フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:未分類( 100 )

f0106597_17490178.jpg


今朝の8時半にジャーと言う音が聞こえ、水道がやっと開通しました(長かったよ)。
念力を送って下さった皆様、毎朝ブログを開きながら心配して下さった皆様、ありがとうございました。
まだお湯は出ませんが(汗)、とりあえずは洗濯します。

それにしても、水道の蛇口を見て感動出来る私たちって・・・。
良かった。

・・・と水道が復活して喜んでいたら、今度は暖房が壊れました(涙)。正確には、薪ストーブの熱を家全体に回しているラジエーターの水の充填用の管が水道に繋がっている所(屋外)が破裂した為に、ラジエーターの水が抜けてしまったのです。どんだけ気温が低かったんだか。というわけで、今晩は暖房が点けられず、寒いので、もう寝るしかない。ううう・・・苦難は続く。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2017-01-12 17:52 | Comments(9)

ハハキタル

プーリアの後は、母が日本から来るというイベントが待っていました。
所が、 我が家のネット環境がダウンし(涙)、夏休みで電話会社が来るはずもなく、 とりあえず、インスタの @chiholacasamia で近況をアップします。

by lacasamia3 | 2016-08-17 16:30 | Comments(0)

あとちょっと

インスタ@chiholacasamiaでは、 随時更新していますが、 プーリア滞在は、残り僅かです。
やはり、 スマホからは画像がアップできないので、フィレンツェに戻ってから、 アップします。 美味しいもの、 美しい海、 家族に癒されています。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2016-08-08 22:03 | Comments(1)

葡萄の木

f0106597_19065290.jpg
さて、朝ご飯の後は、ラヴァッキオの尾崎さんと一緒に、春の葡萄畑に行きました。
f0106597_19111313.jpg
7月から9月にかけての様子からは想像出来ない程、今の葡萄畑は太い幹が残るばかりなのです。
f0106597_19130630.jpg
こんな様子で一体ワインの為の葡萄は何処になるのかしら?と不安になりますが、
f0106597_19135299.jpg

ほらっ、ちゃんと新芽が出ています。
これから驚異的なスピードでツルツルと新しい枝が伸びて行くのです。

f0106597_19142567.jpg
今の時期の葡萄畑は、自然のエネルギーを感じさせてくれます。
f0106597_19155865.jpg
葡萄は30歳を超えると生産量が落ちて行きます。但し、根は地中に伸び続け、奥深い場所から豊かなミネラル分を吸い上げて、味わい深いワインになるのです。だから、このラヴァッキオでも、40歳以上の葡萄の木を大切に育てて、少量しか採れないプレミアムラベルのワインも作っています。
葡萄の木は、年を取るごとに味わい深いワインを作り出すんですね。
f0106597_19193212.jpg
ラヴァッキオでは畑の野菜が採れる時期は、レストランで使う素材も出来るだけ自給自足をしています。
畑担当のシニョーレが丁寧に赤玉ねぎを植えていました。
f0106597_19202948.jpg
農家のマスコット、kukuちゃん。人懐っこくて「クー、クー」って鳴きます。この後、尾崎さんにお散歩に連れて行ってもらいました。良かったね♩
トスカーナの広大な自然を楽しみながら、ノンビリ過ごすにはお勧めのアグリツーリズモです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪






by lacasamia3 | 2016-04-11 19:27 | Comments(1)

スクスクと

f0106597_01325858.jpg
ある写真を探していたら、こんなのが出てきました。
なんか、体つきが子犬。1歳くらいの頃かな?
f0106597_01315912.jpg
この方、私より背が高くなりました。
長く続けていた水泳を辞めて、去年の暮れから陸上をやっています。イタリアで陸上は結構マイナーなのかな?と思いながら、一昨日、大会に連れて行ったら、結構居る居る〜。割と10歳から20歳位の間の子が多かったです。中には、アフリカ系の子も。惚れ惚れする様なフォームの美しさ!走るのが得意な人たちなんだなあとつくづく思います。羨ましい。
実はアントネッロも中学、高校と陸上部で円盤投げをやっていたのでした。

今日はこれからお友達の家に行っているユキを迎えに行き、その後、夜は仕事でフィレンツェです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



by lacasamia3 | 2016-03-15 01:40 | Comments(2)

パスタの裏技

f0106597_06410661.jpeg
今晩は、ユキはお友達と夕方からフィレンツェに行ってしまったので、アントネッロと二人ごはん。簡単にスパゲッティだけにしようね…と作ってます。
セロリ、ニンジン、玉ねぎだけのシンプルなトマトソースをじっくりと長時間、薪ストーブの上で煮込んで、最後の仕上げに…
f0106597_06445447.jpeg
え?
f0106597_06473832.jpeg
バター投入!
これ、毎回やると体に悪いので、たまにの裏技。
f0106597_06493414.jpeg

