フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2006年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今年もあと1日

f0106597_312012.jpg
気がつくともう日本は12月31日ですね。
今年もあと1日。2006年は私にとって沢山の出会いがあった年でした。ブログを通じて、また仕事を通じても。この出会いを大切にし、来年の新たな出会いを楽しみにしたいと思います。
ユキちゃんは今年で4歳になりました。沢山遊んで、沢山食べて、沢山寝て、身長もぐんと伸び、体重も増えました。はさみを使った切り絵が上手になったり、物語のお話を最後まで飽きずに聞くことが出来るようになったり、浮き輪つきで一人で泳げる(?)ようになったり・・・ぐんと成長した1年でした。私の中でのユキちゃんは20歳になっても↑の写真のユキちゃんのままかな?


f0106597_382451.jpg
f0106597_393067.jpg



f0106597_3153661.jpg
f0106597_3161912.jpg



f0106597_3175618.jpg
f0106597_3203173.jpg



f0106597_3524792.jpg
f0106597_3452444.jpg




この場を借りまして皆様へ・・・

いつも「フィレンツェ田舎便り2」をご覧頂き有難うございます。皆様に励まされながらここまで続けることが出来ました。これからもこつこつマイペースで続けて行きたいと思います。
皆様にとって2007年が幸せに満ちた良い年となりますように・・・世界中の子供達、そしてこれから生まれてくる未来の子供達が健やかに愛情一杯に育つように祈っております。

ブオン・アンノ 2007!

by chiho & anto & yuki


人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-12-31 03:58 | 私の独り言 | Comments(33)
f0106597_20212618.jpg
クリスマスランチはとても軽いものだったけれど、デザートにはとっておきのパネットーネを頂きました。"panettone"とは、イタリアで、クリスマスから大晦日、1月6日のエピファニーアというお祭りの期間にかけて食べられるお菓子です。バターと卵が入ったふわふわのブリオッシュ生地に干し葡萄と砂糖漬けのフルーツを混ぜ込んで焼き上げたもの。
"panettone" で検索して見つけたdolci.itというイタリア語のサイトに、ホントかうそかこんな面白い話が載っていました。以下はそこからの抜粋です:

その昔、ミラノ公爵ルドヴィーゴ(イル・モーロ)が宮廷でクリスマスイヴの昼食会を開いた時。
調理長が腕によりをかけて作ったデザートのお菓子が焦げてしまうというアクシデントがありました。
困っていると、TONIという名前の調理場手伝いが、ありあわせの材料で自分のために作っていたお菓子を取り出しました。
調理長は仕方がなくこのお菓子をデザートとして出すことにしました。
甘いパン、砂糖漬けのフルーツ、香りの良いバターでできた、良く色ついたフカフカのドーム型のこのお菓子に招待客たちは大喝采、奪い合いになるほどのでした。

皆が、このお菓子を誰が作ったか、なんと言うお菓子なのかを料理長に問いただし、料理長が困っていると、調理場手伝いのTONIが「名前はまだつけていません」と答えました。公爵はTONIの名前にちなんで、"pane del toni " (パーネ・デル・トーニ=トーニのパン)と名づけ、それがパネットーネになったそうです。

私はただ単に大きく膨らんだパンなのでPANETTONEなのかと思っていました。(イタリア語では名詞にone をつけると「大きな~」という意味になります。
でもこの説の方が面白いですよね。


f0106597_20475527.jpg
f0106597_20482441.jpg



このパネットーネは、メインサイトでもご紹介しているフィレンツェのお菓子屋さんdolci e dolcezzeのパネットーネです。スーパーでは工業品のパネットーネが1個2ユーロ前後で売られていますが、それに比べるとかなり高いです。それでも、生地のもっちり加減と、程よい甘さが癖になります。我が家にとってはかなり贅沢なパネットーネですが、こんなに美味しいパネットーネは年に1度の贅沢、ということで奮発しました。上等なリボンがかけられて、ラッピングもお洒落です。
この時期にフィレンツェにおいでになる方は是非お試しください♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-12-29 20:54 | トスカーナの美味しい食材 | Comments(17)

マリオのひつじ

昨日の夜は、お隣のパオロ宅で、いつものメンバー(テッサ&アントニオ、パオロ&ラウラ、我が家ファミリー)で持ち寄りご飯でした。それぞれがここ数日のご馳走の残りを持ち寄り、賑やかな食卓となりました。

