フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:GASな人々( 29 )

今日は、朝、アパートのチェックインに行き、昼頃に医療通訳が1本入り、ユキと一緒にバスで帰って来て、車で途中まで送り(家の前までは雪があって行けないので、途中から徒歩です)、そのままセルジョさん農園に行き、2台の車にリンゴを積んで、再びフィレンツェに行き、納品をして帰って来ました。ゼーゼー。
普段がノンビリペースなので、ちょっと盛沢山の一日でした。

f0106597_07425011.jpg
セルジョさんにお礼にリンゴ酢を頂きました。
しかも、メーカー品のバルサミコ酢の空き瓶に入ってる(爆)。
f0106597_07465642.jpg
リンゴジュースも頂いたんですが・・・

f0106597_07505308.jpg

これまた、トマトソースの瓶に入ってる(笑)。彼の再利用(イタリア語でリウーゾと言います)の精神、大好きです。

今日で今期のリンゴの納品は一旦おしまい。
来月からは、リンゴジュースだけフィレンツェに持って行くそうですが、それはセルジョさんの車だけでも行けるので、私はこれにて任務終了。また来年の9月に再開します。

いつも感心するのは、毎年いつも同じ人が同じ量、セルジョさんのリンゴを買ってくれる事。もう7年程になりますが、オーダーはジワジワと増えているものの、減る事はなくて、皆がセルジョさんのリンゴのファンで、彼のリンゴのクオリティを信頼してくれている事が嬉しいです。

さ,今日のうちに寝よう。
おやすみなさい・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-01-20 07:56 | GASな人々 | Comments(2)

GASで色々届きました♩

f0106597_02573127.jpg
クリスマス前にGASで色々な食材が届きました♩
シチリアからのオレンジ、レモンとアボカド。意外ですがシチリアって、アボカドの名産地なんです。熟したアボカドにレモンをちょっと搾って、オリーブオイルと塩で味付けしてクリーム状にしてパンにのせて食べます。
f0106597_03004812.jpg
ドーンと箱で届いたのは・・・ワイン10リットル。
赤と白、それぞれ10リットルずつ、合計20リットル届きました。美味しくてジャンジャン飲んじゃうので、お正月まで持たせる様にとアントネッロにキツく言いましたよ(笑)。

f0106597_03021014.jpg
これは、バッグ・イン・ボックスという最近イタリアで普及しているテーブルワインの容器。
f0106597_03080945.jpg
段ボールの中に蛇口が付いたプラスチックバックが入っていて、切り口を開けて蛇口を引き出し、そこからワインを注ぎ出します。常に中のバックが真空になるシステムなので、ワインを割と良い状態で保存することが出来ます。
f0106597_03085875.jpg
ジョー。
f0106597_03093760.jpg
グレーヴェ・イン・キャンティのオーガニック農家から取り寄せているワインです。
オーガニックのキャンティ。本当に美味しいの。GAS価格で10リットル箱が20ユーロ(って、1リットルあたり2ユーロ=約270円)。

10キロの果物が木の箱で届いて(コレさらにリサイクルします)、ワイン20リットルが段ボール+プラスチックバックで届くと、やはり1家庭から出るゴミの量は随分と違います。ワインは一番良いのはこちらから容器を持って行ってそこに入れてもらう方法ですね。でもこの農家さんはちょっと我が家から離れているので、箱でフィレンツェまで持って来てもらい、GASのワインの担当の人が、私たちの村まで持って帰って来てくれます。

近くの農家さんからソーセージも届きました。

ちょっと長くなったので続きはまた後ほど・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2016-12-27 03:25 | GASな人々 | Comments(0)

今年のリンゴは長く続く

f0106597_04265171.jpg

先日は、セルジョさんのリンゴの納品を手伝いに行きました。年内は最後の納品でした。
凄い霧だった!
我が家は少し標高が高いので、霧の上なのですが,下の道は今の季節は結構な霧が出ます。
f0106597_04284212.jpg
これはリンゴジュースにする用の小さなリンゴ。
最近、セルジョさんはリンゴ酢も作り始めました。1月の納品ではリンゴ酢も登場するかな?楽しみ♩
今年は「大収穫!」ではなかったのですが、お天気に恵まれて、リンゴの納品が長く続いています。1月まで納品が出来る年は久しぶりかも。セルジョさんは保存用の冷蔵庫を持っていないので、それでも長くて1月まで。それ以降は、リンゴジュースとリンゴ酢を売ります。
f0106597_04322819.jpg