チーズを振りかけて
f0106597_06510860.jpeg
出来上がり♪
大盛りです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2016-03-06 06:26 | Comments(8)

ミラノより

f0106597_06225042.jpeg
今朝からミラノに来ています。
f0106597_06240473.jpeg
エレベーターも凄い。
人の歩くスピードが早い。

f0106597_06261989.jpeg
分刻みで地下鉄がピタッと来る。
f0106597_06340133.jpeg
仕事の締めはアペリティーボで。
f0106597_06281158.jpeg
ミラノの管理会社が用意してくれたアパートの居心地が良すぎて今晩は引きこもりです。
f0106597_06305490.jpeg
Basaraという美味しいお寿司屋さんの噂を聞いたので、テイクアウトをしてきました。イタリアとは思えない、ちゃんとしたお寿司でした♪ デザートに付けてもらった大福も美味。

さて、明日は街の中心部へ行ってきます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


by lacasamia3 | 2016-02-16 06:21 | Comments(2)

食べるヴェネツィア

f0106597_03051476.jpg

ヴェネツィアでの楽しみは勿論、食事も♩
駅に着いて、B&Bに荷物を置いて、さあっ何処にしようかな?いつものLa bottega ai Promessi Sposiに行くと、超満席。1人だから適当に座れるかな?と思っていたら甘かった。
f0106597_03111863.jpg
でもヴェネツィアは大丈夫♩
こうして、カウンターで立ち飲み、立ち食べだけど、こうして、お惣菜をちょちょっと持ってくれるバーカロ方式があるのです。
肉団子あり、イワシのマリネあり、バッカラのせのクロスティーニあり・・・。

f0106597_03141703.jpg
ここのお店では、バッカラと、イワシのマリネが最高に美味しかったなー。
イワシのマリネは、sardee in saor というヴェネツィアの名物料理で、玉ねぎと干しぶどうが入っていて甘酸っぱい味が和食っぽく、何とも懐かしい。
私が1人で飲んで食べている間にも(←こういうのぜーんぜん平気)、席を予約しているツーリストは奥のテーブル席へ、地元の人は、最初っからカウンターでワイン1杯とおつまみという感じでした。買い物袋を抱えたおばちゃんが、「肉団子2個だけ頂戴っ」って頼んでるあたり、何か良いなー。肉屋のコロッケみたいな、庶民的なシステムです。
f0106597_03254670.jpg
夜は、丁度バンクーバーからいらしていたお友達Mさんご夫妻とご一緒に♩奥様が私の大学の先輩で、ヴェネツィアでこの時期に再会出来るのを、私も毎年楽しみにしているんです。
f0106597_03272664.jpg
つるっと食べたこのビーゴリという太麺のパスタが最高!しかも上にのっているモッツァレラチーズを熱々のパスタに溶かしながら食べるという、何ともオツなパスタでした。最高に美味しかった。
f0106597_03342767.jpg
そしてまたまた、翌日の夕方、Mさんご夫妻にお誘い頂き、私よりも凄くヴェネツィアのバーカロに詳しいお二人と、バーカロ3軒をハシゴしました。
Mさんご主人行きつけのバーカロで1杯やっていたら、杖をついたお爺ちゃん二人も仲良く1杯。その後、2軒目に行ったら、後からそこにも同じお爺ちゃん達が(笑)。歩くスピードが違うから、ちょっと私たちよりは遅れて来ていました。
f0106597_03362785.jpg
ヴェネツィアのポレンタは白いんです。お米っぽいけど、やっぱり調べてみると、白いトウモロコシの粉を使って調理されているらしい。
ああ、この肉団子も最高でした。またすぐにヴェネツィアに戻りたい。
f0106597_03413938.jpg
ちょこちょこ色々なものが食べられるのがバーカロの楽しみです。

f0106597_03424247.jpg
このイカ天も美味しかったなあ。
f0106597_03433696.jpg
結局、お二人とバーカロを3軒もはしごしたのでした。
そして、バーカロでの一番のメインは、お料理でもお酒でもなくてお喋り。楽しいお喋りと楽しい時間が、バーカロの最大の魅力なのだと思うのです。

Mさんご夫妻、ヴェネツィアでの楽しみ方をいつも学ばさせて頂いています。
楽しかったー。また来年、お会い出来るのを楽しみにしています。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2016-01-24 03:46 | Comments(4)

