フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:イタリア高校生日記( 9 )

高校生とクロッキー

f0106597_19180876.jpg

今日は朝から曇りで、この空模様だと、夕方ざっと雨が降るかも。
連日の快晴で土がカラカラなので、畑にとっては恵みの雨になりそうです。

ユキは来週1週間で学校がおしまい。
ゆるゆるに見えるイタリアの高校ですが、入って見ると結構厳しくて、追試、落第は割と普通というスパルタです。でも何とか、クラスメイトと励まし合いながら、落第なしで無事に2年生に上がれそうです。

学期末テストが終わり、本人はユルユルモードに入りダラダラしていますが(笑)、先日は、休みだったのに、学校に行くリュックを背負って灼熱のフィレンツェに行きました。何処に行くの?と聞いたら、お友達3人で、フィレンツェの街角で、クロッキーをしに行くんだそうです。
うわー!懐かしい言葉「クロッキー」。動いている人の動作や表情を一瞬でとらえて紙に描写する速写画ですね。またいつかパリに行ったら、ロダンのクロッキー見せてあげたいなあ。

クタクタになって夕方帰宅したので、聞いたら、大好きな公園で、皆で踊りながらクロッキーをし合ったんだそうです。

何とも可愛い女子高生の楽しみ方。
ユキも、ユキのお友達も、お金を使わずに楽しむのがとっても上手です。

たびねすで、ボッティチェッリファン必見!足跡をたどるフィレンツェのお勧めスポット5 をアップしました。
宜しかったお読み下さい♩
特に、捨て子養育院のボッティチェッリの初期の作品「聖母子と天使」は、想像以上の素晴らしさでした。




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-06-05 03:49 | イタリア高校生日記 | Comments(1)

相談事

我が家では夕食時に結構色んな話をするのですが、昨晩、晩ご飯の時に、ユキが私たちに、あることを聞いて来ました。
親友のE君のこと。

凄く勉強が出来て、友達同士でも明るく何でも話せるE君なのですが、先生に指されて、皆の前で口頭試問をさせられると、全く答えられなくなっちゃうんだそうです。後で聞くと、バッチリ正解を言えるのに。
友人同士だと、普通に喋られるのに、先生の前だと(特定の先生ではなく誰でも)、もしくは大勢の人の前だと、緊張して何も言えなくなってしまうとか。イタリアの高校の場合、筆記試験だけでなく、口頭試問も半分の割合を占めているので、何も答えないと落第点を付けられ、筆記でかなり頑張って挽回をしないといけなくなります。

ユキは、何とかE君の力になってあげたくて、もう1人の親友Cちゃんと、色々緊張しない方法を調べているらしいのです。
私もユキも、人前で余り緊張する方ではないので、何とも良いアドバイスが出来ず・・・。

人前で緊張しない方法。
もし何か良いアイデアがあったら教えて下さい♩

by lacasamia3 | 2017-05-01 05:33 | イタリア高校生日記 | Comments(37)

ボンジョルノ

短所も、もっと頑張ろー!という所も沢山あるユキですが、小さい頃からの長所は、「有り難う」「どういたしまして」、「こんにちは」「さようなら」が割と、家でも外でも自然と出て来る事。

家族の間でも、(たとえお小遣い稼ぎでも・笑)ユキがお皿を洗ってくれたら、私も「有り難う」と言う様にしています。そうすると、私が洗濯物を渡す時、ユキも「有り難う」と言って受け取ってくれる。

バスに乗るとき、運転手に向かって「ボンジョルノ!」と大きな声で言います。これは私も同じく。
ユキ曰く、運転手によっては、ちゃんと「ボンジョルノ!」って返してくれる人もいれば、無視する人も居るけど、何も言わずに乗り込んで、背中越しに「ボンジョルノ」って向こうから言われると余計恥ずかしいから、自分から言うんだって。それで、無視されても全然恥ずかしくないの。

お年寄りや赤ちゃん連れの人がバスに乗って来たら、慌てて立ち上がる。
それで「次で降りるからいいです」って言われたら、全然恥ずかしくなくて、そのまままた「あ、そうですか」って自分の席にちょこんと座ってる。

些細な事だけれど、そんな姿を見ると少し嬉しい。

今日はアントネッロのお誕生日でした。
ケーキは作らなかったけれど、頂いた美味しい秋田の新米を炊いて、和食にしました。お正月にネタがなくなると封印していた筑前煮をとうとう作ってしまったー!(アントネッロはレンコンと里芋が好きなのです)。
筑前煮、カブの浅漬け、ほうれん草のおひたし、大根のみそ汁・・・彼の好きな物ばかりを並べたら地味〜な夕食になりました(笑)。

25年物の井戸のポンプがいよいよ壊れ、現在断水中・・・
明日アントネッロがポンプを買いに行くそうです。もうこんな状況も結構慣れっこになりました・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2017-03-28 07:00 | イタリア高校生日記 | Comments(8)

