フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:トスカーナ山暮らし( 575 )

f0106597_02131470.jpg
お伝えした通り・・・
昨晩,寝る前に水道の蛇口を開くのを忘れてしまい・・・・今朝、水が出ない(涙)。
写真は我が家のガラス扉。内側から凍ってます。
いやー、今までが異常に温かかったので、完全に油断しておりました。何年振りかな?と自分のブログを検索してみると、4年前の2012年の2月に井戸から水を汲み上げるポンプ故障→水道管凍結ということがあったのですよね。そっかー、あの後からは、水道管が凍り付く事がなかったのね。そう思うと懐かしいイベント(いやいや、こういうサバイバルなイベントは無い方が良いです)まあ、4年前に比べると雪がない分、楽です。
多分、いつもの部分(井戸水を汲み上げるポンプから我が家の間の管)が凍っているのだと思います。
f0106597_02171935.jpg
とりあえず、いつもはワインを買いに行く時に使っているポリタンクを用意して、下の村の泉へgo!
f0106597_02300685.jpg
ここ、いつも綺麗な湧き水が流れていて、村の人たちがお水を取りに来るので、村でもちゃんと水質を定期的に管理しています。
f0106597_02312321.jpg

水を汲んでいたら、別のお爺ちゃんもポリタンクを持って水を汲みに来ていました。「水道管凍ったの?うちもだよ」だって。もうこんなイベントも日常茶飯事。
f0106597_02322395.jpg
有り難い。
とりあえず、夕食を作ったり顔を洗ったり、トイレを流したりするお水は確保しました。
蛇口から水が出ないのは困るけど、慣れて見ると、そんなに大変でもない(今の所は)と思う。これが数日続くと嫌になりますが。

さ、明日に期待しよう。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-01-08 02:35 | トスカーナ山暮らし | Comments(6)

元旦の我が家


新年明けましておめでとうございます。
皆さんにとってハッピーな2017年となりますように!
元旦の今日、どのように過ごしましたか?
私たちは、昨晩、近くの町のレストランで友人達とカウントダウンをしてから帰宅したので、今朝は遅めに起きました。
元旦のトスカーナは暖かい快晴でした。
私とアントネッロ+ラーラは近くの森に薪を集めに行きました。何だか新年から爽快な気分。
f0106597_05360114.jpg
そして今年は、イタリア生活で初めて、なんちゃっておせち料理を作ってみました。
ないものだらけですが、周りにも結構ちゃんとお節を作っている友人が居るし、母は日本で大量のお節を今回も作っていたし、今回はその刺激を受けてチャレンジしてみようと思ったんです。
f0106597_05370621.jpg
作ったのは、お雑煮(お餅もアジアン食材店で餅米を購入して蒸して、ボウルでついてみました)、筑前煮、黒豆、紅白なます、カブの浅漬け、カボチャきんとん、松風焼き、伊達巻きのかわりに出汁巻き卵など。
はんぺんがなかったので今回は伊達巻きを作らなかったのですが、調べて見ると、はんぺんも白身魚から作れるらしく、来年ははんぺんや蒲鉾も作ってみたいな。そしたら伊達巻きも作れると思います。田作りも材料がなくて断念。

そしてアントネッロとユキの反応は・・・。
二人が一番気に入ったのが、筑前煮のレンコンと紅白なます(渋いね)。レンコンは、独特のシャキシャキした歯ごたえがとても気に入ったそうです。余ったレンコンで、レンコンの挽き肉はさみも作ったのですが、これもとても好評でした。中央市場の近くのアジアン食材店でレンコンも手に入るんですよ。

お餅もおいしく出来ました。つきたてが一番美味しいけれど、1日経って少し固くなったお餅を焼いたら、また柔らかく美味しくなりました。
ああ、楽しかった。そして、喜んで食べてくれたのであっという間になくなりました。
また来年も作ろう♩
今回は、本当にギリギリで思いついてのお節づくりだったのですが、来年はもうちょっと計画的に作れたら良いなと思います。

明日から平日のイタリア(涙)。朝から仕事です。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-01-02 05:51 | トスカーナ山暮らし | Comments(7)

