フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2009年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

f0106597_1955057.jpg
最近、フィレンツェの歴史の本を読み漁っていると、フィレンツェに住んでいても、知らないことって沢山あるんだなあと感じます。
左は、フィレンツェの「花の大聖堂」と呼ばれるドゥオーモ。正面と鐘楼側の脇には団体ツアーのグループが沢山通るのですが、真後ろから観察している人は殆ど居ません。
所が、このドゥオーモの真後ろの石畳には、歴史上のある小さな出来事が印されているんですよ。
1492年、嵐のある日に、ドゥオーモのクーポラのてっぺんに取り付けられていた十字架が付いた金の玉が落下します。後に、同年に亡くなったコジモ豪華王の死を予告する出来事だったと言われます。


f0106597_1971051.jpgf0106597_1985852.jpg


当時、玉が落下した場所には円形の白大理石が埋め込まれ、それは今も見ることが出来ます。何の説明も札もないので、見過ごしてしまいそうな印しですが、フィレンツェにいらしたらぜひ見てみてください。
金の玉は再度1600年に落下し(苦笑)、その後は現在もドゥオーモのクーポラのてっぺんで輝き続けています。


f0106597_19111925.jpg
f0106597_19362070.jpg


上の左の写真は現在のヴェッキオ宮殿。そして右の画像は、1498年にドメニコ派修道士ジロラモ・サヴォナローラが処刑された時のシニョリーア広場です。


f0106597_19163551.jpgf0106597_1938532.jpg


サヴォナローラはサンマルコ修道院長を務めた後、贅沢な市民生活を批判し、「虚栄の焼却」という運動を起こした人物です。彼は支援者を引き連れ、町中の美術品や工芸品などを市民から略奪し、このシニョリーア広場で焼いてしまうのでした。
ローマ教皇をも批判したことが原因で異端審問にかけられ、結局は有罪となり、拷問、絞首刑の後、シニョリーア広場で焼かれ、その灰はアルノ河に捨てられてしまうのです(汗)。
現在も、ヴェッキオ宮殿前のネプチューンの噴水の前あたりに、サヴォナローラが処刑された場所を印すメダルが埋め込まれています。


f0106597_19185982.jpg
f0106597_19442440.jpg


↑この家は、「ダンテの家」と呼ばれている建物です。ダンテ・アリギエーリは「神曲」を書いた1300年代の詩人。実際には彼の家であったというわけではないのですが、同じ時代に建造され、当時のフィレンツェの建築様式を現在に伝える貴重な建物です。
それまで残っていた石壁や塔を利用してジュゼッペ・カステッルッチが1910年に修復します。


f0106597_19203710.jpg
1910年の修復の際に、石切り職人がコッソリと石畳に彫ったのが、←このダンテのプロフィールです。似てる?
ここも全く立て札や説明が書きがないので、殆どの人は気付かずに通り過ぎてしまいます。

歴史の痕跡がずっと残っているフィレンツェという街は、知れば知るほど面白いなあと思います。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-01-30 20:07 | フィレンツェ小話 | Comments(17)

ポカポカ陽気♪

f0106597_323588.jpg
今日のフィレンツェは昼間の気温が13度くらいまで上がり、真冬なのに、ポカポカの快晴でした。
本当は、沢山お洗濯をしたかったんですが、朝から仕事でフィレンツェに行き、帰宅した3時過ぎには、我が家の方は既に陽が傾いていました(涙)。明日も晴れると良いなあ・・・。

ユキちゃんは、今日、おやつを食べながら、学校でかけっこをした話をしてくれました。一生懸命走ったら、仲良しさんの男の子2人に勝ったんだって得意げでした(笑)。
ふ~ん、ユキちゃん足が早いんだ~(意外)。


f0106597_333170.jpgf0106597_36294.jpg


ニワトリ達もお天気で嬉しそうです。
そろそろ卵を産み始めてくれないかなあ・・・


f0106597_375958.jpgf0106597_3114493.jpg


ユキちゃんと森のお散歩をして、咲き始めのクリスマスローズを見つけました。イタリア語ではRosa di Natale(ローザ・ディ・ナターレ)と呼びます。森の日陰にひっそりと咲きます。クリスマスと言う名前が付いていますが、この辺りは1月の末頃から2月にかけて咲くんですよ。緑色だけです。
森の中でひっそりと咲くクリスマスローズには、可憐な美しさがあります。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-01-30 03:24 | トスカーナ山暮らし | Comments(24)

