フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:水車小屋物語( 21 )

f0106597_03173840.jpg
さて、今回、ローロチュッフェンナの水車小屋を訪れた理由は、私たちの水車小屋と同じシステムを持つここの水車小屋が、どんな工夫をしているのか、メンテナンスはどうしているのか等を学ぶ為でした。
f0106597_03192774.jpg
山から流れ下りてくる川の水を引き入れて水を溜めるペスカイヤと呼ばれる池は、ちゃんとしたセメントの貯水槽になっているので、お掃除がしやすそうです。

f0106597_03211300.jpg
色々、修繕する必要がある部分はあるけれど、基本的にはちゃんと回る石臼。ちょっと皆で「こうしたいのよっ!」っていう羨望のまなざし(笑)。

f0106597_03231756.jpg

スマホのタイムウオッチで回転数を測るアントネッロ。
f0106597_03243951.jpg
これは下のタービンの部分。
回していない時でこのくらいの水漏れがあり、これが結構深刻です。せっかく貯水槽に水を溜めても、どんどん流れてしまうので。壁の隙間とかからも水が流れ出ています。
f0106597_03261897.jpg


面白いのは、ここで使っているタービンの羽の部分。スプーン型じゃなくて四角くて、ボルトで固定してあります。私たちの水車小屋よりのより随分軽い。これは結構、イケるアイデアかも。
ひとことで水車小屋と言っても、それぞれに色んなスタイルがあって、皆工夫して石臼を動かしていたんだなあって、感動します。

ここの水車小屋の問題は、技術的な問題ではなくて、金銭的な問題。
去年の暮れに、それまで粉挽き所を営んでいたお父さんが90歳で亡くなり、息子さんのFさんが引き継いで何とか管理しているけれど、専業では全然やって行けないんだそうです。国は全く助けてくれなくて、逆に、粉挽き所として営業していたら税金が課せられるので、泣く泣く閉鎖したんだとか。ツーリストの見学を日曜日に受けているから、市が少し援助金を出してくれているけれど、本当にスズメの涙。
たった1人で水車小屋を直しながら、経済的にも自立していくのは無理なんだそうです。

私たちは、職業じゃなくて、ただ単に水車小屋を直して動かしたいという有志のグループだから気軽に出来るけど、個人で、水力で粉を挽く水車小屋を職業としてやろうとしたら、今のイタリアでは相当難しい。
逆に言うと、こうした水車小屋が残って行く数少ない可能性の1つは、私たちの様なグループが自分達の粉を挽く為に、力を合わせて存続して行く事なのかもしれない。

f0106597_04154462.jpg
(水車小屋からさらに川をさかのぼると、水遊びが出来る沢がありました)

地方自治体や国に頼らずに、古い水車小屋を維持して行く為には、たった1人では大変。この村にも私たちの様な仲間のグループが生まれると良いのになと思ったのでした。

↓たびねすで新記事をアップしました。宜しかったら読んで下さい♩

6月の更新記事のお知らせです。お読み頂ければ嬉しいです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪












by lacasamia3 | 2017-06-27 04:22 | 水車小屋物語 | Comments(2)
f0106597_06190963.jpg
今日は、GASの仲間と一緒に、ローロチュッフェンナという小さな村を訪れました。
ここは、フィレンツェ発ワンデイトリップで寄っている「イタリアで最も美しい村」に選ばれた、のんびりとした小さな村です。
f0106597_06220014.jpg

今日は、水車小屋修復グループのうちの総勢9人で、この村にある水車小屋を訪問しました。
新しい発見もあり、刺激的な一日でした。

f0106597_06232320.jpg

これからのグループの方向性も考える良い機会となりました。
それについては、また後ほど・・・

それにしてもトスカーナは緑が多いなあと実感した眺め。
ヴェネト州出身のメンバーが「ヴェネト州も小麦畑とかトウモロコシ畑があって、眺めは良い所もあるけど、トスカーナみたいに、間に森はないなあ」と言っていました。確かに、トスカーナって、真夏でも、所々に森があって、癒されます。

ふう、今日も暑い一日でした。
一瞬、雨が降りそうだったのに、降らなかった(涙)
  
6月の更新記事のお知らせです。お読み頂ければ嬉しいです。


気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪












by lacasamia3 | 2017-06-26 06:27 | 水車小屋物語 | Comments(2)

