フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2007年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ムージカ・ポポラーレ

f0106597_21234171.jpg
アントネッロと知り合ってから新たに発見したり、はまったりしたものは沢山あるのですが、その中の一つが”musica popolare"(ムージカ・ポポラーレ)と呼ばれるジャンルの音楽。直訳すると、「ポピュラー・ミュージック」ですが、イタリアでは各地に古くから伝わる民謡を指します。特に、アントネッロの出身地であるプーリア州サレント地方の民謡は、日本の沖縄民謡のように、10年以上前から1つの音楽ジャンルとして確立し、今では沢山の音楽グループがサレント民謡を演奏しています。
基本的な構成は、ボーカル(男女)、アコーディオン、バイオリン、そしてタンブレッロと呼ばれる羊の皮で作った大小様々なタンバリンです。
今、この記事を書きながら聞いているのは、カンツォニエーレ・グレカーニコ・サレンティーノ。サレント民謡ではかなり有名なグループです。

いつもプーリアに里帰りをする8月には、サレント地方のあちこちの村で民謡フェスティバルが開かれます。ちょっとしたパーティでも、かならず民謡が流れ、皆、立ち上がって踊り始めるんです。ダンサーではなく普通の人なのに、独特のタンバリンのリズムに乗ってかっこよく踊るんですよ。そして何処から持ってくるのか、タンバリンをリズムに合わせて鳴らします。
アントネッロも含め(笑)、プーリア人の男友達達がとタンバリンを勇ましく叩く姿は、かっこいいなあと思います。女性もスカートをヒラヒラさせながら背筋を伸ばして華麗に踊るんですよ。

そうそう、昔、8月15日にレッチェの更に南にあるTorre Paduliという小さな村の村祭りに行ったことがあります。真夜中の12時のミサの後、村の中心にある教会から聖ロッコ(多分・笑)の像を村人が担ぎ出し、村の中を練り歩くんです。ココまでは宗教行事なのですが、この後、民謡祭りが始まります。楽器を持ってあちこちから集まった沢山の一般のサレント人が老いも若きも路上で歌ったり踊ったりしているんです。複数のグループ同士が一緒に演奏したりして。まさに土着の音楽です。お祭りは朝方まで続きます。夜中の1時頃に、タンブレッロを持ってお父さんと一緒に勇ましく村の広場に向かう5歳位の子供達も見かけました。そうそう、あちこちで羊の肉をローストしていて、細長い骨付きのリブの部分が1本50セントで売っていて、時々、にわかミュージシャン達がその炭の火でタンブレッロの皮を温めて音を試したりしていました(笑)。

ちなみに、↑のCDの最後の曲は1999年にトッレ・パドゥーリでこのグループが路上演奏をした時に録音されたものです。

サレント民謡を聴くと、プーリアのカラカラに乾いた大地とギラギラした太陽を感じます。

またの機会に、他のグループもご紹介しますね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-05-30 22:08 | 私の本棚 | Comments(6)

雨上がりの畑で

f0106597_19323353.jpg
お陰様で、昨晩は熱も出ず、ユキちゃんは元気に今朝幼稚園に行きました。
今朝は職員会議があり、11時からの開園だったので、直接幼稚園に連れて行くと、パオラ先生が「昨日は半分以上の子が風邪でお休みだったのよ~」と話していました。一日で治ってしまう風邪が流行っているようです。

さて、幼稚園から我が家に帰ってくると、久しぶりに晴れ間が見えました。ここ2日間良く雨が降ったんです。2ヶ月以上も雨が全く降っていなかったから、植物にとっては恵の雨となりました。
私は雨上がりの山の匂いが好きです。土の匂いや、草の匂いが混ざった良い香りがするんですよ。
さて、トリ小屋に餌をやりに行ってみると・・・↓見てくださいっ~!


