フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:トスカーナ山暮らし( 528 )

キッチン前の葡萄の木

f0106597_16384058.jpg
2013年の3月にキッチン前に葡萄の苗をアントネッロが植えたのを覚えていますか?
あれから3年半が経ち、今年は急に成長した様な気がします。ご覧の通り、真昼もちゃんと日陰を作ってくれて、ランチも外のテーブルで食べられる様になりました。かかったコストは苗代だけという日除け。パチパチ♩

f0106597_16405273.jpg

もうちょっとで家の壁まで届きそうです。


f0106597_16414107.jpg
ちゃんと葡萄もなっているんですよ。
作った時に、外のテーブルで食事をしながら、手を伸ばして葡萄も食べられたら良いな、なんて思っていましたが、理想に近づいています。

上手く熟してくれるかな?

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2016-07-14 16:53 | トスカーナ山暮らし | Comments(8)

朝帰りの結婚式

f0106597_00501843.jpg
昨日は、10年間付き合っていたドイツ人JちゃんとS君の結婚式で、フィレンツェを挟んで反対側の郊外に行ってきました。
偶然にもそこは、私たちが4年間、今の家を購入するまで仮住まいをしていた家のすぐそば。懐かしい風景でした。
結婚式は街の中の素敵なお城で。市の所有物件なので、申請すると市長さんもしくは市長代理が出張して来て、市役所と同じ様に、結婚式を執り行ってくれるんです。それを知っていれば!私たちもそうすれば良かったなあ。16年前、私たちは、何も知らずに大学の講堂のような市役所の中の広間で結婚式を挙げたのでした。
f0106597_00545309.jpg

10年間同棲して、思う所、あって結婚した二人。とっても幸せそうでした。

奇しくも、この日は、サッカーのヨーロッパリーグ、イタリアVSドイツの試合が21時からあり、披露宴会場となったアグリツーリズモのお庭にも特大スクリーンが設置されていました。
Jちゃんの実家ミュンヘンから来たドイツ人のお友達やご家族20人程、S君の実家ナポリから来たイタリア人のご家族15人+フィレンツェ人多数(+α)で100人程で観戦しました。

南ドイツ人と南イタリア人って南同士、結構似ているのかもと思った私。それにしても大量にミュンヘンから樽で持って来てもらったビールが凄く美味しかったです。さすがビールの国。

きわどいPK戦の結果、ドイツの勝利。
f0106597_00591807.jpg
切り替えの早いイタリア人は、ガンガン飲んで、サッサと踊り始める(笑)。
f0106597_01012041.jpg
20年振りに再開したリッカルド君。
昔、フィレンツェの色んなイベントで良くDJをやっている時に知り合った友人です。ずっと続けているのが素晴らしい。
皆がズンドコ踊っている間、私は友人Mちゃんの人生相談に付き合っていました。知り合ったときは22歳だったけれど、現在28歳でした。内面的に随分成熟したMちゃん。伸びしろがまだある世代って羨ましい・・・。

途中でユキはサッサと車に寝に行き、結局、私たちが会場を後にしたのは朝の5時。空がうっすらと明るくなっていました。凄い久しぶりに朝帰りをして、ぼーっとしています。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-07-04 01:09 | トスカーナ山暮らし | Comments(2)

一日が長いです

f0106597_06421826.jpg
一日がとっても長くて、遅くまで明るいサマーシーズンのフィレンツェ。
タップリ楽しめるのは良いことだけれど、うっかりするとどんどん夕食の時間が遅くなってしまいます。最近は、昼も夜も、キッチン前の外のテーブルで食事をしています。(洗濯物も干してる・笑)
f0106597_06484762.jpg
今晩は、昼に茹ですぎちゃったパスタを利用して、パスタのフリッタータ。日本で言う所の、「余りご飯でチャーハンを作りました」という感覚でしょうか。茹ですぎちゃったパスタにソースを絡ませて、卵とパルメザンチーズのすり下ろしを混ぜて、フライパンで焼くだけ。これを切り分けて食べます。カリカリにするのが美味しくするコツです。パスタとして食べる以上に美味しくなる残り物のオムレツ。

f0106597_06452517.jpg
ラーラも自分のご飯を食べてマッタリ。
f0106597_06495127.jpg
やっと暗くなって来た。
我が家の森はまだだけど、フィレンツェの近郊では既にセミが鳴き始めました。いよいよ本格的に夏です。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2016-06-30 06:52 | トスカーナ山暮らし | Comments(2)

