フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

<   2006年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

タンゴと編み物

木曜日に友人マルコから「明日、夕食後にうちに集合!」というメールが入りました。夕食後のパーティってイタリアでは良くあるんです。晩御飯を食べて、シャワーを浴びて、十時ごろお出掛け。日本だと何だか落ち着いてしまって、出かける気にならないのですが、イタリア人はしっかりと夕食後も楽しみます。私達も、ユキちゃんのパジャマ、替えのパンツを用意して、フィレンツェの反対側に住んでいるマルコの家へお邪魔しました。
こういう"festa"(フェスタ=パーティ)の席では何故かいつも別行動のアントネッロと私(笑)。車の中ですっかり寝付いてしまったユキちゃんをマルコのベットルームに寝かせて、やっほ~。久しぶりに、友人達に会いました。もう10年来の付き合いなので、全く気を使わないで良い友達です。ワインやビール、ジュースなどそれぞれが飲み物を持ち寄り、マルコのお手製のおつまみをつまみながら夜が更けていきます。この日は30人ほどの友人が集まりました。女の子同士で色々なおしゃべりをしている時、友人ミケーラがふと、「ねえ、最近私がはまっていることがあってね・・・」とボソッと恥ずかしそうに告白。それは・・・編み物。すると、マルタが「ええ~私も~!!」、そしてアンジェリカも「やっぱり・・・私も編み物にはまっているんだけど」と告白。そして更に話をしていると、皆タンゴにも凝っているそうです。フィレンツェのあちこちで開かれる「タンゴの夕べ」に参加するんですって。

どうやら、フィレンツェでは30代の女性に編み物とタンゴが流行っているそうです。
帰宅時間朝の4時。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-04-30 19:17 | フィレンツェという町 | Comments(8)
現在、5月5日の午後21:00~6日の午後21:00までの21時間、イタリア国鉄のストライキ"siopero"が予定されています。

この時期、移動を予定されている方にお薦めするのは・・・

①移動の予定が変更可能であれば、スト中の移動を避ける。
変更後の日程の列車のチケットを予め予約購入しておく。

②どうしても変更が出来ない場合は、イタリア国鉄のサイトを確認し、運行が保証されている列車をチェックし、切符を予約購入しておく。
たまに、英語版のサイトには、この情報が載らず、イタリア語版のサイトにのみ、スト情報が載っていることがあります。オープンページのnotizieをチェックしましょう。
ちなみに、今日時点でまだ、5月5日のスト中の列車の運行状況はアップされていません。
イタリア国鉄サイト

③運休状況の読み方
soppresso=運休予定の列車
garantito=運行が保証されている列車

ナポリ~ローマ~フィレンツェ~ミラノ間など、中距離、長距離列車は本数は減るものの、運行が必ず保証されています。但し、かなり混むので、運行状況が発表されたら早めに予約をしましょう。

事前に知っておけばストだって怖くない!
駅でもスト情報は教えてくれますよ。
イタリア語のサイトですが、下のサイトでも見ることが出来ます。
Scioperi Calendarizzati

カテゴリーは混ざっていますが、Trasporto Ferroviario と書いてあるのが列車のストです。24 ore dalle 21.00 del 5/5 は5月5日21:00より24時間 です。

また、ストがある時には、駅の切符売り場がかなり混雑します。
お昼時間でなければ、旅行会社でも列車のチケットを購入することが出来ますよ。駅からドゥオーモに向かった途中、左手、LEVISの並びに、左手に何軒かあります。TRENITALIAという緑色のステッカーが貼ってあります。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-04-28 18:26 | フィレンツェ便利帳 | Comments(5)

