フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2006年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ユキちゃんとタータ

イタリアではベビーシッターのことを"tata"(タータ)と呼びます。
日本に比べると、イタリアでは、ベビーシッターに子供を預けるというのは結構一般的かな?と思います。もちろん我が家では毎日ベビーシッターを頼むような余裕はなく、今まで考えたことはありませんでした。今までは、ユキちゃんが幼稚園から帰ってきた後、仕事に連れて行っていたのですが、最近、「ママのお仕事についていくより家で遊んでいたい」と言い出すようになりました。今年の夏頃から、幼稚園後のお昼寝もしなくなり、スクールバスで居眠りをして戻ってくることもなくなったので、家で仕事の日も、「ママ、お絵かきをしよう」とか、「遊ぼうよ」と要求します。仕事柄、平日も休日もないような生活ですが、土曜日か日曜日のどちらかは、アントネッロと二人で1日、100%ユキちゃんと過ごす時間を作るようにしています。でも平日は、毎日幼稚園から帰ってくるユキちゃんと遊ぶことがなかなか難しくなってきました。そこで、下の村に住む友人のお姑さんが、ユキちゃんのクラスメートのベビーシッターをしているというのを聞き、相談してみました。下の村に住んでいるマーラおばあちゃんは、おしゃべり好きな(弾丸トークではユキちゃんと良い勝負)元気なおばあちゃん。週2回ほどで、午後の3時間ほどと短い時間にも関わらず、お願いすると快く引き受けてくれました。
さて、昨日、ユキちゃんは初めてのタータ体験。マーラおばあちゃんの家の前には村の子供達が沢山遊びに来る公園があります。公園では村の子供達が沢山遊んでいて、通りがかると、「ユーキー!後で遊びにおいで~」と皆、手を振っています。マーラおばあちゃんのお宅でおやつを食べた後、ユキちゃんも公園で遊んだそうです。
週に2回、たった午後の3時間ですが、マーラおばあちゃんはユキちゃんの話に100%耳を傾けてくれて、それが、ユキちゃんにとってはとても嬉しいようです。今まで身近におじいちゃんやおばあちゃんがいなかったユキちゃんにとって、こうしてお年寄りと過ごす時間も結構大切だなあと思いました。
タータ体験一日目は、とっても楽しかったようで、今日(土曜日なのですが・・・)も行きたいといっていました。ユキちゃん、また来週の月曜日ね。

追伸:コメントのお返事が遅れていてごめんなさい!!皆さんのコメントは楽しく拝見しています。お返事少しだけお待ちくださいね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-09-30 17:24 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(6)

9月の畑

f0106597_16373724.jpg
今年は、晴天が続いた9月でした。太陽光線は8月ほど強烈ではなく、それでもまだまだ日照時間が長くて適度な雨も降る9月。畑にとっては「第二の春」です。我が家の畑でも、8月末に植えた秋冬野菜の苗がぐんぐんと成長しています。
左から、濃い緑の平たい葉っぱが特徴のfagiolini(ファジョリーニ=えんどう豆、ほうれん草のように上に向かって伸びる"bietra"(ビエトラ)、insalata(インサラータ=サラダ菜)、finocchio(フィノッキオ=ういきょう)です。ポロネギも沢山植えました。


f0106597_16443370.jpg
f0106597_1647171.jpg



写真左:フェンネルとも呼ばれるウイキョウ。主に葉をハーブとして使う野生のフェンネルと、下の白い部分を食べる野菜のフェンネルがありますが、これは野菜の方。下ゆでしてクリームソースと一緒にオーブン焼きにしたり、薄切りにして生のままサラダに混ぜたりして使います。独特の香りと舌に残る甘い後味が美味しい野菜です。

