フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ヴェネツィア紀行( 14 )

f0106597_1731132.jpg



さて、今回のヴェネツィア紀行最終回。
母と私が感じたヴェネツィアの魅力は、車のない世界。長い歴史の中で、車というツールが存在したことがない故、独特の世界です。


f0106597_1733269.jpg



そして、ヴェネツィアの大切な移動手段は船。
これはゴンドラの工房です。


f0106597_1738136.jpg



街のあちこちには、モーターボートの修理屋さんや部品屋さんがあります。ここは船の模型屋さん。皆、船が好きなんだな~。街中でも、自分で作ったらしき船の模型を嬉しそうに持ってお爺ちゃんと何処かに遊びに行っている子を見かけました。
アントネッロはココで、ゴンドラの設計図を買いました。作るわけじゃないけど、額に入れて飾っておきたいのだそうです。


f0106597_17385675.jpg



こちらは、ゴンドラのオール工房。オール専門です。


f0106597_17394456.jpg



歩いていると、こんな紐が上から垂れている事があります。


f0106597_17422297.jpg
アントネッロ曰く、きっとゴミの日に路上にゴミを出すためのものかも、だって。
こういう世界がまだ存在するのがヴェネツィア。何事も人間サイズです。


f0106597_17442527.jpg



2日目は晴れたので、洗濯物がはためいていました。↑このおうちはゴンドラ乗りが住んでいるのか、シマシマシャツもはためいています。


f0106597_17452256.jpg



ツーリストでごった返すサンマルコ広場周辺を足早に通り過ぎ、カステッロ方面に移動。


f0106597_17465843.jpg



↑こちらはアルセナーレと呼ばれる造船所。最初にこの場所の記録が記されたのが1104年だから、900年以上前には存在していたという歴史のある造船所です。


f0106597_17472891.jpg



ココまで来ると緑も多くて、本当にノンビリしています。


f0106597_17475999.jpg



船の八百屋さんも見ました。トスカーナの田舎ではまだ、トラックの荷台に野菜を載せて小さな集落を周る八百屋さんを見るのですが、そのヴェネツィア版。面白いなあ。


f0106597_17524012.jpg



本当に楽しかったヴェネツィア。
母も、一度見てみたかったヴェネツィアを堪能して喜んでいました。今回、時間がなくてグッゲンハイム美術館にユキちゃんを連れて行けなかったので、次回は、それを目的にまたヴェネツィアを訪れたいと思います。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-05-25 18:31 | ヴェネツィア紀行 | Comments(9)
f0106597_2112779.jpg



アントネッロが大いに楽しんだアパートでのディナー。
でもあっという間に作っちゃったから、余り写真がないのです(笑)。
ワインは、量り売りのワイン屋さんで。ペットボトルに入れてくれるシンプルさが良いです。1リットル2.5ユーロ也。
ユキちゃんは、お水と間違えて、これをガブッと飲んでウヘーとなっていました。


f0106597_2115227.jpg



アスパラガスは、クタクタに茹でて(これがイタリア風)、オリーブオイルと塩で。


f0106597_214930.jpg



このイカもとっても柔らかくて美味しかった!塩だけで十分です。


f0106597_2195472.jpg



ホタルイカは、トマトで煮込んでイタリアンパセリを振りました。


f0106597_2211170.jpg



そして特大の手長海老!さっと茹でただけでそのまま。身が甘くてプリプリしていて、最高に美味しかったです。


f0106597_2204231.jpg



今回市場で購入したお魚は、ホタルイカ、手長海老、イカで4人分合計30ユーロ。
それに、アスパラ、サクランボウ、ニンニク、イタリアンパセリ、トマト、サラミ、パンを購入しました。