マヌエルのお誕生会

f0106597_22165816.jpg
先週の日曜日、ユキちゃんは幼稚園のお友達のお誕生会にお呼ばれ。おめかしユキちゃんは、最近、髪が伸びてきて、アントネッロ念願の(笑)二つ結びが出来るようになりました。
マヌエルは、ユキちゃんの保育園時代からのお友達で、まだオムツをしていた頃、二人は良く、並んでお昼寝をしていました。マヌエルのママはカナダ人なので、同じ外国人ママ同士結構気が合い、交流があります。


f0106597_22232945.jpg
f0106597_22243297.jpg

ケーキを前にして、嬉しそうなマヌエルが可愛い♪マヌエルの魅力はその笑顔。楽しい時やうれしいときに満面の笑顔を浮かべます。男の子なので、お呼ばれした子は男の子中心でしたが、ユキちゃんも負けずに思いっきり楽しんでいました。
実はマヌエルは7月にお父さんの仕事の為にカナダに引っ越してしまうのです。仲良しだったマヌエルが遠く離れてしまうのは寂しいけれど、また会える楽しみがあるよね。


f0106597_222740100.jpg
すっかりハイになったユキちゃん、遊び疲れて、夕食の途中で一人で寝室に上がっていきました。ちゃんとパジャマを着ているのに、何故か帽子を被っているユキちゃん???
相変わらず意味不明です(笑)。
楽しかったね♪
人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-04-26 22:30 | イタリア子育て~幼稚園編 | Comments(19)

アスパラガスが旬です

f0106597_18432373.jpg
我が家の畑の隅っこには、"asparagaia"(アスパラガイア)と呼ばれるアスパラガス畑があります。"zampe"(ザンペ)と呼ばれる根っこを植えたのが3年前、やっと今年、初収穫です。冬の間は、雑草に隠れてしまっていたアスパラガス畑ですが、春になるとニョキニョキとアスパラガスが顔を出します。時間はかかるけれど、手はかからないので、お薦めですよ♪


f0106597_18475658.jpg
f0106597_18495178.jpg

切り取っても、どんどん下から伸びてきて、繰り返し収穫が出来ます。
これが昨日収穫したアスパラガスです。


f0106597_1851202.jpg
昨晩はこれで、アスパラガスのリゾットを作りました。茹でたアスパラガスにちょっとビネガーで味付けをしてからリゾットに使うのがアントネッロ風です。意外や意外、ウスターソース+アスパラガスのリゾットの組み合わせも結構美味しいんですよ。


f0106597_18575682.jpg
f0106597_18591491.jpg

相変わらずモリモリ食べていたユキちゃんは、最後の2口、3口分を残して少しスピードダウン。
そして、アントネッロに「抱っこ~」と甘えています。昨日、小さな赤ちゃんを見てからちょっと赤ちゃんがえりなユキちゃんです。
アントネッロにあ~ん、をしてもらって完食(笑)。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-04-25 19:03 | フィレンツェで畑 | Comments(35)

恵の雨

f0106597_2138362.jpg
これは、アグリツーリズモ・ポデーレベッチの畑の様子です。木曜日の夕方、激しく降った夕立のお陰で、土にたっぷりと含まれた水分が、翌日の朝の太陽で温められて、モワモワと蒸発している光景です。帰りの車の中から、道沿いの農家で種まきをしている光景が見られました。こうして、ミネラルをたっぷり含んだ雨水を吸い込み、膨らんだ土+昼間の気温上昇は、種を発芽させるのに丁度良い条件なのです。早速、私も家に帰って、我が家の畑で種まき、種まき♪


f0106597_2147391.jpg
f0106597_21482119.jpg



私が撒いたのは、"fagiolo dolico"(ファジョーロ・ドーリコ)と呼ばれるプーリア産のインゲン豆。日本の柔らかいインゲン豆(これもまた美味しいのですが)と違い、かなり茹でても皮の部分は歯ごたえが残るワイルドな美味しさがあるインゲン豆です。細身で、土臭い(笑)のが特徴。アントネッロの実家では、夏になると、毎日このインゲン豆が沢山裏の畑で採れるので、茹でてガーリックとオリーブオイルで味付けし、パスタのようにして食べます。また、茹でたインゲン豆を、トマトソースに合わせてちょっと火にかけなじませて、カーチョ・リコッタと呼ばれるハードタイプの塩気の強いリコッタチーズを摩り下ろしたものをたっぷりとかけ、パスタにからめて食べることもあります。
早く芽が出てこないかな?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-04-23 21:56 | フィレンツェで畑 | Comments(5)