写真右:今日の収穫。晴天続きのお陰でまだまだトマトの収穫は続いています。ただ、この時期水分が多すぎて割れてしまうこともあるので、ちょっと色づき始めたら早めに収穫し、室内で熟させます。


f0106597_16522577.jpg
f0106597_16532073.jpg


「第二の春」は畑の片隅にも訪れていました。気が付けばお花畑。何の花だったかなあ~?クロッカスっぽいけど。


f0106597_16555815.jpg
イタリア語で"calendura"(カレンドゥラ)と呼ばれるキンセンカも咲き始めました。一度種を撒くと、花が咲き、再び種がぽろぽろ落ちるので、毎年同じ場所に勝手に咲きます。畑の端っこや花壇の脇に種を撒くと、全く手入れをしなくてもこんなきれいな花を咲かせてくれるんですよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-09-28 17:01 | フィレンツェで畑 | Comments(6)

イチジクジャムのレシピ

f0106597_17273.jpg
f0106597_17104797.jpg



森のイチジク狩りをした日の夜、アントネッロは夜なべをしてジャムを作っていました。レシピというほどではないのですが、作り方は・・・

瓶詰め用の瓶を煮沸消毒しておきます。
皮を剥いて1.5キロ程のイチジクに対して300gの砂糖を用意します。
パスタ用のお鍋に半分くらいまで水を入れ、砂糖を溶かしながら火にかけます。
(この時点で私は就寝・・・・・・)
砂糖が溶けたら、イチジクを入れ、グツグツと煮詰めるだけ。
最後に甘さを調節して、熱々のうちに瓶に詰めて蓋をしっかりとして出来上がり♪
翌朝、蓋がペコペコいわなければOK。蓋がペコペコする瓶は、もう一度、瓶ごと水につけお鍋で30分ほど沸騰させそのまま冷まします。


f0106597_17123265.jpg
f0106597_17134513.jpg

朝起きたら、テーブルの上に、出来上がったジャムが並んでいました。
いつもアントネッロは、シナモンやアーモンドを入れるのですが、今回はシンプルにイチジクのみ。味見をしてみると、甘すぎず、粒つぶした種の食感が心地よく、イチジクの旨みが口に広がります。


f0106597_17172130.jpg
さて、先日アントネッロがしょっていた籠がコレ、アントネッロの手作りです。針金で原型を作り、そこに森から採って来た蔓を巻きつけただけ。要らない鞄のショルダーベルトをつけて背中からしょえるようにしたそうで、キノコ狩り、リンゴ狩りなどに役立っています。制作費ほぼゼロ(笑)。
アントネッロって、無人島に流れ着いてもしぶとく生き延びそうなタイプです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-09-27 17:21 | トスカーナ山暮らし | Comments(24)
昨日、滞在許可証の申請に行ってきました~(ゼイゼイ)。
コレまでのいきさつを説明すると・・・
イタリアでは、配偶者がイタリア人であっても、イタリア国籍を選択していない限り(日本国籍を放棄しない限り)滞在許可書が常に必要となります。今まで、私は2年更新のペルメッソ・ディ・ソッジョルノ・ファミリアーレと呼ばれる配偶者滞在許可書を持っていたのですが、結婚してから6年以上経つと(しかも、この期間が新しい法律ではかなり短くなっているようです)更新年数が恐らく10年のカルタ・ディ・ソッジョルノという滞在許可書をもらえるということで、カルタ・ディ・ソッジョルノの申請をすべく、右往左往していたのです。ちなみに、ペルメッソだと、子供が生まれたときに出る国からのお祝い金を受け取ることが出来ません。私も、ユキちゃんを出産したときに、お祝い金がもらえずブーたれた覚えがあります(笑)。
まあ、後の違いは有効期限が長い(コレはおおきい)ということぐらいで、配偶者滞在許可書でも、イタリアでの投票権がない以外は、イタリア人同様に仕事も出来るし、税金も払えるし、年金も払ったり受け取ったりすることが出来ます。あと、国民保険にも入れます。

さて、配偶者がイタリア人の場合の、カルタ・ディ・ソッジョルノの申請は、月曜日~木曜日、VIA SAN GALLO側で、8:30~12:30で、アポイントをとる必要はありません。私は昨日が現在の滞在許可書の期限ぎりぎりだったので、月曜日に行きましたが、月曜日は特に混んでいるかも・・・7:00に行って、ず~っと並び、入れたのは12:30でした(涙)。途中、10時30頃、パスポートを集め始め、その後はギュウギュの列に並んでいる必要はないのですが、いつ呼ばれるか判らないので、入り口付近にいなくてはいけません。

