フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:フィレンツェお薦め処( 132 )

イタリアのケーキ色々

f0106597_16491850.jpg
ちょっと、田舎話が続いたので、ここらでフィレンツェの話も。
毎年5月に来る母は、私達が山の家に引っ越してから、せっかくフィレンツェに来ても山から余り降りることがありません(笑)。たまに、フィレンツェに行く時に必ず寄るのが、この、ワインバーでフォッカッチャ屋さんでもあるヴェラッツァーノ。以前から何度かブログで取り上げたお店です。なかなか頑固なお店で、以前、アメリカ人のお客さんがコカコーラを注文したら、「オ~!ノ~!ノン、コカコーラ」とウェイターさんが頭を抱えていたのを目撃しました。コカコーラなど飲まずに、ワインを飲め!という頑固なお店です(笑)。


f0106597_1702796.jpg
f0106597_1711318.jpg

さて、コーヒーもなかなか美味しいこのお店で、是非今の時期食べていただきたいのがコレ、グリーンピースのフォッカッチャ。イタリアの甘くて美味しいグリンピースの旨みが引き立っています。恐らく、茹でた、またはオリーブオイルでサッと炒めたであろうグリンピースとフィラデルフィアチーズのようなクリームチーズをパリパリフォッカッチャに挟んだだけのものですが、何とも言えず美味しいのです。


f0106597_1751232.jpg
f0106597_1761436.jpg

ショーケースに並んでいるケーキはどれも美味しいですよ♪
フィレンツエではかなり一般的なケーキです。余談ですが、フィレンツェでは基本にこだわり余りケーキのバリエーションはありません。それぞれのお菓子屋さん皆、大体同じ種類のケーキを作り、味で勝負するというわけです。殆どがタルトベースで、ふんわりスポンジ生地のケーキは余り見かけません。バリエーションに富む日本のケーキ屋さんに比べると物足りないかもしれませんが、シンプルで素朴な味がして私は大好きです。
写真左:"torta alla semola"(トルタ・アッラ・セーモラ)。セモリナ粉のケーキ。中にはチョコレートクリームが詰まっています。
写真右:"torta della nonna"(トルタ・デッラ・ノンナ)「おばあちゃんのケーキ」と呼ばれるケーキ。中はカスタードクリームで、上には松の実かアーモンドをのせて、カリッと焼き上げたお菓子です。


f0106597_1774283.jpg
f0106597_1783082.jpg

写真左:"torta alla fragola"(トルタ・アッラ・フラーゴラ)苺タルト。ヘタの飾り方が可愛いでしょ?
写真右:"torta al limone"(トルタ・アル・リモーネ)レモンタルト。これは絶品です!レモンの心地よい苦味、酸っぱさがしっかりと利いていて、甘さ控えめのサクサクのタルト生地にとってもよく合っています。


f0106597_1720975.jpg
場所は、ドゥオーモからシニョリーア広場に向かって歩き、オルサンミケーレ教会を右手に見た左手の小道を入った左手、右側にPERCHE'NO というジェラート屋さんがある先の左手です。VINIというたて看板が目印。勿論、ワインが飲めない方でも楽しめますし、テーブルに座らず、フォッカッチャだけサッと食べてコーヒーを立ち飲みすることも出来ます。その場合は、先にお会計をしてレシートを見せて、好きなフォッカッチャをもらいましょう。入り口ではパンも買えますよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-06-08 17:26 | フィレンツェお薦め処 | Comments(8)
f0106597_23371054.jpg
ちょっとアグリ話が続いているので、ここらでフィレンツェの話も。フィレンツェの中央駅のすぐ近く、サンタマリアノヴェッラ教会の裏手には、有名な"officina Profumo-farmaceutica di Santa Maria Novella"(サンタマリアノヴェッラ薬局)があります。昔はどの教会にも、こうした薬草を調合した薬を販売していた薬局があったそうです。石鹸で有名なこの薬局、左の写真をご覧下さい!美術館みたいでしょ。
サンタマリア・ノヴェッラ薬局と言えば、お隣さんで音響技師のパオロが、ある日、サンタマリア・ノヴェッラ広場の裏にある警察学校の式典のマイクテストをしていた時、警察のイメージとは全くかけ離れた甘~い品の良い香りが漂ってきたそうです。実はその警察学校の裏がこの薬局だったんですね。近所に住んでみたいなあ。
私は、年に1~2回、日本から来る母のお供でここを訪れます。10年間全く変わらないお店は、これから何十年と変わらずここにあるんでしょうね。


f0106597_23412844.jpg
f0106597_23422179.jpg

内部には、昔、薬草入れとして使われていた壺が飾られています。


f0106597_23461463.jpg
f0106597_2347413.jpg

棚の中には色々な香りの石鹸が並べてあります。ここでは焦りは禁物。お願いすると、棚の中の石鹸を出してくれます。ゆった~り、優雅な気分で、ゆった~りサーブしてくれる店員さんに色々と見せてもらいましょう(店員さんの対応の良し悪しは運次第)。
写真右は薔薇水。母のお気に入りです。


f0106597_23533463.jpg
f0106597_23544585.jpg

お薦めはウィークエンド・ソープ。男性用と女性用があり、女性用はアイリスの香りがします。小さめの石鹸が3個、細長い箱に入っています。品の良い香りはここならではです。秘密の調合法があるんだろうなあ。

牛祭りも良いけれど、たまにはこうした優雅な気分に浸るのも良いデス。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
by lacasamia3 | 2006-05-27 00:00 | フィレンツェお薦め処 | Comments(40)