フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2007年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

月と畑

f0106597_17333351.jpg
一昨日は満月でした。トスカーナの我が家からも大きな月が見え、夜中なのに月明かりに照らされてとても明るかったです。
この辺りで畑をやっているお年よりは、農作業のタイミングを決める時、結構月を気にします。
我が家にある、農業カレンダーを見ると、
8月は、

上弦(満ちていく)の月の期間
種まき 大根、ラディッシュ
苗植え ウイキョウ、キャベツ、ブロッコリー、ビエトラ、チコリ

下弦(欠けていく)の月の期間
種まき レタス、ほうれん草、ヴァレリアネッラ(サラダ菜)
苗植え ポロ葱

結構フクザツで、どういう基準なのかは判らないのですが、種まきに関しては、種や根っこを食べる野菜は、上弦の月の間に種を蒔き、葉っぱを食べる野菜に関しては下弦の月の間に蒔くそうです。


f0106597_1815686.jpg
f0106597_1825042.jpg



というわけで、ギリギリ満月の前日に(良いのか?)、日本の白カブと、赤ラディッシュの種を蒔きました。

月の満ち欠けの他に、結構気にするのは、野菜同士の相性。
勿論、お互いの香りが害虫を遠ざけたり、片方の野菜が地中に発する養分が、もう一方の野菜の成長に役立ったりすることもありますが、「アスパラガスと赤ラディッシュ」カップルのように、ただ単に「相性が良い」野菜もあるんですよ。お互い一緒に居ると、ハッピーになって(?)、元気に成長するんです(←実験済み)。

我が家の畑では、セロリとキャベツが一緒に植わっています。


f0106597_187576.jpg
f0106597_189692.jpg



ブロッコリーは、ポロ葱と一緒に植わっています。

ウイキョウも見る見る大きくなって来ました。牛糞や鶏糞などの堆肥をバケツに入れて、水に漬け、かき混ぜてその上澄み液をたまに苗に与えています。これは効果抜群です。


f0106597_1812222.jpg
f0106597_18132915.jpg



これは"insalata romana"(インサラータ・ロマーナ)と呼ばれるサラダ菜です。
根元ギリギリで切り取って収穫したのですが、再び元気に生えてきました。
左の写真のように、雨に打たれて硬くなった土の表面を、スコップでほぐしてあげます。こうすると、周りの土の養分が根元に近づき、根も張りやすくなるんです。


f0106597_18171846.jpg
f0106597_18183318.jpg



プーリアに行っている間にパオロに収穫されてしまったトマトですが、今第二弾が赤くなりつつあります。これはフィレンツェ種の"fiorentino"(フィオレンティーノ)。やはり気候が合うのか、病気にもならず元気にたくさんのトマトをつけてくれました。

これから9月10日までは、レタス、ほうれん草、ヴァレリアネッラの種まきと、ポロ葱の苗の植え付けです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-08-31 00:00 | フィレンツェで畑 | Comments(14)

山の恵

f0106597_15181819.jpg
今週からトスカーナでは再び気温が上がり、8月らしい強い日差しが戻ってきました。
先週の土曜日の朝、ふと見るとアントネッロとユキちゃんが長靴を履いて、お出掛けの準備をしていました。
「お散歩に行くの?」(私)
「うん、ちょっとキノコ見てくる」(アントネッロ)

雨が降ってしっかりと地面が水を含んだところで、気温が上がり3日ほど経つと、キノコが生えてきます。我が家の周辺は、ポルチーニ茸は採れないものの、他の様々な種類のキノコが見つかります。
暫くして、ユキちゃんは大喜びで帰ってきました。
「ママ~、大豊作だよ。こんなに採れちゃった!」


f0106597_15251811.jpg
f0106597_15263848.jpg



キノコが生える場所を知っているアントネッロは、こうして生えそうな日にそこに見に行っているんです。


f0106597_1528284.jpg
キノコ名人は、キノコが生える秘密の場所を、家族にするらに教えないと言います。我が家のアントネッロも同じく(笑)。でもユキちゃんは特別なようです。


