私の心のオアシス(笑)であるフィレンツェの友人たちにも感謝。出不精の私だけど、また来年も仲良くしてください。
そして、このブログを今、読んでくださっている全ての方々へ、心から感謝します。ブログを書き始めてから気付くようになった日々の小さな幸せが、私の田舎暮らしの支えだと思います。読んで下さる皆さんに支えられながら、今年も続けることが出来ました。

また来年も、ブログ友達として宜しくお願いします♪

そろそろ「ゆく年くる年」かな?
幸多き2011年をお迎えください・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-12-31 22:54 | 私の独り言 | Comments(26)
12月、1月は殆ど畑をいじることが出来ないお休みシーズン。
それでも、昨日はじっとしておられずに、長靴&手袋で、柵の近くの雑草を刈り取ったり、茨を切りとったりしています。

例年以上に気合が入っている2011年の畑。
ここで計画を書いてしまうと、きっとシーズンになって急な仕事が入ったりして実現できないかも・・・と不安にはなるのですが、書いたからには実行するように頑張るだろう、まあ、出来なかったら出来なかったでしょうがないか(←ゆる~い)と思い、頭の整理をするためにも、1月から3月までの畑の作業を書き出して見ます。

1月 コンポスト用の枯葉と鶏糞集め。土が乾いていたら土起こしと雑草抜き

2月 種まき(室内):ビーツ、グリンピース(高く育つもの)、ソラマメ(補充用)
    種まき(畑に直播き+不織布かけ): ニンジン、ニンニク、パセリ、ルッコラ
   リトマス試験紙で土の分析

3月 種まき(室内):バジル、ナス、トマト、きゅうり、ズッキーニ、カボチャ、インゲン
    種まき(畑に直播き+不織布かけ): ニンジン、ジャガイモ、ほうれん草)

今までは、ずっと鶏糞と枯葉のコンポストを使ってきたのですが、近年ソラマメ以外の豆類の成長が余りよくないので、ここで一度きちんと畑の各所の土の状態を把握しなければと思っています。結果によっては、豆を植える面には石灰を入れる必要があるかな?

キッチン前の庭には薔薇を何株か増やしたいなと思っています。大きくなりすぎたセージは3月に思い切って刈り込もうとも思っています。
さて、計画通りに行くのでしょうか???

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-12-30 20:05 | フィレンツェで畑 | Comments(24)

子育ては助け合い

f0106597_1431763.jpg



いよいよ放送まで1週間をきりました。ドキドキです(汗)。
NHKでは番組宣伝のスポットが放送され始めたようですね。スタッフの方がブログに雪の中、徒歩で前進する撮影隊の写真をアップしてくださいました。肩に積る雪が泣かせる~。いやいや、本当にお疲れ様でした。実際の番組自体は、こんな苦労を微塵も感じさせない素晴らしい映像だと思います。

イタリアではもう冬休み真っ只中の子供たち。でもママはお仕事という家庭も多いと思います。
昨日は、ユキちゃんのお友達M君を朝から預かりました。救急病院のドクターであるM君ママとは、持ちつ持たれつのママ友達。GASでも、給食委員会でも一緒に活動をしていて、何でも頼める心強い存在です。
この日は、ママがお仕事だったので、うちでM君を一日預かりました。こうして、遠慮なく頼んでくれるので、逆にこちらが頼みごとがあるときにも気軽にお願いできるんです。


f0106597_212911.jpg



↑二人で仲良く本を読むユキちゃんとM君。それぞれ交代で朗読していて、面白い部分になると転がって笑っています。
テレビゲームやDSなどがない我が家ですが、二人はとっても楽しそうにいろんな遊びをして、あっという間に時間が経ちました。


f0106597_26488.jpg



M君、来年もユキちゃんと仲良しさんで居てください♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-12-30 02:28 | イタリア子育て~小学校編 | Comments(14)
f0106597_3134351.jpg



実は、今年のクリスマスはプーリアに行く予定を立てていたのですが、ちょっと予定変更で、いつも通り家族三人で山の我が家で過ごしました。移動を予定していたのは、雪で交通状況もかなり混乱していた時だったので、かえって予定を変更して良かった(ホッ)。
というわけで、今年のクリスマス当日は例年通り。イブの日にD君ファミリーと魚料理を堪能したので、翌日のクリスマスランチは、ディナーに変更しました。

