フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:トスカーナ山暮らし( 571 )

スイカズラ

f0106597_02385086.jpg

久しぶりにラーラとお散歩。

何だか、今週はギューンと寒くなり、木曜日の夜に我が家の方は零下に下がったようで、遅霜が降りてしまいました。
勿論、バジルは全滅(涙)、せっかく芽が出て双葉が開いたインゲン豆も半分以上が霜にやられて枯れてしまいました。自然は厳しい。
我が家は趣味でやっている程度の畑だからどうということはないけれど、ワインの生産者等は本当に大変だと思います。キャンティの方では、苗を守る為に、畝の間で火をおこす農家もあったとか。

f0106597_02395699.jpg
3月がとても温かくて、4月にギューンと気温が下がると言うかなりマズいパターン。せっかく付いた花が落ちてしまうので果樹は大打撃です。
それでも森には春の気配も。日本の母が大好きなスイカズラが咲いていました。

f0106597_02404912.jpg

今年は5月に来ないから、この花が好きな母へ、この写真を贈ります。

来週、またインゲンを蒔きなおして、新たにバジルを植えなおそう。ドンマイ。

ハレタルで、「イタリアの古代小麦を求めて」をアップしました。
水車小屋話、宜しかったら読んで下さい。




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2017-04-24 05:23 | トスカーナ山暮らし | Comments(4)
車で通る森の山道の途中に、毎年プリムラが咲く場所があります。
いつも、車で通りながら「おっとっプリムラ!」と思うのですが、いつもバタバタ急ぎで出掛けたり帰宅したりなので、なかなか車を停めてまで写真を撮る事がありませんでした。
先日、やっとカメラを持ってラーラと一緒にプリムラを撮りに。「今年は少ないかな?」なんて思っていたのに、崖を覗いたら・・・

f0106597_23364417.jpg
ゴッソリ(笑)・・・

f0106597_23422261.jpg
我が家の森に自生している原種のプリムラです。
この斜面は、良く鹿やイノシシが通る獣道だから、堆肥が良いのでしょうか?
f0106597_23432837.jpg
日当りの良い平らな場所よりも、木々の下の、ちょっと木漏れ日が入る様な斜面を好む様です。

f0106597_23442905.jpg

この株もとっても元気。
今年も綺麗に咲いてくれて有り難う♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-03-24 23:49 | トスカーナ山暮らし | Comments(6)

繋がった夜

昨日、夜、車で仕事から帰宅途中、ご近所さんの家の灯りが真っ暗でした。あ、お留守なのかな?と思いながら家に帰ると、我が家も真っ暗。あれ?家に誰も居ない?車はあるのに・・・とキッチンに降りて行ったら、
f0106597_23242628.jpg
何だかムーディ(笑)。
近所一帯、総停電でした。

家中にあるロウソクをかき集めて、あちこちに配置したらしい。
f0106597_23262605.jpg
こんな中、普通に料理するアントネッロ。
魚介のパスタを作り中。真っ暗だよ。

f0106597_23410573.jpg
この方も至って普通。
「あー、停電だから予習出来ないなあ」などと、のんきな事を言っています。

結局、昨晩は電気が回復せず,各自ロウソクを持って洗面所に行き、ロウソクの灯りで本を読み、早めに就寝。寝る時にふっとロウソクを吹き消すのが、ちょっと中世な気分でした。ロウソクがあって良かった!今度は、手持ちの燭台を用意しておこう。

思えば、数時間早かったけれど、東日本大震災が6年前の今日、起こったのでしたね。幸い、朝になったら電気が回復していましたが、何だか6年前とシンクロしている様な不思議な出来事でした。

あの時考えた事、悲しかった気持ち、心を寄せ合った思い出、多分これからも、私の一生の中で、3月11日は特別な日であり続けると思います。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-03-11 23:47 | トスカーナ山暮らし | Comments(1)

ゴミについて考える

f0106597_16410124.jpg

先日は久しぶりにお天気だったので、洗濯機を何回も回しました(嬉)。
で、洗剤がなくなってしまったので、買い足さなくては・・・。
f0106597_16414022.jpg
実は、もうかれこれ5年間程、洗濯洗剤と食器用洗剤は、近くの街の大きめのスーパーで、毎回自分で容器を持って行って、注ぎ足せるタイプのものを使用しています。
洗剤売り場に、大きな機械が置いてあります。初回は、空のボトルを購入して、それ以降は、そのボトルを使い回せるのです。

とても効率良く出来ていて、食器用洗剤、洗濯洗剤の2種類に分かれている注ぎ口の下に、それぞれの容器を置き、ボタンを押します。
適量で自動的に止まるので溢れる心配はありません。
最後に横から、値段を表示したバーコード付きのシールが出て来てそれをぺたっと貼るだけ。
これを、自動レジ(私はいつもこちら)、または普通のレジに持って行ってお会計します。

値段は、ほぼ通常の洗剤と変わりません。

洗剤の様に液体のものは何かしらの容器に入れないと持ち運びが出来ない訳で、でも、その容器自体はまた次も利用出来るのであれば、ゴミを出さなくて良くなります。純粋に液体状の洗剤を量り売りで買う感覚です。
勿論、使い捨ての容器だって、プラスチックゴミとして再生する事は可能だけれど、一番理想的なのは、生きて行く上で、ゴミを出さない事だと思うんです。

5年間で、どの位のゴミを減らす事が出来たかと思うとちょっと嬉しい。
日本にもこういうシステムってありますか?