f0106597_19375459.jpg
f0106597_19391365.jpg



トサカがっ!この子はきっと雄鶏ですね。
写真右は小松菜です。無農薬なので虫に食われっぱなしなのです。「虫に食べられる前に食べてやる」と頑張って毎日食べています。


f0106597_19423562.jpg
f0106597_19434795.jpg



ズッキーニも葉を元気良く広げて、何だか嬉しそうです。黄色い花がつきました。


f0106597_1945355.jpg
f0106597_19464831.jpg



トマトの苗には脇芽が沢山付いていました。たまに取るのですが、取っても取っても生えてきます。これをマメに取除かないと実の付きが悪くなるんですよ。


f0106597_19523117.jpg
f0106597_19532891.jpg



今年はソラマメが豊作でした。今年初めて蒔いてみました。観察してみると、ソラマメのサヤって下から上に向かって生えるんですね。上からブランって下がるんだと思っていました。そういえば、さやえんどうも下から上に向かってなります。


f0106597_19564761.jpg
f0106597_19573920.jpg



畑のソラマメは、生で食べても、全然青臭くなくて、とっても甘いんですよ。
来年は、今年トマトを植えた場所に沢山のソラマメを蒔こうと思いました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-05-29 19:59 | フィレンツェで畑 | Comments(20)
f0106597_36136.jpg
先週の農業祭りで見かけたのが、このチンタ豚。イタリア語では、"maiale di cinta"(マイヤーレ・ディ・チンタ)とか、"cinta senese"(チンタ・セネーゼ)と呼ばれています。チンタとは「帯」という意味です。もちろん、この首の後ろの白い帯からこの名前が付けられました。
この豚は、イタリアではエトルリア時代から存在しており、下のフレスコ画(シエナのプッブリコ宮殿内に残る1300年代のAmbrogio Lorenzottiのフレスコ画の一部)にも描かれています。トスカーナでは1950年代までどの農家でもこのチンタ豚が飼われていたそうです。放し飼いを好むこの豚は広いスペースを必要とし、冬の寒さにも耐える強い動物なんだそうです。


f0106597_315757.jpg
f0106597_3319.jpg



残念ながら、高度成長時代になると、「成長スピードが速く=生産コストが低い」、「狭いスペースで育ち」「脂身が少ないヘルシーな肉」をもつラージ・ホワイトと呼ばれる輸入種が主流となり、チンタ豚は絶滅寸前にまで追い込まれたのです。
2000年の調査でチンタセネーゼのトスカーナ全体の頭数が約500頭だったそうです!だから貴重な豚なんですね。今ではチンタセネーゼの肉で作ったサラミやハムが高級食材屋に並び、肉はシエナやキャンティ地方のレストランで高級食材として取り扱われています。私も肉屋ではこの豚の肉を殆ど見かけたことがなく、一度だけ、サン・ジミニアーノの肉屋さんでチンタ豚のステーキ用のお肉を買ったことがあります。
そんなチンタ豚が、実は我が家の裏山に放豚されているんです。農家の方に聞くと、朝勝手に豚小屋から出て行き、昼間は山の中でイノシシのようにドングリや木の根を食べて、夜になるとまたひとりでに豚小屋に戻ってくるそうです。肉も直売してくれるのですが、1頭単位なので(笑)、ちょっと多すぎ・・・
以前、柵から逃げ出したチンタ豚が3頭何故か、県道のバス停に並んでいたことがありました。
私は車からそれを見ていました。すると、フィレンツェ行きのバスが通りがかり、運転手さんがわざわざバスを停めて、扉を開け、「乗る?」って豚に聞いていたことがありました。きっとバスの中は大爆笑だったんだろうなあ。イタリア人、仕事中でもいちいちウケを狙いますっ。

話はそれましたが、ともかく、ナチュラルな餌を食べて育つのでチンタ豚の肉は美味しいですよ。トスカーナにいらしたら是非、"maiale di cinta"の食材を探してみてください。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-05-29 03:19 | トスカーナの美味しい食材 | Comments(19)

ちょっとお熱です(涙)

一昨日くらいから咳をし始めたユキちゃんは、昨日の夕食の時に「頭が痛い~」と言い出し、案の定、夜中に熱が出ました。まあ、37度5分くらいなので、それ程高熱ではないのですが、今日は幼稚園を休ませました。山の幼稚園では、幼稚園で熱を出して帰されてしまうと、治ってから幼稚園に戻るにはお医者さんの診断書が必要なんです。お医者さんに連れて行くと3日間は自宅安静になってしまうので、結局1週間、家で診ることになってしまいます。だから、無理をさせず、症状が軽いうちに休ませて早めに治した方が、早く幼稚園に戻れるんです。って親の勝手な都合もあるのですが、「共働き&子供を預けることができる両親なし」で子育てをするとかなり必死なもので・・・どの家庭も頑張って子育てをしているんですよね。