パスタと我が家の食卓

f0106597_2342550.jpg
イタリアって良く「パスタの国」って言われます。我が家のイタリア人も、2日続けてパスタなしのメニューが続くと、「あ~、今晩はパスタにしようっ!」と言いながら、嬉しそうにパスタを作ります。昔、パスタメーカーのCMで、イタリア人のビジネスマンが飛行機に乾燥スパゲティーを持ち込むなんていうシーンがありましたが、かなりリアルでした(イタリア人だったらやりかねない・笑)。
ユキちゃんの給食のメニューを見ても、かなりの頻度でパスタが献立に登場します。通常、プリモ(パスタ、リゾット、スープ類のどれか)+セコンド(肉、チーズ、魚類のどれか)+付け合せの野菜が基本の献立です。このプリモの部分に、週五回のうち3回は必ずパスタが登場します。
ちなみにユキちゃんの今日の給食のメニューは、アーティチョークのリゾット、白身魚のフライ(←これ、ユキちゃんの大好物)、ほうれん草のソテーでした。


f0106597_2355442.jpg
スーパーにもパスタの棚は一番充実していて、延々と各メーカーいろんな種類のパスタが並んでいます。
↑このパスタは、Liguori(ナポリのGragnanoというパスタで有名な町のメーカーです)というメーカーのパスタです。どれも美味しいのですが、今回はCasareccia(カサレッチャ)というちょっとひねったマカロニ(でも真ん中は完全に閉じていないんです)を買ってみました。
ソースは、パンチェッタやケッパーを包んで巻いた七面鳥の薄切り肉をトマトソースで煮込んだものです。
このソースにはこの形じゃなくちゃ!っていうのがアントネッロの中にあるようで、例えば、ジェノヴァペーストはリングイーネやスパゲティー、ラグーソースは太目のブカティーニ、グリンピースと生クリームだったらファルファッラなど、必ず組み合わせが決まっています。まあ、作る本人の好みだったりするんでしょうけれどね。

今晩はそろそろパスタかな?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-01-28 23:33 | 山の食卓 | Comments(23)
f0106597_17124921.jpg
さて、「最後のメディチ」、アンナマリア・ルイーザは、トスカーナ大公としてトスカーナ公国を継承したフランツ・シュテファンとマリア・テレジアによってのメディチ家の資産の流出を恐れ、ある条約を作成します。

1737年に、アンナマリア・ルイーザと新トスカーナ大公フランツ・シュテファンの両者により署名された"Patto di Famiglia"(パット・ディ・ファミーリア)という条約の中で彼女は、以下のような条件を提示しています。






以下に挙げられたメディチ家の資産を下記の条件の下、トスカーナ公国に寄付する

これらの資産は、トスカーナ公国外には持ち出してはならない
これらの資産は、外国人の興味を惹き、トスカーナ公国にとって有効な目的で利用されなくてはならない。


と明言しています。

彼女がメディチ家の資産として挙げたものは、

・ウフィッツィ美術館、ローマのパラッツォメディチ、ピッティ宮殿、その他のメディチ家の別荘に保管される全ての絵画と彫刻

・ウフィッツィ美術館の貴石保管室に保管されている全ての宝石

・バルジェッロ博物館に保存されているカメオ、アンティークのコイン、ロレンツォ豪華王のメダルなどのコレクション

・バルジェッロ博物館に保存されているドナテッロ、ヴェロッキオ、ミーノ・ダ・フィエーゾレ、その他の著名な彫刻家作の胸像、彫刻

・サンロレンツォの新聖具室とミケランジェロの傑作

・パラティーナ図書館とサンロレンツォのメディチ家図書館(ラウレンツィアーナ)に保存されている全ての書物

・エトルリア・エジプト博物館(現在の考古学博物館)に保存されている全てのコレクション

・バルジェッロ博物館に保存されているウルビーノとファエンツァの陶器コレクション、武器、甲冑のコレクション

・タペストリー博物館に保存されているタペストリーコレクション

・ピッティ宮とウフィッツィ美術館に保存されているモザイク製のテーブル、飾り箪笥、家具のコレクション

・ピッティ宮の「財宝の部屋」に保存されている金の果物皿、陶器、銀器、象牙とメノウの十字架、クレメンテ七世が保管していたミニアチュール、チェッリーニ作の壺、ワイングラス、その他メディチが所有していた全てのもの

・ピッティ宮トスカーナ大公の礼拝所に保存されている全ての聖具

・メディチ家が保存していた膨大なドレスのコレクション

彼女は、per utilità del Pubblico e per attirare la curiosità dei Forestieri「 「 (公共の益になるために、また外国人の興味を惹くために)利用されなくてはならない」と文中で明言しています。
1700年代に、既に「観光産業」の有効性に目をつけていたアンナマリア・ルイーザって、ホント凄いなあと思います。

