フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ローマ プチ情報( 40 )

ローマ散歩

f0106597_252585.jpg

今日はここに居ました。
f0106597_253084.jpg

ここにも
f0106597_253274.jpg

ここにも
f0106597_253412.jpg

ここにも
f0106597_253556.jpg

美味しいものを食べて
f0106597_253764.jpg

楽しいローマの1日。
どこも空いていて、2月上旬のローマは最高です♪
f0106597_25399.jpg

今、列車で戻っています。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2015-02-04 02:34 | ローマ プチ情報 | Comments(5)
f0106597_1833051.jpg



ボルゲーゼ公園で見たローマ松。
こういう風景を見ると、やっぱりローマだなあって思います。フィレンツェと違う。フィレンツでだったら糸杉だと思います。
そして、それぞれの街のこういう特色が残っている所が素晴らしいなあと思うんです。


f0106597_18332137.jpg



今回、2泊目に泊まったのは、新しく紹介し始めたローマのお勧めB&Bアルテア・インです。入り口は普通の建物なのですが、中はこんなに素敵♩


f0106597_18334672.jpg



ウエルカムスプマンテもあり、3部屋全室にプライベートテラスが付いているのも、ここの魅力です。これだけ魅力的なのに、料金が良心的だから、11月上旬までと年末年始は既に埋まっています。でも11月半ばから12月半ばまではまだ空きがあるようです。


f0106597_18341487.jpg



そしてここのもう一つの魅力は、イケメンオーナー、アレッサンドロ君が心を込めて作ってくれる朝ご飯。「僕、朝ごはん作るの好きなんだ」と本当に嬉しそうに言っていました。
地下鉄B線のピラミデ駅から徒歩5分、イタロでフィレンツェまでも行けるオスティエンセ駅までも徒歩圏内です。


f0106597_18345720.jpg



そしてオスティエンセ駅には大型のETALYが入っていて、イタリア中から集められたこだわりの食材や可愛いキッチン雑貨を買うことが出来ます。週末はかなり混むけど、平日は空いていると思います。
空港行きの列車もここから出ているから、ここで帰りのお土産を買うのも良いかも。
ここで楽しみすぎて、飛行機に乗り遅れないようにご注意です!!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-09-30 18:31 | ローマ プチ情報 | Comments(5)
f0106597_192283.jpg



この教会は、サンタマリア・イン・コスメディン教会。


f0106597_19232995.jpg



この方がいらっしゃる教会です。
柵の中に入って写真を撮るためには長ーい行列があります。


f0106597_192629100.jpg



でも実際に教会の中に入る人は少なくて、皆、真実の口に手を入れて写真を撮って帰っていきます。この小さな可愛らしい教会は、紀元後6世紀に創立されたとても古い教会。その後、8世紀に今の建造物に立て直されます。1300年代にギリシャからイタリアへ聖像破壊運動で追われてきた修道士たちがこの教会に集ったため、その後、ギリシャ系の教会となっています。


f0106597_19272594.jpg



さて、教会を左手に見て、河沿いをさらに下流側に歩いていくと、左手にS. SABINA教会他4つの教会への黄色い矢印が出ている坂道があります。
そこを登っていき、登りきったところを右手に進むと・・・


f0106597_19281435.jpg



とっても可愛い公園、Giardino degli Aranciがあります。ここから眺めは最高!


f0106597_19284778.jpg



そしてさらに、公園を出て、右手にそのまままっすぐと進むと、ちょっとした広場に、人が群がっています。


f0106597_19291322.jpg



皆、何やら覗いています(?)


f0106597_1929218.jpg



この鍵穴から。私も覗いてみます。すると・・・


f0106597_19295081.jpg



ほらっ!


f0106597_19302889.jpg



こんな素敵な庭園が見えるのです。
心を打つような美しい風景。ココは、Villa Priorato di Malta。一般公開されていない、マルタ騎士団所有の邸宅です。
肉眼で見る方がもっとよく見えるのですが(人間の目ってカメラより優秀・笑)


f0106597_19314012.jpg



カメラをちょっと下向きにずらしてみると、あっちょっとだけ写った!
そう、サンピエトロのクーポラが見えるのです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-09-26 19:57 | ローマ プチ情報 | Comments(7)

