フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2007年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

キッチンの・・・アレ

f0106597_2234616.jpg
今朝、納屋の前にこんなものが置いてありました。ナンだろう???
我が家の豆男君は、何か物を作る時、完成まで何を作っているのか言わないので、出来上がってからのお楽しみです。ムムム??マガジンラックっぽいのですが・・・。かなり防水のニスを塗り重ねていたから、キッチンか浴室で使うものかな?


f0106597_2263738.jpg
f0106597_22721100.jpg



答えはコレ↑。日本では余り見ないのですが、イタリアのキッチンでは、流しの上のお皿を立てかける戸棚の下に、ポトポトと水が落ちるようになっていて、その水が排水溝に流れるような仕組みになっています。この為、洗ったお皿は、そのまま上の棚に立てかけておけば、自然と水が切れて乾くという仕組み。合理的というか、大雑把というか・・・。でもやっぱり便利かな。日本のお母さん達は皆、お茶碗を洗ったあと、拭く作業があるけれど、これだったら翌朝片付ければよいものね(←大雑把な私)。この棚のことを、イタリア語で"piattaia"(ピアッタイア)と呼びます。


f0106597_2324581.jpg
f0106597_2343458.jpg



下のガラス板は微妙に斜めになっていて、奥に水が流れる仕組みです。集めた水は、とりあえず、ニョキッと出たプラスチックのホースを伝って流しに流れるようになっていますが、後々は、直接排水溝に流れるように縦に管を通すそうです。
そういえばここ数日、お皿やグラスの数が足りないなあと思っていたら、どうやらアントネッロが我が家にあるお皿一式のサイズを測って、この棚の大きさとそれぞれの枠の幅を決めるのに使っていたそうなんです(笑)。だから、どのお皿もグラスも丁度良く収まります。
いつもの通り、材料費・・・0ユーロ。

いよっ、豆男君、パチパチ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-09-30 02:42 | 親方日記 | Comments(30)

虹を見た朝

f0106597_2020989.jpg
ここ数日、フィレンツェは激しい雨が降り、あいにくのお天気続きでした。昼間の気温も15度とかなり寒いので、フィレンツェにいらっしゃる方は暖かい服装も用意されると良いですよ。でも来週の予報では最高気温が23度(!)と出ていました。
今朝、朝ごはんを食べていると、ユキちゃんが「あっ虹だ!」と叫びました。我が家の食卓では、丁度ユキちゃんの席から、お山が見えるようになっています。見ると、降り続いていた雨が止み、大きな虹が出ていました。
イタリア語で、虹は"arcobaleno"(アルコバレーノ)と呼びます。イタリアでは、<「虹の橋のたもとには、金のお鍋を持った小人がいる」と言うんですよ。ユキちゃんも、じ~っと虹の付け根の部分の森を観察していました。4歳って、信じていることとそうでないことが結構ごっちゃになっている時期なんですよね。大人ぶって、「そんなのお話の世界のことよ」と言いながら、「ねえ、べファーナ(1月に子供達にお菓子を配る魔女)とバッボナターレ(サンタさん)は兄弟なの?」と真剣に聞いてきたりします。

虹を見た朝、何だか良いことがありそうです。週末はお天気になるかな?
皆さんにとってもハッピーな一日でありますように・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-09-28 20:30 | 私の独り言 | Comments(14)

住宅ローンとイタリア

今朝は珍しく、アントネッロとフィレンツェに行ってきました。って、私はまだフィレンツェに残っていて、今、この記事をインターネット回線があるバールで書いています。
今日、アントネッロとフィレンツェに来た目的は、「住宅ローン」(ズ~ン)。今の山の家を4年前に購入した時に、勿論、私達も住宅ローンを借りました。その当時は、私達のよう長い年数のローンには、"tasso variabile"(タッソ・バリアービレ)と呼ばれる変動型ローンしかなく、"tasso fisso"(タッソ・フィッソ=固定型)は組むことが出来なかったので、変動型にしていたのです。所が、この4年間で、返済額は150ユーロ以上も上がり、このまま上がり続けたら大変!と心配をしていたのです。
去年から、ローンの変更料金のようなものが撤廃され、簡単にローンを変えることができるようになりました。そろそろ他の銀行のローンも考えてみようか?と思っていたところ、前にローンを借りた会社から連絡があり、固定型に変更も可能だという知らせをもらいました。
というわけで、二人揃って今日は、ローン会社に行って来たのです。日本では、まだまだ利上げはないようですが、イタリアではユーロ高を受けて、どんどん利上げがされています。私達のように、変動型のローンにしていた人が不安を抱える中、逆に去年のローン変更料金の撤廃と簡易化で、簡単にローンが変えられるようになり、より良い条件の銀行へ変える人が増えています。色々なまだまだ、企業間の競争が少ないイタリアですが、ローンについては、銀行間に競争が生まれ、消費者が自分に合った好条件のローンを自由に選べるようになりました。

