フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2007年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

マリオの羊

お蔭様で風邪が完全に治ったユキちゃんは、昨日から元気に幼稚園に行っております。どうやら先週はユキちゃんだけではなく、お友達のセバスティアーノ君もお休みしていたそうで、昨日1週間ぶりの登園に、ちょっと半泣きな彼でした。時期が開いてしまうと、朝起きるのがつらいよね。でも帰りのバスでは元気になっていたから、段々慣れてきたかな?
今朝の園バスを待っている間、他の子供のお母さん達とおしゃべりをしてる中で、羊飼いのマリオおじさんが羊を売ってしまった話を聞きました。

一年中、寒い日も暑い日も毎日我が家の近くまで羊に草を食べさせに来ていたマリオおじさんですが、とうとう、40頭の羊を手放してしまったそうなんです。「イタリア政府から支給される年金だけじゃ生活していけないからな」がいつも口癖。でも、体力的にかなり限界だったんでしょうね。若く見えたのですが、今年で79歳になられたそうで、一家でたった一人の男手だったから、一人で羊の世話をしていたんですよ。
今の時代、仕事として羊を飼うということは、体力が要るだけではなく、ある程度の資金力も必要なようです。狂牛病などの家畜の病気に対してのチェックが厳しくなったために、ちょっと病気の羊が出ると必ず獣医さんを呼んだり、定期健診に来てもらったりと、それだけでもかなりの費用がかかります。税金を払いながら、羊のミルクと羊肉のみで収入を得るには、100頭以上の羊を飼ってかなり大規模にやるか、自分のところで作るチーズやお肉をブランド化して、直売を増やすかしかないようです。

いつも、羊に草を食べさせているマリオと車ですれ違うと、フェルトの帽子をとって、胸に手を当てて挨拶をしてくれていたマリオおじさん。アントネッロが通る時は、手を大きく振って挨拶をするのに、私やテッサなど、「ご婦人方」が通るときには、ちゃんと帽子をとって挨拶をしてくれるんですよ。

ちょっと寂しいけれど、これからはゆっくり休んで、いつまでも元気でいてほしいです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-01-31 19:19 | トスカーナ山暮らし | Comments(18)

チョコを肴に酒盛り

f0106597_2053657.jpg
f0106597_2121858.jpg



昨晩は、フィレンツェでのチョコレートの見本市を終えたマリオを招待しての夕食でした。お隣のパオロとラウラも呼び、丁度、車ですれ違ったテッサとアントニオも呼び・・・・と結局、総勢8人の食卓となりました。急に決まったので、ありあわせの材料で、アントネッロが作ったのは、お肉とピーマンの煮込みクスクス添え、サラダ、ジャガイモのコロッケ、そしてパオロはカボチャのオーブン焼きを、テッサが手作りパンを差し入れてくれました。
上の写真のアントネッロ、「ひげ濃いぞっ!」
毎日のようにアントニオ達とも会っているのに、こうして夕食に招待すると、アントニオとアントネッロは握手をしながら両方のほっぺにキスをします。で、お互いに「ヒゲ剃れよ」「お前も」って毎回必ず言うのが何だか儀式のようです(爆笑)。


f0106597_2174881.jpg
f0106597_2182625.jpg



勿論、この日の食後のデザートはチョコレート+ワイン。
写真は、先日の見本市で買った、チョコレートのサラミです。切る前はサラミみたいでしょ?中は、クリーミーなジャンドゥイアチョコとナッツです。


f0106597_21123315.jpg
f0106597_21131758.jpg



これはシチリアのモディカという町の特産、モディカチョコです。昔ながらの製法で作られたこのチョコレートは、砂糖を溶かさずに、プレスをして成形するため、噛むとジャリジャリと砂糖の粒の食感が口の中に広がります。この独特の食感が病みつきになるんですよ。赤いのがぺペロンチーノ、水色はバニラフレーバーです。今回参加していたのは、"DONNA ELVIRA"という小さなメーカーでした。


f0106597_21193197.jpg
ジャン!マリオのジュエリーチョコです。コレはリング。もっと素敵なのもあったんですが、食べられて、跡形もなくなってしまいました(笑)。
どう?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-01-30 21:21 | 山の食卓 | Comments(17)
f0106597_234956.jpg
ご心配をお掛けしました~。結局、私が体調を崩したのは昨日のみで、今朝にはすっきりと回復しました。ここ数日、ずっと家にこもっていたので、今日は久しぶりに家族でお出掛け。フィレンツェのSASHALLというイベント会場で行われていたチョコレートの見本市に行ってきました。
入場料1人あたり9ユーロかかることもあり、心配していた程の混雑はありませんでした。無料だったらすごい人出だったでしょうね。
チョコレートの見本市としてはペルージャで開かれるものが有名です。フィレンツェの見本市はどちらかというと、こじんまりとしています。ただ、フィレンツェの見本市は大手食品会社の参加がないゆえ、小さなチョコレート製造業者の特徴あるチョコレートをゆっくりと味わうことができるというメリットがあります。