f0106597_15375713.jpg
f0106597_15324174.jpg



今回二人が採ってきたキノコは、"pioppino"(ピオッピーノ=学名agrocybe aegerita)というキノコです。


f0106597_1537445.jpg
f0106597_15394347.jpg



そして、もう一つの籠には、"cicolia"(チコーリア=チコリ)と"dente di leone"(デンテ・ディ・レオーネ=西洋タンポポ?)が入っていました。これはそのままサラダにしても美味しいし、軽く茹でて、レモンとオリーブオイルで食べても美味しいです。


f0106597_154377.jpg
f0106597_15445898.jpg



ふと見ると、仲良しさん2人、並んで何かしています。
そうそう、ポルチーニ茸もそうですが、キノコは水で洗ってはいけないんです。だからこうして丁寧に刷毛で土を取除きます。


f0106597_15473612.jpg
f0106597_1548555.jpg



丁寧に、丁寧に・・・
物事を根気良く丁寧にすることをユキちゃんは、アントネッロから教わっているようです。


f0106597_15505227.jpg
その日の夜の献立は、キノコと牛肉のシチュー風煮込みチコリの付け合せでした。家族で山の恵をありがたく頂きました。美味しかったです♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-08-30 00:00 | 山の食卓 | Comments(30)

フィレンツェでランチ

今朝は、ちょっとした用事の後で、同じフィレンツェの郊外にお住まいの「トスカーナ オリーブの丘で暮らす」のchieさんとフィレンツェでお昼をご一緒しました。ちょっと早めにフィレンツェに着いて、余裕♪と思っていたら、ハンドバックを家に忘れてきて、一度フィレンツェに着いたのに、また家までハンドバックを取りに戻るというハプニングもあったのですが・・・
だって、朝、出掛けにユキちゃんが、お着替え3回、持っていくバックも何度も替えて、いよいよ車に乗ったと思ったら、

「ママ、自転車持っていっていい?」
(ユキちゃん、フィレンツェに自転車持っていくの?)
「ママ、ローちゃん(カンガルーの縫いぐるみ)忘れた」(この暑いのに縫いぐるみ?)
「ママ、ローちゃんのおんぶ紐持った?」(持つわけないでしょっ!)
「ママ・・・おしっこ・・・」(汗)

と何度も車と家を行ったり来たりしていたんです。どうやらその間に、ハンドバックをソファーの上に置いたまま、鍵と携帯電話だけを持って出てしまったようです。

ともかく、ハプニングはあったものの、何とか無事chieさんにお会いすることが出来ました(Chieさん、急に時間を変更してもらってごめんなさいっ!)。


f0106597_3432425.jpg
f0106597_355316.jpg



行った先は、サンタンブロージョの市場前にある大きな広場にあるバール、Caffe' Ghiberti。外にテーブル席が出ていて、お昼時間は簡単な食事も出来ます。車が入ってこない広場沿いに外のテーブル席があり、ユキちゃんを自転車で遊ばせながら、ゆっくりお茶が出来るので気に入っています。いつも広場の地下にある駐車場に車を停めて良くココに来ます。

私とChieさんは、カレーを、ユキちゃんは生ハム入りのパニーノを頼みました。


f0106597_425288.jpg
←しかめっ面をしていますが、これは「ウ~ム、美味しい♪」という顔。
この後、コーヒー&プチケーキで楽しい時間があっという間に過ぎました。最後はユキちゃんがグズグズし始めて時間終了(涙)。やっぱり2時間が限度です。

普段、ユキちゃんと仕事、畑、鶏(笑)などに振り回され、フィレンツェに来る時は、バタバタと用事だけを済ませてしまい、すぐに山に帰ってしまっていた私でしたが、こうして日本人のお友達とゆっくり過ごす時間も楽しいなあとつくづく思いました。

Chieさん、お付き合い有難う。これからもどうぞ宜しくね♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-08-29 04:14 | フィレンツェという町 | Comments(8)