2016年を振り返り

f0106597_03042168.jpg
日本はもう新年ですね。
イタリアは、今、夜の7時。これからGASの仲間に合流し、フィレンツェの郊外のレストランに大晦日を過ごしに行きます。合計5家族。賑やかな年越しとなりそうです。

2016年はあっという間だったという印象の年でした。

ユキの卒業、そして9月からの高校スタート。背は私よりも随分高くなり、イッチョ前に色々な事を言う様になり、映画や音楽の事、アートの事等、結構対等に話せる様になって来たので、話していて面白いです。14歳になっても割と親と色々話してくれる子なので、私たちも彼女の世代の刺激を受けて、なかなか新鮮です。一緒にパリに行けた事もユキにとって、良い刺激になったようでした。
f0106597_03103318.jpg
私にとっては、今年の夏から始まった水車小屋修復プロジェクトが一番のニュースだったかも。イタリア人の団体行動を真近で観察しながら楽しんでいます(爆)。目標等立てずに、皆が好きな事をやりながら、何となく、でも結構確実とワシワシと前に進んで行く姿は、何だかイタリアの国を見ている様です。
そして、週に一度通った石窯パン作りのお陰で、我が家で焼くパンも随分美味しくなったかも(?)。1月からも再スタートです。
石窯パンを焼く様になって、何となく森に行く頻度が増え、今まで何気なく見ていた雑木林が、実は宝の山だった(石窯で燃やせる枯れ木が沢山あるので)という事に気づき、セッセと枯れ木を集めています。
f0106597_03182059.jpg
公私ともに、今年は再会と新しい出会いの年でした。久しぶりの再会、そして沢山のはじめまして。人と人のつながりの素晴らしさを実感しました。
今まで以上に、来年は、繋がった縁を大切にして行きたいです。

2017年も沢山、薪を集めて石窯パンを焼きますよー!
引き続き、ブログ、「フィレンツェ田舎生活便り2」をどうぞ宜しくお願いします。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-01-01 03:25 | トスカーナ山暮らし | Comments(2)

まったりとイブ

f0106597_04261123.jpg
今年のクリスマスは、私が23日の深夜まで仕事で、25日も仕事だったり、アントネッロも26日から仕事だったりとバタバタしていたので、特別なことはせず、まったりと家で家族で過ごしました。
ラーラも「マッタリ」。でも丸々2日間、家族が全員家に居たので、嬉しそうでした。
f0106597_04272835.jpg
で、「家でマッタリ」=お料理三昧 なアントネッロ。
但しお食べ地獄にならないように、今回は美味しい1品+サラダにしてもらいました。
f0106597_04284182.jpg
私が石窯でパンを焼いたので、一緒に石窯で焼いたカンネッローニ。
パスタの生地は、茹でずに、そのまま生で具に蒔いて、石窯で焼き上げました。いつもよりトマトソースを少し多めで。
美味しかったー!
f0106597_04302610.jpg
その後は、暖炉に火をつけて、マッタリ。暖炉で燃やす様にと、アントネッロがこんなに沢山の木を森から切り出して来ました。多すぎるよ。
f0106597_04321430.jpg
ラーラをシャンプーして、暖炉の前でドライ。

この後、家族3人でディカプリオの「レヴェナント」を観ました。
この映画の撮影では、カナダがかなりの暖冬で撮影中に雪が溶けて来てしまったので、急遽、南米の高地で撮影をしたのだとか。
丁度一昨日、ニュースで北極の気温が−4度以上に上がってしまったと聞いたばかりでした。フィレンツェも本当に暖かいです。過ごし易いのは良いことだけれど、地球は一体どうなってしまうのだろう?とかなり不安です。
温暖化について、来年は、相当真剣に考える必要がある年になりそうです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