ヴェネツィアの風景

f0106597_23434050.jpg
フィレンツェにはこんな色の壁はないなあ・・・とカラフルなヴェネツィアの壁を見て、違う街に来たんだと実感。
同じイタリア国内でも街が変わると、風景も建築様式も色彩も随分と変わります。
f0106597_23423054.jpg
最近好きなヴェネツィアのエリアは、ゲットーとサンポーロ。
f0106597_23452891.jpg
ゲットー(ユダヤ人街)のあった場所はヴェネツィアの北側、駅よりも東側にあります。
とても落ち着いている界隈で、庶民的な食堂も幾つかある、お散歩を楽しめるエリアです。
f0106597_23490159.jpg
雑多でカラフルなのに不思議な統一感があるベネツィアの街並み。

f0106597_23524893.jpg
ここは、毎回訪れる度に写真を撮ってしまう、サンポーロの辺りの小さな広場。
サンポーロもまた、庶民的で生活感があるエリアです。

ヴェネツィアの魅力って、先日行ったトスカーナのアンギアーリもそうだけど、車が存在しないという所だと思うのです。車がないと街がこんなに美しい。広場の真ん中に井戸があるって、素晴らしいです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




by lacasamia3 | 2016-01-23 00:06 | Comments(1)

カーニバル近し

f0106597_6271120.jpg

ヴェネツィアでは所々にカーニバルの予感。街のあちこちに、コリアンドリと呼ばれる紙吹雪が落ちていました(待ちきれなかったんだろうなあ・・・笑)

今年のカーニバルはかなり早めで、本番は2月9日。でもヴェネツィアでは今週の土曜日からカーニバルがいよいよスタートするそうです。
f0106597_628173.jpg

カーニバルが近くなると、お菓子屋さんの店先には(見る所はやはソコ)揚げ物のお菓子が沢山並び始めます。
f0106597_6291390.jpg

フィレンツェから来た私は、「あ、チェンチに似ているお菓子だっ!」と思ったけれど、ガラーニと書いてある。
形の違いは多少あるものの、カーニバルの時期には、イタリア全国で、この揚げ菓子を良く食べます。調べてみたら、ガラーニはヴェネツィアでの呼び方。
同じ様なお菓子を示す言葉はこんなに沢山あるのだそうです。(トスカーナでの呼び名、チェンチしか知らなかった・・・爆)
以下、Wikipediaより

bugie (Genova, Torino, Asti, Imperia, Savona),
cenci または crogetti (Prato Firenze Toscana );
strufoli または melatelli (se con miele) zona Grosseto, Massa Marittima (Toscana);
chiacchiere (Basilicata, Sicilia, Campania, Lazio, Alto Sangro nell'Abruzzo meridionale, Molise, Umbria, Puglia, Calabria, a Milano, La Spezia, Massa, Carrara, Sassari e Parma);
cioffe (Sulmona, centro Abruzzo);
cróstoli o gròstoi o grustal (Ferrara, Imperia, Rovigo, Vicenza, Treviso, Trentino, Venezia Giulia);
cróstui (Friuli);
cunchiell' o qunchiell (Molise);
fiocchetti (Montefeltro e Rimini);
frappe (Roma, Viterbo, Perugia e Ancona);
galani (Venezia)
gale o gali (Vercelli, Bassa Vercellese), Novarese e Barenghese
gasse (Basso Alessandrino);
guanti (Alife, Caserta);
gròstoi o grostoi (Trento);
intrigoni (Reggio Emilia);
lattughe o latǖghe (Mantova);
maraviglias (Sardegna);
merveilles[2] (Valle d'Aosta);
rosoni o sfrappole (Modena, Bologna, Romagna);
galarane (Bergamo)
saltasù (Brescia);
sfrappe (Marche);
sfrappole (Bologna);
sprelle (Piacenza);
risòle (Cuneo e sud del Piemonte);
その他、stracci, lasagne, pampuglie, manzole, garrulitas

f0106597_6361660.jpg

そしてもう1つ、この時期に食べられる揚げ菓子がこれ、フリッテッレ。
カスタードクリームを混ぜたお米を入れたものもあるけれど、私は、普通の生地にザバイオーネクリームが入っているのが好き。
f0106597_6372363.jpg

揚げドーナッツっぽく見えるけれど、実はフワフワの生地で、中に卵がたっぷり入っていて、レーズンも生地に練り込んであります。

ヴェネツィアのフリッテッレは最高に美味しかったです。
私が今回食べて美味しかったのは、グーリエの橋の袂(駅から歩いてきて、橋を渡った先のすぐ左のお店)のお菓子屋さんのフリッテッレでした。
ああ、またすぐ食べに戻りたい程。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-01-21 06:40 | Comments(3)