ユキちゃん、今日は一日おうちで安静に・・・しないんです~(涙)。
微熱があるから逆にハイになっています。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-05-28 17:12 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(16)
f0106597_16482269.jpg
農業祭りの中でユキちゃんが一番興味を持ったものは、可愛い牛や羊の赤ちゃんではなく、蜜蜂の巣箱でした。ユキちゃんは、去年も一昨年も見ているから、もう蜜蜂がどうやって蜜を集めてくるのか、どれが女王蜂なのかなんてことは良く知っているんです。でも毎回、このガラス張りの巣箱を見るたびに楽しいようで、ず~っと巣箱の前で蜜蜂を観察していて、帰ろう言っても動かないんです(笑)。
ユキちゃんにとって蜜蜂の巣は神秘の世界なんでしょうね。


f0106597_1656439.jpg
f0106597_16593175.jpg



巣箱の中は2重構造になっています。左の写真中、黄色いマークが付いているのが女王蜂。このマークは、何年生まれの女王蜂なのかによって、色が変わるんですよ。法律で決められているそうで、2006年生まれは黄色です。女王蜂は巣箱の下の部分にいます。
巣箱は真ん中の柵で2層に分けられています。この柵は働き蜂は通れるけれど女王蜂が通れない幅になっていて、上の層に女王蜂を行かせない役割をもっています。こうして、上の層には、卵は産み付けられないけれど蜜だけが溜まるんですね。この部分から蜂蜜を取り出します。


f0106597_1792051.jpg
f0106597_17112927.jpg



「キノココーナー」では、かっこいいお兄さんが(笑)食べられるきのこと毒キノコの説明をしていました。
特産品コーナーでは美味しそうなパンやチーズ、ハムなどが売られています。


f0106597_17181392.jpg
f0106597_1720438.jpg



今の時期、トスカーナの田舎では↑この巨大な物体があちこちに転がっています。これは家畜用の刈り取った干草。干草を刈り取り、綺麗に1列に並べます。それを機械で集めながらぐるぐる巻きにし、上にネットをかけて出来上がり。私もこれほど近くで見たことはなかったので、興味深く観察しました。


f0106597_17254459.jpg
f0106597_17283485.jpg



ユキちゃんは早速登るっ。
立っているし・・・(ユキちゃん、スカートがずり落ちてるよ)


f0106597_1735895.jpg
刈り取ったばかりの干草の香りをかぎながら、のんびり過ごした土曜日の朝でした。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-05-27 17:37 | トスカーナ山暮らし | Comments(17)
f0106597_1201044.jpg
マンネリですみません・・・近所である催し物はいっつも農業関係なもので・・・
今朝も、我が家の近くで開かれた「農業祭り」に行ってきました。
この農業祭りも毎年5月末にひらかれるもので、前にブログでご紹介したディコマーノ村の牛祭りに比べると、農家の為というよりも、「一般の人に農業に親しんでもらおう」というイベントです。


f0106597_1303944.jpg
f0106597_138491.jpg



これは"Apenninica"(アペンニーニカ)と呼ばれる種類の羊。名前からして、フィレンツェとボローニャの間にそびえるアペニン山脈の一帯に昔からいた羊なんでしょうね。


f0106597_1441465.jpg
f0106597_149595.jpg



これは"Bergamasco"(ベルガマスコ)と呼ばれる北イタリア原産の羊です。
右の写真は、ユキちゃんが初めて撮ったデジカメ写真(笑)。どうやら羊のフカフカした毛が気になったようです。


f0106597_1565416.jpg
f0106597_1594717.jpg



これはオランダ種の羊。顔が真っ黒です。赤ちゃんは体の部分がグレーで、顔が真っ黒なんですよ。


f0106597_229541.jpg
f0106597_2305340.jpg



今回の農業祭りで、↑こんな美人さんに会いました。
グラマラスな(笑)立ち姿も素敵でしょ?


f0106597_2363518.jpg
この子もお母さん似の美人さんになるかな?
この牛は"Frisone"(フリゾーネ)と呼ばれる乳牛です。白黒は見たことがあったのですが、茶色いのもいるんですね。

まだまだ沢山撮った写真があるのですが、いつも遅いネット回線(携帯電話を使ってGPRS接続をしています)が非常に遅く、アップがなかなか出来ません(涙)。
続きはまた次回、アップしますね♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-05-27 02:41 | トスカーナ山暮らし | Comments(8)

