フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:フィレンツェお薦め処( 147 )

母とフィレンツェ

f0106597_01061821.jpg

さて、私たちがプーリアから帰って来た日の夜、日本から母と、母のお友達のTさんがフィレンツェに到着しました。
最初の1週間は、フィレンツェのど真ん中にあるアパートメントに滞在。イタリア語を習っている母。文法の宿題を沢山抱えてきました(爆)。結構真面目で、毎朝4時半に起きて宿題をやっています。これは上達が結構早いかも。
f0106597_01084648.jpg
先日、お友達に頂いた「ジヴェルニーの食卓」を読んで以来はまってしまった、原田マハの「楽園のカンヴァス」と「カフーを待ちわびて」を持って来てくれました。ヤッター!
f0106597_01111254.jpg
二人が泊まっていたのは、アパート、サンフィレンツェ。テラスからの眺めが素晴らしいアパートです。
f0106597_01130149.jpg
ここのアパートのベッドは分けられないダブルベッドですが、お婆ちゃん達は、ダブルベッドで仲良く寝てました(笑)。
f0106597_01135440.jpg
毎朝、6時30分の日の出を見に、二人でテラスに出ていたそうです。
そしたら、ある日、ドローンがブーンって飛んで来て、この、バルジェッロ美術館の塔に激突して、バラバラに大破したんだそうです。凄い瞬間を目撃!
f0106597_01154101.jpg
勿論、念願のリストランテ、アロマにも一緒に行けました!
シェフのマルコさんの性格が表れている様な、優しい、でもアクセントが利いたお料理はどれも絶品です。見た目も美しくて、素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。
f0106597_01172525.jpg
特に美味しかったのが、このセコンドのカンパチ。カリカリに焼いた野菜と、甘い赤玉ねぎのジャムが添えてあります。
Ricciola con le verdure croccante
f0106597_01214157.jpg
勿論、デザートも♩
桃のタルトの生地が薄くて、余りにサクサクで、新たな食感。

AROMA 月曜定休 ランチ、ディナー
Via Ghibellina 67/r, 50122 Firenze
055 226 0038
週末は予約を入れられた方が良いと思います。

・・・というわけで、プーリア話の後は、日本のお婆ちゃん話が始まります。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-08-26 12:21 | フィレンツェお薦め処 | Comments(2)
f0106597_18412667.jpg
最近のフィレンツェはお天気続き。随分と暑いです。
こう暑いと、仕事の合間に何を食べるかも考えてしまう・・・。パニーニも飽きたし、パスタは重いし。この暑い時期にパスタを食べると、午後、フィレンツェの街を歩き回るのにちょっとキツい。と色々考えていて、思いついたのが「ダ・ロッコ」のパンツァネッラ!(気軽に入るフィレンツェの食堂でご紹介しています)

f0106597_18462120.jpg
パンツァネッラとは、フィレンツェの夏の名物料理。
カチカチになったトスカーナパンを水でふやかしてしぼり、キュウリ、トマト、赤玉ねぎ、バジルと合わせて、ビネガーとオリーブオイルと塩で味付けをしたものです。
パッパ・アル・ポモドーロというトマト味のパン粥と共に、フィレンツェ人の夏のソウルフードだと思う。
簡単そうに見えて、意外と具の配分とか味付けが難しいと思う。そしてパンはトスカーナパンじゃないとダメなんです。他のパンだとベチャッとした感じになるのですが、トスカーナパンは水に浸すとスポンジの様になって、絞るとわりとパサットします。

この日も、ワシワシとパンツァネッラを食べている体の大きな職人さんが何人も居ました。
ここのお店は、相席当たり前。4人掛けの席に両側からカニ歩きで入ります(笑)。私が座った席は3人ともお一人様。向いのマダムはプラートでテキスタイルの仕事をされている方、お隣のおじさんは水道工事屋さん、斜め向かいはパリからいらしたツーリスト。英語、イタリア語、フランス語が交差した楽しいランチになりました。

Trattoria Da Rocco
Piazza Ghiberti, 50122 Firenze
11-15 ランチのみ 日曜定休 

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-07-30 19:17 | フィレンツェお薦め処 | Comments(2)
f0106597_01180091.jpg