放課後の待ち合わせ

f0106597_19153333.jpg
記事が被りますが、一昨日の話。
久しぶりに午前中は、日本人の友人達と会い、子育ての事などで、ワイワイ楽しくお喋りをしました。皆、小さかった子供達は、中学生!早いものです。私は郊外に住んでいて、フィレンツェ在住の日本人のお友達って本当に少ないのですが、こうして元気で気兼ねなく付き合える友人は本当に貴重です。長く付き合ってくれる友達に感謝。

f0106597_19270793.jpg


その後、ユキと待ち合わせをして行った先は、私の和みの店、ボンディ♩
学校帰りに、フィレンツェでお昼を食べて来るとき、ユキも友達と寄っているらしく、お店のおじさんと顔なじみでした(笑)。

f0106597_20063575.jpg

私は、ジェノヴァペーストで和えたジャガイモとトマトとモッツアレラ、ユキは、スペックとモッツアレラのフォカッチャ。

女の子の親って、これくらいの歳は一緒にデートが出来るから楽しいですね。
男の子だったらなかなかこうは行くまい。

昨日は午前中に医療通訳、午後は、生憎の雨で石窯でパンが焼けなかったので、電気オーブンで焼きました。
美味しく焼けたけど、やっぱり石窯じゃないと物足りない!

今日はお天気が回復し、午後からフィレンツェです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2017-02-25 19:40 | イタリア高校生日記 | Comments(7)
f0106597_05501336.jpg

今日は、私は、朝に1件、夕方に1件のチェックインがあったので、一日フィレンツェでした。
ユキも、親友のCちゃんの誕生日だったので、フィレンツェに残ってお祝いして、駅で待ち合わせをして、一緒に夕方帰宅しました。

f0106597_05574173.jpg


学校の近くでお昼を食べた後、街を散歩して、ミケランジェロ広場まで歩いたんだそうです。
男子、女子、混合で、10人くらいで。夕方の6時頃帰って来たから、夕焼けもみられたかな?

ミケランジェロ広場の階段に座って、フィレンツェの赤屋根を見ながら夕日を見るなんて、青春〜!!!
イタリアの高校生にとっての青春の場所は、やっぱりミケランジェロ広場なのでしょうね。

明日はパン焼きに行って来ます!

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-02-22 05:59 | イタリア高校生日記 | Comments(1)

ガールズナイトの翌朝

f0106597_20152261.jpg
お泊まりだったEちゃんとCちゃんは、昨日、石窯ピッツァをとても喜んでくれました。
二人ともフィレンツェの街の中に住んでいるので、石窯で焼くピッツァが珍しかった様です。何でも好き嫌いなくモリモリ食べる子達でホッ♩
昨晩は12時頃まで賑やかでしたが、その後はシーンとなりました。うちに来る前に3人でフィレンツェでスケートをしに行ったので、結構疲れていたみたい。

f0106597_20190157.jpg
今朝は、なかなか起きて来ないので、薪ストーブに火を入れてお部屋を暖めたら、やっと降りて来た(笑)。化学反応のよう。
f0106597_20201337.jpg
朝ご飯はユキがクレープを焼きました。
お友達をお泊まりで我が家に呼ぶと、翌朝はパンケーキやクレープを自分で焼いてお友達に振る舞うのがユキの楽しみになっている様です。
今はまたお部屋に戻って賑やかー。

ピザも気に入ってくれたので、おばちゃん、お昼は手打ち麺のタリアテッレ作っちゃうよっ!
高校でも良いお友達に恵まれて、ユキは幸せです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪







by lacasamia3 | 2017-01-05 20:24 | イタリア高校生日記 | Comments(4)

イタリアの高校って

10月半ばからやっと本格的に授業が始まって来たイタリアの高校。
宿題も、テストのボリュームも結構増えて来ました。小学校、中学校時代は、要領の良さでなんとかこなして来たユキですが、ここに来て、毎日勉強をしなくては行けない事に気づき(遅いよ)、結構ちゃんと勉強してます。
イタリアの学校は小、中、高と成績は10段階。テスト以外に、授業中に当てられた時、ちゃんと答えられたかどうかというのも点数になります。「当てられた子だけが判断されたら不公平じゃない?」と聞いたら、結構、まんべんなく当てられるんだそうです。但し、トランプのジョーカーみたいに、3ヶ月に1度だけ、「勉強が出来無かったので、今回は飛ばして下さい」と自己申告をするという飛び道具(?)を使う事が出来るんだそうです。勿論、当てられてから申告するんじゃなくて、授業の最初に申告します。面白いなあ。
偏差値とかはなくて、テストも、例えば1回のテストで6題くらいの問題が出されて、それについて記述式で書くんだそうです。1つの問題に対して1ページくらいは書くらしい。

朝の早起きにも、電車&バス通学にも随分と慣れて来ました。たまに、学校の近くに住んでいるCちゃん宅にお昼にお呼ばれしたり、フィレンツェの図書館で友達と勉強してから帰って来たりします。まだ体力的にキツいようで、陸上はまだ再開出来ていないのですが、もう少し様子を見てみましょう。