続いてこちらもハレタルで、以下の記事をアップして頂きました。宜しければ読んで下さい。

by lacasamia3 | 2016-12-26 05:30 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)
f0106597_04205187.jpg
昨日も今日も、暖かくて穏やかな晴天のフィレンツェでした。
昨日の木曜日が祭日だったので、金曜日を休めば4連休になるということで、イタリア人観光客で賑わっています。
f0106597_04574465.jpg
昨日は、インマコラータ・コンチェツィオーネ(無原罪の御宿り)という聖母マリアのお祭り。
プーリアのアントネッロの実家では、ペットレという揚げ物を食べる日です。我が家でも、年に一度、この日は必ずペットレ。
f0106597_05004128.jpg
発酵させた緩めのパン生地を、揚げ油に握りながら落として揚げます。
f0106597_05004128.jpg
下茹でしたブロッコリーや、水でもどしておいたバッカラ(塩だら)、黒オリーブも生地に練り込んで揚げます。
f0106597_05015707.jpg
私が用意した生地を見て、アントネッロが「こんなのじゃ全然足りないっ!」と言うので、ボウル一杯に作ったら・・・
f0106597_05035798.jpg
ドーン、この通り。多すぎるよ・・・
しかも、揚げながらつまんじゃうので,テーブルについたら、結構お腹いっぱい。
f0106597_05043230.jpg
でも、2日かけて3人で完食しました!
もう暫く揚げ物はいらない。

人気blogランキングへ気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-12-10 05:07 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)
f0106597_01521777.jpg

ややっ!
ブログを開き間違えたのではありません。
そう、パリで一番有名なワンコと言えば・・・

f0106597_01530908.jpg
バブー!

今回、本当にキッチキチのスケジュールだったので、お会い出来ないかと思っていたのですが、お忙しい中、わざわざ時間を作って下さり、パリ在住の有名ブロガー、パリときどきバブーのとのまりこさんとご主人、そして、最近はTwitterをやっていらっしゃるアイコさんにお会いすることが出来ました。お二人にはそれぞれフィレンツェで一度お会いしているのですが、また再会出来て感激です!
まりこさんがわざわざユキに合わせる為にバブーも連れて来てくれました。私たちがカフェでおしゃべりに夢中になっている間、バブーは足元で凄くお利口さんにしていました。
ユキに抱っこされても、この通り。ちょっと固くなっていますが(爆)

f0106597_02033929.jpg
アントネッロの手が非常に大きく見える一枚。っていうかバブーがコンパクトなのか。
必死で我慢してます(笑)。
アイコさんから素敵なお洋服を頂いたユキは、早速、フィレンツェに帰った次の日に学校に着ていっていました。これで少しユキに乙女心が芽生えると良いのですが・・・。まりこさんからはバブーカレンダーを頂きました♩早速、キッチンに飾っています。彼女セレクトのパリ発の素敵な雑貨は、東京・西荻窪のぼわっとで購入することが出来ます。私はまだ行ったことがないのですが、次回日本に行く時は是非お伺いしたいです。

まりこさん、アイコさん、Yさん、バブー君、わざわざ会いに来てくれて有り難う。
また、フィレンツェでお会いしましょう。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-12-06 02:13 | トスカーナ山暮らし | Comments(5)
f0106597_04335195.jpg
2日目に続き3日目のパリも美術館三昧。今回の旅行は、印象派に興味を持ったユキのためだったので、オルセー美術館に行きました。
開館時間に行ったらガラガラ。余りに空いていて入り口が何処だか分からなかった程です。
f0106597_04364664.jpg
私は、この方に会えて嬉しい。
f0106597_04383539.jpg
エドガー・ドカ「踊り子」
美術館のガラスのケースに入れられようと、周りから鑑賞されようと、そんなことはどこ吹く風という彼女。それとも、強がって、そんなフリをしているのか?

f0106597_04423494.jpg

ユキはゴッホの自画像を見て、魂を抜かれた様になっていました(爆)。いつかオランダにも連れて行きたいな。
アントネッロは相変わらず、アールヌーヴォーの展示で家具を見まくり,別行動。
f0106597_04450028.jpg
その後、一旦、アパートに戻って休憩して、今度はポンピドゥセンターへ。アパートから徒歩1分の場所でした。丁度、マグリット展をやっていたので、先にそちらを鑑賞してから、常設展へ。
f0106597_04462183.jpg
現代美術の常設展を3時間かけて見る家族って(笑)。
私は途中で疲れて休憩をしていました。ユキは、ビデオのインスタレーションで面白いのがあったのだそうです。