お台所に二人で

f0106597_1184478.jpg
似たような話題が続いてしまってスミマセン。
今週後半から忙しくなるので、暇だったここ数日はずっとやりたかったメインサイトの記事更新と秋冬野菜の為の畑仕事に追われ、山に篭っていました。
ふと、キッチンに降りていくと、我が家の二人の料理人が仲良くお料理をしていました(笑)。


f0106597_1235157.jpg
f0106597_1245759.jpg



二人とも真剣に無言でお料理をしています(笑)。
小さな野菜切りナイフは、ユキちゃんに、大分前から使わせています。小さな手で、すごく注意しながら上手にお野菜を切っています。ユキちゃんは、集中してちゃんと見て切っているから、大丈夫。私の方が危なっかしいかも(爆)。
それでもアントネッロが、たまにジッと観察しています。


f0106597_126435.jpg
f0106597_1294016.jpg



f0106597_1345914.jpg
今晩の献立は、野菜炒めとトマト&モッツアレラのカプレーゼです。
野菜炒めの材料(ジャガイモ、ビエトラ、インゲン)は全て畑で採れたものです。そっか、冷蔵庫が空っぽだったね。ゴメン、ゴメン。
明日は、ちゃんとお買い物に行くね(反省)。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-08-28 01:32 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(22)
f0106597_0544790.jpg
夏になると無性に食べたくなるのが、フィレンツェの夏の名物料理、"Pappa al pomodoro"(パッパ・アル・ポモドーロ)です。これは、硬くなったトスカーナパンを水で戻して、トマトソースで煮込んだパン粥のようなもの。とってもシンプルなお料理ですが、夏になると食べたくなるんですよねえ。
材料は、トマト1キロ、トスカーナパン500g、ニンニク、ローズマリー(お好みで)、バジル、オリーブオイル、玉ねぎ、人参、セロリ


f0106597_0574425.jpg
f0106597_115379.jpg



写真左: これがトスカーナパン。大体1個1キロですが、切り売りもしてもらえます。塩なしなのが特徴。そして表面にはうっすらと小麦粉がついています。外側はパリッと硬くて、中はフワフワでありながらしっかりと歯ごたえがあるのが美味しいトスカーナパンです。

写真右: 家庭によってレシピがそれぞれ違い、入れるハーブも大分変わります。アントネッロのレシピは、フィレンツェのレストラン、チブレオのレシピをちょっと自分流にアレンジしたもの。ニンニク、ローズマリー、バジルが入ります。


f0106597_1113966.jpg
f0106597_1133865.jpg



まずは、パンを水に浸しておきます。トマトは湯剥きします。


f0106597_1162177.jpg
f0106597_1181077.jpg



玉ねぎ、人参、セロリはみじん切りにし、たっぷりのオリーブオイルでいためます。
火が通ったら、トマトを加え20分ほど弱火でグツグツと煮込みます。
パンを絞るようにして水を切ったら、トマトソースに加えます。


f0106597_127538.jpg
f0106597_1304556.jpg



弱火で加熱しながらグルグルと木のスプーンで混ぜます。


f0106597_133233.jpg
f0106597_136133.jpg



ここで、アントネッロは一部を別にとって、ローズマリー少々とニンニクのみじん切り、バジルを加えて、ハンドミキサーにグルッとかけます。そして再びこれをお鍋に戻します。こうすることでちょっととろみが付くんですよ。


f0106597_1405870.jpg
f0106597_1432186.jpg



最後にお塩を加えて出来上がり♪食べる前に、オリーブオイルをたっぷりとかけ、バジルを添えます。私とアントネッロは、さらにニンニクのみじん切りを上にぱらぱらとかけます。ユキちゃんはさすがに生ニンニクなし。


f0106597_146324.jpg
ユキちゃんも大好きなパッパ・アル・ポモドーロ。

おっ、ユキちゃん、よい食べっぷりだねえ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-08-27 01:47 | 密着レポートレシピ集 | Comments(16)

雨上がりのお散歩

f0106597_6425369.jpg
先週から雨が降り続いていましたが、ようやく昨日から天気が回復し、気温も再び上昇中のトスカーナです。張り切って洗濯機を一日に何度も回すのですが、空を見上げては、洗濯物を取り込んだり、再び外に干したりの繰り返しです。
ちょっと退屈気味だったユキちゃんは、雲間から太陽がちらりと見えたら早速、赤いゴム長靴を履いて「ママ、お外にお散歩に行こうよ」だって。う~ん、ママ、用事が沢山あるんだけどなあ・・・。結局、ユキちゃんに引きずられるようにして、外に出てみると、すっきりとした青空が広がっていました。