昨日のフィレンツェは暑かった!
余りに暑くて、アポイントの間に駆け込んだバールで、冷たいコーヒー頂戴っ!と言ったら、大きめのカップにエスプレッソを淹れて、そこにジョボンと氷を投入(笑)。でもこれを飲んで生き返りました。
これからの時期にフィレンツェにいらっしゃる方は、マメに水分補給を行って無理のないペースで観光をして下さい。

やれやれと仕事を終えて、帰りのバスに乗ったら、途中でアントネッロから電話があり、フィレンツェに飲みに行こうというお誘いがありました。・・・という訳で一旦帰宅した後、彼と一緒に再びフィレンツェへ。
f0106597_01204395.jpg
二人ともそれ程お腹は空いていなかったので、軽くアペリティーボでも・・・ということで、ちょっと前から行ってみたかった、ドゥオーモのすぐそば、Via delle Oche にあるエノテカ、コクイナリウスに行きました。しっかりお食事も出来るし、アペリティーボも出来る便利なお店です。
私たちは、キンキンに冷えたスプマンテをシュワシュワッと頂きました。
f0106597_01232492.jpg
二人からオーダー出来る前菜の盛り合わせ。
これが結構侮れないっ!それぞれ1品ずつ、どれも味も良くて気の利いた味の組み合わせでした。薄切りのラードをのせたジャガイモのフラン、カプリーノチーズをのせたズッキーニのオーブン焼き、鴨のパテのイチゴジャム添え、カプリーノチーズとルッコラのブレザオラ包み等。

これに追加で、クロストーネ(具をのせたパン)も注文しました。

ワインが好きな方には本当にお勧めのお店です。味も良し、雰囲気も良し。サービスも良しです。
夜は18時30分から開いているので、早めに食事をしたい人にも便利です。

Coquinarius
Via delle Oche 11R, Firenze
12:30-15 18:30-22:30
ワイン好きのフィレンツェの楽しみ方に地図付きで追加しました。
f0106597_01282539.jpg

帰り道は、Ara' でカンノーロを食べたい私と、Edoardoでジェラートを食べたいアントネッロで揉めましたが、結局、ジェラート。
並んでないじゃない♩と喜んで行ったら、実は最近、番号制になったそうで、先にお金を払って番号をもらい、自分の番号が電光掲示板に出たらジェラートを選びに行くというシステムになったんだそうです。確かに、じーっと並んでいるよりは楽かもね。
相変わらず、ジェラートもコーンも美味しかったです。私はコーヒーとザバイオーネ、アントネッロはチョコレートとミント。アントネッロはいつも2つのフレーバーのうち1つはチョコレートにするのです。そして、チョコレートを下に入れてもらうと機嫌が良い。コーンを食べる時にチョコレートのジェラートが下に詰まっている方が美味しいからなんだそうです。ふーん。

EDOARDO
Piazza del Duomo 45R Firenze

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-07-08 01:41 | フィレンツェお薦め処 | Comments(4)
f0106597_05091372.jpg
さて、この職人展の一番の醍醐味は、手仕事、オリジナリティにこだわったセレクトで集められて来た職人達の技を見ることが出来る所です。フィレンツェでも年間を通じて幾つかの職人展が開催されますが、その多くは、職人やアーチストが作ったものというよりも、メーカー物や工業製品を集めた似た様な屋台ばかりだったりします。一方、この職人展では、厳しい審査によって、展示するアーチストが選ばれるので、バリエーションのバランスも良く、見ていて飽きないのです。入場者は自分が一番好きな職人を一人選んで投票し、最終日に受賞者が発表されるという楽しい企画もあります。今年は一体誰が選ばれるのでしょう?
f0106597_05172602.jpg
彼は、はるばるヴェネツィアからやって来たピエロ君。

f0106597_05165474.jpg
これ、何だか判りますか?
これはオブジェ用に小さく作ってありますが、オールをカーブした部分に乗せてゴンドラを漕ぐ為の、フォルコレと呼ばれる部分です。
彼は、このフォルコレを作ったり修繕したりしています。素材は胡桃の木。
ヴェネツィアには彼の様な職人さんの工房が4軒程あって、彼の師匠が工房を構えるサンマルコ側が一番波が高くて、ゴンドラのフォルコレが摩耗するのが早いんだそうです。世の中には色んな職業があるものですね。


f0106597_06121562.jpg
ふと、一緒に見ていたAさんが、「うわーっ、信じられないっ!」と喜びの声をあげました。
Aさんが昔からファンで、フィレンツェのお店で買い集めてコレクションをしていたパオラ・スタッチョーリの作品が展示されていて、彼女自身が居たのです。
f0106597_06150873.jpg