f0106597_04492511.jpg
そして彼女が一番刺激を受けたのは、意外にも日本人アーティストの作品でした。

田中敦子「電気服」1956年
↑こんな感じで展示されているのですが、

f0106597_04510049.jpg
実際には、こうなるそうです。
これが1956年に発表された作品であることに驚きます。絡まる電気コードと無数の電球。60年の歳月を経て、彼女のパワーが伝わって来ます。ユキはこの「電気服」にビリビリ感電したようです。
f0106597_05392353.jpg
夜は、ポンピドゥセンター近くのガレット屋さんで、ガレットとシードル♩
初めて食べたガレットは素晴らしく美味しかった!クレープとガレットの違いが、今まで良く分からなかったのですが、パリで実際に食べてみて、チーズやプロシュットを挟んだ塩味のものは、そば粉生地を薄く焼いたガレット、砂糖味の甘いものは、小麦粉の生地を焼いたクレープなのだと言うことを知りました(合ってる?)

パン屋さんでも、オヤツ用に、4つ折りにしてお砂糖をかけただけのクレープが売られていました。庶民的な食べ物である感じが、4つ折りにしたナポリのピッツァ・ア・ポルタフォーリオ(財布型のピザ)みたい(笑)。

引きずりましたが後ちょっとだけ、パリ話が続きます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-12-05 05:51 | トスカーナ山暮らし | Comments(1)

親方とルーブル美術館

f0106597_06193527.jpg

さて、ランチの後はルーブル美術館へ。
少しセキュリティチェックで並んだものの、中に入れば、チケット売り場も全く並ばず、スイスイ。やっぱりローシーズンを選んで良かった!

f0106597_06233263.jpg
親方の興味の対象はやはり「木」

f0106597_06240442.jpg
「家具」
f0106597_06244139.jpg
この書斎はかなり仕掛けが複雑なんだそうで、畳むと円いテーブルになります。
イタリア人の職人の作品。
f0106597_06262497.jpg
フランスに来てまでイタリア絵画を見なくてもと思いつつも、イタリア絵画の廊下。
親方は、1点ずつ真っすぐにかかっているか見て、たまに「この絵は曲がってる」とか言って、いちいち平行を取ろうとするので(笑)、ここから別行動。

f0106597_06281019.jpg
多分、25年振りくらいにコズメ・トゥーラのピエタ。
大好きな画家です。
f0106597_06312195.jpg

アルチンボルドにも再会出来て幸せ。
1500年代の画家とは思えない斬新さ。でも、1500年代後半は実は、今の私たちが思っている以上に、奇異なものが溢れ、好まれていた時代なのだと思う。

レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザは別室で特別扱い。皆、スマホでセルフィを撮っているひとばかり、周りを見回すと、肉眼で作品を見ているのは、私とユキだけでした。そして皆、モナリザとの写真を撮ったら、他の作品の前は素通りで、先に進んでしまいます。レオナルドのこの作品が有名であることは認めるけれど、同じくらい興味深かったり、謎に満ちていたり、美しい作品は、他にもこの美術館の中に沢山あるのにな、勿体無いなあと思いました。
f0106597_06355668.jpg
ユキがどうしても見たかった「アルテミスと雄鹿」
何故、この像なのかは分からないのですが(笑)、これを探して、閉館ギリギリまで歩き回りました。ルーブルって本当に広い。
f0106597_06383118.jpg
1週間通っても足りないのではないかしら?と思う程、スケールが大きくて、充実した美術館でした。


<お知らせ>
本日、「ハレタル」にて、「じんわり暖かい、トスカーナのまき暖房」という記事を掲載して頂きました。
宜しければご覧下さい。



気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2016-12-03 06:47 | トスカーナ山暮らし | Comments(2)

