フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2008年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ちょっとへタレ・・・

やっと、5月のゴールデンウィークが始まりましたね。フィレンツェのアパート滞在へのご到着も増え始め、おっとっと・・・と大分忙しくなってきました。

宿泊施設のコンサルタントという仕事以外に、私にはライフワークとして続けている2つの仕事があります。1つは結婚式の介添え通訳。幸せなお二人の門出に参加させていただくとても楽しいお仕事です。
そして、もう一つは、医療通訳。海外旅行保険に加入されている方が、フィレンツェで怪我や病気をされた時に、お呼びがかかるのです。ホテルにドクターと一緒にお伺いし、入院の必要がある場合は、クリニックに搬送したり、診察の度に、通訳としてアシストをしたりします。ここ数日、この医療通訳の仕事が入っており、ちょっとバタバタしています。

昨日は、夜遅く帰宅したら、二階の寝室からアントネッロがユキちゃんに絵本を読んであげているのが聞こえました。クタクタでも、ユキちゃんの寝顔を見ると、「よお~しっ!明日も頑張るぞっ~」って思えるから、不思議ですね。

子供が与えてくれるハッピーって大きいです。
明日も頑張るぞー!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-04-30 03:51 | 私の独り言 | Comments(23)

手作りマヨネーズ

f0106597_1718833.jpg
我が家では常備している調味料が少ないです。日本の実家に帰ると、冷蔵庫や棚に余りに沢山の調味料があってビックリします。和食は調味料が多いですもんね。
我が家で切らさないようにしている調味料としては(塩漬けのものも含めて)、ケッパー、オリーブ、アンチョビ、オリーブオイル、塩(荒塩と普通の塩)、ワインビネガー、ペペロンチーノ(オイル漬けと乾燥)、黒胡椒。ミントやバジル、パセリなどは使うときに畑から直接採ってきます。

サラダは塩とオリーブオイル、ワインビネガーで食べているので、マヨネーズは殆ど使いません。所が、たま~に食べたくなるライスサラダを作る時はマヨネーズが必要になります。

そんな時は、自分でマヨネーズを作ります。きっと皆さんもご存知だと思いますが、マヨネーズを作るのって凄く簡単なんですよね。
大事なのは、室温に戻した卵を使うこと!。私は鶏小屋から直接持ってきたホカホカ卵を使いました。冷蔵庫から出してすぐの卵を使うと、混ぜても分離してしまい、マヨネーズ独特のクリーム上にならないんですよね。この状態のことをイタリアではimpazzisce(インパッツィッシェ=狂う)と言います。マヨネーズがimpazzisceしてしまうのは、本当は卵の温度による部分が多いんですが、イライラしていたり、焦って作ったりしてもダメだそうです(アントネッロ談)


f0106597_17184717.jpg
というわけで、精神統一をし(笑)、気分を落ち着けて、手作りマヨネーズを作ってみました。

材料:
全卵1個分+黄身1個分(どちらも常温)
オイル200ml (私はオリーブオイルを使いましたがサラダ油でも良いです)
レモン汁半個分、または白ワインビネガー大さじ2杯
塩少々

卵にオイル1滴とレモン汁1滴を加え、ハンドミキサーの一番速い回転率で混ぜます。混ぜながら残りの材料を加え塩気を調節して出来上がり♪


f0106597_1719332.jpg
手作りマヨネーズは、市販のマヨネーズのようなジャンキーな美味しさはありませんが、素朴な味で美味しいです。生卵なので、冷蔵庫に入れても作ったその日か次の日は食べてしまわないといけません。市販のマヨネーズは、蓋を開けても、何日も悪くならないですよね。それだけ持つということは、いったいどれだけの保存剤が入っているのか?と思うと余り買う気がしません。

こうして作った手作りマヨネーズで、今日のお昼はライスサラダを作りました♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-04-29 00:00 | シンプルエコライフ | Comments(30)
f0106597_229596.jpg
この記事は、より見やすく編集しなおしてメインサイト、
フィレンツェ情報ラ・カーサ・ミーアの中で
フィレンツェ小話 暴君か?英雄か?の永久保存版として掲載しています。