アントネッロ流子育て

f0106597_17232866.jpg
一昨日、珍しくちょっと機嫌が悪かったユキちゃん。
何をやるにも「イヤイヤ」と首を横に振ります。こんな時、アントネッロはセモリナ粉を取り出して・・・
「よしっ、ユキちゃん、パスタを作ろう」
不思議なのですが、どんなに機嫌が悪い時でも、お料理をするとなると元気になっちゃうユキちゃんです。セモリナ粉に卵を割りいれて、お塩を一つまみ・・・もう慣れたもので、全て自分でやります。


f0106597_1728351.jpg
f0106597_17284753.jpg



今回は、初めて最初から最後まで自分でやってみようっ、とがんばったユキちゃん。
まずは、アントネッロが細かい指示を出します。彼のすごいところは、「指を挟んだら危ないんじゃないか」とか心配しないところ。勿論、「ここに指を入れたら危ないから」とか、「パスタはこう持って」と細かく説明しています。こんな時、珍しくユキちゃんは、パパの言うことを真剣に聞きます。


f0106597_17302317.jpg
f0106597_17311477.jpg



「それでは、一人でやってみよう♪」
でもね、本当は、反対側で、アントネッロはじーっとユキちゃんを観察していて、ちょっと危なそうだとすぐに注意します。


f0106597_1735683.jpg
f0106597_17373394.jpg



そういえば、ハサミを持たせるのも結構早かったと思います。それで指を怪我したことは1度もなかったし(ユキちゃんが自分で前髪を切ってアントネッロにすごく怒られたことはあったけれど)、階段の多い我が家で、階段から落ちたことも1度もありませんでした。
ちゃんと説明すれば、子供って意外と器用なんですね。


f0106597_17403737.jpg
f0106597_17414719.jpg



お陰で、ユキちゃんの機嫌はなおり(笑)、美味しいタリアテッレが出来ました。
この日は、アスパラガスとパンチェッタのタリアテッレにしました。
ユキちゃん、アントネッロ有難う。美味しかったよ♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-05-25 17:43 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(27)

山の幼稚園の保護者会

昨日は、ユキちゃんの山の幼稚園の保護者会でした。年に2度程しかないのですが、子供達の幼稚園での様子などを先生から聞くことが出来る良い機会となりました。
午後4時半から始まるはずの保護者会でしたが、5分遅れで焦っていくと、まだ誰も来ていない・・・。10分遅れで皆ぞろぞろと集まり、更に5分間待って、15分遅れではじまりました(イタリアタイム・笑)。皆、山に住んでいるので、道には大小四輪駆動の車がずらりと並んでいます。
「みどり組」さんのお教室で、パオラ先生とマリア先生を囲んで、お子様椅子に座って、丸い円になって保護者会が始まりました。
ユキちゃんは、普段、幼稚園で何をしたとか、どんなことがあったって、余り語ってくれないのですが、どうやら他の子供達も同じだそうです。親から聞いても、全然語らないんですって。
パオラ先生が、先週子供達が遠足に行った時の様子を語ってくれました。みどり組の子供達はは、フィレンツェの小高い丘の上にあるミケランジェロ広場に園バスで行き、その近くにあるアイリスが咲く公園に行ったんです。まず、バスから降りると子供達は早速、ミケランジェロ広場に沢山並んでいるパニーニの屋台の前にずらりと行列(笑)。「生ハムのパニーニとガス入りのお水くださ~いっ」って、勝手に注文している子もいるし(爆笑)。「今日はパニー二を食べに来たんじゃないのよっ」って先生に引きずられてとりあえずその場を離れ、アイリスの公園へ移動。で、また帰り際に、屋台の前で皆で並んでパニー二を注文していたんですって。まったくねえ。


f0106597_163937100.jpg
ある日、給食の時に、ユキちゃんが「今日はデザートがない~」って大泣きしたこともあったそうです(恥)。ともかく、皆、元気で活発な(汗)子供ですよ、と言っていただきました。
先生、いつもお世話になってますっ。
←は、ユキちゃんが幼稚園で描いてきた絵。
いつもの通り、くしゃくしゃに折りたたんでリュックのポケットに入っていました。これは、以前、私とユキちゃんがはまっていた亀レースの亀です。コスタリカとガラパゴス島の間を一生懸命泳いでいるところ。

f0106597_17233514.jpg
f0106597_1726383.jpg



亀を先導しているのは、タツノオトシゴなんですって。海面から飛び出しちゃってるお魚もいます。
そっか~、私もたまに仕事をしながらレース中の亀たちのことを考えていたけれど、ユキちゃんも幼稚園で、泳ぎ続けていた亀のことを考えていたんですね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-05-24 17:28 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(17)