ローマの街角にて

f0106597_3241490.jpg



フィレンツェとローマの違いって、何とも説明できないけど、やっぱり空気が違う、そして人が違う。フィレンツェ人のきっちりした所(ローマ人に比べてという意味で)も好きだけど、ローマ人の大らかさも好き。@Via Governo Vecchio, Roma


f0106597_325430.jpg



ローマで何度バールに入ってコーヒーを飲んだことか。
友人とおしゃべりしながら、一人でぼーっとしながら・・・。コーヒーを飲みながら周りの風景や人々を観察するのも旅の楽しみのひとつ。@Caffè Chiostro del Bramante, Roma


f0106597_3254593.jpg



青い空とドラマチックなまでの雰囲気のある建造物。@Fontana di Trevi, Roma


f0106597_3261844.jpg



週末の公園は、家族連れで賑わいます。@Villa Borghese, Roma


f0106597_3281783.jpg



こういうの、きっとローマ時代のオリジナルの噴水だったりするんだろうな〜。


f0106597_3303991.jpg



ヨッちゃんが「かき氷食べる?」と教えてくれたお店。@Chiosco alla Fonte d'Oro, Ponte Garibardi, Roma


f0106597_3311411.jpg



イタリア語でGrattachecca(グラッタケッカ)と呼ばれるかき氷。大きな氷の固まりを、お兄さんが手で削っています。手で削るから、氷の粒が不揃いで、それが余計に美味しくしてくれるのです。レモンシロップをかけてもらいました。最高っ!


f0106597_3314135.jpg



まだ夏の余韻を残しながら、ちょっとずつ秋が深まるローマです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-09-25 04:40 | ローマ プチ情報 | Comments(1)
f0106597_321412.jpg



今回のローマ訪問のお題は、「バチカンやコロッセオだけではないローマを発見しよう!」でした。
ローマでのパートナーyoshikoさんの案内で、グルグル回った今回のローマは本当に楽しかった!


f0106597_2492265.jpg



まずはトラステーヴェレのオステリア La Gensola。
のんびりしていて本当に癒されます。


f0106597_332142.jpg



突き出しで出てきたパネッラも美味しかった!
ひよこ豆を乾燥させて粉にしたものを練って、切り分けて揚げたものです。シチリア菓子がデザートにも並んでいたから、シェフがシチリア人なのかも。


f0106597_325311.jpg



写真はヨッちゃんが頼んだアマトリチャーナ。パンチェッタとトマトソースのローマ名物のパスタ。私は大好物のカーチョ・エ・ペーペ(チーズと胡椒だけのシンプルなパスタ)。
こういう、フィレンツェでは食べられなくて、ローマに来ないと食べられないというものって結構あります。
ああ、幸せ。勿論、昼間の気軽なお店では、パスタだけで出て行っても十分OK!


f0106597_34645.jpg



いつ訪れても地元の人で賑やかな、サンタマリア・イン・トラステーヴェレ教会の前の広場。
教会の真向かいにあるサバティーニのカルボナーラは絶品らしい(ヨッちゃん情報)。今度是非食べにいかなくてはっ!


f0106597_341912.jpg



教会の前では子供たちがサッカーをしていました。


f0106597_305680.jpg



今回、1泊目に泊まったのは、テルミニ駅から200メートル、VIA CAVOUR沿いにあるお手軽なb&b。とても清潔で何よりオーナーさんがとっても親切で良い人。
近々、サイトでも紹介します。

ローマグルグルレポート、まだ続きます。
人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-09-24 03:31 | ローマ プチ情報 | Comments(7)

ローマです。

f0106597_17405251.jpg

お早うございます。
昨日から仕事でローマに来ています。上出来のお天気!
f0106597_17405396.jpg

ローマをグルグルして、観光名所だけではないローマを沢山見つけたいな。
マルチェロ・マストロヤンニ発見!
f0106597_17405464.jpg

アポ待ちの間、ボルゲーゼ公園のバールでコーヒータイム。
明日、フィレンツェに帰ります。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-09-21 17:32 | ローマ プチ情報 | Comments(10)