陶器職人のパオラさん。
昔、日本の現代陶器の作品を写真で見て陶芸にはまったのだそうです。フィレンツェ近郊に工房を構える彼女の作品は、海外でも評価されています。
f0106597_06175276.jpg
彼女の作品には、モチーフの草花や小鳥が自由な色彩で描かれています。
話をしながら、お互いに知っている東京のギャラリーがあることが発覚。実は、5月21日から6月5日まで、東京、世田谷区のギャラリー「時のしずく」で、友人の我妻珠美さんの個展に、アントネッロが作るキッチンツールを少し展示させて頂く事になっています。そのギャラリーに、今週の土曜日まで、パオラさんの作品が展示されています。
凄い偶然にビックリ!


京王線芦花公園駅から徒歩2分
東京都世田谷区南烏山3-11-29-405 ギャラリーは建物の4Fです。

ヨーロッパからの風 展 パオラさんの陶芸作品の他に、2人のアーチストの作品が展示されています。
〜5月14日まで

我妻珠美展 
5月21日〜6月5日まで 珠美さんの陶芸作品を中心に、アントネッロのキッチンツールも数点展示されます。

職人展がつないでくれた不思議な縁。
アルティジャナート・エ・パラッツォは5月15日まで開催されています。毎年、同じ期間に開催されるので、5月2週目にフィレンツェにいらっしゃる方は是非、お立ち寄り下さい。

追伸:昨晩、夕食時にアントネッロとパオラさんの話をしていたら、なんとなんと、偶然、アントネッロはパオラさんのご主人と、材木つながりで知り合いだったというオマケ付きでした!いやいや、世の中狭いです。

保存版として以下のラ・カーサ・ミーアのフィレンツェ情報ページに地図付きでアップしました。


気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪







by lacasamia3 | 2016-05-13 06:42 | フィレンツェお薦め処 | Comments(2)

f0106597_01375083.jpg

今日は、毎年アパートに1ヶ月滞在をして下さるAさんと一緒に、数年振りに、職人展「アルティジャナート・エ・パラッツォ」に行きました。
現在も続く貴族、コルシーニ家が年に一度、邸宅の庭を解放して開催する職人展です。

フィレンツェでオリジナルの作品を作り続ける職人達を中心に、イタリア各地の職人も呼び、それぞれの作品や制作行程を真近で見る事が出来るイベントです。
f0106597_01410734.jpg
ここのイタリア式庭園も素晴らしい。



f0106597_01461812.jpg
カルチョーフィをそのまま伸ばしてありました。あんなに大きなの、きっと食べ甲斐があるだろうなあ・・・
f0106597_01422344.jpg
今朝はお天気がコロコロ変わって、雨がざっと降ったり、陽が射したり。
雨上がりのバラのブースは酔っ払いそうな位、バラの香りが漂っていました。もうこの香りだけで優雅な気分。

f0106597_01493935.jpg
ジノリの食器をまるで家の中のキッチンで見る様に、お洒落な食器棚にしまって展示されていました。
お値段や品名プレート、メーカーの紹介など野暮な表示がありません。
f0106597_01541844.jpg
ひときわ目を惹いたのが、シチリアのボゲリーアから来ていたパスティッチェリーア。
f0106597_01555859.jpg

目の前で飾り付けの実演をやっていました。
f0106597_01572392.jpg


早速、1切れずつ頂いて、フォークで最初の一口・・・とふと見ると、職人のおじさんと売り子のおばさんと、息子さんなのか若い職人さんが、3人揃ってワクワクした顔でこっちをじっと見ている(爆)。「ブオーノ!!」と言うと、三人ともニコニコになりました。この砂糖漬けのフルーツがまた、とっても美味しいのです。
f0106597_02000785.jpg

私たちは、この後、お茶にしましたが、こんな、素敵なレストエリアで、ランチを食べる事も出来ます。
今日はこの職人市で不思議な出会いがありました。

ちょっと長くなったので、それについては、後ほど・・・

アルティジャナート・エ・パラッツォ
2016年5月12日から15日まで 通常、毎年5月に開催されます。
Via della Scala 115, Firenze

 
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





by lacasamia3 | 2016-05-13 04:53 | フィレンツェお薦め処 | Comments(2)