1743年2月18日、彼女は76歳で亡くなります。彼女が亡くなった時、フィレンツェでは突風が吹いたそうです。彼女の死を惜しんだ人は、「最後のメディチの死を天が嘆き悲しんでいる」と言い、反メディチの人は、「悪魔が最後のメディチを連れ去った」と言ったそうです。

遠い先祖のジョヴァンニ・ディ・ビッチの誕生から数えて、約380年間、フィレンツェの街に生きたメディチ家の歴史はこうして幕を閉じるのでした(長かったっ・笑)。

この後、フィレンツェ小話は、そのままハプスブル家支配時代→ナポレオン登場時代→ハプスブルグ家復活時代→イタリア首都時代→近代へと続けていこうと思います。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-01-27 18:22 | フィレンツェ小話 | Comments(15)

親として考える

f0106597_219294.jpg
昨日、ユキちゃんの仲良しさんGちゃんのお誕生会にお呼ばれでした。
Gちゃんとユキちゃんは幼稚園時代からの大親友です。昨日はGちゃん宅で、同じクラスの仲良し4人組全員揃ってGちゃんのお誕生をお祝いしました。
Gちゃんには、3歳上のお兄ちゃんがいて、Gちゃんママは、割りと学校の事情に詳しいんです。色々話をしていく中で、1年生にはまだ居ないけれど、3年生くらいになるといじめっ子がいるんだっていうことを聞きました。
親として子供を育てる中で色々な不安はあります。
段々子供が育っていくと、少しずつ親が介入できる範囲が少なくなっていき、子供が自分で解決策を見つけ出さなくてはならない範囲が大きくなっていきます。親であれば誰もが必ず考える不安、「自分の子供がいじめられてしまうんじゃないか」、「自分の子供が他の子供をいじめてしまうんじゃないか」は私の中にも少なからずあります。
今の日本の子供達の状況はどうだか判らないけれど、イタリアの学校にも"bullismo"(ブッリズモ=いじめ)という現象は存在します。
ユキちゃんの仲良しさんでとっても恥ずかしがり屋の男の子がいます。彼のお母さんが、「今は特にそんなことないけれど、これから学年が上になるといじめの対象になるんじゃないかって心配だわ」と言っていました。
私は、「良い仲良しさんがいるじゃない、大丈夫よ!」ってその時言ったけれど、彼女の不安は良く判ります。
良くも悪くも、今のユキちゃんが通っている公立の小学校は中学校もついているので、皆一緒に上がっていきます。だから、きっと今の仲良しさんが、しっかりと友情を培って、お互いに助け合えば、イジメなんて不安に感じることはないと思うんですが、楽観的過ぎるかな?
いじめる方にまわらないように、そしていじめられている子がいたら助けてあげるような子供に育てるのは親の役目、そしてそれ以上は、結局子供同士で解決する問題なんですよね。あとは、子供が何でも相談できるような、相談事がしやすいような親でありたいなあって思います。

小学1年生の世界はまだまだ、全てがパーフェクトで優しい世界。
これから、少しずつ色んな経験をするだろうけれど、ユキちゃん、逞しく育ってね。
バッボとマンマはいつもユキちゃんのことを応援しているよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-01-27 02:59 | イタリア子育て~小学校編 | Comments(34)

山道のお掃除

f0106597_2563998.jpg下の集落から我が家までは1キロの山道があります。
この1キロの道沿いには、4軒の家があります。道は我が家で行き止まり、その先は、険しい(笑)ハイキングコースになっています。
この4軒の家の修復の許可を出す時に、村は「許可は出すけれど、この1キロの道の整備(雪が降った時の除雪も)は各家の持ち主が行うこと」という条件をつけました。
今年、各家が300ユーロずつ出し合って道の整備をしました。アスファルト舗装がされていない山道なので、放っておくと雨水が地上を流れ、どんどん土を押し流して、大きな穴が沢山出来てしまうのです。だから、たまにローラー車に来てもらって、じゃりを足し、上からプレスして道をならしてもらう必要があります。雨が降るとスリップして四駆車じゃないと上がれない山道ですが、これ以上道が悪くなってしまったら、四駆車でも上がれなくなってしまいます。
こうしてせっかく手入れをした道も、暫くすると、雨水用の横溝に土や枯葉が詰まって、再び地上を雨水が流れ、穴だらけになってしまいます。


