フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:山の食卓( 206 )

アツアツ、揚げピザ

f0106597_717361.jpg
コンポストのバクテリアも元気なシーズンですが、イースト菌達もかなり活発です。
昨日の夕方、ピザ生地を練り始めたアントネッロとユキちゃん。サッカー観戦(昨日はイタリア対ドイツ戦があったので)にはビール、ビールには揚げピザ!というわけで、メニューは揚げピザに決定しました。


f0106597_7252293.jpg
f0106597_726284.jpg


全粒粉を混ぜた小麦粉+ぬるま湯+キューブ上のビール酵母+塩を混ぜてこねたものが上の写真の生地。これに布巾を被せて2時間ほど置いておくと見事に膨らんでいます。アントネッロは今回はお手軽1回発酵のみでした。
そして、小さくちぎり、丸めて、麺棒で丸く伸ばします。そこに、刻んだフレッシュトマト、モッツァレラチーズ、オリーブオイル、フレッシュバジルを乗せ、半面をたたむ様にして折り、3日月状にします。口をしっかりと閉じて後はカラリと揚げるだけ。


f0106597_7302914.jpg
f0106597_7311372.jpg


南イタリアのプーリア州では、"panzerotti"(パンツェロッティ)と呼ばれ、大きいものもあれば、一口サイズの小さいものもあります。パブなどにビールを飲みに行くと、一口サイズのパンツェロッティーニがおつまみとして出てきたりするんですよ。ビールがすすむ♪


f0106597_734083.jpg
f0106597_7353312.jpg


ナポリでは、中にリコッタチーズとサラミを具として入れるようですよ。
「あちっ」、ユキちゃんの大好きなメニューです。

昨日の試合は私はユキちゃんを寝かしつけていたので見ることが出来なかったけれど、アントネッロはパオロとラウラと一緒に、隣のおじさんの家にドイツ対イタリア戦を見に行っていました(3人とも普段はサッカーに興味がないのに、勝ち進むイタリアに乗せられてにわかサッカーファン)。そのうち、ウトウトしていたら、突如、「ゴ~~~~~ル」と全員が山に向かって吠える声が・・・その直後に再び「ゴ~~~~~~ル」
イノシシもビックリだよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-07-06 07:43 | 山の食卓 | Comments(21)
f0106597_18573531.jpg
去年も同じような記事をアップしたような気がしますが・・・夏の定番ということで、今年も”pappa al pomodoro"(パッパ・アル・ポモドーロ=フィレンツェ風パンスープ)を作りました!って、アントネッロが作ったんですが(笑)
フィレンツェの夏の定番料理、パッパ・アル・ポモドーロに欠かせないのが、固くなったトスカーナパン。カチカチに固くなってしまったパンを上手く利用することができる便利料理です。パンスープと言えども、パンがトマトスープを吸ってしまうので、パン粥といった感じです。

材料は:
固くなったトスカーナパン(塩なし)、トマト(フレッシュでもトマト缶でもOK)、玉ねぎやセロリや人参などお好みの野菜、フレッシュバジル、お好みで最後にトッピングとして使うニンニク、オリーブオイル


f0106597_1945919.jpg
f0106597_199248.jpg


まず、たっぷりのオリーブオイルで、玉ねぎ、セロリ、人参などを炒めます。上の写真は、「炒めているアントネッロ」。どうやらこの工程で気合を入れて炒めるのが美味しさの秘密のようです。眉毛にしわ寄ってるヨ(笑)。

固くなったトスカーナパンをボールに入れて水に漬けておきます。トスカーナパンだと水を吸ってもベチャベチャにならないのがポイント。日本から来ていた母も、日本でこのお料理を作りたいがために、わざわざトスカーナパンを買って帰りました。日本で手に入るパンで作られるのであれば、固くなったカンパーニュなどで作られてみては如何でしょう?


f0106597_19105655.jpg
f0106597_1912396.jpg


炒めた野菜に、トマトを加えます。写真はトマト缶1個を加えたところ。この後、フレッシュトマトを3個分ほど加えていました。アントネッロは湯剥きせずにそのまま加えていますが、皮が苦手な方は湯剥きしてから加えるとよいでしょう。
これでしばらくグツグツと煮込みます。