雨のフィレンツェ

f0106597_19140143.jpg

今朝のフィレンツェは久しぶりに本格的な雨。
数日、この雨が続く様です。
f0106597_19153589.jpg

カラカラに乾いていた畑も庭も、ちょっとホッと一息。
毎日水遣りをしているけれど、雨が種や苗に与える水分は、ホースでの水遣りとは比べ物になりません。ちょっとずつ地表から地中奥深くへと浸み込んで行く水滴は、苗の地中での成長に欠かせないもの。
洗濯物は干せなくて困るけれど、植物や森の生き物達にとっては恵みの雨です。
f0106597_19190339.jpg
今週は、以前大変お世話になった方がフィレンツェに来て下さり、フィレンツェの友人と一緒にランチに行きました。
久しぶりに行ったのは、サンロレンツォ教会前のトラットリーア、ゴッツィ。フィレンツェの食堂の雰囲気を残し、やはり外さない味です。
勿論、大好きなブラチョーレ・リファッテ。子牛のカツレツをトマトソースで煮込んだもの。食感は日本のカツ丼に似てる♩
f0106597_19234075.jpg
そして、春にしか食べられないフレッシュなグリンピースの付け合わせ。
イタリアはグリンピースが甘くてとっても美味しいのです。パンチェッタの塩気とグリンピースの甘みが丁度良く合います。

ハウスワインの赤も美味しかったなあ。
楽しいランチタイムでした。Tさん、またフィレンツェでお待ちしています♩Yちゃん、時間が取れたら家族でゆっくり会おうね〜。

Piazza di San Lorenzo, 8R, 50123 Firenze 12:00-15:00 日曜定休

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2016-04-23 19:27 | フィレンツェお薦め処 | Comments(1)

f0106597_07024483.jpg
今日は、朝は土砂降り、昼から晴れたと思ったら、夕方からグングンと気温が下がって寒くなりました。近くの村から見た周りの山々はてっぺんが白くなっていて、どうやら高い所では雪が降った様です。まだまだ真冬ですね。
先日、仕事でフィレンツェに行ったついでに、前からとっても気になっていたお店に行きました。
f0106597_07044559.jpg
アカデミア美術館の近くにあるArà è Sicilia。カンノーリやカッサータなどのシチリア菓子やシチリア風の具入りフォカッチャ、等を食べる事が出来ます。席数はとっても少ないので、混んでいるときは立ち飲み、立ち食べ。平日のお昼は、昼休みの
フィレンツェ人で結構混むので、時間をずらして早めの12時頃に行かれると良いでしょう。
多くの場合、イタリアの昼休みって、13時からなんです。私が一緒に仕事をしている管理会社も、13時から14時30分まで昼休み。1社はフレキシブルで誰かが電話に出るけれど、1社はこの時間帯、誰も電話に出ない・・・(コラー!!!)

f0106597_07090126.jpg
さて、この日のお昼に食べたのは、ジャーン、アランチーノ。シチリアのライスコロッケです。
外の衣はサクッサクで、お米の炊き具合が絶妙なんです。ラグーソース、ナスのトマト煮込み(ノルマ)、イカスミ、ピスタチオなど中身に色々バリエーションがあります。
これで1個確か3ユーロだったかな?素晴らしく美味しいんです。
f0106597_07291966.jpg
そして、デザートは勿論、カンノーロ。
サクサクに揚げた衣に、注文すると、リコッタチーズをその場で詰めてくれます。大きすぎず、でも小さすぎず。アランチーノとカンノーロ&コーヒーでパーフェクトなランチでした。
まだ食べた事がないけれど、ジェラートもおいしそうでしたよ。スーツ&ネクタイ姿のサラリーマンが冬なのにモリモリジェラートを食べていました。ただしココはコーンなし、カップのみです。