久しぶりにパン焼き

f0106597_02222137.jpg



昨日は、3週間振りくらいでパン焼きに行って来ました。
水車小屋はジョヴァンナサンが手入れをしている花があちこちに咲いて、どちらを向いても、花、花、花。華やかな春を感じさせてくれます。
f0106597_02092120.jpg
いつもの様にお喋りをしながら、でも手は勝手に動く。
こうしてパン焼きを手伝う様になって10ヶ月近くになるけれど、随分と行程が身に付いてきました。
f0106597_02104890.jpg
あ、焼けました♩

f0106597_02120253.jpg
ジョヴァンナさんからの差し入れのアイスティーが沁みるー。ほのかにクローブの香りが漂う彼女のオリジナルブレンドでした。
たまにこうしてパン焼きに行くと、自分の中がリセットされて、心の居場所を確認出来る様な感じ。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2017-06-01 02:15 | 水車小屋物語 | Comments(0)

水車小屋会議

f0106597_19513714.jpg

日曜日は水車小屋会議でした。
アントネッロはタービンの仕上げを、測量士のGさんは池の測量をして何処にシャベルカーを入れなきゃいけないかを計測、女性陣は枯れ枝をまとめて石窯用に確保。
誰が指示する訳でもなく、それぞれが好き勝手にやりたい事をやって、持ち寄りのお昼。

f0106597_19562884.jpg

ランチも、「誰が〜を持ってくる」なんて決めていないのに、偶然、パーフェクトなメニューでした。

前菜 Fさん作のトマトの詰め物。リコッタチーズとケッパー,オリーブオイルとニンニク、オレガノをミキサーで混ぜ合わせて、くり抜いた小さめのトマトに詰めた冷たい前菜。美味しかったー!

プリモ Sさんのトマト風味のお米

セコンド アントネッロ作イワシとアーティチョークのフライのマリネ(前の日に揚げて、ニンニクとミント、ビネガーに漬けておきました。南蛮漬けみたいな感じ)

サラダ Aさんの、カリカリのパンをくわえたニース風サラダ。

パン 私が自宅の石窯で焼いたパン(おこがましくもパンの師匠に試食して欲しくて持って行きました。合格点を貰いました!ヤッター)
f0106597_20004773.jpg

そしてデザートは、Fさんが焼いてくれた素朴なクッキーと、水車小屋のオーナーさんがこれもお手製のカントゥッチーニを差し入れてくれました。
f0106597_20083209.jpg


心もお腹も満たされた、楽しい日曜日でした。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2017-04-12 20:09 | 水車小屋物語 | Comments(2)
今日は我が家でパン焼き。
忘れない様に、記録に残しておこうと思います。

昨日の22時 天然酵母を冷蔵庫から出し、ぬるま湯(天然酵母と同じ重さ)+それに丁度良い全粒粉を混ぜておく
本日 13時30分 酵母1キロ+全粒粉2キロ+ぬるま湯1,66リットル+塩20グラムを混ぜ合わせる
14時 全粒粉に混ぜて、折る様にして馴染ませる
15時 1キロずつの大きさに分け、軽く捏ねて、型に入れて発酵させる
16時 石窯火入れ
19時 焼き始め 
19時40分 焼き上がり

f0106597_05334783.jpg
最近、我が家の窯の癖をつかめて来た様な気がします。
水車小屋の窯に対して、我が家の窯は温まるのがかなり早いので、火入れから3時間で丁度良い温度に上がります。一方、水車小屋では5時間半燃やし続けます。
f0106597_05442293.jpg
温かくなって来て生地の発酵もスピードアップして来ました。
これから窯のタイミングとどう合わせるかが難しくなって来ます。一番避けたいのは、窯の温度がまだ十分上がっていないのに(または上がり過ぎて下がるのにまだ時間がかかるのに)、生地の発酵が進み過ぎてしまう事。
ベストなのは、十分発酵しているけれど、まだ余力を残した状態で、適温の窯に生地を入れる事。こうすると、焼けている間も、ほんの少し発酵が進みます。

温度計が壊れてしまって、今はなしで焼いています。
相変わらず、腕時計(腕を石窯に突っ込んで12秒我慢出来たらOK)ですが、これが意外と正確なのです(笑)。

f0106597_05494949.jpg
今回は、途中で2度程蓋を開けてチェックして、焼け具合を見ながら、石窯の中でパンを移動させました。
最後の5分は窯の奥の温度の高い部分に押しやったので、皮がバリッ香ばしく焼けました。

f0106597_05522273.jpg
いやー、正直、進歩している自分に驚いています。
人間、40代半ばにして、まだもうちょっと学べるんだなあ・・・。

f0106597_05584529.jpg

窯の上を見ると・・・ハッ!何者っ?!