f0106597_23361550.jpg
f0106597_23365493.jpg



各ブースには美味しそうなチョコレートが沢山並んでいます。
写真右はmoさんのブログでも紹介されていた"salame di cioccolata"(サラーメ・ディ・チョッコラータ=チョコレートのサラミ)です。コレは、一見サラミに見えますが、中はジャンドゥイアチョコとヘーゼルナッツで出来ているお菓子なんですよ。1本買ってきたので、後ほどご紹介します。


f0106597_2346558.jpg
f0106597_23485550.jpg



写真左は唐辛子入りのホットチョコレート。甘さ控えめのビターチョコにスパイシーなぺペロンチーノが効いていて美味しかったです。
写真右は、シチリア、モディカの伝統的な古代チョコ。ジャリジャリしたお砂糖の歯ざわりが独特です。


f0106597_23513350.jpg
f0106597_23523235.jpg



ユキちゃんは各ブースに愛想を振りまきながら、沢山のチョコレートを味見していました。
実は今回、この見本市を訪れたのは、私たちの親友マリオに会うためでした。


f0106597_001577.jpg
普段は南イタリア、プーリア州でとんがり屋根のお家「トゥルッロ」に住み、オリーブの有機栽培をしているマリオですが、ジュエリーデザイナーの経験を活かし、去年から、業者用のオーダーメイドのチョコレート型を作り始めたのです。それが少しずつ軌道に乗り、今回の見本市で、チョコレートでできたジュエリーのブースを出店しました。
今回の見本市で、沢山の日本のビジターの方にも興味を持ってもらったとのことなので、そのうち日本でも販売されるかも知れませんね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-01-29 00:02 | フィレンツェという町 | Comments(23)
皆さん、沢山のコメント有難うございます。
お蔭様でユキちゃんは、以前にもまして元気になり、今、キッチンでアントネッロとパンを焼いています。回復したユキちゃんとは正反対に、私がなんだかゾクゾク、悪寒がします・・・ふう、子供の風邪に必死で、結局風邪をうつされ寝込む親と、その周りを走り回る子供、という典型的なパターンですね(笑)。

背中にホッカイロを貼って暖かくして寝ます。ZZZ・・・・・・・・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-01-28 01:56 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(8)
昨日はユキちゃんを連れて小児科の先生のところに診察に行きました。
我が家のあるエリアでは、直径15キロ圏内でたった一人の小児科の女医さんが4つの村の診療所を掛け持ちしています。朝8時から8時半の間、先生がご自宅を出られる前に電話をしてその日の予約を取ります。一日に2~3箇所の診療所を掛け持ちされているので、さぞ大変だろうなと思いますが、ここ一帯では唯一の小児科の先生なので、がんばってほしいです。
さて、下の診療所へ行くと、ユキちゃんの幼稚園のお友達がちらほらと待合室に居ました。風邪がはやっているのね~。ユキちゃんの番になり、診察。ユキちゃんは1年に一度位しかお医者さんにかからないので、この機会に身体測定もしてもらいました。喉を見てもらい、胸に聴診器を当ててもらいました。咳はあるものの、余り深い所まではいっていないようで、ひとまず安心。
耳も異常なし。ただ、やはり1週間前から夜間の熱が続いている事を考えると、今後続くようであれば、抗生物質を与えた方が良いということで処方してもらいました。お医者さんから処方してもらう薬は殆どが州の税金でまかなわれています。だから、処方箋を持って、薬局に行くと、そのままお金は払わずにお薬をもらいます。こういったことからか、お医者さんも無駄な薬はあまり処方しないし、州も薬に頼らない予防医療を奨励しています。


f0106597_16511222.jpg
昨日の夜は、ユキちゃんに体力をつけてもらうべく、ユキちゃんが大好きな七面鳥のスープを作りました。作り方は簡単。骨付きの七面鳥のモモ肉を食べやすい大きさに切り分け、骨と一緒にグツグツと煮込みます。途中で玉ねぎや人参、ジャガイモなど好みのお野菜を加えて、さらに煮込んで出来上がり♪
今回は、食べやすいように小さく手で折ったスパゲティーを加えました。スープパスタ用の極小パスタも売られていますが、ないときはこうして手で折ったスパゲティーを代用します。
写真ではむっつり顔ですが、ご機嫌さんのユキちゃんです。こういう作業のときは真剣なんですよ(笑)。


f0106597_18372563.jpg
f0106597_18401684.jpg



スープの一部を小鍋にとって沸騰させ、その中にこの細かく切ったスパゲティーを加えて茹でます。茹だったら、具入りのスープも加えてお皿に盛ります。食べる前に、パルメザンチーズをかけても美味しいですよ。病気の時には、イタリアでよく食べるスープパスタです。