Arà è Sicilia
Via degli Alfani, 127R, 50122 Firenze
10:00-24:00 無休

ドゥオーモからアカデミア美術館に向かってリカーソリ通りを歩き、2つ目の角を右に曲がった先の右側です。小さなお店なのでお見逃し無く。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-03-04 07:36 | フィレンツェお薦め処 | Comments(1)
f0106597_01495774.jpg
先日は久しぶりに日本人のお友達と会いました。
いつも皆、普段、家ではイタリア料理ばっかりなので、会う時は、「なんちゃって和食」(お寿司屋さんなのに日本語が通じない)が多いのですが、最近、フィレンツェで美味しい所がないっ!「SUSHI」と言う看板はポコポコ見かけるのですが、全然美味しくないんです。シャリが。是非、日本の板前さんにフィレンツェで美味しいちゃんとしたお寿司屋さんを開いて頂きたいものです(涙)。
で、何処に行こうか?と迷っていて、Mちゃんから、『最近、フィレンツェ中央駅の横に出来たタパスに行ってみない?」と提案がありました。
f0106597_01551239.jpg
白ワインもなかなか美味しい♩
f0106597_01564640.jpg
日本の居酒屋の様に、おかずっぽいものを小皿で注文出来るのも嬉しいです。
f0106597_01574039.jpg
12時過ぎからタパスが並び始めます。
パンもちゃんと美味しくて、柔らかめの全粒粉パン。ディップはリコッタチーズだったり、マッシュポテトだったり。
f0106597_01591041.jpg
目で見て楽しく、食べても美味しい♩
f0106597_02080260.jpg

このお姉さんがとっても気が利いていてフィレンツェでは珍しくキビキビ笑顔で働いているのです。
f0106597_01595970.jpg
席数が少なくて、4人がけなので、4名以上の人にはお勧めではないけれど、内装はフィレンツェでは珍しくお洒落で居心地の良いお店でした。お昼12時から夜まで継続で開いているから、早めにご飯を食べたい時にも便利です。
タパスはカウンターで選ぶとお皿に入れて持ってきてくれます。

朝ご飯用のデニッシュやブリオッシュもあって、ここで朝ご飯も食べられます(タパスは12時から)。
f0106597_02025362.jpg
また通いたいお店が増えました。
中央駅の真横で、16番線の真ん中当たりから直接お店に入る事も出来ます。

REALE FIRENZE
朝7時から夜中の2時まで継続で営業しているんだそうです(驚)
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-02-05 02:06 | フィレンツェお薦め処 | Comments(2)
f0106597_19061568.jpg

いつもブログで楽しく拝見していて、でも実際にお会いした事がなかったヴェネツィア在住のfumieさんが、フィレンツェにいらっしゃるという事で、丁度土曜日の午前中、私も医療通訳の仕事でフィレンツェに行っていたので、お昼をご一緒しました。
「何食べたい?」って聞いたら、「美味しいパニーノ!」ということ。前にイル・チェルナッキーノにはいらっしゃっていた様なので、今回は、老舗のランプレドットの屋台に行きました。
私がいつも食べるポッリーニ。チブレオのトラットリアの前にあります。フィレンツェの街の中には、VIA DANTE ALIGHIERIの角、VIA GIOVERTI、中央市場の中と外、カルミネ広場等、何軒かこうしたランプレドット(モツ煮)のパニーノ屋さんがあります。
色々行って食べ比べれば良いのでしょうが、やっぱりいつもの場所に行っちゃう(笑)。
f0106597_19135995.jpg
ランプレドット屋さんって、フィレンツェの人にとっては、まだまだとっても庶民的なお店です。
お昼頃になると、買い物袋を下げたおばちゃんや学生さんが、家にもって帰って食べる様にちょっとプラスチックの容器に入れてもらったりもしています。
f0106597_19155234.jpg
トマト味とそうでないのとあるけど、やっぱり基本はトマトなし、トラディツィオナーレ。
パセリとニンニクのグリーンソース、塩での味付けがベースで、それにチリソースも入れてもらうのが好きです。お兄さんが、パンをジョボッと表面だけ茹で汁につけてくれます。その加減が絶妙。上の表面はパリパリなのに中はしっとりとして具となじみ、食べ易くなる。
モツ自体は全然臭くなくて、とってもデリケートな味です。
3ユーロの幸せ♩
f0106597_19371760.jpg
その後は、落ち着けるチブレオカフェでコーヒー&デザートをしに行きました。
ここはお食事も出来て、とっても美味しいです。
f0106597_19384110.jpg
ここのクロスタータが最高に美味しいんです。先に編み目にしてからその間にジャムを置いているから、編み目の部分がサクサク。自家製であろうイチゴジャムのクロスタータでした。コーヒーも美味しいです。

Fumieさんはとーってもチャーミングな方。年齢も近くて、イタリア在住年数も近いから、とっても話が合いました。ブログで繋がっていると、初対面という感じがしないのが嬉しいです。またお会い出来たら良いな。それまでにまた、フィレンツェのお勧めのお店、開拓しておきます(っていつも行く所が決まっているのだけれど・・・)