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-02-28 16:50 | トスカーナ山暮らし | Comments(9)

我が家の里山計画

...なんて大袈裟ですが、 この家に住み始めて、 13年が経とうとしています。 これまで、 何も手をつけていなかった周りの森を少しずつ活性化できたらよいなーと、 最近、 つくづく思うようになりました。 
森はそのままにしておくと、木が倒れ、 腐ってしまい、燃料としても利用できなくなってしまいます。木々はねじれて育ったり、 光を求めて高く細く育ち、葉も余り繁らなくなってしまいます。 
ある程度木を切ることは森にとっても良いことなのです。
薪ストーブで燃やす木も、 森のお掃除を兼ねて森から切り出したり、枝や細い木は石窯をつけるのに利用したり。 生活をすることが森のお掃除になるようなサイクルを身に付けたいと思っています。

きょうは沢山の石窯用の薪を集めました。 疲れたー。 でも充実した1日でした。 早めに寝ます。 おやすみなさい...

気に入って頂けたら上のリンクをクリックしてください

by lacasamia3 | 2017-02-19 05:58 | トスカーナ山暮らし | Comments(3)
f0106597_04420021.jpg

今日は、お友達のsawakinaちゃんのお宅に、kumikoさんと一緒にお食事に行きました。
先ずは白ワインでカンパーイ♩
f0106597_05452442.jpg
おつまみは、sawakinaちゃん手作りのお漬け物です。コレが絶品!私は、彼女が作るキムチと福神漬けのファンなのですが、カブのお漬け物や沢庵もおいしかったな。

f0106597_05464563.jpg
今回のメニューは、海老入り春巻き、ヒヨコ豆のお豆腐、煮卵入りチャーシュー拉麺でした。
f0106597_05501315.jpg
(このチャーシューと煮卵が絶品でした。麺もsawakinaちゃんの手打ちです)

お二人とも、同じフィレンツェの北側のムジェッロ地方に住んでいます(といっても、kumikoさんの家からsawakinaちゃんの家までは車で1時間以上ありますが)。丁度私の家が、二人の間位の位置。という訳で、たった日本人3人で楽しく「ムッジェッロ会」をやっています。

f0106597_05555017.jpg
(デザートも手作り♩小豆のあんこ、白玉団子、抹茶のジェラート)
あー、お腹いっぱい食べて、笑って、楽しい一日でした。
f0106597_05582261.jpg
(愛犬ダックスのナナちゃん、日向ぼっこ中)

有り難うねーってお礼を言って帰る途中、10メートル程車で走ったら、sawakinaちゃんから「chihoさん、タイヤがパンクしてるっ!」(汗)と携帯に電話がありました。ひー!右の前輪がパンクしてた。
日本人女子3人、トスカーナの山の中で(彼女の家もかなりワイルドな場所)、タイヤのパンクで立ち往生・・・するかと思いきや!
皆、車から降りて、腕まくり。ジャッキを出して、タイヤのネジを緩めて、ジャッキで車体を上げて、ネジを取り外して、タイヤを交換。

やっぱり、田舎暮らしはこうじゃなきゃね。誰も居ない山の中で、タイヤがパンクしたってへっちゃらなの。
二人の肝の座った性格、大好き。

sawakinaちゃん、ごちそうさまでした♩春のメニューも楽しみにしています。
kumikoさん、お付き合い有り難うございました。また行きましょう♩

お食事会のお知らせやお漬け物のお知らせは以下のFacebookで更新されます♩フィレンツェに住んでいる方は是非、みてみて下さい。


気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2017-02-17 06:12 | トスカーナ山暮らし | Comments(1)

春のお告げ

f0106597_05573274.jpg

今日は,水車小屋にパンを焼きに行く前に、リンゴ農家のセルジョさんの所に寄りました。
昼間は18度くらいまで気温が上がり、春の様な暖かさでした♩気持ちよかったー。

f0106597_05581215.jpg

お、何かチョロチョロしたのが居る!!
f0106597_05594370.jpg

こんにちは。3日前に生まれた双子の子羊ちゃんです。
セルジョさんの所では、今月、5頭の赤ちゃんが生まれたのだそうです。

f0106597_06012079.jpg
寒そうだからって、奥さんのジャクリーンさんが、セーター作ってあげたのです。可愛すぎる・・・。
今日はジャクリーンさんともお揃い♩
f0106597_06022263.jpg
あ、お母さんも良い顔。
もう一頭はお母さんの横に隠れちゃいました。(お母さんの耳に付いているのは、トスカーナ州で義務付けられている識別番号の札です)。耳栓じゃないの。

