フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:山の食卓( 208 )

f0106597_06320359.jpg
バジルがもしゃもしゃと茂ってきました。これから採り放題モードです。

f0106597_06330157.jpg
先日、お友達からFacebookで教わって、作ってみたかった一品。
まずは松の実、バジル、オリーブオイル、塩、パルメザンチーズをミキサーにかけてペースト状にします。
f0106597_06344103.jpg
スペルト小麦(ファッロ)を茹でて、湯をきり、完全に冷まして、同じく完全に冷ました茹で海老と、赤玉ねぎのみじん切り、バジルペーストを合わせて混ぜるだけ♩
夏らしくてとても美味しいプリモです。
f0106597_06363132.jpg
セコンドは、串に交互に刺した一口大のサルシッチャとズッキーニの炭焼き。
パンも一緒に炭でトーストしちゃいます。この炭焼きトーストが普通のトースト以上に美味しい(と勝手に感じる)

f0106597_06382425.jpg

ラーラはいつもの定位置で。

f0106597_06385088.jpg

夕日が山の向こうに沈みました。

6月の更新記事のお知らせです。宜しかったら読んで下さい♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2017-06-12 06:39 | 山の食卓 | Comments(2)
f0106597_15330574.jpg
「コンバンハ。イヌデス。」

我が家では1週間前から、蛍が出始めてきました。
今年はちょっと早いかも。
ラーラは自分の寝床が暑いらしく、昼間はキッチンの床でペッタリ寝ています。それでもまだ、朝と夕は快適な気温。
f0106597_15345390.jpg

昨日の晩は石窯に火を入れて・・・鶏の丸焼き。
我が家には、ゼンマイ仕掛けのジーラアロストというグルグルお肉を回しながら焼く機械があるのですが、ええー、と目からウロコの使い方でした。
f0106597_15361998.jpg
そのまま中に入れちゃってる。
確かに、電気式ではないので、熱には強いと思うんだけど、コレは考えたことなかった。手前の四角い箱にゼンマイが入っていて、取り外しが出来るハンドルをつけて、たまにグルグル巻きます。

f0106597_15380544.jpg
よく見ていると、ミリ単位で本当にゆっくりと回り、2時間ぐらいかけて、じっくり焼きます。

f0106597_15394709.jpg

下に鶏の脂がポタポタ落ちるのですが、それは定期的に回収し、オリーブオイルと混ぜて、セージとローズマリーの枝で作った刷毛で、また鶏の皮の表面に塗ります。
このハーブの刷毛、お勧めです。これからのバーベキューシーズン、是非やってみて下さい。お肉がジューシーに仕上がります。

f0106597_15415146.jpg

ジュージュー、ポタポタ。

f0106597_15433178.jpg

出来上がり♩
焼く前に、鶏のお腹に穴を開けた丸ごとレモンとハーブを詰めて糸で縫い合わせます。そして暫く白ワインに漬けてから焼きました。レモンは汁を出し切ってしおしおになり、ハーブと一緒に食べる前に取り除くけれど、こうすることで、お肉にレモンの良い香りが浸み込みます。

うーん、絶品!鶏を2時間かけてじっくり焼くと、周りの皮はバリッと香ばしく、中のお肉はジューシーでふわっと仕上がります。
これは8月に母とTさんが遊びに来たら是非やってみようと思います。

6月の更新記事のお知らせです。以下の記事をアップしました。宜しかったら読んで下さい。


気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2017-06-06 01:18 | 山の食卓 | Comments(2)

春キノコが採れました

最近、スーパーに買い物に行けていなくて、畑も、二十日大根と黒キャベツ以外は、今はまだ食べられる野菜なし。
そんな時は、アントネッロはひょいとラーラを連れて森に入ります。この時点で既に夕方の6時。
で・・・

f0106597_23552858.jpg
キノコ採って来ました!(でかしたっ!)

