フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2009年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ユキちゃんと山猫

f0106597_177370.jpg
メディチ話の途中ですが・・・
今月新学期が始まり、毎日楽しく学校に通っているユキちゃん。昨日、学校から帰ってきたら、ノートのページ一杯に描いた自信作の絵を見せてくれました。
どうも、先生に「ノートの1ページ目に表紙として好きな絵を描いて良い」と言われたようです。ユキちゃんが描いたのは「ヤマネコ」(ププッ)。


f0106597_17105998.jpg
何故、夏休み明けからこの動物にこだわっているのかというと、どうやら、親友のGちゃんが夏休みに南イタリアのアブルッツォ自然公園に行ったそうなんです。広大な自然が残るアブルッツォ自然公園には、1970年代に東欧カルパチア山脈から繁殖目的で連れてこられたヤマネコが生息しているそうです。勿論、Gちゃんがヤマネコを見れたとは思いませんが、きっとどこかにヤマネコが生息している広大なアブルッツォの山を見て、猫好きのGちゃんなりに色々感じたのでしょうね。
そんなGちゃんの話を聞いたユキちゃんも、すっかりヤマネコにはまってしまったのです(笑)。
面白いのは、ユキちゃんのヤマネコが雪に埋もれていること。アブルッツォ自然公園も、カルパチア山脈も冬はとても寒くて雪が降る場所だから、ヤマネコも雪の中で逞しく生きているのでしょう。


f0106597_17413662.jpg
カッと口を開けているところが面白いです。そうそう、よくお隣のラウラの猫があくびをするところを、面白そうに観察していたっけ。

これから、冬に向かって秋が深まっていきますが、ユキちゃんのヤマネコは、きっと今年の冬もどこかの山の雪の中で逞しく元気に生息しているのでしょうね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-09-30 17:45 | お絵かきコレクション | Comments(11)
f0106597_15531485.jpg
メディチ家によるサンロレンツォ聖堂の増築プロジェクトは、1418年にフィリッポ・ブルネッレスキへ委託され、1421年には図面が出来上がったそうです。聖堂内の旧聖具室が1429年に完成し、1446年のブルネッレスキの死後も、身廊、新聖具室、ラウレンツィアーナ図書館、君主の礼拝堂へと工事は続きます。
1860年の天井の改装にも関わらず、ルネサンスの巨匠ブルネッレスキのオリジナルの建築空間が明確に残る美しい聖堂です。白い漆喰の部分と、グレーのピエトラセレーナと呼ばれるフィレンツェ原産の自然石がリズム良く組み合わせられていて、連なる柱と側廊の丸い天井が一体化しています。この聖堂に足を踏み入れると、そんな建築のリズムを感じます。
メディチ家の聖堂にふさわしく、デジデーリオ・ダ・セッティニャーノ作の浮き彫り祭壇や、晩年のドナテッロ作の説教壇、ブロンズィーノ作のフレスコ画、フィリッポリッピ作の受胎告知図など、傑作が揃っています。
今回は、「メディチ家のお墓」として観察してみたいので、祭壇に向かって左側の旧聖具室に向かいましょう。


f0106597_16342640.jpg



f0106597_17183757.jpg
旧聖具室は、ブルネッレスキにより1429年に完成されます。そして同時期かその直後に、同じくルネサンスの彫刻家ドナテッロにより各所に配置された円形のレリーフや、祭壇左右の4人の聖人を表す2パネル(写真左 「聖ステーファノと聖ロレンツォ」)が制作されます。


f0106597_16413981.jpg
真ん中にある大理石のテーブルの下には、メディチ家の創始者ジョヴァンニ・ディ・ビッチと妻ピッカルダ・ブエーリが埋葬されています。テーブルの下というのは、果たしてベストな場所なのでしょうか(笑)??疑問に思ってしまうのはきっと現代人の価値観で見ているからなのでしょうね。中世人の眼で見なくては・・・。


f0106597_17494.jpg
一方、2代目当主コジモ・イル・ヴェッキオは、旧聖具室ではなく、聖堂の身廊奥、主祭壇の手前の床の丸い大理石部分に埋葬されています。


