フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:フィレンツェという町( 262 )

f0106597_04562841.jpg
ずっと寒くて雨が続いていたフィレンツェですが、昨日から雨が止み、やっと青空が見える様になりました。

今日からサイエンスの授業で本格的に化学が始まったんだそうです(今までは宇宙、天体をやっていた)。
この日を楽しみにしていたユキ。「もー、化学って最高っ!私の世界よっ」だって。残念ながら私には理解不可能(笑)。まあ、勉強が楽しくなって何より。

今日、帰りのバスで、幼稚園、小学校,中学校と一緒で、仲良しだったA君に会ったそうです。
わー懐かしい!
f0106597_05214295.jpg
この子。ちなみにこの時、ユキは4歳!(じゅ、10年前!このブログ、10年続いていたんだって、ちょっと自分のことながら、驚いています)

このくらいの歳からずーっと、お母さんのハンドバックを整理するのが趣味で、レシートを分野別に分類していたんだとか。
会計士になると密かに思ってたんだけど、今の所は、文系に進んだらしい。でも予想した通り、イケメンになってます。「こ、声変わりしてたよっ!」ってユキが驚いていました。相変わらず、優しくて人当たりの良いハンサム君です。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-05-11 05:29 | フィレンツェという町 | Comments(5)

f0106597_06392055.jpg

昨日の早朝から急に始まった医療通訳のお仕事で(いつも急ですが)、今朝もフィレンツェに行っていました。
朝からの仕事の時にモチベーションを上げてくれるのが、美味しいカプチーノとブリオッシュのイタリア風朝ご飯。
f0106597_06414438.jpg

フィレンツェ中央市場の近くの、ナポリのコーヒーメーカーと豆を使っているという新しいナポリカフェに行ってみました。
カウンターにはピカピカに磨かれたIZZOというメーカーのエスプレッソマシン(豆も焙煎しているらしい)が置いてありました。カプチーノ、美味しかった♩今度はコーヒーを飲んでみようと思います。
f0106597_06440057.jpg


ふと足元を見ると、誰の犬か判らないのですが、ワンコがピッタリ♩どうやら背中をなでて欲しいらしい。なでてあげると、次のお客さんの所に行ってました(笑)。
働いている人は勿論、お客さんもナポリ人の割合多しで、朝から軽快なお喋りが心地よい、明るくて気持ちの良いバールでした。

MO' SI
Via Nazionale 106, Firenze
フィレンツェ中央駅から、Via Nazionale を進み、右手106番地です。高い天井とモザイク模様の内装が目印。

f0106597_06452550.jpg

昨日から通っているフィレンツェのドゥオーモ近くにある救急病院。
廊下に、アレッサンドロ・アッローリのフレスコ画、「井戸のそばのキリストとサマリアの女」(1577年)。こんな作品のオリジナルが、ピラッと病院の廊下に残されているのが何ともフィレンツェらしいです。

明日からの一週間、頑張りましょう。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2017-05-08 06:52 | フィレンツェという町 | Comments(0)

交通事故に遭遇しました

いえいえ、私が事故にあった訳ではないので、ご安心下さい。

今朝、医療通訳の仕事に向かう途中、ちょっと約束の時間よりも早めだったので、ノンビリ歩いていたら、ストロッツィ宮殿の前で、目の前を走っていたマダムのスクーターがバーンと横転しました。私も含め、周辺に居た人が5〜6人がパッと駆けつけました。「痛いっ!」と叫ぶシニョーラの足を見ると、くるぶしから下が、スクーターの下敷きに!皆でスクーターを持ち上げている間に、私が携帯で救急車を呼びました(←結構、得意分野)。イタリアの救急車は118です。
最初に、事故が起こった通りの名前と番地を伝え、状況を伝えて、けが人の性別と年齢を伝えました。意外と早く、7〜8分で救急車が到着したので、ホッ。

どうやら、車を追い越そうとした時に、(マダム曰く)前を走っていた車が横ぶれしたとか。それを避けようとして横転したんだって、激怒していました。車の運転手も、全面的に非を認めた訳ではないけれど、とにかくその場に居て、救急車を一緒に待ってくれました。