プルニョーリという香り高い春キノコです。
余りに貴重なので、地元で食べ尽くしちゃって、フィレンツェのレストランまでなかなか届かないんです。たまにあるかな?
f0106597_23584830.jpg
というわけで、冷凍庫にあった牛骨で出汁をとり、同じく冷凍庫にあったソーセージとプルニョーリでリゾット。
黄色っぽいのはサフランではなくて、クミンです。少しだけクミンを入れると綺麗な黄色になります。

美味しかったなあ。もう一皿食べたい・・・
アントネッロの得意料理は、やはりリゾットだと思います、絶対。

今晩は、アパートのチェックインで、本日2度目のフィレンツェ。
車で行って来ます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2017-05-20 00:01 | 山の食卓 | Comments(1)
昨日の「相談事」への沢山のアドバイス有り難うございました!!
ブログって顔は見えないけれど、こうして皆さんに親身になって頂けて、ほっくりと温かい気持ちになりました。感謝です。

結構同じ悩みを抱えていた方の体験談や、色々解決しながら折り合いをつけながら、立派に大人になられているお話を読んで、どんなアドバイスが出来るかちょっと判った様な気がします。彼の周りは、ガッチリ仲の良い友達が固めていて、あーでもない、こーでもないって、かなり良い意味でおせっかいに(笑)アドバイスしている様です。

入学式の翌日にすぐ仲良くなったE君とユキは、毎朝、他の友達とも一緒に、フィレンツェの中央駅で待ち合わせをして、同じバスで学校に通っています。たまに私が仕事で学校の近くに車で行く時、「車で直接学校まで送って行くよ」って言っても、「友達と待ち合わせがあるから」ってわざわざいつもの列車でフィレンツェに行く程、彼女にとって、行きと帰りの通学路での友達との時間は楽しいものみたい。「彼氏?」って冷やかしたら、真面目な顔して「ううん、大事な友達」って言ってました。


f0106597_02142431.jpg
昨日はピカーンとこんなお天気でした。
私はワシワシと畑。一日中外に居て、かなり光合成したと思います(笑)

ベンチの上ではユキも光合成中。

f0106597_02090337.jpg
キッチンの横のモッコウバラの花が咲きました。
毎年花の数が増えるので、これからが更に楽しみです。

f0106597_02202409.jpg

夜はアントネッロ作のラビオリ。
ラビオリにはリコッタチーズとほうれん草が入っています。そして、見て、見て!余ったパスタは長く伸ばしてタリアテッレにしちゃった。そして一緒に茹でて、ラビオリと一緒にソースに絡めて、盛りつける!
えー、こんなことして良いの?邪道じゃないの?って思いますが、イタリア人がやっているので、これもアリなのでしょう。

レストランでは絶対出て来ない一皿(笑)。美味しかったです♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-05-02 02:29 | 山の食卓 | Comments(0)

雨の日のパン焼き


f0106597_05173408.jpg


今日は久しぶりの雨。
降ったり止んだりです。朝はフィレンツェで仕事だったのですが、昼過ぎに帰宅してパン焼き。
今日のパン記録

14時30分 捏ね始め
15時30分 再び粉をまぶしてまとめる 窯に点火
16時30分 成形
19時35分 窯入れ
20時10分 焼き上がり

f0106597_05145904.jpg
「ジッ」

f0106597_05203520.jpg


今日は石窯に火を入れるよーってお隣のパオロとラウラに言っておいたら、彼らも自分たちのピザを焼きにやって来ました。
大きな石窯は、こういうのが楽しい。昔はご近所さんが皆一緒にパンを焼いていたんでしょうね。

f0106597_05222998.jpg

お裾分けで貰ったチェチーナ。イタリアでは、乾燥させたヒヨコ豆(チェーチ)を石臼で挽いた粉が売られていて、それを水で溶いて、塩とオリーブオイルを混ぜ、高温で焼くのです。豆独特のホクホクした食感が美味しい。これは石窯が実力を発揮するお料理の1つです。電気オーブンでは、表面はこんなにパリッとは仕上がらない。
f0106597_05251074.jpg