さて、ちょっと前になりますが、イヴの日の夕食の席でテッサに聞いた話です。
彼女の家の前の草原には、毎日下の村から羊飼いのおじさんマリオが40頭程の羊を連れてきます。余談ですが、広い草原で羊達が草を食べている時、マリオが座っている場所は、いつもそこだけ風が吹かなくて、陽がポカポカと当たる一番良い場所なんです(笑)。毎回同じ場所ではなくて風の向きで場所は変わるのですが、不思議とそこは風が吹かないんです。
さて、24日、マリオが、アントニオとテッサに何か草原から合図をしていたそうです。不思議に思った二人が彼の方に行くと、1頭の羊が森に迷い込んでしまったとのこと。身重の羊のお産がいよいよ始まりそうで、どうやら産み場所を探して森の中に入っていってしまったそうです。このままここで産んでしまうと大変なので、アントニオとマリオが何とか探し出し捕まえました。二人で下の村まで他の羊達と一緒に降りていったそうです。あの調子だと24日の夜に子羊が生まれているはずなのですが、どうだったかな?

イタリアでは、クリスマスのことを"NATALE"(ナターレ)と呼び、24日の夜に生まれた男の子はナターレ、女の子はナタリーナと呼ばれることが多いのです。
その子羊もナターレ君、ナタリーナちゃんと呼ばれるのでしょうか・・・
クリスマスの夜に生まれる子羊。私はクリスチャンではないけれど、なんだか少し神聖な気分になりました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-12-28 05:45 | トスカーナ山暮らし | Comments(6)
f0106597_057175.jpg
イヴに食べ過ぎてしまった私達、25日のクリスマスランチは軽く済ませることにしました。でも絶対に外せない1品がこの"tortelli in brodo"(トルテッリ・イン・ブロード)。イタリア中、北から南まで、クリスマスランチのプリモとしては定番のパスタです。このお料理に使うトルテッリは極小のもの。本当は手作りが美味しいのですが、具を詰めながら作るとどうしても大きくなってしまうため、我が家では市販されている真空パックのものを使いました。次回は是非手打ちにトライしてみたいと思います。
生地は卵がたっぷり入っていて、中身はハムやチーズを細かく切ったものです。折り紙の「かぶと」のような形。


f0106597_17884.jpg
f0106597_184347.jpg



まずは、ブロード(スープ)を作ります。鳥半羽とレッソと呼ばれる骨付きの牛肉の塊500g、セロリ、にんじん、玉ねぎを入れて4時間ほど煮込みます。塩気を調節して、具を取り出し、スープの中でトルテッリを茹でれば出来上がり。深皿によそって、スープもたっぷり注ぎます。パルメザンチーズをたっぷりかけて熱々を頂きます。


f0106597_1101284.jpg
ユキちゃんは、お隣にサンタさんからもらったぬいぐるみ「テッシー」を座らせています(笑)。
お腹がホッとする1品。クリスマスに限らず、冬場には便利なお料理です。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-12-27 01:23 | 山の食卓 | Comments(16)

クリスマスの朝

f0106597_256980.jpg
今朝は、なぜか早く目が覚めてしまった私。プレゼントを楽しみにしていたユキちゃんが先に起きるかと思いきや、昨日、ユキちゃんは夜中の12時近くまでアントニオと騒いでいたので、今朝はお寝坊さんでした。それでも、「ユキ~、サンタさんからプレゼントが届いているよ」とアントネッロに起こされ、バタバタとリビングに降りてきました。


f0106597_303625.jpg
f0106597_3193.jpg



「おっ、きたきた」


f0106597_325667.jpg
f0106597_320918.jpg



「ニコッ♪」
「アミーチタトゥーだ~!!」


f0106597_361922.jpg
ユキちゃんが欲しかったのはピンクの馬、これは紫のクマ。でもとっても喜んでくれたので良かった(ホッ)。フィレンツェ中を探し回った甲斐がありました。このお人形は、今年のクリスマスにイタリアで一番売れたのではないでしょうか。WINXというアニメのキャラクター1メートル人形(笑)というのもかなり売り出していましたが、これは余っていました。ユキちゃんも一瞬欲しがりましたが置き場所に困るので、何とか回避。
このアミーチ・タトゥーには付属のペンがついていて、それでこのお人形にいたずら描きをしても、お洗濯をすればきれいに落ちるというもの。特殊な生地は肌触りがちりめんに似ています。ペンライトもついていてそれでなぞった所は蛍光に光るんですよ。よく考えたものだなあ。
このクマの人形は、ユキちゃんの赤ちゃんだそうで、「テッシー」という名前だそうです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-12-26 03:17 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(10)
f0106597_051418.jpg
皆さん、メリークリスマス♪
私達は今日は家族三人で、自宅でクリスマスを祝っています。といっても昨日のイブのディナーで食べ過ぎてしまったため、今日のクリスマスランチは軽く済ませました。
さて、お隣さんのテッサとアントニオを呼んでの昨日の晩御飯は美味しいお料理が沢山並びました。ユキちゃんは、残念ながら仕事で来ることが出来なかったパオロとラウラからもらったプレゼントに大喜び。お家の形をしたバスケットに、美味しそうなベルギーチョコとクッキーが沢山入っていました。