救急車を待っている時、怪我をして1人で道に座っているのって、凄く不安で恥ずかしいから、やはり横に一緒に座って話をしてくれる人が居ると少し気持ちが落ち着くと思います。

ようやく救急隊員が来て、テキパキストレッチャーの準備を始めたので、私はそのまま仕事へ。幸い、時間より早めだったので、アポには遅れることなくセーフ。

私も車を運転していて、横をスイスイ抜いて行くスクーターにヒヤリとすることが何度かあります。ホント、車も、スクーターも安全運転が大事ですね。
マダムの怪我が大したことでないと良いけれど・・・

今日のご飯当番は私。一昨日到着されたお客様から三つ葉とごぼうを頂いたので(嬉)今晩は、きんぴらごぼうと親子丼にします♩

by lacasamia3 | 2017-05-06 01:26 | フィレンツェという町 | Comments(1)

f0106597_06194133.jpg


昨日は、アパートのチェックインの前に時間があったので、ミケランジェロ広場のそばにあるアイリス庭園を訪れました。
毎年、4月半ば〜5月半ばまで開園しています。今年は5月20日まで。

ここは、イタリア・アイリス協会が運営していて、毎年、アイリスの品評会として、この庭園を無料で解放しているのです。

f0106597_06211024.jpg
昨日はメーデー(イタリアは祝日なんです)だった為に、多くのフィレンツェ人が家族で訪れて、とても賑わっていました。
余談ですが、日本はメーデーは祝日じゃないんですね。すっかり日本も休みかと思っていました。

f0106597_06231871.jpg

さて、ここの庭園の楽しい所は、美しいアイリスをオリーブの木の下で愛でることができるという所だと思います。

f0106597_06265030.jpg
アイリスはフィレンツェのシンボルである花。ジーリオ(百合)とも呼ばれるフィレンツェのシンボルですが、実際には、フィレンツェ周辺に自生しているジャーマンアイリスのことなのだそうです。
市の警察から、市役所など、あらゆる市の施設や団体のマークとして使われています。

f0106597_06310338.jpg
品評会なので、世界中から集められた珍しいアイリスが並んでいました。
このアイリス、ちょっとあせた感じの色合いが素敵でした。

f0106597_06342548.jpg

花菖蒲も植えてあるようで、これからが楽しみです。

帰る時には是非、募金箱に有り難うの気持ちを込めて、数ユーロ入れてあげて下さい。
殆どボランティアによって管理されているので、なかなか大変な様ですが、「今年も綺麗なアイリスを見せて頂いて有り難う」の気持ちを込めて、私も少し寄付をして来ました。

アイリス庭園
Piazzale Michelangelo (ミケランジェロ広場の右横に入り口があります)
10:00-12:20 / 15:00-19:00 お昼休みがあるのでご注意下さい。
入場無料ですが、入り口に募金箱があります。
5月20日まで開催されています。


たびねすで、以下の記事をアップしました。
宜しかったら読んでください。写真は、去年、母と、母のお友達Tさんと一緒にチンクエテッレの遊覧船に乗った時のものです。楽しかったなー。





気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2017-05-03 04:11 | フィレンツェという町 | Comments(0)
f0106597_03153031.jpg

初夏の様な暖かい(というかちょっぴり暑い)日が続いていたフィレンツェですが、昨日の雨から、急に冷え込み、今日も何だか寒い一日でした。
昨日の真夜中のチェックインには、仕舞い込んでいたダウンコードを引っ張りだす程。

昨日、お隣のパオロが野菜の苗を沢山市場から買い込んで来てくれたけれど、昨日植えなくて良かった。
暖かくなるまでちょっと温室で待ってもらいましょう。
f0106597_03172187.jpg

それでも春。
キッチン前の葡萄の木は、蕾だった葉を開きました。


f0106597_03141478.jpg
ライラックの花は次から次へと咲き、切り花として部屋に飾れるのがとても嬉しいです。

さ、今日は早めに寝よう。
おやすみなさい・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2017-04-20 05:16 | フィレンツェという町 | Comments(2)