今日のパン。
今思うと、私、もしかして時計を見間違えていたかも(爆)。結構良く焼き。次回からは面倒でも、ちゃんとタイマーをセットしておこう。
でも皆、良い顔。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2017-04-27 05:26 | 山の食卓 | Comments(2)

イースターの夕食

f0106597_05313758.jpg
昨日の午後は仕事だったので、夜にしっかり食べることにしました。
帰ると、石窯に火がはいっていて、子羊とジャガイモがテラコッタのお鍋で焼かれていました。

石窯の火力って不思議。
蓋をしてかなりの時間をかけて加熱しますが、皮はパリッとして、お肉は柔らかく火が通ります。
わーい♩と一気に食べてしまって、写真なし。

f0106597_05332620.jpg
デザートは、最近、アントネッロが、ドルチェというと必ず作るシュークリーム。

f0106597_05351198.jpg


美味しかった♩

プーリアの家族に電話をしたら、昼は海の家でイースターランチだったそうですが、大雨が降って来て、慌てて家に帰ったのだそうです。
南イタリアは荒れ模様の天気だった様ですね。

トスカーナは、パスクワ(イースター)とパスクエッタは雨というジンクスを打ち破り、昨日も今日も、爽やかな晴天でした。

それにしても、パスクエッタは今日で、明日は平日なのに、ユキの高校は、何故、明日も休みなのでしょう???
君達、いつ勉強するの?と聞きたい。ユルユルです・・・
 
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-04-18 05:38 | 山の食卓 | Comments(2)
昨日の日曜日はイタリアの父の日、Festa di San Giuseppe。聖母マリアの夫である聖ジュゼッペの祭日でした。
この日はイタリアでは、ゼッポレというお菓子を食べます。
f0106597_03012469.jpg
↑バッボの日のお菓子を自ら作るバッボ(笑)

f0106597_03063372.jpg


下の部分はリング状の揚げシューで、中は何も入っていません。
上にクリームを絞って、チェリーの砂糖漬けを飾ります。

f0106597_03045446.jpg
何人分?
お隣のパオロにもお裾分けしました。


f0106597_03132215.jpg



こんな可愛いお菓子を作るけど・・・


f0106597_03115859.jpg


いかつい顔をして食べる。

f0106597_03092559.jpg
パクッ!
f0106597_03124201.jpg

この方も、パクッ(私じゃないよ・笑)

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-03-21 03:14 | 山の食卓 | Comments(8)

家でパンを焼きました

f0106597_06340609.jpg

今日は家での仕事だったので、その合間に、石窯パンを焼きました。
自分の覚え書きとして・・・

前日17時 酵母起こし(22時にもう一度)
11時 酵母、小麦粉、塩、ぬるま湯を混ぜる
正午 小麦粉を織り混ぜながら生地をまとめる。石窯に火をいれる
13時 1キロずつ3個+スキアッチャータ分に分けて、捏ね、丸める。
17時30分 スキアッチャータ窯入れ、その後パンの窯入れ
18時30分終了
f0106597_06383302.jpg
暖かくなって来たからか、発酵がかなり順調。それでも湯たんぽは入れています。
最近、気に入っているのがこの方法。1キロに分けて丸めた後、パスタの湯切りに布巾をわたして、端を輪ゴムで留めます。そこにパン生地を入れて、発酵させます。窯入れの時はひっくり返します。こうすると、横に広がらず、まん丸のパンになるんです。
f0106597_06415063.jpg
オリーブオイルを練り込んで、上にも塗ったスキアッチャータも美味しく焼けました。
パンは翌日じゃないと切り分けられないので、夕飯はスキアッチャータがテーブルパンの替わりです。
今回は、窯をかなり長い間燃やしていたので、上手に温度調節が出来ました。
腕を入れて熱さに我慢が出来る時間が7秒になったらスキアッチャータ。12秒でパンを入れます。

f0106597_06503290.jpg
焼けた♩

f0106597_06514060.jpg
自然のクープが入りました。
ちょっと良く焼きすぎる感はありますが、今までで一番の出来。

明日は水車小屋でのパン焼きです。
今、趣味は何ですか?って聞かれたら、速攻、「薪集めと、石窯でのパン焼きです」と答えると思います(笑)

