フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:フィレンツェという町( 268 )

観光を考える

f0106597_05544606.jpg

今年の9月、10月のフィレンツェは、今までに見た事がない程の混雑振りの様な気がします。
混んでいるのはほんの1部のエリアではあるのですが、カルツァイウオーリ通りやドゥオーモ広場、シニョリーア広場は勿論の事、コルソ通りとか、サンタトリニタ橋とか人が一杯!ウフィッツィ美術館やアカデミア美術館の行列も凄い事になっています。
ちょっと外側に出れば、本当に落ち着いた街なのに、皆、街の中心部しか見ないで帰っちゃうなんて勿体無いなあと思います。

後1ヶ月程でオフシーズン。
年末年始を除いて,2月末まではツーリストがグンと減り、フィレンツェが本来の姿を取り戻す、私が大好きなシーズンです。

ゆっくり滞在されたい方には、11月や1月、2月がお勧めです。最近は暖冬でそれ程寒くないし。
たった2泊や3泊ではなくて、少なくとも1週間はアパートに滞在して、ゆっくりとフィレンツェを楽しんで頂けると良いな。そんな旅の仕方を広めて行きたいなあと思っています。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2017-10-03 06:03 | フィレンツェという町 | Comments(2)

フィレンツェでアペリ

f0106597_15462475.jpg


昨日は夕方から仕事も兼ねてフィレンツェに行ってきました。
お友達のMちゃんと一緒にアペリ。1軒目のお店を出たら、ドンドンと太鼓の音が聞こえて、おおーパレード!
何のお祭りだったんだろう?
f0106597_15505064.jpg


足元が可愛いーとMちゃん。
確かに、ひげ面のおじさんもいるのに、足元は可愛い。
f0106597_15533855.jpg
夕暮れのポンテヴェッキオをポンテ・アッレ・グラーツィエから眺める。

f0106597_15560913.jpg

2軒目!
私は運転手なので、ノンアルコールで。
あー、喋った、喋った。フィレンツェでの日本人のお友達は余り多くないのですが、こうして長い年月付き合ってくれる数少ないお友達に感謝です。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2017-09-24 15:57 | フィレンツェという町 | Comments(3)

思い出のカフェ

f0106597_01234883.jpg
今日は雨のフィレンツェ。
アパートに到着するお客様を待ちながら、オヤツタイムです。
f0106597_01254692.jpg

懐かしいカフェノッテ。 サントスピリト界隈にあるカフェです。 20年前、 アントネッロや友人たちと、良くここの夜中のホットチョコレートを飲みに来ていました。

f0106597_01343462.jpg

チョコレートケーキも美味しいです。
お昼は自家製のフォカッチャもあるみたい。 懐かしさ一杯でした。

CAFFÈ NOTTE
Via delle Caldaie 18

by lacasamia3 | 2017-09-19 01:22 | フィレンツェという町 | Comments(0)

今日のフィレンツェ

f0106597_03190897.jpg
チラリと今日のフィレンツェ。


by lacasamia3 | 2017-09-09 03:18 | フィレンツェという町 | Comments(2)

フィレンツェは雨の予感

by lacasamia3 | 2017-09-08 02:35 | フィレンツェという町 | Comments(0)
f0106597_04012497.jpg
今朝のフィレンツェはちょっと涼しくて爽やかでした。
余り汗をかくことは少なくなってきたかも。早朝は半袖だとちょっと寒いくらいでした。
バカンスから戻ってきた人半分、まだバカンス中の人半分という感じです。

f0106597_04043259.jpg
立ち寄ったカフェ、ディッタ・アルティジャナーレでも、こんがり日焼けしたバリスタの女の子が「2週間バカンスに行ってたの。今日が復帰1日目」と言っていました。(ラテアートしてくれた♩)
f0106597_05194162.jpg
街で見かけた標識。コラコラ。車を運転する私としては、「標識は遊ぶものではありません」と言いたい。でもこれは不覚ながらちょっと笑った。
f0106597_05252937.jpg
道が急に渋滞していて何事かと思ったら、道の真ん中でワンコが用を足していました(笑)

f0106597_05310443.jpg


あーあ、バスも来ちゃった。皆でワンコをじっと待ってた、のどかなフィレンツェです。

最新の更新記事のお知らせです。お読み頂ければ嬉しいです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2017-08-31 05:33 | フィレンツェという町 | Comments(0)
f0106597_07035609.jpg
もう10日以上前の話になりますが、私たちがプーリアから戻ってきてすぐに、土鍋作家の友人、Tamamiさんがトスカーナに立ち寄ってくれました。
我が家でパンを一緒に焼いたり、森に薪を取りに行ったり・・・