他の「フィレンツェ小話」の記事も時代順に見やすく編集して、こちらに掲載していますので、

宜しかったらご覧下さい。
人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-04-28 03:35 | フィレンツェ小話 | Comments(6)

量り売りワイン屋さん

f0106597_3153451.jpg
f0106597_3173518.jpg



今日の夕方、アントネッロのささやかなお楽しみ、「エノテカでの量りワイン選び」についていってみました。↑ 持参した空瓶を入れたKINOKUNIYAのショッピングバッグを持って足取り軽くエノテカに入っていくアントネッロ(笑)。
入り口には、本日のお薦めの量りワインが書いてありました。これ以外にもありましたよ。フィレンツェでも量り売りワインのエノテカは何軒かあるけれど、こんなに種類が揃っているお店は初めてです。量り売りワインのことは、"vino sfuso"(ヴィーノ・スフーゾ)と呼びます。システムは何処も大体同じ。瓶を持っていくとそこに入れてくれて、瓶の持ち合わせがないときには50セントプラスで瓶を購入することもできます。


f0106597_3182648.jpg
f0106597_3191877.jpg



中は思った以上にとっても素敵でした。
こうして、大きな樽に色々なワインが入っています。北イタリアからシチリアまで産地は様々でした。やはり地のワイン、キャンティは、他のワインに比べて1リットルあたりの値段が少し安いです。大体1リットルあたり2~3.5ユーロ程度です。
お店の人と話しながら、ワインを選ぶのは楽しいですね。選んだら、おじさんがカウンターから樽に来て・・・と思っていたら意外!
カウンターに生ビールを注ぐような注ぎ口(日本語が出てこないっ!イタリア語だとspinaです)が沢山あって、樽からニョキッと出ているホースからワインが流れ出し、カウンターの注ぎ口から吸い出す仕組みです。すごい~!見た目はアナログなのにかなりハイテクです(感動)。

f0106597_321290.jpg
f0106597_3231797.jpg



おじいさんが丁寧に手書きでラベルに買ったワインの種類を書いてくれました。
今回買ったのは、Ripasso di Valpolicella(リパッソ・ディ・ヴァルポリチェッラ)という北イタリア、ヴェローナの赤ワインと、いつものRosso di Radda in Chianti(ロッソ・ディ・ラッダ・イン・キャンティ)をそれぞれ2本、それに美味しそうだったヤギのチーズです。


f0106597_3253487.jpg
f0106597_3265155.jpg



Ripasso di Valpolicellaは、。ちょっとほろ苦い味がして、どっしりとした美味しさがあり、なかなか洗練されたワインです。
シチリアワインを飲んだ時は、シチリアの乾いた大地が浮かび、ヴェローナのワインは霧が深い朝のブドウ畑が思い浮かびます。イタリアワインって奥が深いですね。


f0106597_3491423.jpg
今晩は、美味しいヤギのチーズを肴に、アントネッロの晩酌に付き合うことにしましょう・・・

Vino in Tavola
Piazza Dante 22
Borgo San Lorenzo(FI)

http://www.vinointavola.com

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-04-27 03:50 | シンプルエコライフ | Comments(22)

お天気になりました!

f0106597_23272828.jpg
昨日からやっとお天気が回復し、雨が多かったトスカーナもこれからは春らしい晴天が暫く続くようです。
ユキちゃんは朝から隣のGちゃんとB君と遊んでいて、お昼ごはんに一瞬帰ってきただけで、急いでご飯を食べて、また遊びに行ってしまいました。
解放記念日の今日はお休みなので、今日も午後からまた別の村の春祭りに行こうねってアントネッロと言っていたのですが、私たちが支度を終えて、ユキちゃんを呼びに行くと、「ユキちゃんは行かない!」と頑として動きません(涙)。ユキちゃんの為に出かけようと思っていたのですが、お友達と遊ぶ楽しさに比べたら、お出掛けも、ジェラートも、クラウンも、どうでも良いようです。

ふ~ん。というわけで再び仕事着に着替えて畑に戻る私。
今日は何を植えようかな?