お知らせが遅くなりましたが、「ハレタル」で、パン焼き後編がアップされました。
よろしければご覧下さい♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2017-03-14 06:56 | 山の食卓 | Comments(5)

日曜のファミリーランチ

f0106597_07084313.jpg
今朝、医療通訳の仕事から帰宅したら、アントネッロがパスタを売っていました(ヤッター!)
f0106597_07093273.jpg
作っていたのは、ジャガイモのトルテッリ。私たちが住んでいる村から北側を、ムジェッロ地方と呼ぶのですが、ここの名物が、Tortelli mugellani(トルテッリ・無ジェッラーニ)と呼ばれるジャガイモのトルテッリです。マッシュしたジャガイモに、好きに味付けをして(アントネッロは、オリーブオイルで炒めて香りを出したイタリアンパセリと、ニンニク、塩、胡椒です)、パスタの生地に包んで四角く切り分けます。

生地はセモリナ粉ではなくて、全粒粉+卵の生地。

f0106597_07115519.jpg
余った生地も勿体無いから、伸ばしてパスタにして、一緒に茹でちゃう。トルテッリと一緒に混ぜて食べちゃいます。このあたり、家庭の味。レストランでは出来ない技ですよね。でもこうして2種類のパスタ(この場合は具入りと普通の平麺)が一皿に混ざっていると美味しかったりするんです。
f0106597_07144511.jpg
ソースは朝から煮込んだラグーソース。香り付けに月桂樹の葉っぱが入っています。
f0106597_07155518.jpg
ドーン♩大盛りっ!

これを食べて、午後からは、珍しく3人でお出掛けをしました。
何処に行ったかは後ほどまたゆっくりと・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2017-02-06 07:17 | 山の食卓 | Comments(3)

こんな日はポレンタ

f0106597_04094901.jpg
今日はフィレンツェでも随分と寒かったのですが、帰りの列車に乗って、トンネルを抜けたら・・・その先は吹雪でした(ヒー)。トンネルを抜け、雪が吹雪いているのが見えた瞬間、一斉に乗客が慌てて家に電話し始め、「皆、山に住んでいるからなあ・・・」とひとごとの様に思ったりして。私も、下の村に車を置いて、アントネッロに迎えに来てもらいました。

f0106597_04103711.jpg

家に入ると、薪ストーブがガンガンに点いていてホカホカ♩ストーブの上には、早めに帰っていたアントネッロが仕込んでいたお肉の煮込みがグツグツと煮えていました(洗濯物スミマセン)

f0106597_04132623.jpg

今日はこの煮込みをポレンタにかけて食べます。
f0106597_04152201.jpg

ポレンタとは、トウモロコシを乾燥させて、それを石臼で挽き、粉にしたもの。それを、お湯に溶かしてゆっくりとグツグツ煮ると、ドロリとしたお粥の様になります。そのままソースと一緒に食べたり、冷まして固めた物を切って焼いたり揚げたりします。
北イタリアの食べ物なので、アントネッロはずっと食べた事がなかったのだそうですが、フィレンツェの北側の今の家に引っ越して来て、この辺りの人は結構ポレンタを食べるので、今では冬場に特にこうして煮込み料理と一緒に食べます。

GASの友人でポレンタを良く食べるベネト州の田舎の出身の人が居て、「固めたポレンタは、朝ご飯でも食べてたよ。カフェラッテとポレンタ」と言っていた程です。冗談だったのか本気だったのか。でもあの彼の豪快なお母さんだったら、「朝からポレンタ」もあり得るかも。ともかくそれ位、何にでもポレンタが添えられて出て来るのだそうです。

f0106597_04164855.jpg


味がしないと苦手な人も居るみたいですが、私は結構好き。最近はポレンタの美味しさが分かって来た様な気がします。
熱々のポレンタを食べて温まりましょう。

明日も一日雪の予報らしい・・・
暫く山籠もりになりそうです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-01-17 04:21 | 山の食卓 | Comments(10)