f0106597_05595786.jpg

ラーラでした(笑)
温かくて気持ちが良いらしい。
f0106597_06013808.jpg
今日は良い一日でした。
おやすみなさい・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-04-09 06:03 | 水車小屋物語 | Comments(4)
f0106597_05445546.jpg



ルッカ話を振っておきながら、別の話題ですみません。
今日の水車小屋でのパン焼きのご報告。

f0106597_05530598.jpg


今日は午後からの当番だったので「焼き」の行程。
午後3時に着いて、シルヴィアが用意していたスキアッチャータを、丸く広げて、まず焼きます。
ERのドクターをしている水車小屋メンバーのGちゃんの白衣のお下がりを、作業着として着ているシルヴィア。見た目、ドクターの貫禄あり(笑)。
f0106597_05482398.jpg
焼き待ちのパン達。
f0106597_05501208.jpg

この画像に萌える人は相当のパン好き(笑)。
発酵がかなり進んで、ピキピキ表面が割れています。この位、十分に発酵していると、これをひっくり返して釜に入れると、逆側(この写真で言うと下側)が上になっても、自然のクープが表面に入ります。
f0106597_05551441.jpg
34個のパンが全部釜に入ったら、コーヒータイム。
f0106597_05590707.jpg
大体、35分後に一度窯を開けて確認して、その後更に10分程焼きます。最後の10分間は、窯の強さや外気温によって、蓋を開けたままだったり、閉めて焼いたりと調整しています。

f0106597_06011356.jpg
お、焼けました。
大きめのパンは、2キロです。その他は1キロ。

f0106597_06031976.jpg
良い顔♩
酵母の力でメリッと表面が割れ、自然のクープが入ります。裏を拳で叩いて、こんこんと乾いた音がしたら焼けた印です。

来週は、シルヴィアが1週間ヴァカンスなので、パン焼きはお休み。うちで焼こうかな?

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2017-03-30 06:05 | 水車小屋物語 | Comments(1)

小麦畑に柵を作りました

f0106597_06092746.jpg

多分、昼間の最高気温は20度近くまで上がったのでは?という程、暖かかった日曜日の今日、水車小屋の仲間と一緒に、小麦畑の柵を作りに行きました。去年の12月に種を蒔いた畑です。
f0106597_06135053.jpg
そのままだと、イノシシが入ってしまうので、微電流を流すワイヤーで囲むために、合計160本の杭を畑の周りに打ち、上下3段のワイヤーを設置しました。
f0106597_06205417.jpg
総勢7名で分担しながらテキパキと。イタリア人って、何故、仕切る人が居ないのに上手に役割分担が出来るんだろう?皆、自分がやりたい作業を勝手にやっているんだけど、丁度良い具合に作業が進みます。

f0106597_06222627.jpg

Aさんが作って来てくれた蜂蜜レモンをワイルドにてでつまんで(笑)、休憩。
f0106597_06230887.jpg
畑の傍らには、蜂の巣箱もありました。
f0106597_06241478.jpg
3時間できっちり完了。
お疲れ!

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪









by lacasamia3 | 2017-03-13 06:25 | 水車小屋物語 | Comments(1)

ミモザとパン焼き

f0106597_17180053.jpg

昨日は,朝、フィレンツェに行った後、学校帰りのユキと一緒に列車で帰宅し、午後から水車小屋でパン焼きでした。
降り続いていた雨が止み、やっと晴れて気持ちが良い火曜日でした♩

f0106597_17270581.jpg

先週行かなかったから、2週間振りのパン焼き。
やっぱり楽しい。

f0106597_17273828.jpg

昨日は、新たに28歳のF君が仲間入りです。腕が長ーいので、高い所にあるものなど、サクサク取ってくれて大変役立つ(笑)。フィレンツェの街の中に住んでいるのですが、石窯でのパン焼きに興味があって、友達を通じて来たんだそうです。

ちょっとずつパン焼きの仲間が増えて来て嬉しいです。
f0106597_17300366.jpg
水車小屋のオーナーさんGさんが、ミモザの花を飾ってくれていました。庭に大きなミモザの木があるんです。