今日は午後からユキの志望校の高校のイベントで、フィレンツェに連れて行ってきます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-01-25 19:44 | フィレンツェお薦め処 | Comments(4)
f0106597_06031070.jpg

今日は、ユキの中学の先生が、フィレンツェで割と近い場所にある高校へ希望者を連れて行ってくれるという学校案内があり、ユキは早朝からフィレンツェに行っていました。ユキの志望校ではないけれど、一応他も1つくらいは見ておこうという事で参加。アントネッロも朝フィレンツェで仕事だったので(飼い犬の大型ゴールデンレトリバーがドアを食べちゃったから、来週のクリスマスのファミリーランチ迄に直して欲しいとの緊急オーダー・笑)、行きは彼が送って行きました。
帰りは私がお迎え。というわけで午前中にフィレンツェに行きました。
f0106597_06015231.jpg
サンタマリアノヴェッラ薬局の前を通ったら、こんな素敵なウインドー。
f0106597_06092594.jpg
久しぶりに、サンタマリアノヴェッラ薬局に立ち寄りました。
クリスマス前の土曜日、今日は忙しそうだなあ。普段は外国人の方が多いのに、レジも今日はイタリア人のお客さんで混んでいました。
f0106597_06110576.jpg
正式に薬局としては創業1612年って凄いです!でもその前から既に存在していたから、実際のところは800年以上ここで薬を作り続けてきたのでしょう。
f0106597_06071694.jpg
季節柄、プレセーペが飾られていました。何気なく下に置かれている籠がお洒落。
f0106597_06142249.jpg
中庭には昔ここで製造が行われていた事を思い起こさせる様な煙突もありました。今は、空港の手前に工場があります。予約すると見学する事も出来るんですよ。今度行ってみたいな。

f0106597_07042027.jpg
1300年代の美しいフレスコ画が残る礼拝堂も公開されています。
ここまで修復してしまうなんて、フレスコ画の修復、保存、維持は簡単ではないと思うのですが、現在のサンタマリアノヴェッラ薬局の歴史に対する姿勢は素晴らしいです。

f0106597_07104700.jpg
私がフィレンツェで一番好きな「最後の晩餐」。
他の作品と何が違うのかと言うと、円卓なのです。

f0106597_06154699.jpg

数年前迄、展示室だったスペースが、最近ティールームに変わりました。
ちょっと前から興味津々だったので、ここで休憩。
f0106597_06170826.jpg
私は、Fiori e Frutti (フィオーリ・エ・フルッティ)というミックスティにしてみました。リンゴ、ハイビスカス、ニワトコ、ローズヒップ、イチゴ、パッションフルーツ、キウイ、ひまわり、バラ、ヤグルマギク、リコリス、レモンバーム、ラズベリーが入っているんだそうです。ちょっと酸味があり、でもバランスが良くて品の良い味でした。勿論、お砂糖等は入れずにそのままで。
写真ではボケてしまいましたが、リチャード・ジノリのベッキオ・ビアンコのティーポットがとても可愛かった!やっぱりフィレンツェはジノリ。

お勧めされたブラックベリーのクロスタータは普通だったのですが、
f0106597_06233511.jpg
チョコレートが素晴らしくおいしかったっ!
白色はジャスミン、オレンジ色はシチリアの柑橘類、緑色はサンタマリアノヴェッラ特性リキュール(!)、ピンク色はローズチョコレート。この順に食べて下さいと言われ、言われた通りに食べると、なるほど!ジャスミンは一番デリケートな味で、ローズチョコレートはしっかりとした香り(でもチョコレートとバランスが取れた味です)。ワイン同様、チョコレートも食べる順番により随分印象が変わるものですね。
f0106597_06271178.jpg
サンタマリアノヴェッラ特製のリキュール、アルケルメスで作ったチョコレートも。
これは別の機会にこれだけで頂いた方が香りが強かったかもしれません。
f0106597_06304485.jpg
クリスマスのプレゼントをあーでもない、こーでもないと選びに来るイタリア人のお喋りを聞きながら、この素敵な空間でゆったりと頂く紅茶は格別でした。
紅茶だけでなく、コーヒーやカプチーノ等もあります。

フィレンツェにいらしたら是非、サンタマリアノヴェッラ薬局を覗いてみて下さい。

以下のページで地図付きでご紹介しています。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2015-12-20 06:39 | フィレンツェお薦め処 | Comments(4)