さて必要だった書類は、

パスポートオリジナル+コピー1枚
顔写真4枚
現在持っている滞在許可書オリジナル
codice fiscale(税務番号)のコピー1枚
申請書オリジナル2枚(平日、Via Zara側で8:15~9:30まで開いているインフォメーションでもらうことができます)
stato di famiglia(家族証明)市役所発行オリジナル
casellario giudiziale(裁判所発行のイタリアでの犯罪歴がないという証明書)※1
carichi pendenti (警察署発行のイタリアでの犯罪歴がないという証明書)※2
marca da bollo (印紙)14,62ユーロ(向かいのバールで購入できます)
配偶者の身分証明書のコピー+サイン

配偶者が申請に来れない場合は、dichiarazione di mantenimento e di convivenza a favore di coniuge di cittadino italiano (保養家族であるということを証明する書類)
に記入してもらい、申請時に提出します。インフォメーションで申請書と一緒にもらいましょう


※1 ウフィッツィ美術館裏、Piazza San Firenze にある裁判所で発行してくれます。
9:00~11:30 入って右手の廊下をずんずん進んだ一番奥の突き当たりに窓口があります。印紙(各14.62ユーロ+6.20ユーロ)と、現在持っている滞在許可書のコピーを用意します。

※2 Viale Lavagnini 31にあるProcura(警察署)へ行き(確か9:30~12:00)申請します。滞在許可書のコピーと印紙3.10ユーロが必要。申請してから出来上がりまで5日ぐらいかかります。

出来上がった滞在許可書の受け取りは金曜日のみだそうです。
ともかく、結構書類集めに時間がかかるので、今持っている滞在許可書の期限が切れる1ヵ月半くらい前には準備を始めたほうが良さそうです。

皆さんからの書き込み、情報有難うございました。お陰さまで何とか無事に申請をすることが出来ました。
ふう、疲れた・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-09-26 20:32 | フィレンツェという町 | Comments(8)

森のいちじく狩り

f0106597_21281756.jpg
今日は、親子3人で家の裏の森に、チョット遅いイチジク狩りに行きました。本当は8月頃が食べ頃なのですが、我が家の方ではまだ美味しいイチジクが採れます。自然になっている森にイチジクは小ぶりですが、とっても甘くて美味しいんですよ。
イチジクはイタリア語で”fico"(フィーコ)と呼びます。皮が緑色のものや、濃い紫色のものなど色々な種類があります。切って生ハムと食べても美味しいですよね。


f0106597_2132291.jpg
f0106597_21331573.jpg


茂みを抜けて、森の奥に入っていくと、ありました、イチジクの木。誰も手入れをしていないので、かなり枝が伸びて上の方になっている実は採ることが出来ません。鳥達に残しておいてあげましょう。一口食べると、甘~い!


f0106597_21363631.jpg
f0106597_21405230.jpg

一生懸命、イチジクを採るアントネッロに触発されて、「私もこの棒でバッボのお手伝いをするっ!」と張り切るユキちゃん。


f0106597_2220044.jpg
f0106597_2224555.jpg

ところが、その後、ユキちゃんは、イチジクを食べてばっかりでちっともお手伝いをしません(笑)。何個食べたかなあ?


f0106597_2228255.jpg
沢山採れたイチジク。アントネッロはコレでジャムを作るそうです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-09-24 22:29 | トスカーナ山暮らし | Comments(20)

アントネッロと和食

ここ数日は忙しいアントネッロに替わって、私が食事当番です。
昨日は、丁度フィレンツェに行ったので、駅の近くのアジアンマーケット"VIVI"で、とろろそばと麺つゆを買ってきました。献立は、ザルそばとかき揚げ、天ぷら各種です。手抜き~。