計算をしてもらったところ、少し年数は増えるものの、固定型になり、月々の返済額も下がるということで、どうやら我が家のローンも変更することになりそうです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-09-28 00:00 | フィレンツェという町 | Comments(12)

私の密かな趣味

f0106597_18315710.jpg
「密かな」って、別に隠す必要はないのですが、アントネッロに言いそびれて始まったコレクションです。畑と読書以以外(←地味っ)大した趣味のない私ですが、密かに収集をしているものがあります。それがコレ、フィレンツェの絵葉書。観光地フィレンツェではツーリスト向けの絵葉書が町中で売られています。最近のものは、コンピューターで修正をしているので、余り面白味はないのですが、私が好きなのは、水彩絵の具で修正したような、70年代の絵葉書です。
まず、やる気のなさそうな新聞屋さんや文房具屋さんを探します。こういうお店には、無造作に積み上げられた絵葉書の中に、70年代から売れ残っている(笑)絵葉書がたまに見つかるんです。
↑これは、"Palazzo Pitti"(ピッティ宮殿)1970年。
まだ広場前が駐車場だった頃です。


f0106597_18334834.jpg
←こちらは、"Duomo"(ドゥオーモ)1973年。

昔、学生時代にアルノ河の対岸、サントスピリト広場の近くの小さな文房具屋さんで、フィレンツェの洪水の時の写真をプリントした絵葉書を見つけ買いあさったことがあります。あの絵葉書、まだ実家にあるかなあ・・・?
こうした古い絵葉書を探し出してお店の人にいくら?と聞くと、不思議そうな顔をされます。きっと、ず~っと売れずに残っていたんでしょうね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-09-27 00:00 | フィレンツェ絵葉書コレクション | Comments(14)
f0106597_17123939.jpg
先日、メインサイトでご紹介しているホームステイ先、ルチアさん宅に、お邪魔してきました。ルチアおばあちゃん宅は、フィレンツェの中央駅からバスで6分程の場所にあり、2名までホームステイ滞在をすることが出来ます。ホームステイというと、何だか「留学」とか「学生」というイメージがありますが、3泊から受け入れてくれるので、滞在中にちょっとイタリア人家庭の様子を体験してみたい方や、女性の1人旅で不安な方などには、安心感のある宿として人気があります。朝食と夕食付きというのも、1人旅の方には便利なんですよ。
いつも感心するのは、ピカピカに磨かれたキッチンや室内と、ビシッと整えられたベッド。イタリアでベッドをきちんと整えるという習慣は、子供の頃からお母さんに教えられて身に付くようです。私も、学生時代に間借りしていたアパートの大家さんに習って、できるだけベッドを整えるように務めたものの、どうやっても大家さんマダムのようにビシッとならなかったのを覚えています。
イタリア人マンマって、端にゴムが入っていない普通のシーツを皺なく上手に手早く整えられるんですよね。


f0106597_17192750.jpg
f0106597_17222129.jpg



イタリアのベッドメイクは、こうして、シーツを2枚重ね、その上に毛布などを乗せ、上の部分を折り返します。寝る時は、シーツとシーツの間に入って寝るんです。


f0106597_17361436.jpg
f0106597_17404884.jpg



「アラ、写真を撮るんだったら、もっと直さなきゃ」とさらにベッドを整えるルチアおばあちゃん(笑)。
丁度、お昼時間にお邪魔したので、ユキちゃん共々お昼をご馳走になりました。子供好きのルチアおばあちゃんはユキちゃんの席にだけ、ドナルドのナフキンを用意してくれました。ユキちゃん、大喜び!