f0106597_1649569.jpg
f0106597_16495142.jpg


さて、旧聖具室内に戻り、左側には、3代目当主ピエロ・ディ・メディチ(写真右 )と弟のジョヴァンニの棺があります。ヴェロッキオ作の優雅な美しいお棺です。


f0106597_16561716.jpg



このお棺は意外なところで登場します。↑は、レオナルド・ダ・ヴィンチ作の「受胎告知」(フィレンツェ、ウフィッツィ美術館蔵)。


f0106597_172665.jpg
f0106597_1712098.jpg


聖母マリアの前に置かれたテーブルの足元を見ると、どこかで見たような装飾が・・・。ヴェロッキオのお棺は確実に見ていたであろうレオナルド。そのまま真似するのではなく(それはプライドが許さなかったんでしょうね)、ちょっと変えてはいますが、きっとスケッチをしていたのでしょうね。


f0106597_17262938.jpg
ちょっと長くなりましたが、もう一つだけ・・・
旧聖具室の奥の小さな祭壇の上は、丸いドーム上になっていて、星の夜空が描かれています。
近年の研究で、星の配置により、実はこの夜空は、1442年7月4日のフィレンツェの夜空を描いたということが判ったそうです。アラゴン家に王位を奪われナポリを追われ、フランスに戻る途中であったアンジュー公ルネ・ダンジューのフィレンツェ訪問の日を記念したものと言われています。
当時、コジモ・イル・ヴェッキオ(53歳)、ピエロ・ディ・メディチ(26歳)、 ロレンツォ豪華王(この7年後に誕生)。当時の人たちは、この7月の夜空をどんな気持ちで見上げていたんでしょうね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-09-28 18:16 | フィレンツェお薦め処 | Comments(12)
f0106597_23182875.jpg先日、メディチ家礼拝堂に行ってきました。その時のことを書こうと思ったのですが、ふと考えると、もともとメディチ家礼拝堂は、サンロレンツォ聖堂の一部であり、歴史的には切り離しては語れないモニュメントです。
大理石が素晴らしい「君主の礼拝堂」とミケランジェロ作の「新聖具室」が見所ですが、時代背景を知るにはまずは、サンロレンツォ大聖堂と合わせて観察する方が判りやすいと思いました。

これから何回かで、メディチ家の霊廟を、サンロレンツォ聖堂(旧聖具室)、メディチ家礼拝堂(地階 クリプタ部分)、メディチ家礼拝堂(君主の礼拝堂)、メディチ家礼拝堂(神聖具室)の4つのお墓に分けて時代順に書いてみたいと思います。


f0106597_20192100.jpg
サン・ロレンツォ聖堂は、393年に殉教者聖ロレンツォを祭る聖堂として建てられます。意外なのですが、実はサンロレンツォ聖堂は、フィレンツェのドゥオーモの前身であるサンタレパラータ教会が大聖堂となる前までは、フィレンツェ初のキリスト教会として街の大聖堂だったのです。
1418年、銀行家であり、初代メディチ家当主ジョヴァンニ・ディ・ビッチがメディチ家の教会として大規模な増築計画を立ち上げます。
それ以来、メディチ家の代々の当主そして家族は、「最後のメディチ」となるアンナ・マリア・ルイーザ(1667-1743)まで、皆、このサンロレンツォ大聖堂と後方のメディチ家礼拝堂内に埋葬されます。

現在は、下の図のように、サンロレンツォ大聖堂(入り口矢印黒 白い部分)、メディチ家礼拝堂(入り口矢印青 青い部分)、ラウレンツィアーナ図書館(入り口矢印オレンジ 黄色い部分)の3つに分かれてしまっているために、同じ聖堂の敷地内にあるとは余り想像しにくいのですが、実際にはそれぞれ深い結びつきのあるモニュメントです。


f0106597_23491356.jpg
左の図の通り・・・

1 大聖堂身廊
2 旧聖具室(ドナテッロ作)
3 君主の礼拝堂(下はクリプタ)
4 新聖具室(ミケランジェロ作)
5 中庭
6 階段(ミケランジェロ作)
7 ラウレンツィアーナ図書館(ミケランジェロ作)