最後の日は、彼女思い出のサントスピリト地区を一緒にプラプラしたり。
f0106597_07080602.jpg
職人さんと一緒だと、目に付くものが随分違う。
最近流行りのコワーキングスペース。
f0106597_07084868.jpg
ここは、道具やちょっとした機械も入れた職人専門のコワーキングスペース。
f0106597_07111270.jpg



夏休み直前でギリギリ開いていたイル・グッショで、美味しいランチを食べながら、話は続く。

f0106597_07122543.jpg
ふと、フィレンツェの老舗のブロンズと大理石の彫刻の工房ロマネッリのことを思い出し、ヴェッキオ橋の真ん中にある、1500年代の彫刻家ベンヴェヌート・チェッリーニの銅像を、1901年にラッファエッロ・ロマネッリが作ったという話から・・・・

f0106597_07052427.jpg
何故か巡り巡って、彼女がミラノに移り住む前、今から20年近く前、フィレンツェで一年間修行に通っていた工房の師匠が、その後、一旦、アルゼンチンに戻った後、プーリアに移り住み、実は私の友達だったということが発覚したのでした。
何とも不思議な縁・・・そしてやはり私たちは再会するべきタイミングで再び巡り会ったのだと実感したのです。

早すぎもせず、遅すぎもせず、丁度今というタイミング。
今回は、お互いの20年間を埋める様に、喋りまくったのでした(笑)。ちょっと最近、こんな不思議な出会いが続いていて、縁というものの不思議を感じています。

最新の更新記事のお知らせです。お読み頂ければ嬉しいです。


気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪







by lacasamia3 | 2017-08-17 07:55 | フィレンツェという町 | Comments(0)
f0106597_03031097.jpg
連日暑いフィレンツェです。
ここ数日は、毎日用事でフィレンツェに行っていますが、出来るだけ早朝に行って、昼前に山の我が家に帰宅する様に心がけています。それでも、今日は結局夕方までかかってしまいました。

今朝はサンミニアートアルモンテ教会へ。
観光名所のミケランジェロ広場のすぐそばなのに、訪れる人もそれ程多くなくて、静かな教会です。

f0106597_03061592.jpg
教会内を見学していたら、奥から、若い修道士が出てきて、反対側にいた修道士に向かって「パードレ」と呼びかけ、サッと一瞬ひざまづき、用事を小声で伝えていました。
一瞬の動作だったけれど、その所作が余りに美しくて、心を打たれる。

ふと、ウンベルト・エーコ原作の古い映画「薔薇の名前」を思い出した瞬間。

さ、明日も頑張ってフィレンツェに行こう!

最新の更新記事のお知らせです。お読み頂ければ嬉しいです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-07-14 03:13 | フィレンツェという町 | Comments(2)
f0106597_06253547.jpg


ユキは一昨日、高速バスでプーリアの海へ行きました。
そして、昨日は珍しく、私はアントネッロとフィレンツェで待ち合わせをして、デート♩
f0106597_06281517.jpg

向かった先は、ローマ門のすぐそばに今年の4月にオープンした日本料理店「イル・クオーレ」です。
この入り口からして、もうワクワク♩
実は、ここの経営者はとても若い日本人の方なのです。彼は厨房には入っておらず、ホールで、日本人スタッフの方と一緒にお店をしっかりと支えています。

f0106597_06363540.jpg


今回は、二人とも、一緒に、コース「心」でお願いしました。
コースだけでなく、単品で頼む事も出来ますが、コースだと品数がかなりあり、満足感がありました。デザートまで付いていてかなりお得です。
f0106597_06373152.jpg