お天気回復♩

f0106597_05271265.jpg

やっと天気が回復しました。
今日は、アントネッロと、ジャングルの様になっていた我が家の庭の草刈り。ひゃー、疲れた・・・。

f0106597_05384069.jpg
ラーラも久しぶりの青空で、嬉しそう。
f0106597_05430447.jpg
もう植えてから約9年になる「ユキのバラ」。今年も沢山の大きな花が咲きました。農薬などは何も撒いていないから、花弁はガジガジと虫に食べられちゃっていますが、香りはとても良いです。
大雪にも干ばつにも負けず、バラって本当に強いですね。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-06-06 05:43 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)

低気圧ヴァルキーリエ

f0106597_05382983.jpg
ここ数日雨のフィレンツェ。
今朝、ちょっと陽が射していたので、ヤッター♩と写真を撮った瞬間、モクモクと黒雲が空を覆い、ざーっと雨が降り始めました。
こんなに雨が多い5月、6月って久しぶりかも。
幸い畑の野菜は元気で、ほうれん草やサラダ菜等は逆にグングン成長しています。トマトやキュウリ、ズッキーニは病気にはなっていないけれど、この寒さで、成長が随分遅いです。

イタリアでは、低気圧には、北欧の女性の神様の名前、高気圧には、歴代のローマ皇帝とか、男性の歴史上の人物の名前を付けるのです。いつからだろう?結構最近の流行かも。ちなみに、今来ている低気圧はイタリア語読みでヴァルキーリア(ワルキューレ)。この女神様、なかなかイタリアから出て行ってくれない。というかヨーロッパ中を絶賛ツアー中。パリも大雨で大変な事になっている様ですね。セーヌ川が溢れない事を祈っています。

今日は祭日でしたが、後2週間で試験があるので、珍しく(笑)エンジンがかかったユキの勉強をみていました。そのために、久しぶりにヴァン・ゴッホの画集等を開いてみました。ゴッホ、やはり素晴らしいです。初期の人物画の線描なども良いなあ。ニューヨークのMomaやパリで本物を見てみたい。
ゴッホが弟のテオに宛てて書いた手紙がイタリアでも本として出版されていて(日本では岩波文庫から出版されています)、ユキはそれを買って欲しいんだそうです。普段は図書館で借りて来て済ませてしまうのに買って欲しいなんて珍しい。絵を描く事が好きなユキにとって、きっと手元に置いておきたい本なんでしょうね。今週の日曜日に家族でフィレンツェに行くので、その時に探してみましょう。

はあ・・・。この雨、後2日程で止むそうです。
求むっ!高気圧。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2016-06-03 05:56 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)

薪ストーブを点けました

f0106597_04571404.jpeg

何だか冷たい風がピューピュー吹いて寒かった今日。ユキも喉が痛いと言い出すし、家の中を暖めようと思い、薪ストーブに火をいれました。
もうすぐ5月なのにね。

暑い程だった先週、早まってトマトの苗を植えたりしなくて良かった。

今晩は暖かくして読書です。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2016-04-28 04:54 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)

丘の景色

f0106597_17094308.jpg
昨日、車で通りがかった道からの風景。
ユキが幼稚園に通っていた、我が家の向いの丘にある小さな村です。変わらず、畑を耕す人が居て、手入れをされたオリーブ畑があります。
また次の世代になっても同じ風景が残って行くのでしょう。

今日はこれからフィレンツェ。プライベート&仕事です。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2016-04-21 17:12 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)
f0106597_18582988.jpg
もう10日程前になりますが、お天気な日曜日、ユキの親友D君と妹のYちゃんを誘って、フィレンツェの近郊、ラストラ・シーニャという小さな街の郊外にあるヴィッラ・カルーゾという邸宅で開かれた花市、ボタニカに行ってきました。
f0106597_19003546.jpg
ここはVilla Caruso di Bellosguardoとも呼ばれています。ベッロ・ズグアルドとは「眺めの良い」という意味。確かに、小高い丘の上に立てられた邸宅からは素晴らしい眺めが楽しめます。
f0106597_19021781.jpg
美しいイタリア式庭園では藤の花が見事に満開でした。
f0106597_19032378.jpg
ボタニカは年に1度、4月の週末に行われる花市です。
f0106597_19143555.jpg
4月、5月はフィレンツェの周辺や市内で色々な花市が開かれます。毎年、フィレンツェ、リベルタ広場の近くで開かれる花市も4月最終週に予定されています。
f0106597_19073880.jpg
「花も団子も」
ユキは、お昼にコッコレという揚げパンとピザ。
f0106597_19083970.jpg
私は豚の丸焼きを薄切りにして挟んだポルケッタ。ポルケッタって、何処にでもあるけれど、結構味に違いがあります。ここのはジューシーで美味しかったなあ。
f0106597_19194782.jpg