↑こうして見ると、コジモ・イル・ヴェッキオ、ピエロ・ディ・メディチが埋葬される旧聖具室(2)と、ロレンツォ豪華王&弟のジュリアーノ、ウルビーノ公ロレンツォ・ディ・メディチ、ネムール公ジュリアーノ・ディ・メディチが埋葬される新聖具室(4)が対照位置にあり、正面の祭壇の更に奥に、コジモ1世以降のメディチ家当主が埋葬される君主の礼拝堂(3)、その下には、その他のメンバーが眠るクリプタ、があることが判ります。

300年にも渡って、メディチ家の歴史と共にその姿を変化し続けたサンロレンツォ聖堂。
次回は、まず大聖堂内の旧聖具室について書いてみようと思います。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-09-28 00:13 | フィレンツェお薦め処 | Comments(8)
今朝、メールを開いたら嬉しいニュースが届いていました。親友のYちゃんが昨日の日本時間の9時に元気な女の子を出産したとこのこと♪ Yちゃん、おめでとう。よく頑張ったね。今はゆっくり休んでね。

さて、今週の火曜日、GASでオーダーしていた有機ジャガイモを5キロを受け取りました。GASとは、Gruppo di acquisto solidale と呼ばれるグループです。近隣の小さな農家を支援すること、安全な有機栽培の農作物やチーズ、肉などを直接農家から購入する目的で、市民グループが運営しています。利益は発生させないこと、完全に人力で行われ、企業は参入しないことがモットーなので、参加メンバーはそれぞれ自分の担当する農家のオーダーを集めたり、受け渡しに立ち会います。私は、豚肉担当。最近は牛肉も担当しています。
今回届いたジャガイモを作っているのは、我が家から30キロほど北にある有機農家。
春にGASのメンバーがオーダーを集め、ジャガイモの収穫が始まる9月から月に一度5キロ単位で受け取ります。この方法だと、農家にとっては、種芋を植え付ける量を調節でき、収穫期の確実な収入も読めるという利点があります。値段も、野菜市場や大企業の買い付けに左右されることはありません。
私たちにとっては、納品される週に畑から収穫するから、採れたての有機のジャガイモが食べられるというメリットがあります。


f0106597_1833455.jpg
イタリアでは、大きく分けてpatate gialle(パターテ・ジャッレ=黄色いジャガイモ)とpatate bianche(パターテ・ビアンケ=白いジャガイモ)があります。黄色いジャガイモは日本のメークインのように煮込み料理や、オーブン焼きに使います。一方、白いジャガイモは男爵に似ていて、ニョッキにしたり、トルテッリの中身に使ったりします。
←今回私が受け取ったのは、パターテ・ジャッレ、5キロ、5ユーロ也。
採れたてだからか、全然芽が出ていなくて、調理後もしっかりしていて美味しいです。早速、耐熱皿に切ったジャガイモ+オリーブオイル+ローズマリーを並べてオーブン焼きにしました。ジャガイモがこんなに美味しいなんてビックリ!年中あるような野菜に見えますが、ジャガイモにも旬があるのですね。

GASでの共同購入には、スーパーでは味わえない喜びがあります。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-09-26 19:13 | シンプルエコライフ | Comments(14)

皆でお寿司を食べました

f0106597_15513638.jpg
先週の土曜日、ユキちゃんの大親友D君と、D君パパ&ママを呼んで、和食ご飯をしました。随分前から、「和食ご飯やろうね♪」といっていたのに、忙しくて伸ばし伸ばしになっていたのです。ユキちゃんとD君は1年生の時から机が隣同士。組変えがないイタリアの小学校だから、きっとこのまま5年生まで、同じクラスで席も隣同士なんでしょうね(苦笑)。
下の村に住むD君ママは、もともと私をGAS(農産物を共同購入するグループ)に誘ってくれた人です。それ以来、家族ぐるみの付き合いが続いています。
さて、普段料理をしない私(←かなり反省)が、この日頑張って作ったメニューは、椎茸と人参とジャガイモの煮物、網焼き野菜の春巻き、キュウリとわかめの酢の物。そして、アントネッロがお寿司を担当しました。
そうそう、揚げ物は勿論ですが、意外とキュウリの酢の物はイタリア人に受けるんですよ。美味しいとモリモリ食べてくれました。干し椎茸も水で前の晩から戻しておき、薄味で根菜と一緒にコトコト炊いたら美味しかったです。


f0106597_1605920.jpgf0106597_1615485.jpg


二人にお箸指導をするアントネッロ(笑)。「フォークあげようか?」って言ったら、二人とも、「とんでもないっ!和食はお箸で食べなくちゃ!」と一生懸命、初めてのお箸を使っていました。