f0106597_1743299.jpg
f0106597_17435782.jpg



この日、ご馳走になったのは、茹でた"ceci"(チェーチ=ヒヨコマメ)と"orzo"(オルツォ=大麦)にフレッシュトマト、ツナを合わせて、バジルとオリーブオイルで味付けしたプリモ。とってもお腹に優しくて美味しかったです。意外だったのが、ワインビネガーが合うこと。私もこのお料理は自分でも作りますが、ワインビネガーで味付けをしたことはありませんでした。食べる前にちょっと振りかけると美味しいです。


f0106597_17523192.jpg
デザートは、姪御さんが差し入れてくれた"schiacciata all' uva"(スキアッチャータ・アッ・ルーヴァ)。葡萄が収穫される今の時期だけ食べることが出来るフィレンツェのお菓子です。ワイン用の小粒の葡萄を、オリーブオイルを混ぜたパン生地にのせて、お砂糖をふりかけ、焼き上げた素朴なお菓子なんですよ。街中のパン屋さんやバール、お菓子屋さんなどでも切り売りされているので、この時期にいらしたら是非試してみてくださいね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-09-26 00:00 | フィレンツェでアパート滞在 | Comments(8)

もうちょっと・・・

f0106597_2303169.jpg
最近、子供話と畑話が続いてスミマセン。9月半ばからユキちゃんの幼稚園が始まったものの、今週の水曜日までは、給食がないので毎日半日で帰ってきてしまうのです(涙)。9時に下の集落にある園バスの停留所に送っていき、12時にはまたお迎えなので、自由になるのはたった3時間。メール処理とこまごまとした用事に追われ、あっという間に時間切れとなってしまいます。


f0106597_239715.jpg
アニメのDVDをつけて、その間に仕事を・・・というわけにも行かず、結局、午後一杯は畑仕事をしたり、お散歩をしながらユキちゃんの相手をし、アントネッロが帰ってきたらバトンタッチという感じです。我が家にはADSL回線がないので、携帯電話をケーブルでPCにつなげて接続しているのですが、最近、夜の7時から11時頃まで回線が混むらしく、接続が出来ないんです。だから仕事のメールを優先し、朝の3時間と夕方7時前の1時間、そして夜11時以降で送受信を行っています。
ううう・・・ちょっと余裕がない最近の私、ユキちゃんが幼稚園で描いてきてくれたお絵かきを壁に貼って、ゆったりとした気持ちを取り戻したいと思います。
題して、"cuori giganti"(クオーリ・ジガンティ=巨大なハート)だって。左がアントネッロ、右が私で間にいるのがユキちゃんだそうです。

あと2日。がんばりますっ!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-09-25 00:00 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(8)
f0106597_19444382.jpg
先週、今週とユキちゃんはお友達のお誕生会が続いていて、アントネッロと私は交代で連れて行きました。今週は私の番。ユキちゃんの「彼氏」であるA君のお誕生会だったので、ユキちゃんはかなりウキウキです。プレゼントと手描きのカード(ハートが一杯・笑)も用意しました。会場は、山の上にある小さな教会の集会所です。行ってみると、さすがに男の子のお誕生会とあって、クラスの女子はユキちゃんとMちゃんの2人だけでした。


f0106597_1951335.jpg
写真は、用意されていたゲーム。天井からぶら下げられた袋には、沢山のキャンディーと新聞紙、紙ふぶきが入っています。本当は目隠しした子供が箒の枝で割るというスイカ割りのようなゲームだったのですが、なかなか割れないので目隠しなしとなりました。
ユラユラする袋を棒で割るのはなかなか難しいので、子供達は大興奮。