畑で読書

f0106597_012754.jpg
コレが、月光のパワーを解明するために、私が読んでいる本、"calendario lunare delle semine e dei lavori"「農作業と種まきの月齢カレンダー」です。実は、先月、そろそろ種まきかな~と思っていたときに、下の村の郵便局の片隅で見つけた本です。イタリアの郵便局では最近、本やちょっとした文房具を売っているのです。我が村の小さな、窓口が2つしかない郵便局でも、本が売られています。しかも、ビミョ~なタイミングでこの月齢カレンダーをお薦め本コーナーに置く所が商売上手っ!
異常に、人口密度が低いこの村で、異常に高い農業人口(笑)。買おうと思って、会計をお願いしたら、窓口のお姉さんが、「コレ売れてるのよね」と言っていました。どうやらこの村ではベストセラーだそうです。そして、ホクホクしながら、お隣のパオロに自慢しようとして見せたら・・・「僕も買ったよ、郵便局で。」だって(笑)。

さて、4月27日が新月です。フムフム、良く読むと、新月から満月に向かう間に種を撒く野菜は、えんどう豆、パセリ、ルッコラ、カボチャ、ズッキー二、トマト等など。結構あるなあ。

CALENDARIO LUNARE
delle semine e di lavori
出版社 GIUNTI ( DEMETRA)
9.90ユーロ

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-04-22 00:24 | フィレンツェで畑 | Comments(12)

月光のパワー

畑上手のご近所さん、テッサから聞いた種まきのタイミング。忘れないうちにブログに書いておこうと思います。

1、"cetrioli”(チェトリオーリ=キュウリ) 満月の前日に水に漬けておき、満月の日に種を撒く

2、"fagioli"(ファジョーリ=各種豆類)、"carote"(カローテ=ニンジン)、"lattuga"(ラットゥーガ=レタス)、  満月の後、3日目に種を撒く

3、"cipolla"(チポッラ=玉ねぎ)、"bietola"(ビエトラ) 満月を挟んで2日前と2日後の期間に種を撒く

月の満ち欠けを旨く利用して種まきを行うと、成長が良く、収穫率が上がるそうです。

この月の光の謎を解くべく、私も1冊の本を読んでいます。なんでも、中世の時代からヨーロッパでは、太陽の光と同じように、月光が植物や家畜の成長に影響すると考えられていて、全ての農作業のタイミングは月の満ち欠けに拠っていたそうです。例えば、トマトの種を間違ったタイミングで植えてしまうと、種が多すぎたトマトが出来てしまったり、瓶詰めトマトを作るタイミングも、月の満ち欠けで、その出来に影響するそうです(本当か~?)。

また、読み進んだらブログでご紹介しますね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-04-19 18:29 | フィレンツェで畑 | Comments(17)
f0106597_433614.jpg
ご近所さんのアントニオは、私達の山暮らしの先輩。キノコ名人でもあり、畑上手な彼が最も得意とする分野は「野草採り」です。今日は、ポカポカ陽気で、ピクニック日和でした。彼の家にも我が家にもフィレンツェから押し寄せた友人達で賑やかな一日。500メートルほど離れている2軒の家を結ぶ山道を、友人達が行ったり来たり(笑)。共通の友人も多いので、皆、こっちでランチをして、あっちでコーヒーを飲み、またこっちに帰ってきて・・・と自由に楽しんでいました。前から、アントニオに食べられる草をレクチャーして欲しいと思っていたので、絶好のチャ~ンス!!
我が家の周りで見つかった、サラダとして食べられる野草を教えておもらいました。


f0106597_434293.jpg
f0106597_4352416.jpg

写真左:"piscia a letto"(ピッシャ・ア・レット)「おねしょ」という名前がついたセイヨウタンポポです。根を煎じて飲むとトイレが近くなるのかなあ???名前の由来は謎です。別名dente di leone (デンテ・ディ・レオーネ=ライオンの歯)とも呼ばれています。
写真右:"strigora"(ストリーゴラ)写真では、かなり拡大していますが、実際には全長5センチほどの葉っぱです。こするとキュッキュという音がします。みじん切りにしてリコッタチーズに混ぜ、ラビオリの具にしても美味しいですよ。


f0106597_4365981.jpg
f0106597_438444.jpg

写真左:"papavero"(パパーベロ)夏、トスカーナのあちこちで咲いているひなげしです。ちょっと甘みがあってとても美味しいんですよ。
写真右:"cicervita"(チチェルビタ)ちょっと苦味があって美味しい葉っぱです。