水を吸ったパンを、しっかりと絞り、トマトソースに加えます。これで弱火でグツグツと煮込みます。たまにパンをつぶしながらグルッと混ぜるのですがこのとき大切なのが木のスプーンやへらを使うこと。イタリアでスープ類を作る時によく聞きますが、木のスプーンを使うと美味しく出来るんですって。なんだかおまじないの様です。


f0106597_19173312.jpg
f0106597_19191272.jpg


パンとソースがしっかりとなじんだら、手でちぎったフレッシュバジルを加えます。
今回はそのままでしたが、滑らかな舌触りが好きな方は、ハンドミキサーで更にぐるりと混ぜるとよいですよ。

最後に、オリーブオイルをたっぷりかけ、お好みでニンニクのみじん切りを加えて出来上がり♪

これを食べると「夏が来たなあ」と感じます。ユキちゃんも大好きな1品。熱にも負けずモリモリと食べていました。お陰さまで、発熱の間隔も大分長くなり、回復に向かっているようです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-06-25 19:24 | 山の食卓 | Comments(20)

お箸とユキちゃん

f0106597_21145487.jpg
やっと畑で育てていた日本のお野菜が食べ頃になったので、一昨日の晩は久しぶりに和食を作りました。献立は、春菊のおひたし、チンゲン菜の炒めもの、お芋の煮込み、切干大根、ワカメご飯です。チンゲン菜と春菊はアントネッロの大好物なので来年はもっと作ろうと思います。
さて、今まで、ユキちゃんにお箸の使い方をしっかりと教えたことはなかったのですが、いつもお食事の時にはユキちゃん用のお箸も用意していました。教えなくては・・・と思いながらいつもすっかりと忘れていたグータラな私。コレではいつまでたっても、お箸の使い方を覚えてくれないのではと心配をしていたのですが・・・
ユキちゃんはそんな私の心配をよそに、昨日、いきなりお箸を使って切干大根を食べ始めました。教えていないのに、私達がお箸を使っているのを良く見ていたようです。


f0106597_2122208.jpg
f0106597_21242427.jpg

思い返せば、ユキちゃんの歩き始めも自転車(補助つきですが)もこうでした。アントネッロとスーパーで三輪車を買おうかと選んでいたら、その脇を自転車に乗ったユキちゃんが暴走していた(笑)なんてこともあり、今までも余り、こちらが教えてできるようになった!ということがないのです。まあ、楽でよいのですが、余り達成感がないなあ。
余談ですが、これで夜の8時。今のイタリアは、9時半頃まで明るいんですよ。


f0106597_21273210.jpg
こちらは、「お箸上級者」。お豆や焼き飯など、お箸で食べるのが難しいものでも上手にお箸で食べています。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-06-15 21:38 | 山の食卓 | Comments(25)
f0106597_1956102.jpg
畑の周りに植えている苺が食べ頃です。この時期、ユキちゃんは頻繁に畑に降りて、勝手に赤くて美味しそうな苺を食べています。いつも、ユキちゃんに食べられてしまうので、今年は株数をかなり増やしたのですが、どうかな?昨日は苺を収穫し、ジェラートを作ることにしました。


f0106597_20245982.jpg
f0106597_20263933.jpg

小さいころから畑で遊んでいるユキちゃん。苗があるところをちゃんと知っていて、踏まないように上手によけて歩きます。


f0106597_2028369.jpg
f0106597_2029328.jpg

アントネッロ流簡単ジェラートの作り方は、材料を混ぜて、冷凍庫に入れ、固まり始めた頃にハンドミキサーでぐるっと混ぜるだけ。


f0106597_2121311.jpg
f0106597_21233394.jpg

今回作ったのは、チョコレート味、苺味、レモン味の3フレーバーです。やっぱり一番美味しかったのは畑の苺フレーバー。

追伸:
taemomoさんのリクエストにお答えして、「簡単ジェラートのレシピ」です。
gelato alla fragola(ジェラート・アッラ・フラーゴラ=苺味のジェラート)

苺200g、砂糖150g、卵1個、牛乳150g、生クリーム100g、レモン汁1個分

1、苺とレモン汁をミキサーにかけます
2、卵を白身と黄身に分け、黄身を泡立てて、砂糖と牛乳を加えて混ぜておきます。
3、2を火にかけて砂糖を溶かします。
4、3が完全に冷めたら、濾します。
5、4を1に混ぜ、生クリームと軽く泡立てた白身を混ぜ、バットに移し変えます。
6、5を冷凍庫で冷やし、1時間経ったら、ハンドミキサーでぐるりと混ぜクリーム状にします。
7、これをもう一度繰り返して出来上がり♪食べる15分前に必ず冷凍庫から出しておきましょう。