ブオナ・パスクア!

f0106597_19260142.jpg

今日はイースタ本番。そして明日もパスクエッタという祭日です。
毎年パスクワには雨が降るというジンクスがあるのに、今年は雨上がりの晴天!空気が澄んでいて、とても気持ちが良い日曜日です。

もう12時だからフィレンツェでは、既にスコッピオ・デル・カッロというお祭りは終わった所でしょう。
ラ・カーサ・ミーアのFacebookでビデオをシェアしますね。果たして、無事にば爆竹は景気良く弾けたかな?今年の豊作を願います。
f0106597_19290062.jpg

10年前に植えたライラックが去年から少しずつ咲き始め、今年は随分とは花が付きました。
とても香りが良くて、切り花として飾られるので嬉しいです。

私はこれから午後のチェックイン、そしてイースターランチではなく、自宅でイースターディナーを楽しもうと思います。

良いパスクワをお過ごしください♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2017-04-16 19:31 | フィレンツェという町 | Comments(4)
f0106597_07142643.jpg

何だか、春を通り越して初夏の様な光に満ちたフィレンツェです。
でも、寒がりの私はまだまだウールを手放せず(笑)。欧米からのツーリストは、皆、半袖、タンクトップ・・・。体温が違うのでしょうね。
我が家でも、アントネッロ側にはお布団1枚、私側に羽根布団2枚です。
いよいよ今週末はパスクワ(イースター)。でも私は仕事でフィレンツェです。翌日のパスクエッタは休みなので、家族で何処かに行けるかな?

明日は家で仕事と思っていたら、医療通訳が入ったので、このままフィレンツェでの用事を詰め込もうと思っています。

おやすみなさい・・・

追伸 4月から「たびねす」で旅行情報を書いています。宜しければご覧下さい♩
今回は、巨大猫が居るフィレンツェの庭園について・・・




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2017-04-14 07:17 | フィレンツェという町 | Comments(0)
f0106597_05081879.jpg
このままだと「パン日記」になりそうなので(笑)、たまにはフィレンツェの話題も・・・
先週の金曜日、ミケランジェロ広場の手前にあるバルディーニ庭園に藤を見に行って来ました。

f0106597_05100695.jpg
何故かいつも、藤はもっと遅くに咲くものというイメージがあって、見逃していたバルディーニ庭園の藤棚。
今年は、ようやく、見頃に間に合いました♩

f0106597_05120949.jpg
これ、これ!
上り坂になっている藤のトンネルです。平日の午前中だったからか、誰も居ない・・・
f0106597_05154369.jpg
片側からは,フィレンツェの街とアルノ河を一望出来ます。
f0106597_05380582.jpg
トンネルを外側から見た所。
f0106597_06203896.jpg
いつものカフェでカプチーノ。
ここの庭園のカフェは、眺めが良くてのんびり出来るので好きです。

f0106597_06213145.jpg

お二人さん、又フィレンツェにいらして下さい♩

f0106597_06231405.jpg

最後にもう一枚。
今年は1週間程早かったそうですが、通常も藤は4月中頃が満開なのだそうです。

バルディーニ庭園
Via Bardini 1, Firenze
入場料は一人7ユーロ。ピッティ宮殿内の銀器博物館、陶器博物館、衣装博物館、ボーボリ庭園との共通券です。
フィレンツェ市民は無料(庭園のみ)ですが、私は「フィレンツェの郊外在住」なので対象外でした(涙)。でもこの後駆け足で立ち寄った銀器博物館も見所満載で素晴らしかったです。メディチ家が所有していたジュエリーが展示されています。