f0106597_6485758.jpg
f0106597_6503198.jpg



ユキちゃんは水溜りに大喜び。


f0106597_652173.jpg
f0106597_6534848.jpg



水溜りでかなりの時間遊んでいました。子供って水溜りでこれだけ楽しめるなんてすごいですね。私も、ゴム長で水溜りに入ってみると・・・チャプチャプ♪面白い~!(←子供)
結局二人で泥だらけになるまで遊びました。


f0106597_657156.jpg
f0106597_6583154.jpg



ユキちゃんが何か見つけたようです。何かな?
あ、カタツムリだ。しばしカタツムリを観察。


f0106597_71324.jpg
f0106597_73798.jpg



写真左 木の幹を包むようにして生えているコケもキラキラと輝いて綺麗です。
写真右 数日前まで何も生えていなかった地面に、こうして小さな芽がぎっしりと生えていました。自然のサイクルって不思議です。


f0106597_772525.jpg
f0106597_79267.jpg



ふと見ると、ユキちゃん、いきなりダーシュっ!
そして、急に立ち止まって何かを観察。
「ユキちゃん、ちょっと待ってよ。ママもう追いつけないよお。フウ」


f0106597_7112930.jpg
ユキちゃん、再びダーシュっ!(私はもう諦めモード・笑)

山の子ユキちゃん、健在です・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-08-26 07:13 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(14)
f0106597_15294255.jpg



ツアーでフィレンツェにいらしたら必ず寄るのがこのミケランジェロ広場です。
1875年に造られた、フィレンツェにしては割と新しい広場ですが、周りの丘に囲まれたフィレンツェという街を一望するには最高の場所です。
やって来る観光バスを見ていると、ツーリストがワーッと駐車場で降りて5分ほどで写真を撮って、又再びバスに乗って去っていくという光景を目にします。だから余り下の小さな広場には行かれる方はいないのですが、ちょっと階段を降りた小さな広場の方にも行ってみてください(写真中、テラス席があるバールがある場所です)。こちらの方がより間近にフィレンツェの街を愛でることができますよ。


f0106597_16563176.jpg



左手の方には、ヴェッキオ橋のたもとから住宅の密集したエリア、ボーボリ公園を通って、城壁につながっていく様子などが伺えてとても面白いです。政治の舞台であったヴェッキオ宮殿から、ウフィッツィ美術館、ヴァザーリの回廊を通り、ヴェッキオ橋の上からピッティ宮殿へと続く秘密の通路を通って最後は、ボーボリ公園から城壁の外へ逃げるというメディチ家専用の緊急時の避難ルートだったんですよね。


f0106597_17113151.jpg



↑しつこい(笑)。
このミケランジェロ広場のすぐ近くには、S. Miniato al Monte(サン・ミニアート・アル・モンテ)というとても素敵な教会があります。いらしたらついでにコチラにも是非足を伸ばしてみてくださいね。進行方向に向かってさらに進んだ左側です。


f0106597_17161883.jpg
f0106597_1719482.jpg



写真左: これはユキちゃんが撮った写真。街を一望できるパノラマには目もくれず、赤いお花が気になったらしく、パチリ(笑)。

この後、私たちは再び赤バスに乗り、丘を降りて市内へと向かいました。途中は、豪邸や五つ星+デラックスという超高級ホテルが並ぶ界隈です。
ここでユキちゃんが一言、「畑がないねえ」(ププッ)。田舎の子です。


f0106597_17232082.jpg
f0106597_17252654.jpg



バスは、"Porta Romana"(ローマ門)から市内へと再び入っていきます。この門は1328年~1331年に街を囲むようにして建てられた城壁の門の部分です。ここからキャンティ地方を抜けてローマへと続く道が伸びていたんでしょうね。


f0106597_17314772.jpg
f0106597_17334134.jpg



ローマ門から続く細い商店街はVia Roma。こんな細い道をバスで入っていくなんて運転手さんも大変でしょうね。


f0106597_17352081.jpg
f0106597_17361064.jpg



いつも見上げていた街灯や薬屋さんの看板もこの通り、近くに見えて面白いです。


f0106597_1738108.jpg
こうしてバスは、街の中を抜けて、また中央駅へと戻ってきました。
乗ってみた感想は・・・「楽しかった!」
本当は、一日中でも乗ってみたかったのですが、ユキちゃんのトイレ休憩(汗)と、パニー二休憩をしている間に、家に戻らなくてはいけない時間となって、結局今回はミケランジェロ広場コースだけにしました。勿論、同じチケットで、フィエーゾレ行きにも乗れるんですよ。
子供連れの方や、お年より連れの方など、市内を沢山歩くのが大変な方には勿論お薦めですし、歩いて周るのと又違った風景を見ることが出来るので楽しいです。

