フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

フィレンツェで安くて旨い店を探すなら~サンフレディアーノ地区

f0106597_18101926.jpg
日本のランチに比べると、イタリアのランチは最近のユーロ高でかなり割高感があるかもしれません。でも、せっかくフィレンツェに旅行に来たのであれば、美味しいものを食べたいですよね。
安くて美味しいお店は、フィレンツェの街の中にも分散していくつかあるのですが、地区で言うと、サンフレディアーノ地区というエリアに多く見られます。有名店が並ぶトルナブオーニ通りの終点、フェラガモ本店のすぐそばの橋、サンタトリニタ橋を渡って、川沿いではなく1本目の交差点を右手に曲がったところから、サンフレディアーノ地区が始まります。


f0106597_17491340.jpg
f0106597_17502162.jpg



額縁職人や、皮職人の工房も並び、午前中は工房をちらりと覗くことも出来るフィレンツェの中でも楽しいエリアです。そして、あるある~、TRATTORIA(トラットリーア=食堂)と書かれた看板があちこちに見られます。


f0106597_1751848.jpg
f0106597_17515010.jpg



値段を比べるのであれば、"coperto"(コペルト)と呼ばれるサービス料や、必ずどのお店でもあるフィレンツェの名物料理"ribollita"(リボッリータ=お豆とパンのスープ)の値段を見て比較すると良いでしょう。見てみると、コペルトは1ユーロから2ユーロと様々ですし、リボッリータも高いお店は10ユーロ以上、安いお店は5ユーロ(!)というところもありました。
勿論、安ければ良いというわけではないですよね。でもこの界隈に通って、色々と試して、お気に入りの1軒を見つけるのも楽しいかも。
↑ここのお店などは、ランチのみ10ユーロでプリモ、セコンドと付け合せ付き!


f0106597_17555254.jpg
f0106597_17564649.jpg



トラットリーアだけでなく、美味しそうなパン屋さんもあちこちにあります。
実は、アントネッロが昔この界隈に工房を構えていたこともあり、たまに二人で待ち合わせをしてランチを食べに行っていました。
一時期に比べると大分減ってしまいましたが、このあたりには、フィレンツェの金銀細工職人、家具職人、靴職人、額縁職人などの工房がまだまだ沢山あり、職人さんたちがお昼に食べに行くトラットリーアが沢山あるんです。面白いことに、反対側、フィレンツェの北側のリベルタ広場近辺には、弁護士事務所や会計士事務所、司法書士の事務所が集まったエリアがあり、そちらのほうはちょっとシックなレストランが集中しています。


f0106597_1758263.jpg
f0106597_1759328.jpg



味と値段でお薦めなのが↑ここ、"CAMBI"。中もとっても雰囲気があって素敵です。(↓の地図でピンク印)
f0106597_180264.jpg
リボッリータも美味しいし、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナも美味しかったですよ。


f0106597_1871345.jpg



矢印+オレンジ印 フェラガモ本店(スタート地点)
ピンク印 トラットリーア カンビ
黄色印 Piazza Tasso(タッソー広場) 安くて美味しいお店が広場に数軒あります。地図上向かって右側がAlla Tramvai、外環道路を渡った反対側には、La Vecchia Bettolaがあります。
距離的には、スタート地点から、地図の左端まで一直線に歩いたとして、15分くらいです。
月曜と水曜、日曜に交代でお休みをするお店が多いので、それ以外の日にいらっしゃると開いているお店が多いと思いますよ。
プラプラ歩いて、フィレンツェでお気に入りのトラットリーアを見つけるという半日もなかなか楽しいですよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by 中国語アドバイザー愛沙 at 2008-01-15 20:08 x
シンガポールからこんばんは。遊びに来ました。

街を散策しながらお腹がすいたらトラットリーアやカフェに入る!なんか、旅愁を誘ういますね。
いつもセンスのあるすてきな写真に感激です。
シンガポールでは、ぶらぶらする事をジャランジャランと言います。マレー語みたいですよ。そんな雑誌もあったっけ。

愛沙の「実践現代中国語単語集」!
100万ルピーの夜景ってどんだけ~?
こちらにもお越しください。
Commented by je-couleur at 2008-01-15 20:51
食いしん坊な私。
半日かけてお気に入りのトラットリーアを見つけるお散歩も、良いですね!
こうやって、素敵な町並みを拝見できるのも楽しいです(^^)
町の色って有るのですね。
私は職人さんたちが集まる美味しいトラットリーアで、楽しくお酒でも飲みながら楽しみたいなーなんて思います(^^)
Commented by piccolipassi at 2008-01-16 00:17
CAMBI、私たちも外食のときによく行きますよ~。
にぎやかだから、子連れでも気にならないし、美味しいし。
前回、ポルチーニのグリルを食べたけど、美味でした~。
Commented by ふゆさくら at 2008-01-16 04:18 x
新婚旅行でパリとローマに行ったのですが、終日フリーにして心の赴くままに歩いて歩いて・・・パリだけで疲労困憊、靴も壊れるほど歩き、(もう限界!)と思った頃、美味しいイタリア料理に救ってもらったことをふと思い出しました(笑)美味しい物を食べると、生きる力が蘇ります。あはは♪
chihoさんがご紹介くださった界隈も(う~ん歩きたい!!!)とむずむずしています。
歴史ある石畳の上をお気に入りのあたたかいコートにマフラーをしっかり着込んで、思う存分闊歩したいなぁ。
そしてchihoさんお勧めのお店でお食事して・・・って妄想だけでかなり楽しんでしまいました(^^)
大好きな地区をこうして写真に残すのもいいですね。
私も今度写真に撮ってみようと思います♪
Commented at 2008-01-16 10:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by いずみ at 2008-01-16 12:33 x
日本じゃ”お一人様”といって一人でも入りやすいように工夫をしているところもあるけれど、イタリアはどうなのかな・・・
外国のレストランはなんとなく敷居が高いように感じて、なかなか入る勇気がでなくて・・・
それに前菜からデザートまで・・・そんなに食べれないし、ましてやお酒がほとんど飲めない私でも入っていいのかなど迷って、いつもテイクアウト何かを公園で食べたり、結局中華料理・・・になってしまう私だった。
けど、紹介されているお店ならランチならいけそうな気がします。
Commented by M.K. at 2008-01-16 13:36 x
コメント禁止設定がされていると警告が出てこちらからのコメントが送信できませんが。
Commented by M.K. at 2008-01-16 13:42 x
昨夜から今朝にかけて、全くコメントの送信が出来ませんでしたが、今送信成功しました。↑これで安心です。