アパートには、塩、オリーブオイル、バルサミコ酢(それぞれ小さな袋に入っているもの)やキッチン用のスポンジ、洗剤などが揃っていたので、特に他に購入したものはありませんでした。


f0106597_2235453.jpg



余計なものは買わずに、シンプルなディナー。でもヴェネツィアの魚介を堪能できた夜でした。アントネッロはコレに味を占めて、今から既に「またヴェネツィアに行こうよ」と言っています。勿論、ここのアパートで。


f0106597_2275467.jpg



翌朝の朝ごはんは、近くのお菓子屋さんTonoloで買ってきた甘いもの。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-05-24 02:39 | ヴェネツィア紀行 | Comments(9)
f0106597_1343810.jpg



アントネッロが、今回のヴェネツィア小旅行で一番気に入ったのは、リアルト橋の近くの魚市場でした。


f0106597_1383477.jpg



種類が本当に豊富で、何より新鮮!地元の人が沢山居て、とても活気があります。海老や蟹など動いていました。ヴェネツィアってレストランの数がとても多いから、きっと需要があるのでしょうね。
久しぶりに、こんな新鮮なお魚を見ました。


f0106597_1391116.jpg



今回は、イカ、大きな手長海老、新鮮なホタルイカを買いました。4人分で30ユーロ!!レストランで食べるより全然安いっ!


f0106597_1405347.jpg



勿論、果物やお野菜も売られています。


f0106597_1415460.jpg



旅先で地元の市場を訪れるのってとっても楽しいですね。


f0106597_1423373.jpg



この後、アパート近くのCampo Santa Margheritaで見つけた量り売りのワイン屋さんで、ヴェネト州の白ワインを買いました。ペットボトルに入れてくれて、1リットル2.5ユーロ。


f0106597_143251.jpg



パン屋さんでパンも買って・・・


f0106597_1453762.jpg



魚市場では、馬肉専門店を見つけたので、そこで馬肉のサラミを買ってみました。


f0106597_1463380.jpg



アスパラは茹でるだけ。トマトは、ホタルイカを煮るのにちょっと使い、残りはサラダに。


f0106597_222478.jpg

さてさて、アパートでの自炊ディナー、何が出来たでしょう?
後ほどまたご報告します。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-05-23 01:56 | ヴェネツィア紀行 | Comments(6)
f0106597_5372587.jpg



昨日の夜、ヴェネツィアから帰ってきました。
楽しかった!

それぞれ、今回のヴェネツィア滞在で気に入ったものを挙げるなら・・・

アントネッロはリアルト橋近くの魚市場。魚の種類の豊富さと新鮮さに圧倒されていました。
ユキちゃんは、バーカロのチケッティ(ヴェネツィアならではの酒場のおつまみ。お酒飲めないのにね・笑)
母は、車が入ってこないヴェネツィアの街並み

私は・・・何だろうなあ
やっぱり母と同じで、車が存在しないが故に残っている美しいヴェネツィアの小道だと思います。


f0106597_540343.jpg



↑、あ、またまた、ゴンドラ漕ぎ(笑)。

明日から、ちょっとしばらくヴェネツィア紀行が始まります。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-05-21 05:45 | ヴェネツィア紀行 | Comments(8)
f0106597_11201.jpg

今朝は、リアルト橋の近くにある魚市場に行きました。さすが、リストランテも沢山ある街だからか、とーっても活気があって、お魚も新鮮でした。
↑今晩はアパートでご飯なので、ワクワクしながらお魚を選ぶアントネッロ(笑)
f0106597_112696.jpg

急に気温が上がったので、半袖を持ってきていなかったユキちゃんに半袖シャツとお帽子を買ったら、ゴンドラ漕ぎになってしまった。
f0106597_112956.jpg

お昼は、バーカロで、前菜を食べながら、スプリッツというヴェネツィアならではの飲み物を頂きました。街中で皆が飲んでいるので、好奇心旺盛な母が飲みたがったのです。美味しかった。
f0106597_1122830.jpg

あ、ゴンドラ漕ぎ。

今回の滞在で、ヴェネツィアの駅を上に見て大運河の左側、サンポーロ、サンタマルゲリータ地区の魅力を実感しています。

今日も沢山歩いた!母も私たちのペースでとても元気に歩いています。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-05-19 00:58 | ヴェネツィア紀行 | Comments(9)