f0106597_17284630.jpg
f0106597_17323885.jpg


ズルッと音を立てて美味しそうにおそばを食べるアントネッロ。勿論、ワサビも使います。

f0106597_17381250.jpg
ユキちゃんは、最初はお箸で食べていたものの、上手く食べられずもどかしいらしく、フォークに変更(笑)。
アントネッロは、和食は何でも食べます。日本に行ったときに、お刺身、ウドン、和菓子など、納豆も含め、「これは食べられないだろう」と思いながら、食べさせてみたものは何でもOKでした。日本の食べ物の中で、彼が一番好きなのは、お稲荷さん。あまりに美味しそうに食べるので、それまで余りお稲荷さんが好きでなかった私まで、お稲荷さん好きになってしまいました。酢飯と甘辛い皮の組み合わせが良いようです。あと、チャンポンも好きだと横で言っています。(笑)。
さて、例外であるアントネッロは横に置いておいて・・・一般的なイタリア人に受ける和食のメニューとしては、
から揚げ、天ぷら、太巻き、餃子、肉じゃが、揚げ春巻き、串カツなどがあります。
結構、ノリは大丈夫だけど、ワカメは苦手という人が多いかな。あと、受けると思って作ったら大失敗だったのが、おにぎり。味が殆どないご飯の部分と、中の具を一緒に食べるということが、イタリア人にとっては難しいらしく、皆、オリーブオイルとお塩をかけて食べていました。
フィレンツェでは、魚を余り食べないので、魚が苦手な人も結構多く、カツオ節や乾しエビなどを使ったお料理は初対面の人には出さないようにしています。

あと、美味しい~と感動されたもので、ここで書くのも恥ずかしいほど簡単な1品は、セロリや人参などの野菜スティック+マヨネーズソース(マヨネーズ+お醤油+ゴマ)です。お醤油やゴマは最近ではスーパーでも売られているので、イタリア人の友人達も真似して作るようになりました。

今日のお昼の献立は、ほうれん草のリゾットです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-09-23 18:05 | 山の食卓 | Comments(13)

移民局に行ってきました

今朝、寝ているアントネッロとユキちゃんを残し、6時起きで、フィレンツェのクエストゥーラ(移民関係の手続きをする警察署)に行ってきました。思ったとおり、ずら~っと長い列・・・
今日は、必要書類の最終確認のみをしてきました。まだ、イタリアでの犯罪歴がないという証明書が揃っていないため、申請は出来れば、明日か来週の月曜日にする予定なのですが、他の書類に不備がないかと、申請の時間帯を聞きに行ったのです。

インフォメーションをもらうのにも、長い列に並ばなくてはいけません。並んでいると、色んな国からイタリアにきている人が居るんだなあと思いました。おんぶスタイルで赤ちゃんを連れたアフリカ系の女性(どの赤ちゃんもこの騒がしい状況の中、信じられないほど大人しくすやすや寝ています)、イタリア語が判らない両親の通訳を流暢なトスカーナ弁でしている6歳くらいの中国人の少年、足が悪いお父さんの為に行列にひたすら並んでいるスラブ系の少女。自分が母親になってから、自然と子供に目がいきます(笑)。

そして、今回、久しぶりに警察署に行き、じっくりと観察しながら1つの変化に気づきました。それは、皆、警官が"Lei"(相手に対して「あなた」と呼びかける丁寧語)で話していること。昔は、"tu"という「お前」呼ばわりだったのに、今は、どの外国人に対しても丁寧語で話しています。そして、女性に対しては、"Signora"(シニョーラ=マダム)をちゃんとつけているし。もちろん、それぞれの怖~い顔は変らず、要領の得ない質問をすると怒り出すのは同じなのですが(笑)。
10年前に私がイタリアに来たばかりの頃は、丁度、イタリアに入ってくる移民が一気に増えた時期でした。あの頃は、クエストゥーラもかなり慌てたのでしょうね。こうして警察の外国人に対する対応が少しずつ、改善されていくと良いんですけどねえ。はあ、疲れた・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-09-21 22:00 | フィレンツェという町 | Comments(18)