古代エジプト好き♪

f0106597_025346.jpg



さて、ローマ二日目は、バチカン美術館に行きました。
通常、日曜日はお休みなのですが、毎月最終日曜日は無料で午前中だけ開いているのです。相当混むことは予想していたので、他に行こうと思っていたのですが、ユキちゃんがどうしても行きたがっていたので、敢えて行くことに。
いや~、避けた方が良いです。たとえ無料でも。鬼のような混み具合で(イタリア人ばっかり・笑)、システィーナ礼拝堂も通り過ぎるような感じでした。せっかく行くのであれば、入場料を払ってでも、通常の日に行った方がゆっくり見られると思います。


f0106597_026770.jpg



激混みのシスティーナ礼拝堂やラッファエッロの部屋には余り興味を示さなかったユキちゃんですが、一番興味を持ってじっくり見ていたのは、古代エジプトの展示でした。
先入観がないって良いな~。


f0106597_0263326.jpg



確かに、後期、エジプトってローマ帝国の一部でもあったんですよね。エジプトで栽培された小麦がローマに運ばれたりしていたし。エジプトにはまりすぎてローマにピラミッドを作っちゃったローマ人も居るし。
なかなか興味深い美術品が沢山ありました。


f0106597_028495.jpg



図書館で古代エジプトに関する本をいつも借りて読んでいるユキちゃんからは、私たちが知らないような神様の名前がポンポン出てきます。「象形文字の中で、丸で囲ってある部分は、ファラオの名前なんだ。悪い霊が憑かないように、守ってるの」なんだそうです。

興味があるものに対する小学生の吸収力って凄いです。


f0106597_0293351.jpg



地図のお部屋も喜んでいました。
多くのイタリア人は、自分の街の地図の前で記念撮影をしていました(笑)。ユキちゃんも同じく。

楽しかったローマの休日。ユキちゃんにとっても大きな刺激になったようです。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-11-29 00:42 | ローマ プチ情報 | Comments(9)
f0106597_0272923.jpg
先週末は、家族三人で友人に会いにローマに行ってきました。
実はユキちゃん、今週も学校の遠足でローマに行くのです。先生たちが一生懸命、抽選に応募してくれたお陰で(笑)、政治の中心であるクイリーナーレと呼ばれるイタリア共和国大統領官邸にご招待されたそうで、凄く張り切っています。イタリア憲法も暗記してバッチリ!
一方、週末に私たちと行ったのは純粋に観光だったので、街歩きを楽しみました。


f0106597_028462.jpg



お昼頃にローマに着く列車で行ったので、先にB&Bに荷物を置いて、お昼ご飯。
駅の近くのPizzeria del Secoloに行きました。切り売りピザがおいしいお店です。本当に美味しかった!特にパリジーナという名前のフォカッチャ(右上)が一番美味しかったです。威勢の良いお兄さんが、トースターで温めてくれます。

Pizzeria del Secolo
Via Palestro 62, Roma


f0106597_029163.jpg



今回の一日目の目的はコロッセオ。この時期は空いているので、それほど並ばずに入れます。


f0106597_029402.jpg



コロッセオって、地下の部分がかなり複雑なんですよね。色んな仕掛けがあったようです。


f0106597_0313312.jpg



街の中に、こういう遺跡がドーンとあるローマって、やっぱり不思議な街。


f0106597_0321214.jpg



勿論、午後のおやつはジェラート。しかも生クリームのせ!


f0106597_033695.jpg



夜のトレビの泉はとても幻想的です。
アントネッロが、「普通の建物の下にこういう空間を造ろうって言う発想が凄いよな」と言っていました。確かに。信じられないようなフツーの街角に、いきなりこの不思議な空間が登場するんです。ローマという街を象徴するようなモニュメントです。

この後、テスタッチョの方に移動し、友人と合流してご飯を食べました。久しぶりに会えて嬉しかったっ!
あとちょっとローマ話が続きます。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-11-28 00:48 | ローマ プチ情報 | Comments(8)
f0106597_16564711.jpg



今回のヴァチカン美術館訪問で、1つ自分についての発見がありました。それは、私は、ローマ時代の彫刻だけでなく絵画も好きだなあということ。
↑こちらは家族の肖像。紀元後300年頃のものです。1700年以上前に、この家族が生きていたかと思うと、不思議な感動を覚えます。


f0106597_16585786.jpg
赤ちゃんも。


f0106597_16594379.jpg



これは、サン・セヴァスティアーノのカタコンベから出土したお魚。恐らくキリスト教徒が持っていたものなのでしょう。既にローマがキリスト教を公認した頃のものです。


f0106597_16581866.jpg
これはスフィンクスのお守り。また別の宗教の人のお守りだったのでしょう。ローマって、色んな宗教が容認されていた時期があるんですよね。それぞれが、それぞれのお守りを持って、各神殿にお参りに行くという自由な時代。