東方への入り口

f0106597_352737.jpg



ヴェネツィアの魅力にとりつかれて、なかなかフィレンツェに戻れませんが(笑)、ヴェネツィア話は今回が最後です。


f0106597_363197.jpg



毎回、私がヴェネツィアを訪れる度に会いに行く像があります。
「それら」は、サンマルコ寺院の右角、パラッツォ・ドゥカーレの間の角にあります。


f0106597_384076.jpg



そう、2年振りに会いたかったのは、彼ら、テトラルキ。
Tetrarchiaとは、古代ローマ時代、大きくなりすぎてしまったローマ帝国を4人の皇帝が治めた四皇帝領制のこと。トルコ、コンスタンティノポリスはニコメディア、バルカン半島はシルミウム、イタリア、アフリカはメィオラヌム、そしてドイツ領、ライン川周辺はアウグスタ・トレウェロルムという4つの都市の皇帝が、自らの領地を治め、しかしながら「統一された帝国」として結びついてたのです。

それら4人の皇帝をあらわすのがテトラルキ。
この像は、紀元後293年から303年の間に作られ、コンスタンティノポリスにあったものが、1204年の第4回十字軍遠征の際に、略奪されヴェネツィアに運んでこられたのだそうです。


f0106597_39107.jpg



皇帝だけど、ちょっとお地蔵さんみたいで可愛い(笑)。角を利用して4人の像が並んでいるところもまた不思議です。

この像を見るたびに、長い長いイタリアの歴史に思いをはせることが出来ます。
ここから旅立っていった人たち、ここに戻ってきた人たち。長い歴史の中で、この像がヴェネツィアにたどり着くまでに一体どんなストーリーがあったんでしょうね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-01-26 03:32 | ヴェネツィア紀行 | Comments(6)

歩く街ヴェネツィア

f0106597_144234.jpg



ヴェネツィアには全く車が走っていません。車が入れるのは、Piazzale Romaまで。そこから先は徒歩の世界です。
毎年1月のヴェネツィアにいらっしゃる、かばん持ちさんご夫妻がヴェネツィアをこよなく愛されている理由の一つは、普段は車社会のバンクーバーに住んでいて、車が全く存在しないヴェネツィアに来ると、何かホッとするからなんだそうです。


f0106597_1143559.jpg



ヴェネツィアというと大運河やサンマルコ広場ばかりが紹介されますが、本当は、クネクネとした小道もまたヴェネツィアの魅力の1つです。


f0106597_1114076.jpg



車がないから、老いも若きも歩く、歩く。
橋のところで、結構大きめの子供がまだバギーに乗っていて、バギーから降りないと駄々を捏ねていました。お母さんが、ヴェネツィアの方言で(忘れたけど大体判った)、「ほら、橋よ!橋くらい降りて自分の足で歩きなさいっ!」って叱っていて、子供が「ヤダー!降りないっ!」ってゴネていました(笑)。橋はまた、暮らしに結びついています。
買出しに行くお婆さん達も、かなり大きな車輪が付いたショッピングカートを引いて、ガタガタと橋を上ったり降りたり。こちらが手伝おうかと手を差し伸べる必要もないほど、慣れた手つきでショッピングカートを押したり引いたり。ヴェネツィア特別仕様かも?と思ってしまうほど、皆、丈夫そうなカートを持っています。


f0106597_1155981.jpg



これもりっぱな「通り」。みんなフツーに使っている道です。


f0106597_1224867.jpg



車がないから、広場の真ん中の井戸だってまだ残っています。
車が走り始める前、イタリアの街や村は、何処にもこうして広場の真ん中に井戸があったのですね。
それが今も残っているヴェネツィアは、本当に素晴らしい街です。


f0106597_1162268.jpg



夕暮れ時、仕事を終えたヴェネツィア人たちが沢山街を歩いています。街を徒歩で歩くということは、そこからコミュニケーションが生まれて、街に活気が出ると思う。


f0106597_1234710.jpg



平日でも夕方のアペリティーヴォを楽しむ人でバールは賑やか。
住人が歩いている街は良い街だと思います。

ヴェネツィア話、あともうちょっと続きます。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-01-21 01:53 | ヴェネツィア紀行 | Comments(11)
f0106597_5422651.jpg