ちなみにアントネッロが作ったイブの魚料理のメニューは、
前菜:チンタ豚のソプラッサータ(これはGASで購入したものです)、
プリモ:魚のラビオリ(ラビオリの中に白身魚とジャガイモ、ポロねぎを詰めたもの)、
セコンド:黒ヒヨコマメと子ダコの煮込み。
デザート:近くの村のパン屋さんのパネットーネ。

お腹一杯~。というわけで、翌日のクリスマスディナーは1品料理のみ。こんなことが出来るのは家族3人で過ごすからで、プーリアの実家だったら、イブから大晦日、元旦までお食べ地獄ご馳走耐久マラソンです(爆)。まあそれはそれで、とても楽しいのですが・・・。

3人でのクリスマスは簡単に・・・と思っていたのですが、それでも、どうしても食べたかったのがコレ、トルテッリーニ。


f0106597_3182761.jpg



今年は小さなアシスタントがいるアントネッロ。彼は手が大きいので、小さなトルテッリーニを作るのが苦手なんです。だから早くユキちゃんに伝授したいらしい(笑)


f0106597_3201298.jpgf0106597_3223390.jpg


器用に小さな手で1個ずつトルテッリーニを作るユキちゃん。
お、結構筋は良いかも。


f0106597_3233190.jpg



1個ずつ丁寧に・・・


f0106597_326879.jpg



トルテッリーニの中身には、いろんな種類の材料が入るのです。
豚ひき、モルタデッラハム、生ハム、パルメザンチーズ、卵、ナツメグ、胡椒・・・
これらを一緒にミンチして混ぜ合わせ、薄めに伸ばしたパスタ生地に包むのです。


f0106597_33118.jpg
そして、きちんとお肉からとったブロードも、美味しいトルテッリーニを作るのに欠かせないもの。鶏がらやお肉の塊を何時間もことことと茹でてとったブロードです。
このブロードの中でトルテッリーニを茹でます。


f0106597_3313633.jpg



二人が心を込めて作ってくれた手作りのトルテッリーニは、温かくて、とっても優しい味でした。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-12-29 03:54 | 山の食卓 | Comments(20)

今日のフィレンツェ

f0106597_5424761.jpg

メインサイトのネットでの受付は勿論、年中無休で行っているのですが、今日は、アパートのチェックインでは、2010年度の仕事納めでした。今年最後のお客様はアパートリピーターのSさん。いつも本当に有難うございます。
今年、サイトでご紹介しているB&Bやアパートにご滞在くださった皆さん、どうもありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願いします。
今日のチェックインは冬休み中のユキちゃんと一緒に行きました。久し振りにユキちゃんと行ったフィレンツェはクリスマスの飾りつけでキラキラしていました。イタリアでは、1月7日のエピファニーアというお祭りまでクリスマスツリーや飾りつけはそのまま飾っておくのです。

↑は洗礼堂前のツリーとユキちゃん。とっても大きなもみの木は、夜になるとライトが点灯されとても綺麗でした。
ユキちゃんは、わざわざ本棚からフィレンツェの子供用のガイドブックを取り出して持参。来年からは少しずつ、フィレンツェの美術館に連れて行ってあげたいなあと思っています。

何から見せようかな?
時代順?メジャー度順?作家別?
考えるだけでワクワクします。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-12-28 05:52 | フィレンツェという町 | Comments(9)
f0106597_2262561.jpg



聖ペテロの磔刑(1600-1601) カラヴァッジョ作 サンタマリア・デル・ポーポロ聖堂

私が今回ローマ滞在の中で一番心惹かれた作品です。
聖ペテロ(ペトロ)は、既にネロ皇帝のキリスト教迫害が始まっていたローマに、遭えて宣教をしに行き、そこで捕られてしまいます。


f0106597_22737.jpg
そして、捕らえられ、処刑されることとなったペテロは自ら、逆さ十字架にかけられることを望みます。
通常、英雄として描かれることが多いペテロを、カラヴァッジョはこのように描きます。彼が描いた他の聖人伝と同じように、この絵もまた、1600年のローマの服装。
そして、十字架を持ち上げようとする3人は、優雅な甲冑を身に着けたローマ兵ではなく、作業に従事する労働者のよう。


f0106597_2284992.jpg
よく見ると、十字架の部分は見せずとも、4人の登場人物の体がまるでゆっくりと起き上がる十字架のような形を成しています。
逆さになる直前に、思わずぐっと上体を上げる聖ペテロ。がっしりとした体つきなどは、何度も拘束されながらも宣教を続け、遭えてローマに向かったペテロの強靭さを思い起こさせますが、彼の顔つき、そしてこの動作は、まるで最後の人間性を表しているかのようです。
逆さになる=殉教する(聖人となる)というプロセスの直前にペテロが見せる人間性をカラヴァッジョは描いたのでしょうか。