D君パパは痩せの大食い。お寿司もオカズもモリモリと食べてくれ、初めての和食をとっても気に入ってくれました。さすがにワサビはお寿司には入れず、各自がお好みで加えるようにしました。


f0106597_1625081.jpg



アントネッロが朝、フィレンツェの中央市場でマグロと鮭の切り身を買ってきて、おろしました。
ご飯は私が炊きましたが、後は全てアントネッロ作。なんちゃってお寿司ですが(笑)、美味しかったです。

皆、喜んでくれて良かった♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-09-25 16:06 | フィレンツェで和食を作ろう♪ | Comments(16)

9月の畑は大忙し

f0106597_20493831.jpg
先週の雨はウソのように、今週のフィレンツェはすっきりと気持ちの良い晴天が続いています。
雨の水分がやっと地中に吸収され、今の畑はベストコンディション♪ クワを入れると、ほろっと土が崩れて丁度良い感じです。
9月の畑は、夏野菜の片付け、土おこし、コンポストの準備で大忙し。


f0106597_20504153.jpgf0106597_20513298.jpg


何面かに分かれている畑の中で、何度か野菜作りを繰り返して「ちょっと土が疲れてきたかな?」という面には、まず土の表面を少し耕し、そこに枯葉や抜いた雑草、夏野菜の枯れた苗などを山にしておきます。
そして、他の面を耕しながら顔を出すミミズたちを捕まえて、そっと枯葉の山の下のほうに置いておきます。たまに鶏糞や、裏山に遊びに来る牛の「大きな落し物」(笑)も混ぜこみ、乾きそうになったら、たまにホースで水をかけます。


f0106597_20535897.jpg
こうしておけば、来年の春までの間に微生物君やミミズ君たちが一生懸命枯葉を分解してくれ、バランスが取れた腐葉土が出来上がります。


f0106597_20554938.jpg



先日蒔いたホウレン草も早速、芽を出しました。
最近種まきをしたのは、赤ラディッシュ、ホウレン草、人参、サラダ菜、ビーツなどです。冬場の我が家の食卓がかかっているので、責任重大!今年の秋も、畑を頑張るぞ~!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-09-24 21:07 | フィレンツェで畑 | Comments(14)

ユキちゃんの百面相帳

最近、テレビの時間にユキちゃんがかなり真剣に観ている工作番組、「アートアタック」。のっぽさんの「できるかな?」のような番組ですが、司会のジョヴァンニはのっぽさんとは違って、ノリノリトークです。
昨日、私の机の上に↓こんな作品が置いてありました。アートアタックで作り方を観て、自分で作ってみたようです。


f0106597_0595998.jpgf0106597_122030.jpg


A4のコピー用紙を半分に折って綴じ、右側から帯状にいくつか切り込みを入れます。
それぞれ、目、鼻、口に分かれていて、色んな表情をつけて描き込みます。ペラペラとめくると、人物の表情が色々な組み合わせになって変わるというもの。


f0106597_172896.jpgf0106597_116875.jpg


左:ウワ~ン
右:辛い~!!


f0106597_117588.jpgf0106597_118631.jpg


左:嬉
右:キリッ


f0106597_1192561.jpgf0106597_1203650.jpg


口と目の表情でこんなに印象が変わるなんて面白いですね。ちょっとこの遊びにはまってしまった私(笑)。たまにペラペラめくって遊んでいます。


f0106597_1222631.jpg



小学校に上がって、色んなことが出来るようになってきたけれど、今まで特に工作やお絵かきに関して、あえて私やアントネッロが「こうするんだよ」とか教えたことは余りありませんでした。最近のユキちゃんは、こうしてテレビで観たことを自分で実行してみたり、「~を作りたい」という気持ちから、自分なりに方法を色々考えて物を作っています。

これからまたどんな作品を創り出すのでしょう?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-09-24 01:36 | お絵かきコレクション | Comments(10)
f0106597_15423847.jpg