家に帰ったらアントネッロがクレープを焼いていました。
パリ食べて、はまった料理が2つ。
1つは、ビストロで食べた付け合わせのポテト。恐らく丸ごと下茹でして、玉ねぎを各所に差し込み、バターを塗ってオーブンで焼いたのだと思うのですが、玉ねぎの風味が絶妙で、とっても美味しいのです。
もう1つが、クレープ。中には、ほうれん草とポロネギや、各種のチーズ等を挟みます。
この日、医療通訳が入りそうで、「うわー!残念っ!」っと思っていたのですが、他の通訳さんの手配が出来たので、私が行かなくなり、美味しい熱々のクレープを食べることが出来ました。

毎回、旅行に行くと何かしらレシピのバリエーションを広げるアントネッロ(笑)。いつか、インドとか、モロッコとか、韓国とか、思いっきり食文化の違う所に連れて行ってみたいな。何のお料理を習得してくるかな?

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪











by lacasamia3 | 2016-12-20 04:37 | GASな人々 | Comments(0)

今年もリンゴ係です

f0106597_17104204.jpg


今月からセルジョさんのリンゴの収穫が始まりました。
例年通り、リンゴ係として、フィレンツェのGASとうちの村のGASの両方のコーディネートをしています。
今年は、雹の被害もなく、雨も適度に降ったので、大収穫ではないけれど、順調においしいリンゴを収穫出来ています。
f0106597_17124979.jpg
自分が農家をやっている訳ではないのに、やっぱりリンゴがなっているのを見ると嬉しい。
f0106597_17132898.jpg
この子達も、健康な堆肥を提供してくれるので、果樹園に貢献しています。あ、落ちたリンゴ食べてる(笑)
f0106597_17141538.jpg
この日はうちの村のGASの納品で、4キロ袋×20袋で、合計80キロのリンゴを取りに行きました。
昨日は、セルジョさんと車2台で、フィレンツェの大小10のGASのオーダー150袋で、合計600キロ!を届けて来ました。リンゴジュース150本も。セルジョさんの農家に行って、車に積んで、1時間かけて山を下りてフィレンツェの街に行き、それぞれのGASのリンゴ係さんが取りに来たら、オーダーされた分を渡します。
リンゴの季節は、3週間に1度の割合で、このオーダーを行います。
昨日、フィレンツェのGASの受け渡しを公園の駐車場でやっていたら、通りがかりのとっても若そうな子供連れのお母さんが、「私もこの近くのGASに参加しているんだけど、次回のオーダーに参加出来る?」と声をかけてくれました。若い世代のGASが育っている事を嬉しく思います。

f0106597_17193853.jpg
セルジョさんから頂くお礼はリンゴ(笑)。

ちょっと小振りのリンゴですが、味は本当に抜群です。
次回のハレタルの記事は、リンゴをテーマに書いてみたいと思っています。またアップしたらお知らせしますね。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-10-28 17:25 | GASな人々 | Comments(0)

そしてディナーへ

f0106597_21131090.jpg


GASのお祭りでは、手作り石鹸を売っている人も居ました。
Aちゃんが買いたいというので、付き合って私も見に行ってみました。彼女は既製品のシャンプーを使わず、石鹸で頭を洗っているんですって。
f0106597_21144471.jpg
手作り石鹸で髪を洗い、リンスの替わりに、リンゴ酢をお水で溶いたものを髪に振りかけて乾かすんだそうです。
うわーやってみたいっ!と好奇心がムクムク。
思わず1個購入してみました。とても優しい良いにおいがします。イタリアには、エルボリステリーアというハーブの薬局がありますが、エルボリステリーアに入った時の匂いみたい(判り難いですが)。
また使ってみたらお知らせします。
f0106597_21253053.jpg

この後は、片付けをして、村の中にあるイベントスペースで夕食会。
全て、オーガニックの野菜料理です。
時計回りに左から、前菜:トマトのブルスケッタとズッキーニのフライのマリネ、プリモ:ズッキーニとズッキーニの花のラザーニャ、セコンド:インゲン入りのポテトサラダとほうれん草のキッシュ、ドルチェ:ヘーゼルナッツのケーキと人参のケーキ
f0106597_21274813.jpg
何故か、絵を描いて水車の仕組みを友人達に説明するアントネッロ。
今回のフェスタで、水車小屋を所有しているマダムが直して使ってくれるGASを探していたのでした。「水車を復元して、それで粉を挽いてパンが焼けたら楽しそうじゃなーい♩やってみたいね」と夢の様な話に盛り上がる私たちに、「直すことは、机上では可能だけど、そんなに簡単なことじゃないぜ」と構造を説明していたのでした。
水を差しつつ、いざとなったら結構アテになる人です。