f0106597_17105385.jpg



この絵もとっても可愛いです。どうやらカレンダーだったようで、左側は8月13日の女神ディアナのお祭り、右側は、9月の収穫祭を表しています。


f0106597_17132233.jpg



何気ない子供の仕草が上手に描かれています。


f0106597_17141634.jpg



子供のふくふくした手の感じとか、顔の表情とか、きっと古代ローマ人も「可愛い」の感覚は、私たちと余り変わらなかったんでしょうね。
システィーナ礼拝堂を出てすぐの場所にある展示室です。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-07-10 17:16 | ローマ プチ情報 | Comments(5)
f0106597_17243318.jpg
さて、ローマでの翌日は、ヴァチカン美術館。
ものすごい作品量とそのクオリティーの高さに、改めて感激です。各作品1点だけでギャラリーが建てられそうなほど、素晴らしい作品の数々。余りの量に、初めのほうにあった「エジプトの部」は、はしょってしまいました。今度はちゃんと見ます。
今回アントネッロと回ったのは、長い方の鑑賞コース。短いコースだともうちょっとサクッと見られるとおもうのですが、私たちは結局5時間以上も館内に居ました。まあ、見方は色々だと思うので、きっとサクッと見れば3時間以内で見終わるかと思います。


f0106597_17362598.jpg



さすが地元。ギリシャ、ローマ時代の古代彫刻のクオリティは本当に高いです。
↑この像は、珍しく瞳の部分が残っている像。
ギリシャ彫刻も、ローマ彫刻も、白目を剥いているようなイメージがありますが、実際には、瞳も塗料で描かれていたのです。体も衣服も装飾も彩色されていたので、現在私たちが見ている大理石の白い像のイメージとは大分違う、もっと派手な色合いだったようです。


f0106597_1725428.jpg



こちらは、IL NILO(ナイル川)
擬人化したナイル川を表しています。エジプトも途中からローマ帝国に吸収されたので、肥沃なナイル川周辺は、ローマ帝国の重要な穀倉地帯だったのでしょう。


f0106597_17253298.jpg



手には麦を持っています。見えにくいのですが、1枚目の写真の中で、左側にはワニが居て、右側にはスフィンクスがあります。


f0106597_1725599.jpg



こちらはラオコーン。フィレンツェのウフィッツィ美術館にもコピーがあります。
以下は、私が以前にラオコーンについてブログで書いた内容の抜粋です。

中心にいるのは父親のラオコーン、そして右と左は彼の二人の息子たちです。
ラオコーンは、トロイアの神官です。ギリシャ人が木馬の中に隠れ、トロイアの城壁の外に放置すると、これがギリシャ人の戦略であるのでは?と疑ったラオコーンは木馬に槍を投げつけます。ギリシャ人の戦略を暴かれまいと、ゼウス神と女神アテナは、ポセイドンの使いである海蛇を送りつけ、ラオコーンと息子たちを殺害します。この像は、ラオコーン親子が海蛇に噛まれているところ。神の怒りにふれると怖い・・・(特にギリシャ神・苦笑)。
制作年代は確定していませんが、恐らく紀元前40年から20年にギリシャ人により制作されたのでは?と言われています。

本当に、この彫像が出土したときは、驚いたでしょうね。
上から掘っていって、頭が出たから、まあ、いつもの頭部かな?と思って掘り進んだら体も出てきて、立像かな?と思ったらなんと大きな彫像群だった!なんて。
出土した彫像を買い取る前に、ローマ教皇ユリウス2世は彫像の価値を評価するため、ミケランジェロに見せたのだそうです。


f0106597_1726584.jpg



モザイクもまた素晴らしく・・・
床モザイクの他に、こうした壁にかける用の、モザイク画もありました。こちらは1個ずつのタイルがとても小さいんです。


f0106597_17272451.jpg
いや~、古代に浸りすぎて、現代に戻れなくなっちゃうかと思いました(逆テルマエ・爆)。1人で行かなくて良かった(汗)。

展示順ではないのですが、ヴァチカン美術館話、もう少し続きます・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2012-07-09 18:01 | ローマ プチ情報 | Comments(5)