フィレンツェにいらしたら、二階建ての赤バスに是非乗ってみてください。

Citysightseeing Firenze
一人20ユーロ(2007年8月現在) 24時間有効チケット



人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-08-25 17:45 | フィレンツェ便利帳 | Comments(6)
f0106597_1738831.jpg
先日、朝早くに用事でフィレンツェに行った帰りにふと見ると2階建てバスが停まっていました。ユキちゃんが「ママ、このバス2階建てだよ」と興味深そうに眺めています。そっか、ユキちゃんは赤バスに乗ったことなかったね。この機会にと、赤バスに乗ってみることにしました。
Citysightseeing Firenze というロゴが付いたこの赤バスは、駅前の市内バスATAF社のターミナルの端っこから発着しています。始発9:00、最終発18;30で、大体30分間隔で出ています。お薦めは始発の9:00かな?私たちも9:30の便に乗ったのですが、12時頃、駅前を通ったらかなり混んでいました。
夏場は、19;00以降も1時間毎に発着しているようです。夕暮れのフィレンツェを周るのも楽しそうですね。

そして、お薦めは、なんと言っても最前列。まあ、後ろの席でも楽しめるのですが、一番前、乗ってみたかったなあ・・・。

料金は一人当たり20ユーロで、チケットは24時間有効です。レシートのようなチケットなので間違って捨てないように(笑)。日本語のイヤホンガイドもあります。私が乗ったのは、駅から市内を抜けてミケランジェロ広場に行き、駅にもどるコースですが、市内を抜けてフィエーゾレに行くコースもあるんですよ。何度途中下車をしても同じチケットで乗れるから、これで一日遊べます。


f0106597_19154127.jpg
f0106597_19193811.jpg



Stazione S.M.N→Via Cerretani→Via Martelli
道のど真ん中、普段は車が通る場所から、しかも2階建てバスの上という視点から見るフィレンツェは、また別世界です。
写真右は、パラッツォメディチ・リッカルディ宮。こうみるとなかなか迫力があります。


f0106597_1922475.jpg
f0106597_19401383.jpg



Piazza San Mrco→Piazza S.S. Annunziata→Via della Colonna
写真は、サンティッシマ・アヌンツィアータ広場
捨て子養育院の正面上部に掲げられているルカ・デッラ・ロッビア作の装飾も、こんなに高い位置から初めて見ました。


f0106597_19485386.jpg
f0106597_19525880.jpg



Piazza d'Azerio →Viale Gramschi→Piazza Beccaria
考古学博物館の中庭を左に見ながら、バスは街を東側に進み、外環道路へ出ます。
今の時期はまだバカンス中なので、車が少なくてスイスイ。右手には、ベッカリーア広場が見えました。


f0106597_2052797.jpg
f0106597_2065077.jpg



Corso dei Tintori→Lungarno delle GrazieVecchia
バスは一旦アルノ河に突き当たり、国立図書館を右手に見ながら、路地に入って、再びアルノ河沿いの道を街の外側に向かってUターンします。


f0106597_20315796.jpg
Lungarno della Zecca→Ponte San Niccolo'→Piazza F.Ferrucci
この辺りの川沿いの風景が最高でした!視点が高いから、対岸の建物がとてもよく見えます。


f0106597_20133418.jpg



f0106597_20353468.jpg
f0106597_20372612.jpg



Viale Michelangelo Buonarroti→Piazzale Michelangelo
そしてバスは、アルノ河を対岸へと渡り、閑静な住宅地を抜けて、丘の上のミケランジェロ広場へと向かいます。私たちは、眺めの良いミケランジェロ広場で途中下車をしました。続きは後程・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-08-24 21:11 | フィレンツェ便利帳 | Comments(8)