今日の午後、早めに仕事を切り上げて、フィレンツェに帰ってきました。
2年ぶりに訪れたヴェネツィアは・・・本当に良い街でした!


f0106597_5434098.jpg



今回は、教会にも、美術館にも入る時間は無かったけれど、美味しい食事と心地よい時間を過ごすことが出来ました。
沢山写真を撮ったので、また明日アップします♪

追伸:年明けから5月の予約のお問い合わせが入ってきているのですが、ヴェネツィアの宿はかなり埋まってきています。ヴェネツィアが一番のハイシーズンである、5月、6月の滞在を考えられている方は、早めのご検討をお勧めします。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-01-19 05:47 | ヴェネツィア紀行 | Comments(4)

ベネツィア便り

f0106597_7542952.jpg

今朝、特急列車で、
f0106597_753460.jpg

とんとこと…
f0106597_755040.jpg

こんな所も通りながら、
f0106597_7544054.jpg

ベネツィアに到着しました!
美味しい物を食べて、お仕事もちょっとして、写真を沢山撮りました。
f0106597_7531561.jpg

そして、夜は、ブログでもお友達で、大学の先輩でもあるバンクーバー不動産やのカバン持ちさんご夫妻と2年振りに再会。
2年前と同じお店で、ワインと美味しいお料理で盛り上がりました。大いに飲んで、喋って、笑った、心地の良い夕べでした。
カバン持ちさん、また来年お会いしましょう!
明日は午前中仕事、午後はプラプラして、夕方の列車でフィレンツェに帰ります。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2013-01-18 07:38 | ヴェネツィア紀行 | Comments(8)
f0106597_2282019.jpg



今回、私がヴェネツィアから買ってきたお土産は、絵本とガラスのペンダントです。
LISETTA A VENEZIA Rialto (「ヴェネツィア、リアルトのりセッタちゃん」)というこの絵本は、コッレール美術館の売店で見つけました。ミュージアムショップを覗くのも美術館での楽しみの1つ。本好きなユキちゃんのために、ここで見つけた本です。
ヴェネツィアのリアルト橋を渡って、お母さんと一緒に魚市場へとお買い物に行くリセッタちゃん。街角の不思議な像や、扉、市場の喧騒などが絵と文章で描写されています。絵のタッチがとても優しく、幻想的で、ヴェネツィアの街らしく素敵です。エディター、著者、イラストレーターのヴェネツィアに対する愛情に溢れた本。英語版も、確かあったと思いますよ。

LISETTA A VENEZIA Rialto
PAOLA ANCILOTTO, DONATELLA BESA著
VENEZIASUPERNOVA出版


f0106597_2305863.jpg
そして、ガラス製のペンダント。ユキちゃんはこのペンダントが凄く気に入っているようです。外出するときには必ず首からさげて、出かける前に鏡で見たりしているんですよ(笑)。本人はとても高価なものだと思っているらしく、とても大切にしています。サンマルコ広場の屋台で買ったなんて言えないです(爆)。


f0106597_2413966.jpg



昨日の晩御飯は、耳たぶ型のパスタ、オレッキエッテを使ったブロッコリーのパスタでした。パン粉をニンニクとアンチョビ、オリーブオイルでちょっと炒めて、たっぷりとパスタの上に振り掛けます。


f0106597_2473399.jpgf0106597_2485948.jpg


美味しかったなあ・・・。
一人で他の街を旅するのも楽しいですが、やはり山の家に戻って、アントネッロが作ってくれたご飯を食べながら、こんなユキちゃんの顔を見ると、ちょっとホッとします。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2010-01-24 02:53 | ヴェネツィア紀行 | Comments(22)