f0106597_1955762.jpg
バーン!と袋が破けたら、見事に紙ふぶきと新聞紙、それにキャンディーが降ってきました。子供達は我先にとキャンディーを拾い集めます。なんでもないような、こんな遊びですが、子供達はとっても楽しそう。
おやつを食べて、ゲームを楽しんだら、教会の裏にある小さなサッカー場で、皆、サッカーを始めました。こういう時、イタリアでは必ず誰かのお父さんでサッカー好きの人がいて、審判を買って出るんです。他のお母さん達とのおしゃべりに夢中になっていた私が、ふと見ると、ユキちゃんが男の子に混じってサッカーをやっています。しかもアタッカー・・・。サッカーをやっているユキちゃんなんて初めて見ました。幼稚園でもやっているのかなあ。しかも、ゴ~ル!!。そしてガッツポーズをしながらグルグル嬉しそうに走り回っています。ユキちゃんの意外な姿を見た瞬間(笑)。そう言えば、他の男の子達はゴールをすると、耳の横で片手の手のひらをヒラヒラさせて嬉しそうに走り回ります。周りの子達は「トーニッ!」と叫びます。これは、今はドイツに移籍してしまったフィオレンティーナの花形、ルカ・トーニのまね。フィレンツェの子供達にとっては憧れのヒーローです。
で、今度は、ゴールの前に1列に並んでゴールキーパーと1対1のゴールキックゲーム。ユキちゃんの番です。「ユ~キ~!フォルツァ~」と紅一点のユキちゃんを応援する歓声に応えながら助走をつけてキーック・・・。ユキちゃんはクルッと向きを変えて、ボールを蹴りながら反対側にあった無人のゴールに行き、ゴ~ルッ!そっか、それまであっち側の網がユキちゃんチームにとってはゴールだったんだもんね。周りは大爆笑(恥)。

楽しかった土曜日の午後。暗くなるまで遊びました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-09-24 00:00 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(12)

自給自足な夜

f0106597_22292424.jpg
昨晩は、パオロ&ラウラと一緒に食事を作りました。せっかくだからと、冷凍庫と冷蔵庫にそれぞれ1羽ずつ入っていたニワトリを取り出し、今回はオーブン焼きにすることに決定。付け合せはどうしようかなあ・・・と畑に降りてみると、←こんなに収穫がありました。いよいよキャベツも食べ頃です。


f0106597_2233421.jpgこれは、finocchio(フィノッキオ=ウイキョウ)。葉の部分はニワトリにやり、食べるのは白い茎の部分です。白い部分はセロリのような食感です。かじってみると、畑のウイキョウは売られているものよりも甘くて香りが強いです。このまま食べても美味しいのですが、今回は薄切りにして、サラダに混ぜました。


f0106597_22365025.jpg
サラダ菜、ポロ葱、ウイキョウ、ルッコラ・・・とどれも畑で採れた野菜です。
余談ですが、最近は大きなスーパーではドレッシングが売られてきたのですが、イタリアではドレッシングは余り一般的ではありません。サラダの味付けにはオリーブオイル+ワインビネガー+塩というのがお決まりのパターンです。
畑の野菜サラダはそれすらも要らないほど、美味しかったです。


f0106597_22402271.jpg
f0106597_22421814.jpg



ジャン!キャベツ。イタリアではキャベツの種類が色々あるのですが、これはcavolo cappuccio(カーボロ・カプッチョ)と言う種類です。小ぶりですが、甘くて美味しかった♪
アントネッロは、蒸し焼きにしたキャベツに、クミンとサフランを少々、それに茶色い皮を取除いたアーモンドを粒のまま混ぜてエスニック風にしました。クミンとアーモンドって意外に合うんですね。


f0106597_2245424.jpg
f0106597_22463914.jpg



そして、鶏2羽。今回は、絞めてからもう5日程経っているので、お肉はそれ程、硬くなかったです。4日目に食べるのと5日目に食べるのでは大分違います。普通に売っている鶏肉との違いは、皮下脂肪が殆どなく、皮がパリッと焼けること。そしてやっぱりお肉も噛み応えがあります。内側にパオロの特製ソース(オリーブオイル&ローズマリーとタイムのみじん切り)を塗りつけて焼き上げました。
付け合せは、ラウラ作、茹でたジャガイモを素揚げしたもの。


f0106597_22515375.jpg
f0106597_22525948.jpg



昼間にテッサから分けてもらった畑のキュウリも、パオロが毎朝牛乳から作っているヨーグルトにあえて、ギリシャ風にしました。これはパンに付けて食べます。

仕上げのデザートは勿論、胡桃(笑)。

家から半径500メートル以内で採れたもので、大人4人、子供1人がちゃんと食べられるって何だかちょっと嬉しい体験です。
お互いにあるものを持ち寄ったら、自給自足の夜となりました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-09-22 22:56 | 山の食卓 | Comments(10)