皆さんも良い週末をお過ごし下さい♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-04-25 23:37 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(6)
f0106597_17135073.jpg
この記事は、より見やすく編集しなおしてメインサイト、フィレンツェ情報ラ・カーサ・ミーアの中でフィレンツェ小話 英雄の戦術の永久保存版として掲載しています。

他の「フィレンツェ小話」の記事も時代順に見やすく編集して、こちらに掲載していますので、宜しかったらご覧下さい。
人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-04-24 18:02 | フィレンツェ小話 | Comments(4)

村の春祭り

f0106597_20361677.jpg
今、トスカーナのあちこちの村や町では春祭りが行われています。4月25日の解放記念日にあてて春祭りを企画しているところが多いようです。晴れると良いですね。
私たちも近くのScarperia(スカルペリーア)という小さな村で行われた春祭りに行ってきました。こうして行われる季節のお祭りは、それ程宣伝もされなくて、地域の掲示板にポスターが貼られていたり、地元のラジオで告知が流れたりとかなりマイナーな感じです。村おこしとか、観光客を呼ぶ為の、といった目的よりも、村やその周辺に住む人が皆で一緒に季節の行事を楽しむといった趣向のようです。
メインストリートにある村の入り口では、こんな可愛い手作りのクラウンが迎えてくれました。カーテンといい、奥に見えるお城の風景といい、何だかとってもマッチしています。


f0106597_20365534.jpg
お祭りの主役はやっぱり子供達!子供達を楽しませるようにと、村のおばさん達が色々な工作教室や、ゲームを企画してくれました。←ここでは、おばさんたちが色紙で女の子用にティアラを作ってくれているところです。


f0106597_20372173.jpg
f0106597_2038742.jpg



ティアラ・・・かな?(爆)
それでもユキちゃんは大喜び。お祭りの間中ずっとつけていたし、今も家でたまに被っています。


f0106597_2039030.jpg
f0106597_20394443.jpg



この村の小さな広場には、お城(今は市役所と図書館が入っています)と教会が向かい合わせあります。

f0106597_20404471.jpg
f0106597_20412995.jpg



そして春祭りの主役はなんと言っても"pupi"(プーピ=操り人形)。子供達が一番楽しみにしているイベントです。子供達はノリノリ。おじさんが、子供達に質問をしたり、冗談を言ったりすると、全員が恥ずかしがらずに大きな声で答えるのは、イタリアの子供ならではなんでしょうかねえ?余りにノリノリ過ぎて、段々前の方に行ってしまったり、写真右の女の子は、おじさんの燕尾服の裾を持ってジーッとしていました(笑)。おじさんのことが気に入ってしまったようです。


f0106597_20583345.jpg
f0106597_2104120.jpg



写真左: 子供達が大好きな登場人物がコレ、クラウンのフリーニャちゃん。泣き虫で、ウエ~ンと泣き始めると、目からホースで水が飛び散るので大変です(笑)。濡れながらも大笑いの子供達。

写真右: 風船を持ったおじさんの後ろから、インコが斧を持って風船を割ろうとします。おじさん、危ないっ!子供達全員が叫びます。


f0106597_20465597.jpg
f0106597_20481279.jpg



おじさん以外の登場人物は、皆、手作りのお人形で、泣き虫だったり、イタズラだったり、怠け者だったり・・・どこか子供達に似ているようなキャラクターばかりです。だから子供達は皆思いっきり感情移入しています(笑)。

おじさん、どうも有り難う。
又来年も春祭りで会いましょう!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-04-23 21:26 | トスカーナ山暮らし | Comments(22)