f0106597_051479.jpg
f0106597_0524815.jpg



赤いのが辛い生ソーセージン・ドゥイア。ちょっと温めてパンに塗って食べます。唐辛子50%!辛いですがとっても美味しいんですよ。
奥はほうれん草のスフォルマータ。この後オーブンに入れて焼き上げました。スフォルマータはスフレの膨らまないタイプといった感じでしょうか。


f0106597_054858.jpg
f0106597_055178.jpg



写真左:前菜の各種チーズの盛り合わせ。真ん中は半分に切ったダッテリ(デーツ)にゴルゴンゾーラチーズとマスカルポーネチーズを詰めたものを2種。美味しかったです♪

写真右:アントニオ作イノシシ肉ソース+アントネッロ作手打ちパスタでパッパルデッレ・アル・チンギアーレ。イノシシ肉って色はかなり黒っぽく、豚肉よりもしっかりと歯ごたえがあり、甘みがあるのが特徴です。全然くさくないんですよ。ソースはパスタにあえて、お肉の塊はセコンドとして頂きました。


f0106597_235231.jpg
テッサのお洒落なベストを拝借したユキちゃん。「エスキモーの子供みたい」と皆に言われていました。そういえばエスキモーって日本人に顔がそっくりだものね。いつものように、最後は暖炉の前で遅くまでおしゃべりが続きました。
イヴはこんな感じ。
今日のクリスマスの様子はまた後ほどお伝えします。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-12-26 00:57 | 山の食卓 | Comments(4)

イヴの晩御飯

f0106597_2382831.jpg
今日はクリスマスイヴですね。イタリアではクリスマス・イヴのような、宗教祭日の前日のことを"vigilia"と呼びます。我が家ではご近所さんのテッサとアントニオを呼んでのディナーです(去年も全く同じような記事をアップしたような気がしますが・・・)。
献立は、前菜それぞれ、パッパルデッレというきし麺パスタのイノシシソース、ほうれん草のスフレというメニュー。前菜は、先日私がフィレンツェの朝市で買いそろえておいたチーズ各種とン・ドゥイアと呼ばれるカラブリア州の辛~い生ソーセージです。


f0106597_2392073.jpg
f0106597_2395786.jpg



写真左が唐辛子50%という極辛ソーセージ、ン・ドゥイア。カラブリアの方言なので、不思議な名前です(笑)。


f0106597_2424867.jpg
丁度今、アントネッロはパッパルデッレ(太目のきし麺パスタ)を打っています。イノシシソースはアントニオが煮込んで持ってきてくれる予定・・・
またこの様子は明日お伝えします。で、前菜係の私、そろそろ行かなくては・・・
皆さん、楽しいクリスマスをお過ごしください♪
BUON NATALE(ブオン・ナターレ) !!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-12-25 02:53 | 山の食卓 | Comments(4)

サンタさんへのお手紙

f0106597_22383469.jpg
さて、いよいよクリスマス直前ですが、今年もユキちゃんは、しっかりとサンタさんへアピール(笑)。去年のように、アントネッロと一緒に、サンタさんへのお手紙を書きました。文面はユキちゃんが考えて、アントネッロが代筆をし、ユキちゃんが直筆で署名。

もちろん、封筒に入れて、今朝、ユキちゃんと下の村の郵便ポストに出しに行きました。去年、郵便局の人に聞いた所、毎年、サンタさんあての子供の手紙が沢山集まるそうです。これといってお返事が来るわけではないのですが、子供達にとってはお手紙を書いて、ポストに入れることが重要なようです。



文面は・・・
サンタさんへ、
クリスマスなので、
わたしはいつもよいこだったので、
アミーコ・タトゥー(ピンクのおうま)をおねがいします。
メリークリスマス。
              ユキ