胡桃の季節です

f0106597_1750133.jpg
昨日の夕方、「マンマ!胡桃を沢山拾ってきたよ~」というユキちゃんの歓声が聞こえたので、外を覗いて見ると、夕方のお散歩に行っていたユキちゃんとアントネッロが沢山の胡桃を抱えて帰ってきました。
緑色だった胡桃は、今の季節、緑の部分がからからになり、木の下に沢山落ちているのです。早速、二人は胡桃の種の部分を取り出す作業に取り掛かりました。私も理屈では判っていましたが、実際に見るのは初めての経験です。


f0106597_17564289.jpg
f0106597_17591050.jpg



水に漬けておくと、周りの果実の部分が取れやすくなります。
アントネッロを観察していていつも不思議だなあと思うのは、こういうマメ知識を良く知っていること。きっと、今のユキちゃんみたいに、小さい頃からプーリアの義父さんや義母さんのお手伝いをしながら1つ1つ覚えたんでしょうね。


f0106597_1831380.jpg
f0106597_1845716.jpg



ユキちゃんは手袋での作業がたいそうお気に入りの様子。


f0106597_1864758.jpg
f0106597_1884637.jpg



1個ずつ丁寧にブラシでこびりついた果肉を取除きます。
ふざけながらもテキパキと作業を進める二人はとっても楽しそうです。


f0106597_18115926.jpg
f0106597_18131225.jpg



これで段々、「胡桃」の姿に近くなってきました。


f0106597_18163199.jpg
f0106597_18173857.jpg



こうして、毎日昼間は天日で干し、乾燥させます。乾燥させると、殻の中に入っている核(食べる部分)の表面についている渋皮の渋がなくなるんですよ。
今年の冬は暖炉の前で、沢山の胡桃が食べられそうです。(太る~!)

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-09-21 18:23 | トスカーナ山暮らし | Comments(30)

最近のお絵かき

f0106597_1852967.jpg
ユキちゃんが幼稚園から帰ってくると、リュックのポケットにはこうして小さく折りたたんだお絵かきが入っています。これを見るのが毎日の私の楽しみなんです。
ユキちゃんは、自宅では好んでお絵かきをする方ではないのですが、幼稚園では他の子供に触発されるのか、毎日1枚~2枚のお絵かきを持って帰ってきます。幼稚園では特に「お題」を出されることはなく、皆自由に描いているようです。ユキちゃんが描くのは大体、お姫様、お城、動物など・・・テレビはたまに見ているのですが、お絵かきの中にはアニメのキャラクターは余り登場しません。


f0106597_19201024.jpg



今日のテーマは「海」
真ん中の上のほうには漁船が網を張っています。でも、網が小さすぎて魚達には届かず、魚達はのんびり楽しく過ごしているんですって。完全に魚の立場に立つユキちゃん(笑)。釣りに連れて行ったら、きっと、吊り上げられている魚を描くでしょうね(爆)。


f0106597_1922256.jpg
f0106597_19245719.jpg



写真左: 左側のオレンジ色なのが「イカちゃん」で、右側のピンク色が「タコちゃん」。ユキちゃんなりに想像しながらイカとタコを区別したところが笑えます。う~ん、でもやっぱり山育ちのユキちゃんにとって魚介類の形はまだまだ曖昧なんでしょうね。来年、プーリアに行ったら、沢山のお魚を実際に間近で見せてあげたいと思います。
イカちゃんの下のほうにいるのは、ミミズではなく、タツノオトシゴです。

写真右: ワカメについているこのグルグルしたのは牡蠣だそうです。


f0106597_19342622.jpg
f0106597_19354654.jpg



写真左: 亀さんは、舌を出してアッカンべーをしています。足がどんな風になっているのか、尻尾があるのか、ちょっと曖昧だったんだろうなあ(笑)。うん、でも感じは出ています。

写真右: これはもう1枚の絵。大きな紙の端っこの方に、この2羽のアヒルがいました。きっと、端っこから描き始めて、余りに力を入れすぎて描いたので時間切れになってしまったんでしょうね。やっぱり、こうした家畜系は得意です。身近だからかな?

さて、明日はどんなお絵かきをしてくるんでしょう?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2007-09-20 19:40 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(18)