f0106597_43956.jpg
f0106597_4395853.jpg

写真左:"salvastrella"(サルヴァ・ストレッラ)噛むとレモンのような酸っぱい後味があります。
写真右:"lattughina"(ラットゥギーナ)野生のレタスの一種です。


f0106597_4405343.jpg
アントニオは、たった20分でボール一杯にサラダ用の野草を集めてくれました。葉が柔らかい春が食べ頃なんですよ。
有難う!アントニオ、お陰で、我が家の裏の雑草伸び放題のお庭が、急に、宝の山のように見えてきました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-04-18 05:06 | トスカーナ山暮らし | Comments(18)

イースターの食卓

f0106597_0495794.jpg
今日は、イースター当日。イタリアでは家族揃ってランチを楽しむのが慣わしです。今年は、アントネッロの実家のあるプーリアに行くことが出来なかった私達は、お隣さんのパオロとラウラ&ラウラのご両親と一緒に祝うことにしました。
左はアントネッロ作、"crespelle"(クレスペッレ)です。クレスペッレとはクレープのこと。ウラの草原で採ってきたセイヨウタンポポをゆでたものと、モッツァレラチーズを混ぜた具をクレープで包み、トマトソースを上と下にちょっとかけてオーブンで焼き上げました。美味しかったです。


f0106597_055554.jpg
そしてメインは勿論、"agnellino"(アニェッリーノ=子羊)の炭火焼。串に刺して、電気仕掛けで串をグルグルと回す、"gira arrosto"(ジーラ・アロスト)と呼ばれる道具が大活躍です。こうすると満遍なく火が通るのです。


f0106597_05906.jpg
f0106597_0594460.jpg


お肉の焼き具合を点検する男衆。めっちゃ真剣です(笑)。

f0106597_11331.jpg
f0106597_13260.jpg


写真左:ユキちゃんお得意のマチェドニアフルーツ。アントネッロがレモンの皮で作ったお花が飾られています。
写真右:じゃ~ん、ユキちゃんお楽しみのイースターエッグ。今朝からコレを開けたくて待ちきれなかったようで、ランチも大急ぎで食べていました(ご飯を食べてからね、と言われていたので)。この巨大チョコの中に入っていたおまけは、玩具のネックレス。

皆さんにもBuona Pasqua !!
う~食べすぎで苦しい~ッス。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-04-17 01:07 | 山の食卓 | Comments(16)

バジルを植えました

f0106597_5113097.jpg
最近のトスカーナは、昼間は汗ばむほどの陽気です。それでも風吹くと一気に気温が下がるので、上着は必要ですが。今日は、ユキちゃんを連れて久しぶりに下の村の公園へ行きました。ふと、公園横の花屋さんを見ると、バジルの苗が!そっか~。もうそろそろ、植えても良いかな?我が家では毎年大量のバジルを畑(トマトの苗の間)と鉢植えに植えます。そして、夏中フレッシュバジルをお料理に使うのはもちろん、バジルのオリーブオイル漬けと塩漬けを作ります。オリーブオイル漬けは、冬の間、バジルペーストを作るのに使います。一方、バジルの葉を塩漬けにすると、梅干のシソの葉のように、独特の風味が出て、トマトソースのアクセントになります。今年は漬ける時にブログでご紹介しますね。


f0106597_5121935.jpg
f0106597_51387.jpg


バジルの苗はですね・・・
「こら、ユキちゃん、どきなさい!!見えないでしょ」

コホン、バジルの苗はですね・・・
深さ40センチほどの大きな鉢に植えます。こうすると、苗がしっかりと育ち、木のようになって、葉がどんどん茂るんです。勿論、下のほうには堆肥を入れておきます。
スーパーで売られている苗は、ひょろっと長くて徒長しているので、同じ温室育ちでも、私は、花屋さんで背の低い苗を買います。1ダースで2ユーロ。

あ~、フレッシュバジルをたっぷり入れたトマトサラダが食べたくなってきたなあ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-04-15 05:25 | フィレンツェで畑 | Comments(26)