f0106597_32255.jpg
f0106597_331713.jpg



なので、たまに気が付いた人や時間がある人が横溝を掃除します。
↑今日の私、ツルハシ+ゴム長靴で頑張ります、ウスッ(笑)。
当番制でもないのに、いつも誰かが横溝を掃除していて、丁度良い具合で良い状態に保たれています。今日は私が気付いたので、ユキちゃんと散歩がてらにお掃除。


f0106597_343848.jpg
f0106597_352835.jpg



山道を登りながら、溝を1本ずつ綺麗にしていきます。雨が降った後などは結構土が詰まっているんですよ。
写真右は、「イノシシのお風呂」。夏など、巨大なお母さんイノシシがここに浸かって気持ち良さそうにしているのに遭遇したりします。イノシシって泥が大好きなんですよね。


f0106597_361633.jpg
←おふざけユキちゃん。本人はふざけているつもり(笑)。
木の枝にぶら下がったり、わざと森の茂みの方に入ったりと、森の中ではいっそう元気になっちゃうユキちゃんです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-01-26 03:15 | トスカーナ山暮らし | Comments(22)

土曜日の朝のおしゃべり

f0106597_2114389.gif



今朝、車のガソリンがほぼなくなっていたので、ガソリンを入れに行きました。半径10キロ以内にガソリンスタンドが1軒もないので、ガソリンを入れるために往復20キロも走らなくてはいけないなんて、何とも理不尽ですが、山に住んでいるからしょうがないですよね(苦笑)。

ついでにパンと新聞を買いに近くの村に立ち寄りました。
「ボンジョルノ~」と新聞屋さんに入ると、すぐに、おかみさんとお喋りが始まります。話題は昨日アントネッロがケーキを焦がしてしまったこと(笑)、雨が降っているけれど、雪が降らなくて良かったことなど・・・。
で、ひとしきり話すと、おかみさんが、"E, la Yuki ?"「ユキちゃんはどうしてる~?」。と必ず聞きます。(このあたりの人は、名前の前にlaを付けるのです。文法上では大間違いなのですが・笑。しかもユキちゃんのキが発音できなくて、la yuhi (ラ・ユーヒー)と呼ばれます)
こうして、新聞を買うのにかなりの時間がかかり、次はパン屋さんに移動・・・
パン屋さんでは週末に備えて(日曜日は一斉にお店が休みなので)、パンを買いに来た人で賑わっていました。
「ボンジョルノ~」と入ると、ニコニコ顔のお姉さん達が「いつものコッタ・ア・レーニャ?」と聞いてきます。私がコッタアレーニャ(薪焼きのトスカーナパン)をいつも買うのを良く覚えているんですよね。
お店に入ってくる人毎に、「チャオ~!マリア、元気?」などとオーバーアクションで、まるで1年ぶりに会った様な感じで挨拶していますが、皆毎日顔を合わせているんですよ(笑)。

つくづく、イタリア人ってコミュニケーション上手だなあって思います。
それにしても、これだからイタリアでは新聞とパンを買うだけなのに時間がかかるんですよね。いやいや、私もお喋りをしたくてお店に行くのですが(笑)。きっと皆同じ気持ちなんだと思います。

土曜日の朝は、村のバール前にもお喋りに夢中のおじさんたちが沢山集まっています。
フィレンツェのもっぱらの話題はきっと、今晩フィレンツェで行われる、ユヴェントスとフィオレンティーナのサッカーの試合についてでしょうね。雨で中止にならなきゃ良いけど(爆)。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-01-24 21:33 | フィレンツェという町 | Comments(28)

トスカーナの冬

f0106597_472496.jpg
ここ数日、気温はそれ程下がらなかったものの雨続きのフィレンツェ。というよりもイタリア全体、雨が続いているようです。
所が今朝は、久しぶりに青空が広がっていました。朝、ユキちゃんとアントネッロを送り出し、部屋を片付けて、洗濯物を干しに外に出たら「カッキーン」、何処もかしこも凍り付いています。


f0106597_494332.jpg
f0106597_4123030.jpg



霜柱なんていう可愛いものではなく、地面はかなり下の方までカチカチに凍りついていました。
植物も木も霜で真っ白です。


f0106597_4271830.jpg
f0106597_4105870.jpg



ハーブもカチカチに凍っています。


f0106597_416828.jpg
畑も完全に凍っています。去年は例年に比べで大分暖冬だったけれど、今年は例年並の寒さのようです。


f0106597_4183448.jpg
f0106597_420146.jpg



蒔いたソラマメの上にかけておいた、べたがけシートも丸ごとカチカチに凍っていました。所が、めくってみるとその下は凍っていないんです!凄いなあ~。


f0106597_4214312.jpg
そして、見上げるとこんな青空が♪
コレに騙されて、2回も洗濯機を回してしまったのに、午後から土砂降りになってしまいた(号泣)。
来週の半ばからお天気が回復するようです。
良い週末をお過ごし下さい♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-01-24 04:35 | トスカーナ山暮らし | Comments(8)