(更に、サンタさんの絵を描いてアピール)
f0106597_22374578.jpg
f0106597_22511074.jpg



ユキちゃんが欲しがっているアミーコ・タトゥーとは、ふわふわの素材で出来たくまや馬のぬいぐるみで、備え付けのペンでタトゥーのようにお絵かきすることが出来るんです。いつも間際で慌てる私達は、昨日、このアミーコ・タトゥーを探しに二手に分かれて、フィレンツェ中のおもちゃ屋さんや大型スーパーを探しましたが、どこも売り切れ(涙)。結局、アントネッロが近くの村の小さな文房具屋さんで、水色の馬をゲット!ピンクじゃないけど喜んでくれるかな?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-12-23 23:03 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(20)
昨日は、ユキちゃんはご機嫌斜めでした。聞くと、年長さんの女の子と喧嘩をしたそうです。

理由はサンタさん。その子が、「サンタさんなんて本当はいないのよ」と言ったのに対して、ユキちゃんが「去年のクリスマスに幼稚園に来たじゃないっ!私は本物のサンタさん見たわよ。絶対にいるっ。ちゃんとトナカイがそりを引いて、プレゼントを沢山持ってきてくれたじゃないっ」と反論。言い合いになったそうです。
ユキちゃんが、「そりを引くトナカイを見た」というのは、あくまでもユキちゃんの空想の中で見えたようです。どうやら、幼稚園の先生の周到な仕掛けにより、鈴の音が聞こえてきたそうです。たったこれだけの音響効果でも、子供達には、トナカイとそりが見えてしまうんですね。幼稚園がある山の上の村には、サンタ似のおじいさんを何人か見かけたので、かなりリアルなサンタさんだったんでしょうね。
で、今日は、幼稚園でクリスマス会でした。親なしで、子供だけの会でした。
まずは、「キャンドルをともしてクリスマスランチ(食堂で)」。メニューは、ラグーソースのポレンタ添えとサラダ、それにデザートはパネットーネだったそうです。
そして、待ちに待ったサンタクロース到着!サンタさんは、子供達に幼稚園で皆で遊ぶ用のおもちゃを沢山くれたそうです。寝かすと目を閉じるお人形もあったのよお~とユキちゃん。沢山のキャンディーももらったそうです。
子供達は、お礼にクリスマスの歌を沢山歌いました。

で、今日帰ってきたユキちゃんは私に一言、「ね、サンタさん、やっぱり本物だったよ~」と大いばり(笑)。

ユキちゃんの中では、「幼稚園に来たサンタさんが、24日の夜、我が家にもう一度、ユキちゃんへのプレゼントを届けに来る」そうです。

来年はどうかな??

子供が子供である時間って、本当にちょっとなんですね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-12-23 03:30 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(13)

ヤドリギで縁起かつぎ

f0106597_561458.jpg
今日は、フィレンツェに色々な用事を済ませに行きました。クリスマスのプレゼントを買い求める人で町は大混雑です。外環道路も渋滞していました。車で行かなくて良かった、ふう。
サンタンブロージョの朝市も、クリスマス前のディナーや、クリスマスランチの下ごしらえの材料を買い求めるマンマ達の姿が見られました。花屋さんを覗いている私の目にふと留まったのがコレ。1束1ユーロで、どんどん売れています。隣にいたおばあちゃんに、「これは何ですか?」と聞くと、「これはね、ヴィスキオって呼ばれる植物で、家の入り口にぶら下げておくと縁起が良いのよ。アナタ、入り口にぶら下げて、家に入る時はちゃんとこの下をくぐらないとダメなのよっ」って力説されました(笑)。というわけで、私も1束買いました。


f0106597_5174394.jpg
帰宅して、辞書で調べてみると、"vischio"(ヴィスキオ)とは宿り木のことなんですね。良く、高い木の上の方に鳥の巣のようなモシャモシャした塊のようなものが見えますが、それがこの「宿り木」です。で、ネットでこのvischioで検索してみると、どうやら「ヴィスキオの下でキスをすると縁起が良い」そうです。そして、この慣わしは、スカンジナビアの古い伝説から由来しているそうです。ということは、他のヨーロッパ諸国でも宿り木は縁起が良いのでしょうか。


f0106597_527543.jpg
f0106597_5274563.jpg



今年一年、家族が健康で仲良く過ごせたことに感謝し、来年が良い年であるように、我が家の入り口にも宿り木をぶら下げました。

皆さんにとっても2007年が良い年でありますように・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-12-22 05:38 | トスカーナ山暮らし | Comments(15)