結局、昨日の夜は熱も出ず、大分具合は良くなってきているようです。今朝、小児科の先生に電話をし、結局もらった抗生物質は与えないことにしました。ユキちゃんの「鉄の抗体」の勝ち!長引いたけれど、今回も結局はお薬いらずでした。
ゆきちゃん、がんばったねっ!

来週の月曜日にお医者さんから診断書を出してもらって、火曜日には幼稚園に戻れそうです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-01-26 18:46 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(33)

雪の下にはパン

f0106597_21443328.jpg
幸い昨日の雪は夜にはやみ、今朝は殆ど溶けていました。
それでも山の上の方はまだ真っ白です。今朝、雪が積もった我が家のフィアットパンダで下の村まで行くと、いつも行く郵便屋さんから、「お~い、どんな山奥から出てきたんだいっ」と声をかけられました。村では雪は降らなかったそうです。
用事で、アグリツーリズモ・ポデーレベッチのイラリアさんに電話をすると、「こっちも降ったわよ~、でも畑にとっては、雪は大切なのよね」と言っていました。そういえば、去年、ポデーレベッチで教わったトスカーナのことわざで、"sotto la neve pane, sotto l’acqua fame" =「雪の下にはパン、水(雨)の下には飢え」というのがあったのを思い出します。積もった雪がゆっくりと溶けると、水分はゆっくりと土の中へと染み込んでいきます。一方、強い雨は、地表を流れるだけで、土を固くし、地面の中には染み込んでいきません。ゆっくりと染み込む雪解け水は恵をもたらせてくれるということなんだそうです。


f0106597_2159485.jpg
f0106597_2211584.jpg



我が家の庭には大きな井戸と小さな井戸があるのですが、小さな井戸は屋根や家の周りの雨水を集めるのに使っています。今朝、井戸の近くを通ると、ポトポトと雪解け水が井戸に落ちる音が聞こえました。きっと今、山全体の土の中に少しずつ昨日の雪が染み込んでいるんでしょうね。

今朝、ユキちゃんを下の村の診療所に連れて行きました。小児科の先生曰く、「風邪」だそうです。ただ、夜の熱が1週間続いているので、今日から抗生物質を与えることになりました。また後ほど続きをアップします・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-01-25 22:19 | トスカーナ山暮らし | Comments(9)

初雪です・・・

f0106597_20475721.jpg
ユキちゃんは、昼間は元気なのですが、やはり夜になると38度の熱が出てしまうため、幼稚園をお休みしています。咳や鼻づまりも始まり本格的に風邪ひきです。

昨日の午後は仕事だったので、ベビーシッターのおばあちゃん、マーラにユキちゃんを預けました。帰りに寄ったスーパーで、皆が口々に「明日は雪が降るらしいよ」と言っていたのですが・・・

今朝は怪しい雲行き、夜中に降った霙が地面に白く見えます。

そしてしばらくすると・・・


f0106597_2049253.jpg
f0106597_2050187.jpg




吹雪いている~!!


今朝仕事に行ったアントネッロは帰ってこれるのでしょうか?
幸い私は、今週は家で仕事なので、温かくしてユキちゃんと冬篭りをしようと思います。ただ、吹雪の日は、携帯電話でのインターネット接続の調子も悪く、今、ノートパソコンを持って、2階の寝室の窓に張り付くようにして通信しています。


f0106597_20512156.jpg
f0106597_2051551.jpg




ユキちゃんは今年初めての初雪に大喜び。雪だるまを作りたいそうで、早く積もらないかなあと言っています。私は、積もって欲しくないなあ・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-01-24 20:32 | トスカーナ山暮らし | Comments(21)
f0106597_1331431.jpg
日曜日は、どこかに車で出かけようかと思っていたのですが、結局、ユキちゃんの熱騒動で予定変更となりました。こんな日は、アントネッロは手間と時間がかかるお料理を、ワイングラス片手にコツコツ作り始めます。
昨日の午後も、なにやら、買ってきておいたトリ1羽を取り出し、骨抜きを始めました。どうやら、"pollo ripieno allo spiedo"(ポッロ・リピエーノ・アッロ・スピエード=鶏の詰め物串焼き)を作るようです。