親方とパリ散歩

f0106597_06224307.jpg

パリ2日目は、アントネッロの希望で、地下鉄を使ってモンマルトル地区へ。
何処を見てもお洒落なパリだけど、モンマルトル界隈は結構ゴチャゴチャしていて、ちょっとイタリアな雰囲気(爆)。道ばたでイカサマな賭け事をしているおじさん達、ナポリの人でした。同類の匂いがしたのか、アントネッロ、話しかけられてた(ひーっ!汗)。
f0106597_06271158.jpg
地下鉄の駅も可愛い。

f0106597_06281990.jpg
サクレクール寺院の前から見下ろすパリの街は、ブルーとグレーが解け合って、独特な美しさでした。
冬のパリってなかなか良いね。
f0106597_06302818.jpg
「あーっ!これはきっと映画アメリのシーンに出てきたメリーゴーランドだっ!」とユキと三人で盛り上がりました。
ムーランルージュも見に行きましたよー(笑)。もっと古っぽいのかと思ったら、新しくてそれまたビックリ。

f0106597_06325314.jpg
お昼は、パリ在住のお友達である、ブログ「パリときどきバブー」の、とのまりこさんから、お勧めをして頂いた、Phillouという、サンマルタン運河近くのレストランに行きました。私たちは早めに入ったけれど、後からどんどん席が埋まって、1時には満席。観光客は私たちだけで地元のフランス人ばっかりでした。
アントネッロは「お肉のパテと一緒に食べてね♩」とドーンと瓶ごと置いてもらったキュウリの酢漬けにはまり、アパートに帰ってからも、スーパーで買って来て、滞在中に殆どひと瓶食べてしまいました。
f0106597_06413994.jpg
これは私とユキがセコンドに食べた鶏肉。
ソースが美味しかったなあ。パンも美味しくて、全粒粉のガッシリしたパンを出してくれます。サービスもとても気持ちが良くて、居心地の良い、素敵なお店でした。
ここの周りには、結構、美味しそうなレストランやカフェが沢山あったので、地下鉄でビューンとこの辺りに来て、お食事処を探すのも良いかも。
さすが、現地情報満載のパリに関するガイドブックを沢山書かれているまりこさんのチョイス、素晴らしかった。

この日は、午後からルーブル美術館へ。
その様子はまた後ほど・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-12-02 06:53 | トスカーナ山暮らし | Comments(1)

親方とパリ

f0106597_03591609.jpg
フィレンツェからパリは、飛行機で2時間です。
今回は、より市内に近いオルリー空港に到着しました。20キロ程の距離ですが、車で45分!パリの夕方の渋滞って凄い。でも電車の乗り継ぎだと、1人12ユーロ程かかるので、3人だったら、ネットで事前に予約するトランスファー(39ユーロ)と余り値段が変わらなかったので、こちらを利用。アパートの前まで直接到着出来て便利でした。
その日の夜は、まずエッフェル塔へ。おおー!思っていたよりも大きい。
f0106597_04045110.jpg
この日はとっても暖かくて、歩いていてダウンコートを脱ぎたくなる程でした。
それでも、エッフェル塔の周りは風が吹いて結構、寒かったから、真冬はきっととても寒いと思う。
f0106597_04054947.jpg
借りたアパートメントは、ネットで見つけました。地下鉄Hotel de Ville のすぐ近くでした。パリでは、地下鉄で何処にでも行けるので、パリでは地下鉄の駅の近くに宿がある本当に便利だなあと実感しました。
ただ、このアパートは到着前にメールで暗証番号をもらって、それで建物の扉を入り、アパートの扉近くに隠してある鍵を探し出して入る(汗)という、かなり難度の高い物件で、このシステムは日本人のお客様には難しいかもなあと、同じ業界で仕事をしながらつくづく思いました。
f0106597_04140338.jpg
でも、お隣は夜遅くまで空いているスーパーマーケットだし、毎朝、近くのパン屋さんに焼きたてのクロワッサンを買いに行き(これが美味しかった!)朝食はアパートで食食べたり、アパート滞在を大いに楽しみました。
f0106597_04164051.jpg
アパートの窓から見た早朝のパリ。
パリの屋根ってグレーなんです。ある日、煙突掃除の人が屋根を歩いていました。

後ちょっとだけ、パリ話が続きます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪








by lacasamia3 | 2016-12-01 04:18 | トスカーナ山暮らし | Comments(1)