今日、3月8日は女性の日。男性が女性に黄色いミモザの花を贈る日。そして、女性の権利について考える日でもあります。うちは、アントネッロにミモザのアレルギーが見つかったので、なしです(笑)。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-03-08 17:33 | 水車小屋物語 | Comments(4)

2017年石窯開き

f0106597_07470230.jpg

昨日は、午前中にフィレンツェで医療通訳が入り、その足で水車小屋に行って夕方までパンを焼いていました。
今年初めてのパン焼き。私がついた時には既に石窯に火が入っていましたが、ちょっと期間が空いていたので、石窯が冷えきっており、火を点けるのに結構苦労した様です。
f0106597_07485801.jpg
この日は合計36個
f0106597_07495440.jpg
ああ、やっぱり楽しいな。

f0106597_07512938.jpg

このパンを楽しみにしてくれている仲間の為に。
昨日も美味しく焼けました♩

今日はユキは初めて高校のお友達2人(女の子)を我が家に招待して、パジャマパーティです。二人とも話が面白くて、何とも可愛らしい。私やアントネッロともちゃんと話が出来て、とっても良い感じの子達です。3人で意気投合しているのが良くわかります。今晩は、石窯ピザを焼きました。楽しかったー。
明日の朝は、朝ご飯にユキがクレープを焼くんだそうです。

それではお休みなさい・・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2017-01-05 07:56 | 水車小屋物語 | Comments(1)

種をまく人

f0106597_01365844.jpg
今週は、私は仕事で行けなかったのですが、水車小屋の仲間が、来年の7月に収穫する為の小麦を蒔きました。
小麦を収穫出来たら、今、直している水車小屋の石臼で挽いて粉にします。その粉で作ったパンを、水車小屋の石窯で焼けたら最高っ!というのが皆で目指しているところ。
まだまだだし、もしかしたら鹿に食べられちゃったり、小麦が病気になって収穫が出来ないかもしれないけれど、先のことは考えずにとりあえずやってみる。やっている過程もまた楽しいので。
小麦の種類は、ジェンティル・ロッソという古代小麦です。古代小麦とは、戦前まで中世の時代からイタリアで長く栽培されて来た小麦のこと。戦後、品種改良をされた使いやすくて栽培の効率の良い外来種に変わって、最近までは殆ど姿を消していたのですが、近年、この古代小麦を栽培する有機農家が少しずつ増えて来たそうです。

本当にこの麦まきは参加したかったのですが、残念ながらどうしても行けなくて、参加したメンバーに「写真撮って送ってっ!」と頼んだら、写真を送ってくれました。
f0106597_01405633.jpg
麦まきにはとーっても心強い助っ人のお爺ちゃんが来てくれました。1935年生まれ、81歳のジョヴァンニさん。良くユキが小さい頃、バス停でお会いしてお話をしたことがあります。植物に詳しくて、子供に優しい話好きのお爺ちゃん。でも訛りが凄くて歯も何本かないので、言っていることの6割くらいしか分からないの。でも何か聞くと、一生懸命、話してくれます。
f0106597_01440369.jpg
種をまくことって、豆まきみたいに簡単に出来るのかと思いきや、本当に熟練した技が必要なのです。普通にぱっと蒔くと、下にまとまってどかっと落ちるか、弧を描いて線状になってしまいます。
f0106597_01453211.jpg
ところが、ジョヴァンニさんが蒔くと、綺麗に満遍なく麦が地面に落ちるのです。
f0106597_01461646.jpg
麦がパッと散っているの、見えるでしょ?
結局手伝った他の2人のメンバーはダメ出しをされ(爆)、ジョヴァンニさんが100キロの麦を、たった30分で綺麗に畑に満遍なく蒔いてくれました。

今朝は、私と他の3人で、別の畑にいらなくなった柵を回収しに行きました。この畑の周りに、回収した杭と電線を設置して、鹿やイノシシが入らない様にします。
まだまだ先は長いっ!けど楽しい(笑)きっと、参加している皆が、同じ気持ちだと思う。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

ハレタルで、以下の記事がアップされました。よろしければ読んで下さい。
我が家で使っているクチーナ・エコノーミカについて書きました。




by lacasamia3 | 2016-12-18 02:02 | 水車小屋物語 | Comments(0)