鶏、お肉が苦手な人はここでおしまい・・・・


f0106597_1395783.jpg
f0106597_1403123.jpg



まずは、開いて丁寧に骨抜きをした鶏にパンチェッタ、セージを並べ、お尻のほうから、針とたこひごで縫い合わせます。


f0106597_1441343.jpg
f0106597_1444379.jpg



袋状になったら、牛のひき肉+パン粉+卵+摩り下ろしたパルメザンチーズを混ぜ合わせたものを詰めます。


f0106597_1452686.jpg
f0106597_1455876.jpg



「おっ、お邪魔虫登場!」

ユキちゃんはお料理をするアントネッロを観察するのが大好き。アントネッロの向かい側は、いつもユキちゃんの特等席です。


f0106597_149374.jpg
f0106597_1493665.jpg



これはアントネッロが作った"gira arrosto"(ジーラ・アロースト=ロースト回転機)
まだ手動なので、ペンチで串の根元をつまんで20分毎にまわさなくてはいけないのですが、すでに考案中の改造版では、ねじ巻き式でゆ~っくりと回るようにするんですって。こうして、暖炉で4時間以上焼きます。しばらくすると、たら~ん、たら~んと鶏が汗をかいて(笑)くるんですよ。乾いてしまわないように、ローズマリー1房を筆のように使って、オリーブオイル+ワインを鶏の表面に頻繁に塗ります。

こうしてできた鶏の丸焼き、味は美味しかったです~。
実はコレ、ユキちゃんの大好物なんです。熱があっても食欲旺盛なユキちゃんは、かぶりついておりました。

昼間は元気なんですが、やっぱり昨晩も38度近くの熱が出てしまい、今日は幼稚園をお休みしました。今晩は熱が出ないと良いなあ・・・・ふう。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-01-23 01:58 | 山の食卓 | Comments(22)
f0106597_0333962.jpg
ご心配をおかけしました。アントネッロが、20キロ先の町まで車を飛ばして解熱剤を買いに行ってくれたのに、結局、昨晩、ユキちゃんの熱は38.5度を越えることなく、解熱剤も飲ませる必要はありませんでした。年に数度しか熱を出さない元気な子なので、急に必要になったときに解熱剤の期限が切れていたりと準備の悪い我が家です(反省)。咳も鼻づまりも殆どないのですが、筋肉や関節が痛いらしく、頬や、足の先、膝が痛いと昨晩何度も起きていました。まあ、今朝はけろっとしていたので、ホッとしています。熱は必ずといって良いほど、夜出るので、今晩が要注意ですが、お昼も旺盛な食欲だったので大丈夫でしょう。
イタリア人は余り風邪薬を飲みません。風邪を引いたら、オレンジを絞ったスプレムータをたくさん飲みます。ビタミンCを沢山摂って、安静にするのが風邪にかかった時の最良の治療法ですよね。子供には、39度以上の高熱が続くと解熱剤を飲ませることもあります。解熱剤は、処方箋なしで薬局で買うことができ、tachipilina(タキピリーナ)と呼ばれ、座薬(supposta)とシロップ(shiroppo)がありますが、我が家はシロップタイプを使っています。
とにかく今回は解熱剤の出番がなくやれやれです。

ユキちゃん、旬のオレンジを沢山食べて、元気になろうね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-01-22 00:51 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(15)
山育ちで体も丈夫なユキちゃんですが、いよいよ今年の冬始めて、今日の午後から熱を出して寝込んでいます。やっぱりなあ・・・昨日、帰りの幼稚園バスの中で眠ってしまい、その後4時間も眠り続けたので、なんだかおかしいなあと思っていたのですが、今朝、なんだか機嫌が悪く、頭が痛いと言い出しました。計ってみると37.5度とそれ程高くなかったのですが、今、夜の8時ですが、、ご飯も食べずにうんうん言いながら眠ってしまったユキちゃんの額を触るとちょっと熱いです。背中やあごの辺りも痛いそうなので、インフルエンザでしょう。耳の横は腫れていないのでおたふく風邪ではないと思うのですが・・・こういうときは夜中に熱が上がるんですよね。アントネッロが今薬局に子供用の解熱剤を買いに行きました。
さて、イタリアでは、どの町でも、必ず1軒、夜間も開いている薬局があります。閉まっている薬局の扉に、"farmacia di turno"(ファルマチーア・ディ・トゥールノ=(その晩の)当番の薬局)という紙が貼ってあり、開いている薬局の所在地と電話番号が書いてあります。
ただ、我が家のような小さな村になると、その村に1軒しかない薬局が当番で開いていることはめったになく、次の村、さらに次の村と20キロ近く車を走らせることもあります。

アントネッロ、どこまで行ったかな?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2007-01-21 04:02 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(25)