今回この見本市に行った理由は、メダカの養殖をしているロベルト君がお店を出しているからでした。
D君は前回ロベルト君に会った時に分けてもらったメダカを大切に飼育していて、先日卵を産んだのを発見したそうです。
f0106597_19202926.jpg
今回は日本で言うタニシのように、水槽のお掃除をしてくれる貝を2匹分けてもらいました。ガラス越しだとパクパクする口が見えて、見ていて楽しいです。結構活発に動きます。
f0106597_19223695.jpg
皆、興味深々。
f0106597_19240880.jpg

気持ちのよい日曜日の遠足でした。

花市ボタニカ Villa Caruso di Bellosguardo
例年、4月の2週目の週末2日間に行われる様です。
http://www.villacaruso.it/it/eventi-in-villa.html
公共の足では行けませんが、レンタカー等でまわられる方にはお勧め。日曜日の午前中に行くと空いていて良いでしょう。駐車場もあります。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-04-20 19:39 | トスカーナ山暮らし | Comments(1)

ちらっとフィレンツェ

f0106597_16355951.jpg

もう2週間前になりますが、「素敵な朝ご飯」を食べに、トントコ、我が家から車で出掛けました。
f0106597_16370617.jpg
途中、通るこの道、いつもふと車を停めて写真を撮りたくなっちゃう場所です。
ここはフィレンツェの北側の丘。手前に見えている三角の2つの丘の左側はフィエーゾレの丘です。

f0106597_16471792.jpg
ちらっ。
フィレンツェのドゥオーモを見下ろす事が出来る場所なんです。

さて、素敵な人と食べた「素敵な朝ご飯」は後ほど・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2016-04-08 16:54 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)

幼稚園に行ってきました

f0106597_22023156.jpg

今朝は、ユキが通っていた山の幼稚園に久しぶりに行きました。
今年から、同じ村に住んでいる外国人を呼んで、それぞれの国の事を話してもらおう!という企画をやっているのだそうで、日本の事を話して欲しいと、先生から連絡があったのです。

行くと皆ちっちゃい!今日会った20人の子供達は年少さんから年長さんまでのミックスのクラス。年少さんは、途中でおトイレに行きたくなっちゃったりと、どっちかって言うと赤ちゃんに近いかも(爆)。
でもイタリア人の子供らしく、コミュニケーションがとっても上手。まずクラスに入ったら、1人の子が私の手を引いて、皆で用意した真ん中の席に案内してくれました。一番ちっちゃな女の子が「今日、あなたの為にこの松ぼっくりを拾ったの」と松ぼっくりをプレゼントしてくれました。か、可愛い・・・。

私は、日本が何処にあるのかや、食べ物の事(ドラえもんを見ているから、子供達は皆「どら焼き」は良く知っているのです)、日本の幼稚園の事等を色々話しました。柔道や空手をやっている子も居て、数字は10くらいまで数えられる子が4〜5人。でもその他の子供達は、「日本」という国にまだ馴染みがなかったようで、結構新鮮な時間になったのではと思います。
飽きない様に、途中、ニホンザルや奈良の鹿の写真をみたり、忍者の話をしたり、ユキの小さい頃の浴衣を1人の女の子に着せてみたりして、あっという間に1時間半が過ぎました。

地震の話になったら、今度は子供達が、自分たちも地震の防災訓練をしていて、サイレンが鳴ると先生が良いよって言うまで机の下に隠れているんだって、一生懸命話してくれました。どの子も話したくてウズウズしていて、全員の話を聞くのが大変な位、お話に参加してくれました。

最後に、皆の名前をカタカナで書いてあげて、日本の挨拶を皆で言ってみました。今日の夜は、ブオナノッテの変わりに、皆、「おやすみなさい」を言ってマンマやバッボを驚かせるんだそうです。夜まで覚えていられるかなー(笑)。
この子達がいつか大きくなって、遠い日本を訪れる事があったら良いな、その時に日本の良い所を見てくれたら嬉しいなとつくづく思いました。

先生に会って、ちょっとユキの小さな頃を思い出しました。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2016-04-06 22:16 | トスカーナ山暮らし | Comments(2)