山の食卓

f0106597_17595685.jpg昨日は久しぶりに、パオロ宅(といっても棟続きのお隣さんなのですが)で夕食を食べました。昼頃ふらっとパオロが窓から顔をのぞかせて、「今日ご飯一緒に食べようか?」と誘いに来てくれました。
お互いに仕事やバカンスで予定が合わず、近所に住んでいてもゆっくりと顔を合わす時間がない状態が続くと、誰かしら「ご飯一緒に食べようか?」と言い出します。勿論、持ち寄りで家の冷蔵庫にあったものをかき集めてのシンプルな夕食ですが(笑)。誰が何を持ってくるなんていうのも特に決めず、集まったものを皆で分け合いながら頂きます。
だから思いも寄らないものが集まってなかなか面白いんです。皆、畑をやっているから、畑の収穫物も集まります。
昨日は、ラウラが手作りのマッシュポテト入りのラビオリを作り、それにかけるラグーソースはパオロが作りました。
テッサは、美味しいズッキーニ入りのフワフワオムレツを、アントニオは畑のトウモロコシを持ってきてくれました。アントネッロは、森になっていた葡萄をデザートに持って行き、帰りが遅かった私は、フィレンツェでパンを買って行きました。
イタリア人はあまり生のトウモロコシを茹でて野菜として食べたりはしません。トウモロコシは家畜の餌や、ポレンタ用の粉にする為に栽培されています。茹でる用のトウモロコシは大きなスーパーには売られているそうですが、私は余り大きなスーパーに行ったことがないので見たことがありません。テッサはオランダ人なので、野菜として食べる用のトウモロコシを畑で栽培しています。甘くてとっても美味しかった♪来年は我が家の畑でもトウモロコシを栽培しようと思います。


f0106597_1872070.jpg
←これがアントネッロが我が家の森から採ってきた葡萄。面白いことに、40年前までこの家に住んでいた修道士達が、大きな木に這わせるようにして栽培していた葡萄の木がまだ残っていいます。毎年美味しい葡萄の実を付けてくれます。下の村のお年寄りから聞いたところ、昔はここで美味しいワインが造られていたそうです。ワイン用の葡萄だったのかな?小粒ですが、美味しい葡萄です。

何にもないけれど、こうして囲む食卓は何だか暖かくてほっとします。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-08-23 18:22 | トスカーナ山暮らし | Comments(16)

雨上がりの畑で

f0106597_19295480.jpg
昨日のフィレンツェは久しぶりにまとまった雨が降りました。
気温もすこし下がり、25度前後と丁度良い位です。今朝、リビングの窓から外を眺めると、雲の間から上から晴れ間が見えていました。
トスカーナでは、6月から9月初めまで殆ど雨が降らないので、昨日のようなお天気は、森の動物や植物達にとっては恵の雨です。


f0106597_1933914.jpg
f0106597_19362012.jpg

お日様が照って、ニワトリ達も嬉しそう♪(って、食べるのに忙しそうですが・・・)


f0106597_2010652.jpg
f0106597_20441514.jpg



ふと、サヤエンドウの畝を見ると、綺麗な紫色の花が咲いていました。サヤエンドウは夏中収穫することが出来る便利な野菜です。


f0106597_20582364.jpg
f0106597_2144740.jpg



写真左: これは"cavolo nero"(カーボロネーロ)と呼ばれるトスカーナ州で良く食べる黒キャベツの苗です。冬場の豆料理には欠かせないお野菜です。

写真右: こちらはポロ葱とブロッコリー。ブロッコリーは初挑戦なのですが旨く出来るかな?


f0106597_21154930.jpg
f0106597_21171257.jpg



そら豆の後にキャベツを植えたら、日に日に大きく育っています。


f0106597_21193641.jpg
これは、ウイキョウ。セロリのように根元に土寄せをしてあげると、白い茎が丸く太ります。薄切りにして、サラダにしたり、茹でたものをクリームソースでオーブン焼きにしたりと冬場に便利なお野菜です。


f0106597_2122366.jpg
ふと見上げると青空が広がっていました。
今年の秋は、畑をかんばるぞ~っ!と青空に吠えるワタシ。

これからフィレンツェに仕事で行くのですが(ユキちゃん連れ・涙)、またまた雲行きが怪しくなってきました。傘を持っていったほうが良いかな?今の時期フィレンツェにいらっしゃる方は、折り畳み傘とカーディガンのご用意をお忘れなく・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-08-22 00:00 | フィレンツェで畑 | Comments(16)