9日目です。

f0106597_16371564.jpg
ヒヨコが我が家にやってきて9日が経ちました。
すぐに弱って死んでしまうのでは・・・という当初の心配をよそに、初日に死んでしまった1羽を除き、残りの39羽はすくすくと育っています。もう、ヒヨコと呼ぶのが似合わないほど、しっかりしてきました。背中の産毛は殆ど少なくなり、2つの羽が生えてきました。おしりにもちょっぴり尾が見えています。くちばしは長く鋭くなり、くちばしと目の間には、とさからしきものが見えてきているヒヨコもいます。雄かな?
↓の写真は、5日目くらいの時に撮ったものです、まだ体つきが丸々しているでしょ。


f0106597_16425218.jpg
f0106597_16445342.jpg



写真左: これはアントネッロ作、水のみ場。物理が苦手だった私には、仕組みはわかないのですが、常に底から1センチほどの水が保たれているんです。水位が下がると、逆さにしたボトルから水が降りてくる仕組み。

写真右: これもアントネッロ作、自動餌やり器。餌がなくなると、どどっと上から餌が降りてきます。中でうとうとしている食いしん坊君もいます(笑)。


f0106597_16525176.jpg
f0106597_16554422.jpg



最初の5日間は、夜間、凍えるんじゃないかと、トリ小屋の置くに作った巣(ダンボール+ボロ布+藁)に1羽ずつ入れていたのですが、今では自分達で入っていくようになりました。夜間の気温も高くなってきたし、もう大丈夫でしょう。


f0106597_1714077.jpg
あと2週間くらいすれば、立派な成鳥になりそうな勢いです。
トスカーナも大分、昼間の気温が高くなってきました。今日も暑くなりそうです。これからフィレンツェに行かなくては行けないのですが、車(冷房なし)で行こうかなあ・・・バスだと乗り継ぎをしなくてはいけないし、出るのが遅くなっちゃったしなあ(言い訳)。

行ってきますっ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-05-23 17:05 | ヒヨコ成長日記 | Comments(14)
f0106597_20475570.jpg
さて、私がパラッツォ・コルシー二の職人展を訪れた一番の目的は、友人のマルタとシモーナの子供服のスタンドを訪れることでした。
"SARTORIA"(サルトリーア=仕立て屋さん)と書かれた看板が掲げられた彼女達のスペースには、楽しい手作りのぬいぐるみや子供服(3ヶ月から6歳まで)が並び、手作りの温かい雰囲気に満ち溢れています。
←今回の職人展の為に、沢山の新作を作った二人、お疲れ様でした。


f0106597_22154512.jpg
f0106597_212068.jpg



ブランド名は、"L'AGUGLIA"(ラ・グーリア=アグーリアとはサヨリに似た細長いお魚です)。魚グッズを集めているマルタの発案でつけた名前だそうです。
ニワトリ、可愛いでしょ♪


f0106597_21221145.jpg
f0106597_21234971.jpg



手前の1本足のニワトリは、足を引っ張ると、オルゴールが鳴り始めます。


f0106597_21251681.jpg
f0106597_21283288.jpg



この使い込んだSINGER社のミシンがマルタの秘密兵器。このミシンからマルタ&シモーナワールドが生まれているんですよ。最新型のミシンよりも、この古めかしいミシンの方が使いやすいそうです。シモーナも同じ型のミシンを使っています。

可愛い夏服が沢山展示されていました。


f0106597_21351687.jpg
f0106597_21375277.jpg



前あわせの型は丈の長さが色々あって可愛かったです。短めのは、下にスパッツをはかせても良いですよね。


f0106597_21423888.jpg
f0106597_2144229.jpg



写真左 この絶妙な丈、着せたらきっと可愛いんでしょうね。
写真右 これはまたの部分にスナップが付いていて赤ちゃん用。色使いがちょっとレトロです。


f0106597_21542461.jpg
いつか彼女達のお店がオープンすることを願いつつ、これからも応援したい二人です。
頑張ってね♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-05-22 21:56 | フィレンツェお薦め処 | Comments(11)