ね、簡単でしょ?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-06-04 21:29 | 山の食卓 | Comments(20)

感謝の気持ち

f0106597_19513028.jpg
すっかりご無沙汰してしまいましたっ!いや~忙しいです。シーズンに左右される私の仕事は今忙しくなくては困るのですけれど、有難いことです。毎日、朝起きて、出掛けるまでPCに向かい、一日中外にいて、夕食後に帰宅という数日間でした。全然大したことはないのですが、普段怠け者の私にとっては、かなりハードでした。私が帰宅するとアントネッロとユキちゃんはご飯を食べて寝ています。今週末はやっと休みなので、自宅でゆっくりと家族で過ごせそうです。
さて、昨日は、家族ぐるみのお付き合いをさせていただいているMさんファミリーが日本よりフィレンツェに遊びに来て下さり、アントネッロがディナーを作って迎えてくれました。
これは、前菜のチーズの盛り合わせ。飾ってあるのは、サントレッジャと呼ばれるタイムに似たハーブの花です。

f0106597_2005462.jpg
f0106597_19584855.jpg

写真左:アスパラガスのパスタ
下茹でして、ニンニクを効かせてさっと炒めたアスパラガスと、角切りにしたペコリーノチーズ、イタリアンパセリをあわせただけのシンプルなパスタ。アスパラガスの先端をちょっとビネガーで味付けした所がポイントです。

写真右:キノコのソテーパイ包み
上から撮ったので写真では余り判りませんが、ポルチーニ茸(冷凍)をサッと炒めたものを、一人分ずつのテラコッタの小皿に盛り、上面をパイ生地で包んで焼き上げました。崩しながら食べるパイ生地とポルチーニ茸の汁が良くあって最高に美味しかったです♪

f0106597_206416.jpg
そしてメインがこちら。ジャジャ~ン。鴨肉のオレンジソースがけ。いやいや、コレは本当に美味しかったです。オレンジの皮を剥いて、お砂糖で煮詰めておきます。鴨肉をフライパンで焼き、焼き色をつけます。出た肉汁に、サイコロ上に切ったオレンジを加え、煮詰め、オレンジを取り除きます。鴨肉を切り分け、ソースを上からかけて、オレンジの皮を飾って出来上がり。

とても簡単なのに(簡単そうに見えただけ?)、ちょっとリッチな気分が味わえます。
アントネッロ、美味しいディナーを有難う。感謝しています(ホントヨ)。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-05-03 20:13 | 山の食卓 | Comments(11)

イースターの食卓

f0106597_0495794.jpg
今日は、イースター当日。イタリアでは家族揃ってランチを楽しむのが慣わしです。今年は、アントネッロの実家のあるプーリアに行くことが出来なかった私達は、お隣さんのパオロとラウラ&ラウラのご両親と一緒に祝うことにしました。
左はアントネッロ作、"crespelle"(クレスペッレ)です。クレスペッレとはクレープのこと。ウラの草原で採ってきたセイヨウタンポポをゆでたものと、モッツァレラチーズを混ぜた具をクレープで包み、トマトソースを上と下にちょっとかけてオーブンで焼き上げました。美味しかったです。


f0106597_055554.jpg
そしてメインは勿論、"agnellino"(アニェッリーノ=子羊)の炭火焼。串に刺して、電気仕掛けで串をグルグルと回す、"gira arrosto"(ジーラ・アロスト)と呼ばれる道具が大活躍です。こうすると満遍なく火が通るのです。


f0106597_05906.jpg
f0106597_0594460.jpg


お肉の焼き具合を点検する男衆。めっちゃ真剣です(笑)。

f0106597_11331.jpg
f0106597_13260.jpg


写真左:ユキちゃんお得意のマチェドニアフルーツ。アントネッロがレモンの皮で作ったお花が飾られています。
写真右:じゃ~ん、ユキちゃんお楽しみのイースターエッグ。今朝からコレを開けたくて待ちきれなかったようで、ランチも大急ぎで食べていました(ご飯を食べてからね、と言われていたので)。この巨大チョコの中に入っていたおまけは、玩具のネックレス。

皆さんにもBuona Pasqua !!
う~食べすぎで苦しい~ッス。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-04-17 01:07 | 山の食卓 | Comments(16)