朝晩、大分涼しくなり、ゆっくりと、秋が深まってきました。ふと気が付くと、最近の激しい雨で、裏の森の大きな胡桃の木から胡桃が随分と落ちてしまいました。このままではイノシシやカモシカに全部食べられてしまうので、先週の土曜日に胡桃を拾いに行きました。


f0106597_15591679.jpgf0106597_162124.jpg


大張り切りのユキちゃん。アントネッロが森から切り出してきた長い枝で胡桃を落とし、ユキちゃんと私がそれを拾います。頭の上に胡桃が落ちてくるから気をつけて~。
胡桃の渋で手が染まらないように手袋をして拾います。


f0106597_1625626.jpgf0106597_1634470.jpg


胡桃を追いかけながら走り回るユキちゃんは、まるでリスみたいです(笑)。


f0106597_164394.jpgf0106597_1664963.jpg


拾った胡桃は↑こんな感じ。周りの緑色の部分は果肉で、この中の殻に入った核の部分が、いわゆるドライフルーツとして食べる胡桃です。
ほら、周りを取り除くと、胡桃の殻が顔を出します。


f0106597_161197.jpg
f0106597_16215378.jpg


帰り道に、熟れ始めたブラックベリーを見つけました。イタリア語でmore(モーレ)と呼び、あちこちで自生しています。ジャムを作るほどは取れないけれど、こうしてお散歩の途中の良いオヤツです。引っ掻き傷も何のその、ユキちゃんは食べ頃のモーレを見つけるのがとても上手。


f0106597_1640284.jpg
さて、持って帰ってきた胡桃は、この後、周りの果肉を取り除き、洗って、天日で乾かします。冬に暖炉の前で食べるのが楽しみだなあ・・・。
山の豊かな恵みに感謝です。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-09-22 16:59 | トスカーナ山暮らし | Comments(10)
f0106597_1185913.jpg昨日から今日のお昼頃までは、気持ちの良い秋晴れのトスカーナでした。
ところが、今日の午後からは大雨です。今朝、人参と赤ラディッシュ、ビーツの種を蒔いておいて良かった!種は雨で流されないように、上から不織布を被せておきました。
こんな雨の日曜日は、のんびりと読書。私が読書をするのは、バスを待っている時間、毎日夜寝る前、そして日曜日の午後です。今、読んでいるのは、Michael Pollan著"Il Diremma dell' onnivolo"。英語の原題は"Omnivore's Dilemma- A Natural History of Four Meals" です。残念ながらこの本は日本語には訳されていないようですが、彼の他の著書はいくつか訳されているようです。


f0106597_134561.jpg
ノンフィクションで、現代人の食生活、食産業と農業に関わる大企業のつながりを鋭く突いています。こう書くと堅いテーマのように聞こえますが、著者のウィットに富んだ読みやすい文体が良いリズムを与えてくれ、とても興味深く読んでいます。私は、まだ第一章を読んでいる途中ですが、トウモロコシ、牧草、森と狩りという3章のテーマに分かれています。
アメリカの食生活を言及する本ではありますが、イタリアの現代の食生活や農業にも通じる部分があります。一見すると健康そうにみえるイタリアの食生活も、たまに行くスーパーで周りの人の買い物を観察していると随分と変わってきたのだなあと感じさせられます。私たちの親の世代の年齢の人が、大きなコカコーラをまとめ買いしていたり、子連れのお母さんが冷凍食品を沢山買い込んでいたり・・・。まだ一般的には食に対する意識がかなり高く、毎日の食事を自分で調理をするということが日常的なイタリアではありますが、これからの世代が果たしてずっとこの食への意識を保っていけるか?と考えると、それは確かとはいえません。また、トスカーナでもオーガニックに対する一般的な意識はまだまだ低いと思います。

トウモロコシがいかに私たちの日常生活に使われているのか、この本を読むと良く判ります。
野菜として消費される量はほんの僅かで、実は、甘味料、発酵剤、スナック菓子の原料として食品に混ぜられたり、プラスチックの替わりに使われています。それ自体はそれ程害がないように見えますが、実際は余りに世界的な消費量が多いため、トウモロコシの単一栽培が凄いスピードで増えているのです。かろうじて大豆との転作をするくらいで、かなり集中した栽培が行われるため、そこには大量の化学肥料と殺虫剤が散布されます。