お酒の種類も豊富です。今回は富山県の純米吟醸を頂きました(アントネッロは吟醸好きなんです)
ははは、特別にお願いして注いで頂きました♩彼女もブログを読んで下さっているんですよ。ウレシイ。

f0106597_06401354.jpg
美しく、そして1品ずつ全てがとても美味しかった前菜です。
上から時計回りに、冬瓜、魚のつみれ、インゲンの和え物、イチジクのゴマだれ和え、そして真ん中はオクラとプリプリの海老でした。
アントネッロは、白だしがしっかりしみた冬瓜が美味しかったそうです(し、シブい)。つみれも好きだったって。
私は、いちぢくかな?でもどれも甲乙付けがたい。

f0106597_06431818.jpg


お刺身も。こんなに美しくて美味しいお刺身を食べたのは久しぶりです。

f0106597_06443773.jpg
焼き物。この日はイシモチでした。
f0106597_06460411.jpg
白だしがヒタヒタにしみた煮物。
し、椎茸がこんなに美味しいとは。甘い醤油ダレばっかりが和食の味付けだと思い込んでいるイタリア人に、白だしの美味しさを知って欲しいなあって思います。アントネッロも感動していました。
f0106597_06482137.jpg
天ぷらは、本当にアツアツの揚げたてで出てきました。
そう!熱いものは熱く、冷たいものは冷たく頂くのが日本料理の基本ですもんね。アントネッロが食べながら「君が作る天ぷらとは全然別ものだ」だって(爆)。
f0106597_06502461.jpg

「心」コースにはお寿司も出てきます。久しぶりのイクラに感涙。
お寿司にはお味噌汁も一緒に付いてきます。
ここまでで、かなりお腹がはち切れそうなのですが・・・・

f0106597_06514586.jpg

スイーツは別腹!
抹茶アイスの下には、ほうじ茶のゼリーと白玉団子が隠されています。黒蜜をかけるのですが、甘過ぎない?とおそるおそる食べた所が!アイスとゼリーはかなり甘さ控えめなので、この黒蜜をかけて程良い甘さになりました。
このデザートもまた食べたい♩白玉団子のモチモチ感が忘れられません。

f0106597_07220474.jpg

次回は「真」コースも試してみたいと思います。
ここは本当にフィレンツェに住んでいる方に行って頂きたいお店の1つです。

大昔、私が留学していた頃には、「ドマーニ」という、どちらかというと定食屋さんと言った感じの日本食レストランが、この通り沿いにありました。他に和食を食べる事が出来るお店がなかったので、和食に飢えていた学生時代、そこで食べた豚カツ定食が格別に美味しかった事を思い出します。

イル・クオーレさんは、もう少し洗練されたお店です。
旬の野菜の味を活かした前菜、丁寧にとった白だしで炊いた煮物・・・。和食と言うと、鉄板焼き、お寿司、ラーメンしか知らないイタリア人に、ここのお店のお料理を知ってもらいたいな。

このお店は、まだオープンしたてですが、これからもこのスタイルを変えずに、和の文化をフィレンツェに広めて頂きたいと思います。
とっても美味しかったです。これからも、頑張って下さい!

イル・クオーレ Il Cuore - Ristorante Giapponese
Via Romana 123R, FIRENZE
火〜日 夜のみ 19:00-23:00
8月半ばから末まで夏休み

最新の更新記事のお知らせです。お読み頂ければ嬉しいです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-07-13 07:07 | フィレンツェという町 | Comments(4)
f0106597_21470404.jpg


少々早めですが・・・暑中お見舞い申し上げます。

日本も今年は相当暑い様ですね。
フィレンツェは・・・既に7月上旬で灼熱です(汗)。いったい、8月になったら、どの位暑くなるのだか?2013年の猛暑の再来だとか、色々と言われていますが、とにかく雨が降らない。
f0106597_21493928.jpg
昨日、ニューヨークから来て下ったアパート滞在のお客様と、朝ご飯を老舗のカフェ、ロビリオで頂きました。
それでも、朝は爽やかで気持ちが良かった!

さすがに暑いカプチーノは飲みたくないので、アイスのカフェオレ。コーヒーが美味しいから、冷たいミルクに混ぜても凄く美味しいんだなあ。氷は入れません。ロビリオのピスタチオクリームの入ったブリオッシュも美味しいです(クリームたっぷりでベトベトになりますが・笑)

お喋りをしながら、気持ちはメトロポリタンやMOMAへ・・・。ビデオアートが好きなユキにとって、ニューヨークは憧れの街です。
いつかユキを連れてNYに行けたら良いな!

<今日のフィレンツェのバール>
ロビリオ Robiglio
Via dei Servi 112/r Firenze
8:00-20:00 無休


最新の更新記事のお知らせです。お読み頂ければ嬉しいです。


気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-07-12 07:08 | フィレンツェという町 | Comments(1)