今月のハレタルで、以下の記事をアップして頂きました。水車小屋、今年もしかすると稼働出来るかも??
宜しかったら読んで下さい。

水車小屋の「修復」計画と私たちの夢


人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-04-11 06:28 | フィレンツェという町 | Comments(7)

f0106597_03534071.jpg
今日は朝からアパートのチェックインで、フィレンツェに行っていました。
今回のご到着は、大学生のお嬢さんとお母様のお二人。アパートから見えるアルノ河の眺めを喜んで頂けて嬉しいです。
丁度お昼時間だったので、パスタがおいしいお店ヴィヴァンダへご一緒しました。
すぐ近くにあるパスタフレスカ(生麺屋さん)が経営している小さなレストランです。
f0106597_03545512.jpg
コレが美味しかったなー。
カッペッラッチという帽子型(円形)のラビオリで、中にはリコッタチーズが入っています。ソースはキノコとブッラータというチーズ。
f0106597_03572217.jpg
ちょっとスープも食べたいね♩と言う事で、カボチャのスープ。ジンジャーが利いていて、飲んでいると体が温まって来ます。テーブルパンも美味しくて、コレはまた、次回食べに行きたいと思います。

f0106597_03595538.jpg

紫キャベツのリゾットも優しい味。
お皿をもらって、ちょっとずつ色々味見できました。

メニューには、ベジタリアンのお料理が豊富で、オーガニックワインの種類も沢山揃っています。
美味しいラビオリが食べたくなったら、このお店がお勧めです♩

VIVANDA
Via Santa Monaca 7/r Firenze
月曜〜日曜

f0106597_04051281.jpg
お客様と別れた後、学校帰りのユキと合流して、買い物をしている途中、こんなパレードに遭遇しました。
あ、今日、3月25日はフィレンツェの旧正月だったのでした!

f0106597_04131818.jpg


フィレンツェでは1582年にグレゴリオ暦が制定された後も、1739年にロレーヌ候フランチェスコ3世が改正し、新年を1月1日とするまで、167年間、頑固に旧暦を使い続けるのです。

f0106597_04161558.jpg

この人たち、本当にこういう仮装をすると洒落にならない。
絵画からそのまま飛び出した様な、本物感が出てます。


さあ、いよいよ今夜、サマータイムが始まります。1時間睡眠時間が消えてなくなってしまいますが(涙)、日が長くなり、楽しい春の始まりです♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-03-26 04:20 | フィレンツェという町 | Comments(4)
f0106597_06051905.jpg

昨日は一日フィレンツェでした。
午前中はドゥオーモ周辺に居たのですが、お昼にサンタンブロージョの市場へ。
花屋さんにはやっと色とりどりの花が並び、すっかり春の模様です。
f0106597_06063352.jpg
あ、ネギが売れてる。
パプリカは一応並んでいるけど、まだまだ季節じゃないものね。今の旬は、菜の花、ほうれん草、ビエトラなど。アーティチョークはもうそろそろおしまいです。
f0106597_06085075.jpg
サンタンブロージョでお昼時間に当たったら、自然と足が向くパニーノ屋さん「セメル」。
ああ、相変わらず素敵。
f0106597_06093899.jpg
日替わりメニューです。
おじさんの気分と季節の食材で変わります。

f0106597_06122167.jpg


私が選んだのは、il panino con lo sgombro e scaglie di carciofi al limone( サバとアーティチョークの薄切りレモン風味のパニーノ)。レモンでマリネされたアーティチョークがサバの臭みを消してくれて、何とも言えない素晴らしい相性。

おじさんに、「さあ、飲み物は・・・」と聞かれて、「ガス入りのお水!」と答えたら無視され(笑)、また「さあ、飲み物は・・・」と思う一度聞かれて、「えーっと、し、白ワイン!」と答えたら「大変よろしい」とグラスの白ワインが出て来ました。真面目な顔して冗談を言うおじさんです。あ、私は良く行っているので、からかわれますが、普通のお客さんには優しく普通に対応してくれるのでご心配なく。
それにしても、パニーノ4ユーロ、グラスの白ワイン1ユーロ、合計5ユーロとは、素敵なお値段です♩

Semel
Piazza Lorenzo Ghiberti 44r, Firenze
11:30-15:30 日曜定休
 
人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2017-03-18 06:19 | フィレンツェという町 | Comments(2)