フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

花の大聖堂の歴史~フィレンツェのドゥオーモ

f0106597_5225128.jpg



この記事は、より見やすく編集しなおしてメインサイト、フィレンツェ情報ラ・カーサ・ミーアの情報ページフィレンツェ見所案内 ドゥオーモで地図付きで掲載しています。

他にもフィレンツェ情報を沢山掲載していますので、宜しかったらご覧下さい。


人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by bianca at 2008-02-21 09:33 x
chihoさん、こんにちは。
↓温水器が直って良かったですね!アントネッロさんのお話にも何だか納得しちゃいました。ゆったりと時間の流れるイタリアの生活、私もその中で過ごしてみたいな。。。と思いました。
ブルネッレスキとクーポラのお話、そのような経緯があったのですね。ブルネッレスキが優勝していたら。。。クーポラがないドゥオーモ。。。ん~、歴史って面白いですね。建設の時もイタリアらしくのんびりだったのかしら。。。?クーポラに昇る階段は昔は無かったのでしょうか。昇るのはとても大変ですが、昇った後の眼下に広がるフィレンツェの町並みはやはり素晴らしいですものね。
Commented by まり at 2008-02-21 09:36 x
さすがです!勉強になりましたm( )m。
パリにエッフェル塔がなかったら。
ミラノにドゥオウモがなかったら。
フィレンツェに大聖堂がなかったら。
ありえない!です。
気長に作ったものですよね。時間がかかった
っということも感心しますが、世代を超えて
事業を完遂させるパワーに頭が下がります。
Commented by at 2008-02-21 16:59 x
こんにちは、初めまして☆
いつも楽しく拝見させて頂いてます^^
新婚旅行でフィレンツェを訪れて、ドゥオーモも懐かしくて思わずフィレンツェに思いを馳せてしまいました。フィレンツェの街並みはとても素晴しく、今もパソのデスクトップはフィレンツェの写真です☆また行きたいな・・・。これからもちょこちょこ遊びに来させて下さいね♪
Commented by chiiko at 2008-02-21 20:27 x
こんにちは。
本当にchihoさんの頭の中にはフィレンツェの引き出しがたくさんあって、中もぎっしり詰まっているんですね。驚きです。とても勉強になりました。
ブルネッレスキがクーポラを見上げているのをまじまじと見学ししている日本人がいたら、きっとそれはchihoさんのブログを読んだ人でしょう。
多分、私もその一人でしょう。また一つ、旅の楽しみが増えました。
ありがとうございました。


Commented by hyblaheraia at 2008-02-21 23:24
長い歴史を経て生まれ、またフィレンツェの歴史を育んできたドゥオーモは、これからも町の心臓として生きていくのですね。ブルネッレスキの失意と逆転勝利は心を熱くしました。
温水器が直って本当に良かったですね。お家の寒さが理解できるだけに、私もほっとしました。ドゥオーモの古い写真も素敵です!
Commented by ふゆさくら at 2008-02-22 01:14 x
こういう歴史を知っているのと知らないのとでは、同じドゥオーモを見ても、見方が全然変わりますよね!
先日メキシコに旅行に行ったのですが、とにかくメキシコの歴史について調べに調べて旅してきました。
かつて大文明を作り上げた人たちが何を思い、なぜピラミッドなどの建築物を造ったのか・・・そんなことを思いながら巡った遺跡や博物館の思い出は多分一生忘れないと思います。
学校では歴史、嫌いだったんですけど(笑)、今になって古へのロマンに心が躍るようになってきました。
なのでぜひいつかこのドゥオーモも見てみたいです。
気分はまさにブルネッレスキになって・・・♪
Commented by sicilia_trapani at 2008-02-22 02:29
最近、トラーパニのクーポラ探しにはまっている私(笑)2年半も住んでいるのに、知らないことがたくさんあるのよね。時間があるときには今まで行ったことの無かった教会巡りなんかを最近はしています。
トラーパニはやっぱりアラブの影響を強く受けているせいか、教会はバロック様式なのにクーポラだけがどことなくアラブ様式だったり、、、。教会の歴史を紐解く文献が少ないのが難点ですが、教会の係り員に聞いて勉強します。(でもスグ忘れちゃうのよね~、、、汗)
Commented by 中国語アドバイザー愛沙 at 2008-02-22 08:01 x
おはようございます。

ドゥオーモはフィレンツェのシンボル。世界史の教科書でみたような建物です。
ドゥオーモが街の人に愛されている様子が伝わってきます。

愛沙の「実践現代中国語単語集」
マインドマップ iMindMap でプレゼンテーション!
こちらにもお越しください!
Commented by girasole at 2008-02-22 08:50 x
いつもイタリアの歴史や文化、いろいろなことを教えて頂いてありがとうございます。chihoさんはどうやってお勉強されたんですか?水道が凍っても、温水器が壊れてもびくともせず、有機肥料、手作り温室、薪ストーブでトスカーナの大地に根を下ろしているchihoさん、素晴らしいです。これからもいろいろ教えてください。
Commented by M.K. at 2008-02-24 07:02 x
ドゥオーモは花の聖母という名前が付いているんですか。何とも綺麗な名前ですねー。140年も掛けて建築するとは地震国日本では考えられないことです。この建物一つにも凄い歴史が凝縮されているのですね。何時か訪れてみたいです。
Commented by chiho at 2008-02-25 03:21 x
biancaさん>クーポラに上る階段はいつ出来たんでしょうね。上の金の玉と白いテラスの部分はクーポラの完成後に後から作られたから、後から付け足されたのかも知れませんね。
Commented by chiho at 2008-02-25 03:23 x
まりさん>私も同感です。何世代にも渡って、1つのプロジェクトを引き継ぎながら完成させる意志の強さってすごいですよね。
Commented by chiho at 2008-02-25 03:24 x
悠さん>フィレンツェが思い出の地なんですね。いつまでも変わらない街です。また是非いらして下さいね~。
Commented by chiho at 2008-02-25 03:26 x
chiikoさん>いえいえ、私もそれ程深くは知らなかったのですが、調べてみるととっても面白いですね。少しずつ、フィレンツェに付いて私なりに書いてみたいなあって思っています。
Commented by chiho at 2008-02-25 03:27 x
hybraheraiyaさん>ブルネッレスキは建築家としての才能があったのだなあと思います。ギベルティーの彫刻家としての才能も素晴らしいのですが。不思議な運命のめぐり合わせですね。
Commented by chiho at 2008-02-25 03:29 x
ふゆさくらさん>旅行に行く前に少し行き先について調べてみると、また実際に建物や作品を見た時の印象が違いますよね。メキシコ、行ってみたいなあ。
Commented by chiho at 2008-02-25 03:30 x
Reiちゃん>私もシチリアの歴史についてはあまりよく知らないけれど、きっと面白いんだろうなあ。トラーパニのクーポラはどんなのなんでしょう。
Commented by chiho at 2008-02-25 03:32 x
愛沙さん>近くで見るとかなり迫力があるんですよ。是非、フィレンツェに見に来て下さいね。
Commented by chiho at 2008-02-25 03:33 x
girasoleさん>大学で少しだけルネッサンス美術について学んでいました。今は、逆に趣味程度で本を読み漁っています。
Commented by chiho at 2008-02-25 03:37 x
M.K.さん>フィレンツェの街の名前も、「フロレンツィア」=花という名前に由来しているんですよ。上から見ると花のような優雅な町です。
by lacasamia3 | 2008-02-21 05:52 | フィレンツェお薦め処 | Comments(20)