ローマの教会で鑑賞するカラヴァッジョの作品。
とってもお勧めです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-12-27 02:43 | ローマ プチ情報 | Comments(8)

クリスマスの朝

昨晩のイブはユキちゃんの親友D君ファミリーを呼んで、楽しい晩御飯となりました。久しぶりに会ったYちゃんは、本当に言葉が達者になり、元気に走り回っています。とっても優しくて、もらったものは何でもお兄ちゃんと半分こ。あれからもう1年が経ちましたが、今ではとっても素敵な4人家族です。
サンタさんに何をお願いしたの?と二人に聞いたら、D君は「アリの巣」。あの、昔の学研のおまけについていたような、ガラス張りの容器の中で蟻が巣を作っていく様子を観察するもの。D君らしいなあ(笑)。Yちゃんは、チッチョ・ベッラと呼ばれるクラシックな抱き人形。
ユキちゃんは、今年は、「バスケシューズ、本、組み立て式の電気回線の玩具(?)、新しい学校用のリュック」と欲張りに4個もお願い。
私が「サンタさんは4個もプレゼントを持ってくるわけない。1個限定」と言ったら、「そんなことないっ!Gちゃんには去年7個もプレゼントが届いたんだ!マンマは私にサンタさんがプレゼントを沢山持ってこないって信じさせたいんだっ!」なんて言い張って聞きません。
やれやれ~。かなり気合が入った手紙も書いていたし・・・


f0106597_21155274.jpg



今朝、早朝にドドドッと屋根裏部屋からリビングへと階段を駆け下りる音がしたかと思うと、「やった~!」という歓声。心が広いサンタさんは、本と電気回線の玩具を届けてくれました。バスケシューズはプーリアのおじいちゃんからのプレゼント。


f0106597_21162748.jpgf0106597_21165269.jpg


この電気回線の玩具は、"Come funziona l' elettricita' ?"(電気はどうやって働くの?)というもので、回線図通りに回線を組み立てると、音が出たり、グルグルプロペラが回ったり、電球が点いたり、ラジオの音が聞こえたりするもの。電気回線の基本を遊びながら理解できる玩具です。


f0106597_21193397.jpg



アントネッロもユキちゃんもパジャマのままで遊びに夢中(コラ~!着替えなさ~い!)


f0106597_21213530.jpg



ラジオを組み立てているユキちゃん。


f0106597_21222540.jpg



聞こえるかな?
今年もまた山の家でのんびりと過ごすクリスマス。
世界中の子供たちが心穏やかな温かいクリスマスを過ごせますように・・・

皆さんにも、Auguri ! Buon Natale !!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-12-25 21:41 | トスカーナ山暮らし | Comments(14)

試練のクリスマスイヴ

まるで我が家の耐久性を試すかのごとく(笑)、今朝は朝から停電でした。
まあ、すぐに回復するよね~などと思いながらのんびり(ネット以外、実生活にはあまり影響なし)。但し、大きい井戸の汲み上げポンプは電動式なので、再び水道なし、古井戸からバケツで水汲み生活に逆戻りしました(苦笑)。
そのうち戻ると思いつつもなかなか戻らない電気。どうやら山の中で木が電線に倒れてしまった箇所が特定できず、時間がかかっている様子です。
このままでは夕暮れになってしまうかも・・・。