ともかく楽しい出会いが沢山あった土曜日の午後でした。

今朝、アルファ君のお家に直してもらいたいパンツ5本を持って行きました。
フェスタで沢山注文が入ったようで、お直し待ちの洋服が山積みになっていました(笑)。アルファ君、頑張れっ!水曜日の夕方、取りに行ってきます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-07-18 21:34 | GASな人々 | Comments(1)

優しい時間

f0106597_18365893.jpg

昨日の夕方は、近くのボルゴサンロレンツォ村で、周辺のGASグループが沢山集まったお祭りがあり、私たちのGASも参加していたので、手伝いに行ってきました。
f0106597_18585466.jpg
GASって、普段は利益を上げる団体ではないし、自分たちが健康な食材を購入し、地元の有機農業を実践する小さな生産者を支援するということを目的にしています。
だから、特に人数を増やすことは逆に避けていた部分もあり(人数が増えすぎるとそれぞれのボランティアが大変になるので)、ここの村でGASが存在するのかどうかは、結構一生懸命調べないと判らなかったりします。
そのGASの精神を、今までGASに興味がなかった人たち、その存在を知らない人たちへ、シェアしましょうということで、今回は珍しく、地域のGASが集まるイベントとなりました。
f0106597_19035838.jpg
GASだけでなく、小麦農家や野菜農家など、生産者も集まったので、お互いに情報交換の良い機会にもなりました。顔を合わせて、励まし合って。
地元の環境団体や、様々なボランティアグループも参加しました。
f0106597_19062986.jpg
古本の交換会もありました。
f0106597_19084309.jpg
彼は、セネガルから1年半前にイタリアに来たアルファ君。10年間もセネガルで仕立て屋さんの仕事をしていたそうです。「ジーンズの裾上げもお願い出来る?」と聞いたら「勿論♩」と。うわー、とっても嬉しい! 実は、いつも裾上げをお願いしている村のおばあちゃん達が皆、バカンスに行っちゃって、セールで買った洋服を抱え、途方に暮れていたのです(私は、めちゃめちゃ不器用)。本当に助かる。ということで、明日早速、裾上げをお願いしに持って行きます。
イベントでも大人気で、沢山のオーダーが入っていました。彼のミシンの近くには、こうしてイタリアに色んな理由で来た人たちのリストがあって、それぞれの電話番号と自分の国でどんな職業に付いていたのかが記されています。色んな理由で国を離れて、イタリアに来る人たちが、誇りを持ってやっていた自分の元の職業をイタリアでも活かすことが出来ればと願います。
振り向くと、優しくてジェントルマンのアルファ君の足踏みミシンの周りには、子供達が群がっていました。

世の中には色んな人が居るし、世界から対立や憎しみは消えることはないけれど、少なくとも、昨日のこの広場では、皆が相手のことを思いやって、助け合う、優しい時間が流れていたと思います。

ちょっと長くなったので、続きは後ほど・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2016-07-17 19:21 | GASな人々 | Comments(4)
f0106597_02485336.jpg


昨日は、カラブリアから月に1度届く、美味しい赤玉ねぎの受け取りでした。
玉ねぎ係の私は、カラブリアからトラックを走らせきたミンモ君との待ち合わせの場所に車で行きました。
カラブリアのトロペアという場所は赤玉ねぎの名産地。トロペアの玉ねぎの苗はトスカーナでも買えるけれど、やっぱり気候や土が違うのか、こちらの畑で育てても、こんなに甘くなりません。

スープにしたり、薄切りにしてサラダに入れたり、フォカッチャの具にしたり・・・大量の玉ねぎは丁度1ヶ月でなくなります。

地元の農家を支援する事はGASの基本だけれど、ミンモ君のように、カラブリアで真面目に有機農業をやっている小さな農家を支援するのもGAS。理想は、カラブリアに活発なGASが根付く事だけれど、まだまだなのだそうです。

f0106597_02515729.jpg
玉ねぎをオーダーした人に一束ずつカモミールをオマケにくれました。
カモミールは土壌を良くするのだそうで、畑に植えているのだそうです。車の中がとっても良いカモミールの香りで一杯になりました。