ヨチヨチデジイチ

f0106597_1341218.jpg



実は去年の暮れからデジタル一眼カメラを使い始めました。借り物ですが、CANON EOS 20D+ズームレンズです。私にはとてももったいないガッシリしたカメラ。
まだ今まではブログにデジイチで撮った画像をアップしたことはなく、今も、コンパクトなパナソニックのLUMIXの方が使用頻度が高いんです。しかし一眼カメラは使わないとちっとも上達しないと思い、これからはなるべくこのデジイチで写真を撮るようにしよう!と今日決心をしたのでした。


f0106597_135231.jpg
f0106597_1362297.jpg



とはいっても、写真は全く素人の私。使用説明書とにらめっこをしながらヨチヨチデジイチ、スタートです。
君達、もうちょっとジッとしてくれないかなあ・・・


f0106597_1371898.jpg



とにかく、人物はやはり一眼カメラで撮るのが良いですね。
ヨチヨチがんばりま~す!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-01-23 01:55 | 私の独り言 | Comments(37)

目指せ!脱ガスライフ

f0106597_3535643.jpg
ご存知の通り、我が家の暖房源は薪です。
この家に引っ越してきたばかりの頃は、小さな薪ストーブ1台のみだったのですが、その後、クチーナ・エコノーミカと呼ばれるコンロ+オーブン+薪ストーブが一体化したものに変わり、現在では、クチーナエコノーミカの機能+薪を燃やす部分で温水を作り、温度交換機を通して各部屋に温水が回るというもので家を暖めています。


f0106597_4242997.jpg
f0106597_4251228.jpg



薪を燃やすということは、二酸化炭素を発生させるので、決してエコではありません。ただ、原油や天然ガスと違い、薪という燃料を巡って国際紛争が起こることはないし(今のところ)、大きなタンカーを動かして運ぶ必要がないために、輸送にかかる燃料がかからないという面ではエコかも知れませんね。また、コレはあくまでもトスカーナについてですが、薪屋さんは、山を管理しながら木を切り出しているから、山のお手入れにもなります。まあ、チェーンソーで木を切るにはガソリンが必要なのではありますが・・・。
我が家の場合、特に経済性という点で薪ストーブを使っています。
イタリアで田舎暮らしをするとまず直面するのが、ガス、電話、水道といった基礎設備の不足です。国道や県道沿いは随分とこうしたサービスが増えてきましたが、少し離れると、全くと言って良いほど、こうした設備がありません。
我が家には勿論、都市ガスは来ておらず、GPLガスという充填型のガスタンクを使っています。これが高いっ~(涙)。


f0106597_3541475.jpg
料理は殆ど薪コンロで作っているし、暖房も完全に薪のみ、食器を洗うのも薪コンロで沸かしたお湯を使っているので、ガスを使うのはシャワーのお湯と朝のコーヒーくらいです。
これで冬場は、1ヶ月あたり150ユーロ!!勿論、フィレンツェ市内ではこんなにかかることはないのでしょうが、やはり寒い山に居るからとGPLガスを使っているからなのかなあ。
こんなにガスにお金がかかるのだったら、この際、全部薪にしようじゃないかっ!ということで、我が家の豆夫君は、現在、←この薪ストーブで沸かしたお湯を暖房にまわすだけでなく、温水タンクにまわして、シャワーのお湯にも使えるようにしようと計画中です。


f0106597_4261623.jpg
実は、この薪コンロは、今まで1つ欠点がありました。
それは夏場、使うこと出来ないということ。夏場にお料理をするのに点けると、管の中を周っているお湯の温度が上がりすぎてしまうのです。
余談ですが、お湯を循環させるためにはモーターが電気で動き、例えば停電の時などお湯が循環せずに温度がドンドンと上がってしまう時には、上の水槽に水が吹き上がる安全装置が付いています。
ともかく夏場は、温水タンクにお湯を流してしまえば、この問題も解決します。
アントネッロ曰く、材料費の予算1000ユーロ+水道屋さん300ユーロほどで出来るそうです。

今年は脱ガスできるかなあ・・・。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2009-01-22 04:15 | シンプルエコライフ | Comments(18)