農業と言う面から見ると、今の遺伝子変換をされたトウモロコシは、収穫後、翌年同じトウモロコシを蒔いても発芽しないように操作されています。従って、農家は毎年、蒔くためのトウモロコシを企業から買わなくてはいけないのです。そして、同じ企業が農家からトウモロコシを買い上げます。「この新しい種は値段が高いけれど、収穫量は10%アップする」という宣伝に釣られて、新たな種を購入すると、10%の収穫率が上がるものの、その分、買い上げられる値段が下がってしまうという悪循環が発生するのです。
結局、農家は儲からず、利益は大企業にのみ発生します。
世界の穀物庫と言われるアメリカのアイオワ州では、余りにトウモロコシと大豆の単一栽培が進んでしまったため、州で消費する食料の80%は他の州から運んできているそうです。

自分で小さな畑をやっていると判るのですが、同じ種類の野菜を同じ場所で長く栽培してしまうと、常に同じ栄養素が土壌に不足してしまいます。それを化学肥料で補い続けると、土自体が死んでしまうのです。

今までなんとなく知っていたことを、クリアにしてくれる本です。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-09-21 01:45 | シンプルエコライフ | Comments(12)
ちょっと前ですが、9月の始めに、素敵なお二人の挙式の通訳をしてきました。式場は、ミケランジェロ広場の近くの緑に囲まれたヴィッラのチャペルです。
ご家族に囲まれての挙式、美しい花嫁さんとそれを優しく見つめる花婿さん・・・。挙式の通訳はいつもハッピーを分けていただける楽しい仕事ですが、特に、今回はお二人の幸せを分けていただき、何だか帰り道もホクホクした私。フィレンツェで午後の仕事も入っていたので、お昼は何処にしようかなあ?と考えながら車を運転。
とりあえず、ベッカリーア広場の地下駐車場に車を停め、向かったのは、ジョヴェルティ通りのあるトラットリーア  " Di' Sordo"。随分前から気になっていたお店ですが入ったことがなかったのです。


f0106597_18452821.jpg
f0106597_184418.jpg


内装もなかなかシンプルで良い感じ。
お客さんは、昼休みで食事に来たらしいビジネスマン(をはいえ、フィレンツェではビジネスマンは殆どネクタイをしていません・苦笑)、孫を預かっているらしいお爺ちゃんと孫娘二人、お友達同士でランチに来た女性2人・・・など皆、常連さんらしい人ばかり。
でも、カメリエーレはとてもフレンドリーで、一人で行っても居心地が良い感じです。


f0106597_1849486.jpg
プリモで食べた、バッカラと呼ばれる塩タラのスパゲティー。トマトソースでじっくり煮込んだバッカラがスパゲティーに絡んでいます。写真では余り見えませんが、実際にはしっかりとソースが絡んで、丁度良い味。アツアツなので火傷に気をつけましょうね(笑)


f0106597_18531559.jpg



余りの幸せ気分に、セコンドまで食べてしまいました。セコンドは子牛のオーブン焼きとホウレン草の付け合せ。「セコンドも食べたいけれど、1人前は食べられないなあ」と言ったら、カメリエーレが「よっしゃ、任せてっ!」と言い、ハーフで持ってきてくれました。
ホウレン草も肉汁に絡めてあるようで、凄く美味しかったです。お肉も♪


f0106597_18565243.jpgf0106597_1905156.jpg


プリモとセコンド+お水+コペルトで合計12ユーロ。お値段、雰囲気、味、サービス共に、満足なトラットリーアでした。

メインサイトで紹介しているB&Bカーサ・チマブーエB&BオルティB&Bカーサヌオーヴァからすぐの場所にあります。

Di' Sordo ディ・ソルド
Via Gioberti 170r Firenze
055-245634

パスタだけサッと食べてもokの気軽なお店です。大人数でなければ、予約は必要ないですよ。入り口には可愛いカーテンが貼ってあって、一見すると閉まっているように見えますが、営業しています。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-09-18 19:37 | フィレンツェお薦め処 | Comments(13)