f0106597_23554015.jpg



ちょっと心配になっちゃったユキちゃんに、アントネッロが「大丈夫!」と取り出したのが、太い綱とオリーブオイル。???何をするんだろう・・・


f0106597_2356183.jpgf0106597_23573581.jpg


オリーブオイルを瓶に入れて、真ん中に綱を通して火をつけると・・・


f0106597_23584428.jpg



ほらっ!オリーブオイルのランプです。
心配していたユキちゃんもすっかり安心しました。これで真っ暗でもトイレに行ける~。


f0106597_23592033.jpgf0106597_23595554.jpg


しかし、この試作品1は蓋のところで火が消えてしまうため、今度は綱に鉄線を通して形を作り、もう一度挑戦(試作品2)。


f0106597_002421.jpg
なかなか旨く行ったのですが、瓶の口のところが熱で割れてきてしまいました。
というわけで最終的な完成作がこちら・・・


f0106597_01217.jpg



これで大丈夫!
シンプルに、テラコッタのお椀にオリーブオイルを入れて、鉄線で形作り立てた芯に火をつけただけです。

注:あくまでもオリーブオイルであることが大事。サラダ油など他の種類の油で差し替えたら危険です。
また、火は管理が出来る場所で楽しみましょう♪

こうして3人で遊んでいたら、停電発生から約8時間後の午後4時過ぎにやっと電気が回復しました。
それにしてもアントネッロ、古代ローマ人の血を感じさせます(爆)

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-12-25 00:15 | トスカーナ山暮らし | Comments(28)

冬の楽しみ

f0106597_28849.jpg



先週の雪は嘘のように、急に気温が上昇し、今日の昼間の最高気温は14度もありました。本当に今年の冬は変な天候。積もっていた雪が一気に溶け、雨がしとしとと降っています。北ヨーロッパの空の便の混乱もずいぶんと回復してきたようです。


f0106597_2131391.jpgf0106597_2135785.jpg


ふと庭先を見ると、誰かが食べるものを探して穴を掘ったようです。イノシシか?カモシカか??
冬は食べ物が少なくなるからみな必死なのですね。


f0106597_2151161.jpg



すっかり枯れてしまったと思っていた鉢植えの小菊、crisantemo(クリサンテーモ)。


f0106597_2161059.jpg



枯れた部分を取り除いてあげたら、下から新しい葉っぱが出てきていました。まだまだ冬の始まりですが、なんだかワクワクした瞬間。
明日、温室の中に入れて上げましょう。

明日はクリスマスイヴですね。
イタリアではVigilia(ヴィジーリア)と呼び、夜のディナーにお魚を食べる家庭が多いようです。
我が家もユキちゃんの親友D君ファミリーと一緒に我が家でディナー。アントネッロが魚料理を作るそうです。
楽しみ~。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-12-24 02:30 | トスカーナ山暮らし | Comments(11)
イタリアではそれぞれの街で人気のある(?)聖人が違います。やはり、その街に縁のある聖人は人気が高いのです。ローマは断然、聖パオロ(サウロまたはパウロ)と聖ピエトロ(ペトロ)。なぜなら、彼らはローマで殉教したといわれているからです。

もともと、ローマの市民権を持っていたパオロは、キリストを迫害する側に居たのだそうです。復活後のキリストに「サウロ、サウロ、なぜ、わたしを迫害するのか」と声をかけられ、目が見えなくなります。このシーンは、「目が見えなくなり馬から落ちるパオロ」という設定で描かれることが多いのです。
その後、アナニアというキリスト教徒がパオロのもとに現れ、彼の為に祈ると、目から鱗の様なものが落ち、再び目が見えるようになったのだそうです。その後、彼は、キリスト教徒へと改宗します。


f0106597_19334097.jpg



オデスカルキのパオロの回心 1600-1601 カラヴァッジョ作 (オデスカルキ家所蔵)

1600年にローマのサンタマリア・デル・ポーポロ聖堂の礼拝堂内のために。「パオロの回心
」と「パオロの殉教」が依頼されます。ところが、1年後に依頼主が亡くなってしまった為、礼拝堂のプロジェクトは中断してしまいます。
↑の作品は、最初の礼拝堂プロジェクトの際に、カラヴァッジョが描いたもの。そして、下は、現在、礼拝堂内に所蔵されている作品。これもカラヴァッジョが1605年に新バージョンとして描いたもの。


f0106597_19475560.jpg



「パオロの回心」 1605年 カラヴァッジョ作 サンタマリア・デル・ポーポロ聖堂

どうですか?
同じ題材で、同じ画家が描いても、こんなに違いがあるなんて面白いです。
新バージョンの方が、シンプルで、でも凄く直接的というか、キリスト教のエピソードを離れ、まるで日常の空間で起こった出来事のようなリアリティを感じます。

さて、長く引きずったカラヴァッジョ話ですが、次回は、私が大好きな作品「聖ペトロの逆さ磔』」です。
お楽しみに~。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-12-22 20:03 | ローマ プチ情報 | Comments(10)