いつか、カモミールが咲き乱れる玉ねぎ畑を見に行ってみたいな。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2016-05-09 02:55 | GASな人々 | Comments(0)
f0106597_06054091.jpg


カラブリアのミンモ君がトラックで、フィレンツェのGASにオレンジとスカローニョを届けてくれました。
彼が持って来てくれたのは、ベッレ・ドンネという遅く収穫されるオレンジ。今の季節から6月くらいまで収穫出来るそうです。皮が厚くて剥き易く、甘みが強いのが特徴です。

f0106597_06074568.jpg
一緒に持って来てくれたこちらは、scalogno (スカローニョ)、日本ではエシャロットと呼ばれる野菜に良く似ていると思います。
炒めたり、フォカッチャの具にしたり。
どっさり、この大きな一束で5ユーロ、オレンジは10キロ箱が15ユーロです。

まだまだイタリアでは、旬の果物や野菜は買い易いお値段です。

早速、「母の日」のプレゼントの、カッティングボードヘラのご注文を頂いて感謝です。届くのが楽しみ。
また、近々、アントネッロの工房に行って、彼がゴッツイ手といかつい顔でこのラブリーなキッチンツールを作っている所をお見せしたいと思います。
 
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2016-03-19 06:14 | GASな人々 | Comments(1)

みかんの季節です

f0106597_01064022.jpg
シチリアからは既にオレンジが届き始めたのですが、カラブリアからおみかんも届きました。日本の温州みかんに似ています。甘くて、でも酸っぱみもあるかな?イタリア語でみかんは、clementine(クレメンティーネ)。このみかんは、カラブリア州のVibo Valentiaという海に近い場所で、赤玉ねぎを作っているミンモ君が持ってきてくれました。
f0106597_05115482.jpg
大きさもまちまちで、熟れ具合も微妙に違います。
全部同じ大きさで同じ味より、ちょっと酸っぱいのから甘いのまで幅がある方が美味しく感じる事、GASに参加する様になって、気づきました。

今年は随分と参加者が増え、毎月シチリアから来るオレンジの量も、初回75箱、900キロ(!)に達し、先日、10人で仕分け作業をしてきました。一旦、トラックで届いたオレンジを、メンバーのAさんのガレージに並べます。そして、それぞれの家庭がAさんの所に取りに行きます。900キロのオレンジが2日間で綺麗にそれぞれの家庭に引き取られて行くって凄いなあと思います。
イタリアでは、誰かが仕切ってルールを作ると全然守らなくて物事が進まないのに、ルールがないと自然と皆が力を合わせて案外物事が上手く行っちゃったりする国。GASも、別にマニュアルとかがある訳でもないのに、何となくそれぞれが力を合わせて、上手く回っています。やめる人が居なくて、新たに参加したい人が増えてる。

私はGAS(Gruppo di Acquisti solidali ) という有機の農産物の共同購入グループに参加して、もう何年も経ちますが、この運動は一過性のあるものではなく、これからも変わらず続いて行くのではと思います。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2015-12-02 05:24 | GASな人々 | Comments(6)

リンゴはおしまい

f0106597_06143349.jpg
今日は午後からリンゴ農家のセルジョさんを手伝って、フィレンツェのGASにリンゴを届けに行きました。リンゴ5キロ袋×80袋で合計400キロ。これにリンゴジュースが150本。2台の車に積んで、持って行きます。
いつもの待ち合わせの場所はサッカースタジアムの駐車場。

本当はこの倍のオーダーがあったのですが、セルジョさんのリンゴがもうこれだけしかないので、それぞれのGASのオーダーを平等に削りました。これも私の役目。それぞれのGASのリンゴ係の人に、「ねえ、セルジョのリンゴが終わっちゃったけど、これからリンゴはどうするの?」って聞いたら「こんな美味しいリンゴに慣れちゃうと、他のリンゴが食べられないの。だから、リンゴはもうおしまい。オレンジを食べるわよ」と言っていました(笑)。確かに。

今年は少なかったけれど、来年の豊作に期待しましょう♩

セルジョさん、お疲れ様。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2015-11-20 06:19 | GASな人々 | Comments(1)