プロフェッソーリ(先生達)はそれぞれ結構個性があって、物理の先生はとってもフレンドリーなアルゼンチン人の女性の先生、サイエンスはこれまたフレンドリーな男性の先生、数学はかなり気難しい女性の先生なのですが、ユキ曰く、「性格は悪いけど教え方は上手い」そうです(汗)。残念ながら美術の先生は、製図寄りの先生なので、アートについての情熱が足りないっ!とユキが嘆いています。美術史とか、教科書を読むだけなんだって。ちょっと残念。
英語のおばあちゃん先生は、もう定年ギリギリ(らしい)、で生徒の名前とかをすぐ間違えてしまうのですが、皆、生徒達は、大人目線で優しくスルーしているらしいです。

まあ、これから5年間のハイスクール生活、楽しみながら頑張って下さい。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2016-11-09 17:13 | イタリア高校生日記 | Comments(2)

学ぶということ

私がフィレンツェを離れていた間、ユキの高校では、今週から、auto gestione(アウトジェスティオーネ)という学生主体の運動が1週間限定で始まりました。
普通は、国の教育政策に対しての反対デモを行ったりするのですが,ユキの高校では、ちょっと違った視点でした。
まず、この活動は、授業を1週間ボイコットする訳なので、学校側は余り賛成ではないのです。でも事前に予告をした上で、行う分には、学生の権利の1つであるという事で、阻止はできない。殆どの先生は、テストなどはこの週に当てずに調整します。
一応、選ぶ権利はあるので、アウトジェスティオーネに参加しない学生は授業を受ける事が出来るのですが、その数は1割り程なんだそうです。
残り90%の学生達も、ちゃんと時間通りに学校に行きます。出席は、成人である5年生が取り、きちんと校長先生に提出します。なので、月曜日から土曜日までの6日間は、学生が自分たちで学校を運営するのです。

この1週間の活動のテーマは「学校が教えてくれない事を学ぼう」。

カリキュラムを見ると、外部からそれぞれの専門家を招いて、講演を行ってもらったり、ディベートをしたりします。

・EMERGENCYという発展途上国で医療行為を行っている医療チームによる講演
・ジャマイカ出身でイタリア国籍、フィレンツェ近郊在住の女子陸上のオリンピックメダリストによる講演
・在校生の母親でアルゼンチン出身の人による南米の現状についての講演
・近々行われる国民投票の賛成派と反対派によるディベート

これらはほんの一部ですが、様々な分野について外部から人を呼んで授業をやってもらうのです。

昨日は、同級生を交通事故で亡くした高校生のグループが作った団体の人が講演をしました。
フィレンツェで数年前に、バイクに乗った17歳の高校生が、無謀運転の車と接触して亡くなりました。その時の法律では、飲酒をしていて無謀運転をしたドライバーは殆ど罪を問われなかったのだそうです。判決を受け、被害者の同級生を中心に、当時の高校生グループが団体を作り、短期間で膨大な署名を集めて、無謀運転に関する法律の改正を訴えます。そして最近、法律が改正され、飲酒や無謀運転での事故の場合、重刑を課せられることになりました。彼らは今はもう成人しているけれど、その時の体験談を話してくれたのだそうです。

これらの講演をしに来てくれる人たちに対して、小額でも、学生達はきちんと礼金を払います。
そのお金は、年間で何回か行うバーベキューや、バザー等の活動で稼ぐんだそうです。稼ぎのうちの8割はフィレンツェの小児病院に寄付をして、残りの2割をこうした活動に充てているのだそうです。

5年生が主体だけれど、下級生もそれぞれ役割を分担され、ユキにも、今後、学生が、医療チームEMERGENCYのフィレンツェの支部を学生が訪問するイベントの企画運営が割当てられました。

高校に入ってから、何だかユキは、凄く活き活きしています。
どうやらこの高校がとっても合っているみたい。
毎晩、夕食の時に、その日に学校で起こった事を聞くのが結構楽しみなのです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2016-10-13 17:59 | イタリア高校生日記 | Comments(3)
先週、晩ご飯を食べながらユキが何気に、「あ、そうそう、今日、2年生のMちゃんから呼び出されてさ。覚えてる?中学で一学年上の先輩Mちゃん。今、同じ高校なの」
え、早速、先輩から呼び出し!!!(ドキッ)

「で、何だって」(ドキドキドキ)

「うん、なんか近々、マニフェスタツィオーネ(学生運動)をやるから、興味がある一年生は集会に来る様にって。」(爆)

マニフェスタツィオーネとは、労働者や学生等が行う抗議運動のこと。学校でやるから、学生運動かな。
ユキは凄く興味がある訳ではないけど、話だけは聞くと言っていました。

えーっと、親としては、ちゃんと学校の勉強をして、運動の趣旨を完全に理解して納得して参加するのであれば、別に反対する理由は見つからないし・・・
集会のことは学校側には気づかれない様にと言われたらしいけど、親には話しちゃうのが、うちの子だ(笑)。

「Benvenuti al liceo !! (高校へようこそ)」って感じです。
ちゃんと勉強するんだよー。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2016-10-04 02:11 | イタリア高校生日記 | Comments(2)