春のキノコの季節です

f0106597_16355799.jpg
ここ数日雨続きの北イタリア。今年の4月は本当に雨が多かったです。
予想では、この悪天候は今週半ばからお天気に変わり、本格的に春らしい晴天になるということですが、ホント、太陽が恋しい毎日です。
ところが、アントネッロにとって、この雨が降ったり晴れ間がちょっと見えたりという天候は、キノコ探しに絶好の条件なんだそうで、日曜日の朝、早起きをしてキノコをとりに我が家の森をゴソゴソと這い回っていました。
手ぶらで帰ってくるかと思ったら(笑)、ホラッ!ランチ分のキノコを見つけてきました。


f0106597_1637522.jpg
f0106597_16385738.jpg



これは、"prugnolo"(プルニョーロ)と呼ばれる春のキノコです。学名はCalocybe gambosa ( Tricholoma georgii)。トゲがたくさんある茂みの下に生えるので、アントネッロもプルニョーロを探す時には、ヘルメットを被って(笑)茂みの下にもぐりこみます。採れる数がとても少なく、我が家のエリアでは、秋のポルチーニ茸よりも、春のプルニョーロの方が高値で売られています。
トリュフのように香りがとても高いキノコで、火を入れたらモッタイナイ!スパゲティを茹でて、ニンニク&オリーブオイル&ペペロンチーノで味付けしたパスタの上に、薄切りにしただけの生のプルニョーリをのせます。う~ん!!香りがしてとっても美味しかったです。プルニョーリのアーリオ・オーリオですね。


f0106597_16402832.jpg
大き目のニンニクを抜いてみましたが、まだまだ玉になっていません。それでもフレッシュなニンニク、美味しかったですよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-04-22 16:40 | 山の食卓 | Comments(20)
f0106597_1702189.jpg
この記事は、より見やすく編集しなおしてメインサイト、フィレンツェ情報ラ・カーサ・ミーアの中でフィレンツェ小話 メディチ家出身の衛兵隊長の永久保存版として掲載しています。

他のフィレンツェ小話の記事も見やすく編集してこちらに掲載していますので、宜しかったらご覧下さい。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-04-21 18:03 | フィレンツェ小話 | Comments(4)
f0106597_19503082.jpg
昨日、お隣のおばあちゃんからお孫さんのGちゃんのお下がりを沢山頂きました。我が家では殆どユキちゃんのお洋服を買うことはなく、日本の母がたまに持ってきてくれるお洋服以外は、プーリアの従姉妹やGちゃんからもらうお下がりです。
今回、たくさん頂いたお洋服の中にGちゃんが着たカーニバルの衣装が入っていました。お姫様のドレス~!ユキちゃんは大喜びで、早速パンツ一丁になり(笑)着替え始めました。
とっておきのミニーちゃんのハイヒールを取り出し、何を思ったか、私の折りたたみ傘を開いて、外にお出掛けです(笑)。


f0106597_19523615.jpg
f0106597_195466.jpg



好奇心旺盛なニワトリ達が「ナンダ?ナンダ?」とユキちゃんの周りにやって来ました。ヒラヒラが気になるらしく、くちばしで引っ張ろうとするので、ユキちゃんは、"Oh! Galline sho' sho"(オ~ッ!ガッリーネ!ショッ、ショ=鶏、アッチに行けっ!)と勇ましく蹴散らしています。(逞しいデス・笑)
そして、シニョリーナ(お嬢さん)は静々と、畑に降りていきました。


畑の中を静々とお散歩するユキちゃん(笑)。
肥やしの山に気をつけるんだよ~。

f0106597_19565663.jpg
f0106597_20344022.jpg



すっかりお姫様気分です。この後、静々と鶏小屋の方に歩いていきました(笑)。


f0106597_2041173.jpg
5歳くらいの女の子にとってやはり憧れはお姫様なようです。それも「ディズニーの」というのではなく、漠然としたお姫様。お城に住んでいたり、塔に閉じ込められていたり・・・。寝る前に私やアントネッロが読んであげる物語に出てくるお姫様です。

ちょっとしたことでお姫様になり切れてしまう子供の想像力って面白いですね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2008-04-20 21:09 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(30)