父は戦前、戦後度々イタリアに仕事で出向いていましたが、(戦前は勿論お船の旅でしたので家にはスティーム・トランクが沢山ありました。)イタリア人の食事の量の凄まじさには辟易したと何時も云っていました。帰国すると大抵1、2ヶ月はオートミールばかり食べていました。兎に角前菜、プリモと食べるともう後は殆どたべられないとか。六本木のキャンティーが大好きだった父は、量が日本人向きなのでこれが良いと、よく連れていってくれました。
Commented by toscha at 2008-01-16 14:48
こんばんは。丁寧な助言をありがとうございました。早速友達のほうにはメールをしておきました。友達は2月の第1週にフローレンスへ移り現地の大学にいくのですが、そのときにはこのブログの情報が大活躍するとおもいます。本当に親切な対応をしていただいて、感動しました。
Commented by chiho at 2008-01-18 21:40 x
愛沙さん>いやいや、素人写真です(恥)。本当は一眼レフが欲しいのですが、宝の持ち腐れかも(笑)。
Commented by chiho at 2008-01-18 21:42 x
je-couleurさん>うんうん、このエリアは気軽にフラッと入れるお店が沢山あるんですよ。皆、仕事の合間にご飯を食べに来るような場所だから、一人で入っても全然平気です。
Commented by chiho at 2008-01-18 21:43 x
piccolipassiさん>cambiは子供連れでも入りやすいお店だよね。ビステッカも美味しかったです。
Commented by chiho at 2008-01-18 21:45 x
ふゆさくらさん>昔、留学時代に撮っていた写真を取り出してみると、こんな石畳の風景や、街角の写真が沢山出てきました。あの当時、はじめてみるヨーロッパの街並みに感動したのを思い出します。
Commented by chiho at 2008-01-18 21:48 x
いずみさん>いや~、イタリアのトラットリーアは全然そんなことないですよ。子供連れ大歓迎だし、お料理だってお皿を貰って、皆で分けてもOK、パスタだけ食べたければ、パスタだけ頼んでも嫌な顔をされる事など全然ないです。次回は是非、「イタリアの食堂体験」してみてくださいね。
Commented by chiho at 2008-01-18 21:50 x
M.K.さん>何度もトライしてくださったんですね。有難うございます。たまにエキサイトで不具合があるんですよね。エキサイトっ頑張れ~!!
あ、イタリア人の食事の量に、最近の私は慣れてきたような気がします(反省)
Commented by chiho at 2008-01-18 21:52 x
toschaさん>留学中何かと心細いこともおありだと思います。toschaさんはお友達想いですね。これからもどうぞ宜しくお願いします♪
Commented by lacasamia3 at 2008-01-18 21:59
鍵コメyさん>毎朝見てくださっているんですね。感謝です~!イタリア語のお勉強、楽しみながら頑張ってくださいね。そうそう、司法書士について私も調べてみたくて上に書いてみました。「公証人」と混乱しているようですが、調べてみると、イタリアでは司法書士の仕事をnotaioと呼ばれる公証人が行っているようです。和伊辞典を引くと、scrivano di atti pubbliciというのが直訳のようですが、どっちかというと、lavoro nello studio notarileというのが近いかなあと思います。
Commented by rinascente at 2008-01-27 17:14 x
この界隈には95年秋から96年春先にかけて滞在していたので、すごく懐かしいです。
Porta Romanaのすぐ南に行ったところでホームステイ、Via del Leone(ちょっと柄悪い通りでしたが)で間借りしてました。
こんなに以前の滞在でも見覚えのあるお店が写真に写っているのは、日本(東京)ほど目まぐるしく街並みが変わらないからですよね。
チェントロからそう離れていないのに観光客そんなに多くないのがとってもお気に入りでした。
地元の人の真似をして、毎日行くバールを決めたりして(笑)
また歩き回れるとよいなぁ。
Commented by サンfレディアーノ在住 at 2008-05-18 23:27 x
CAMBIが美味しい?!ありえませんよ、、、
アンティパストだってあの値段でパン1枚ですよ、、、?
あそこは観光客と知り合いの警官しかいきません。
肉もあの界隈じゃ質の悪いものしか出ませんよ、、、

パンもありえないし。とにかくこのエリアの人はいきませんし、よく外食するイタリア人からもよかったとは一度として聞いたことはありません、大昔は別、特別待遇の警官は別として。あれを”ここがおいしいと言われる、、、”という風に思ってもらって日本の人には味わってほしくないですね、はっきりといえます申し訳ないですが、、、
by lacasamia3 | 2008-01-15 17:52 | フィレンツェお薦め処 | Comments(19)