お絵かきユキちゃん2

f0106597_17313635.jpg
f0106597_17325188.jpg


昨日、幼稚園から帰ってきたユキちゃんは、なにやら一人で机に向かってお絵かきをしていました。遠くから見ていると、全然上達はしていないんだけれど(笑)、一人遊びが出来るようになったこと自体、ユキちゃんにとっては大きな進歩。
しばらくして、出来上がった「作品」を見せてくれました。


f0106597_17373981.jpg
f0106597_17542322.jpg



以前は、お姫様や女の子といった人物画を描くことが多かったのですが、最近ではこうした空想の動物達やキャラクターを描きはじめました。
左は、"pungiglione”(プンジリオーネ=「トゲトゲ君」)という種類の動物だそうで、名前はアレッサンドロ。うん、トゲトゲ感が出てる(笑)。トゲがあるので、捕まえる時は、刺されない様に、背中にある輪っかに紐を通して吊り上げるんだそうです。ホントだ、持ち手がついてる~。
右は、親子。パパが"zin bron"(ジン・ブロン)で、頭の上に乗っている子供は、"kin don"(キン・ドン)という名前だそうです。


f0106597_1750658.jpg
左端は、親子三人の動物で、左からリーノ、エレナ、ロレンツォ。
真ん中はセーダ、そして右端はマルゲリータ。

ココで気がついたのですが、どの動物も、右手は指が5本描かれているのに、左手は、6本とか7本の指が必ず描かれていること。ユキちゃんは、食事の時も、お絵かきの時も完全に左利きなのですが、それに関係しているのかな?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-09-20 17:50 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(14)

新ブログ作りました

まだまだ記事数が少ないので、このブログでご紹介するのはもうチョットしてからと思っていたのですが、今月フィレンツェに出発される方のお役に少しでも立てたらと思い、お知らせします。新ブログ「フィレンツェ暮らしメモ」を立ち上げました。新ブログでは、レンタカーの借り方、トスカーナでの車の運転の仕方、滞在に必要な生活情報などを発信したいと思っています。マンネリのレイアウトですが、少しずつ変えて行きたいと思っています。
しばらくはコメントは不可にしています。何か質問やご感想、知りたいことなどがあれば、当ブログ「フィレンツェ田舎便り2」の方にコメントしてください。

それでは、良いご旅行を!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-09-20 01:34 | お知らせ | Comments(11)
皆さんの町では、ゴミ税はどの位払っていますか?イタリアでは市町村ごとにかなり、ゴミ処理のシステムや、税金の額が変るようです。
でも、計算の仕方は、大体共通しているようで、住んでいる家の広さを基準に計算されます。まず、住民票を申請すると、市より自動的にその年のゴミ税の請求が、郵便振込用紙と一緒に送られてきます。1活払いにするか、4回の分割にするか選ぶことができ、期限内に支払わなくてはいけません。何事も遅いイタリアですが、こういうことはちゃんと早いんだなあ~。しかも金額を間違える時は、いつも多めに間違えるし・・・(ボソッ)
さて、新しく家を購入した場合には、市役所にゴミ税を計算してもらう必要があります。ここでの基準は、家の広さ。私は、家族の人数は関係ないというのは、矛盾しているなあと思います。だって、80㎡の家に住む5人家族が出すゴミの量と、200㎡の家で一人暮らしをするお年寄りが出すゴミの量は、前者の方が多いと思うのですが、この計算方法だと、後者の一人暮らしの人の方が多く払わなくてはいけません。

さて、計算された金額より、条件によって色々な割引があります。
例えば、我が家のようにゴミ箱が家から1キロ以上離れた場所にある場合は割引。
また、市によっては生ゴミコンポストを希望する家庭に無料で貸し出し、生ゴミが出ない分、割引が施行されます。

エリアによって分別の度合いが違いますが、通常は、雑ゴミ用ゴミ箱(グレー)、缶+瓶+トレー用のゴミ箱(釣鐘型でブルー)、紙ごみ用のゴミ箱(蓋なし黄色)など各種ゴミ箱が街角に置いてあり、好きな時間にゴミを捨てることが出来ます。近郊エリアでは、生ゴミ用の箱もあり、これは、収集して熟成させ、肥料にして市の花壇に利用されているそうです。

ちなみに面積100㎡の我が家のゴミ税は、1年間で80ユーロでした。コレって高い?安い?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-09-19 23:26 | トスカーナ山暮らし | Comments(12)