まだ暦の上では冬ですが、トスカーナの春の息吹を感じた一日でした。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-02-15 06:04 | トスカーナ山暮らし | Comments(6)

昼と夜の境目

f0106597_06231946.jpg
最近、少しだけ日が長くなって来た事を感じます。
今日は、ユキと一緒にスーパーにお買い物に行き、すっかり遅くなってしまいました。「ああ、今日はラーラのお散歩に間に合わなかったなあ・・・」と思いながら、バタバタと帰宅したら、まだ少し明るかったので、ラーラを連れて森へ!
f0106597_06252547.jpg
この時間は、5分単位で刻々と景色が変わって行くのが面白いです。
f0106597_06320208.jpg

この方は、朝でも、昼でも,夜でも、お散歩だったら、いつでもウエルカムっ!犬って笑うのね。

f0106597_06334337.jpg
ついつい、「この枝は石窯の焚き付けに良さそう」と思って集めてしまう木の枝。頭の中は常にパン焼き。
f0106597_06353665.jpg


随分、暮れて来た。


f0106597_06364367.jpg


あ、金星。

そうそう、お伝えするのが直前になってしまいスミマセン。
明日の(というか日本では今日ですね)2月12日(日)の日本時間の17時過ぎに、NHKラジオ第一で、「ちきゅうラジオ」という番組の「世界のイチメン」コーナーでほんのひと時ですが、声を通じて、お会い出来るかと思います(生放送です!)
もしお時間がおありであれば、ラジオをつけてみて下さい♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2017-02-12 06:43 | トスカーナ山暮らし | Comments(14)

森へ


f0106597_06051503.jpg


1週間振りに雨が止み、昨日からやっとお天気になりました(ヤッター!)
洗濯物を外に干せる喜び。
昨日は、医療通訳が入ったり、水車小屋にパンを焼きに行ってバタバタしていましたが、今日は一日家だったので、午後、久しぶりに、ラーラと森に行きました。
枯れ枝を集めて、パン焼きの為にとっておきます。一部は水車小屋に持って行って、残りは我が家の石窯で使います。

枯れ葉に埋もれてしまうと、地面に当たる部分から腐ってしまい、燃やせなくなるので、出来るだけ、地面に触れない様に積んでおく必要があります。
どの木の枝でも燃える物ではなくて、燃えやすい木と燃え難い木の種類があるんです。イチヂクは水分を含んでいて、中がスカスカなのでダメ。ブナやアカシアは倒れて1年程経っている丸太や枝であればOK。まだ今年折れたばかりの枝は、乾く様に乾いた場所に立てかけておきます。
こうして集めた枝で火をおこして、パンを焼いて・・・。理想的なサイクルです。

明日も晴れるかな?

WEBマガジンン「ハレタル」で、「心が穏やかになるイタリアのパン作り」を掲載して頂きました。
宜しければ以下よりご覧下さい♩




気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2017-02-10 06:15 | トスカーナ山暮らし | Comments(2)

石窯パンを焼きました

f0106597_06043874.jpg
「コンニチハ。イヌデス。キョウハヒサシブリニハレマシタ」
f0106597_06060342.jpg
急ぎで入った翻訳に昨日から取りかかり、久しぶりに徹夜。
まだ終わっていないけど、気分をリフレッシュする為に、石窯に火を入れました。
f0106597_06103427.jpg
お、焼けたっ!

f0106597_06120981.jpg

ちょっと火が強かったです。
腕を窯に突っ込んで(笑)熱くても我慢出来る7秒を目安にしていたのですが、多分10秒にしないと。これこそ「腕時計」。

f0106597_06131010.jpg
冷めてから、夕食の際に切ってみました。
中までちゃんと火は入っていて焼けていましたが、やっぱりもうちょっと熱を下げてから入れた方が良い様です。「腕時計で10秒」覚えておこう!

季節によって少し変わりますが、冬場の分量は、
天然酵母の重さを1とすると、全粒粉2倍、水、1、6倍(そのうち塩が、水の5%)の分量で調整しながら作っています。
夏場は、酵母の力が強いので、天然酵母に対して粉と水の量を少し増やします。
f0106597_06170249.jpg
勿論、最後はお豆を入れて、釜のふたをし、明日の朝まで放っておきます。美味しく煮えるんですよ。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2017-01-25 06:18 | トスカーナ山暮らし | Comments(13)