フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

五世紀の時間を超えて~サンマルコ国立美術館

f0106597_1718970.jpg
f0106597_17163651.jpg



この記事は、より見やすく編集しなおしてメインサイト、フィレンツェ情報ラ・カーサ・ミーアの情報ページフィレンツェ見所案内 サンマルコ教会 後編で地図付きで掲載しています。

他にもフィレンツェ情報を沢山掲載していますので、宜しかったらご覧下さい。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by よっぴー at 2007-11-30 22:39 x
毎日楽しく拝見していますヽ(^o^)丿
もう10年位前にサンマルコ美術館に行きました。2階へ向かう階段を上がった時に目に飛び込んできた「受胎告知」の美しさに予想以上に感動しました。
修道院の清い空間が、とても印象に残っています。
chihoさん、イタリアに行ったきっかけは、芸術の勉強をする為だったのですか?
Commented by gri-suru at 2007-11-30 22:40
当たり前のようですが。
歴史を思いながら街を歩けるというのは、それがあるのとないのとでは全然心持ちが違うのでしょうね。
お腹空いたかな、なんて面白い。 それも素敵なことですよね。
静かに宗教画を見て心を入れ替えたいなぁ。。。

ランキング応援させていただきます~。
Commented by AT at 2007-12-01 00:42 x
アンジェリコの受胎告知は大好きです。実はダ・ビンチのより好きです。受胎告知を特集した画集があれば買いたいくらい興味があります。
PS:いまコーヒーと「フランジェリコ」を飲みながら、心地よい深夜の静けさを楽しんでいます。
PS:こわごわですがブログ始めました。ご挨拶をやっとアップしましたが...
Commented by maetoyo  at 2007-12-01 01:05 x
以前一人旅の時にこの美術館だけお休みで見ることが出来なかったのです。突然雨にも降られ雨宿りも出来ず、美術館の脇のドアの所でキモチだけ雨宿りをしたら若い女の子が傘に入れてくれたことを思い出しました。今回美術館に行った気持ちになりました。
ありがとうございます。また何時かいけたらいいなぁ~(傘持って)
Commented by Polidoro at 2007-12-01 01:27 x
Chihoちゃん、初コメントです!
私もフラ・アンジェリコの受胎告知が大好きです。始めて見たときには思わず息を呑みました。サンマルコ美術館、いいですよねぇ。
Pugiのお薦めはやっぱりSchiacciata!私の中ではだんとつNo.1です。あの塩加減とモチモチ感がたまらないっ!って、コメントしながらヨダレが出てきちゃったわ~。
Commented by Fkuro at 2007-12-01 12:33 x
サンマルコのベアト・アンジェリコの「受胎告知」なら階段上がってすぐに見える大きなフレスコも美しいけど、
私は小さな部屋の中の地味~な「受胎告知」が一番好きです☆
あと見返りイエスとマグダラとツーショット(笑)も

私もフィレンツェにはもうかれこれ10年以上行ってませんが、
もし行けたらChihoさんおすすめの広場の美味しいパン屋さんもぜひチェックしときます!
Commented by kyomi at 2007-12-01 12:53 x
初めまして。
私も5年前に1週間ほどフィレンツェに滞在し、ツアーでは見られない教会や美術館を訪れました。
フラアンジェリコの受胎告知は、階段を見あげた先に目に飛び込んできて、意外なところに飾ってあったことに驚いたことを思い出しました。
Commented by オイ(由香) at 2007-12-01 19:11 x
サンマルコ、実は私が住んでいたところから歩いて5分くらいだったんです!
もういてもたってもいられなかったのでコメントします(笑)
この最後の晩餐おもしろいですよね~!
授業の一環で行ったとき、美術史専攻の子に「これはどういう意味?あれは?」とたくさん聞いたんですが、「ありすぎでわかんない!」ということでした(笑) 孔雀はホント不思議です。
受胎告知やほかにも好きな作品はたくさんあったんですが、わたしはチェッラもなかなか好きでした。
いるだけで背筋がぴんとしてしまいそうな雰囲気んですが、不思議なやさしさがあった気がします。修道士達はあそこで冬寒くなかったんでしょうか??
ここの壁画もきれいですよね~!(ありますよ…ね?記憶があいまいです。笑)
Pugiおいしいですよねー!どれもおいしそうでいつも目移りして決められないので、店ごと食べたいくらいです。
ちなみにわたしはこのあたりのbarの(近所の)お兄さんに恋をしていました。
すっごく素敵な人だったので、機会があればぜひ。笑
Commented by gabbyna at 2007-12-01 23:25
古くからある修道院の一部を美術館として開放されているのを是非実際に歩いてみたいと思います。古い修道院は、それだけでも素晴らしいとおもいます。イタリアのは、見たことがないのですが。
今は、トラピスチヌ修道院へ入っている友達が最後に旅をしたのがイタリアでこの美術館のことも写真で見せてくれたのを思い出しました。
私の守護聖人がこの受胎告知の大天使なのでこの絵は、大好きでもちろん、複製の絵ももってます。実際を見てみたいですね。
Pizza、売り方は、なんともイタリアらしい気がします。Pizzaは、マルゲリータ、QuatroFQuijoが好きです。
Commented by girasole at 2007-12-02 00:32 x
はじめまして。少し前からお邪魔して拝見していました。今一番楽しみにしているブログのひとつです。サンマコ美術館は私も大好きです。ここにある「最後の晩餐」は、Ognisanti教会の物と同じでしょうか?
Commented by chiho at 2007-12-02 00:53 x
よっぴーさん>そうですねえ。大学では西洋美術氏を専攻し、専門がイタリア彫刻史だったのですが、卒業後に留学した目的は、語学留学でした。卒論にかまけて就職活動に乗り遅れたのと(笑)、アルバイトをしてお金が少しあったので、卒論の為にせっかく勉強をしたイタリア語を喋れるくらいになりたいという何だかテキトーな理由でしたが、フィレンツェに1年間語学留学をしました。その後2年間、日本でお勤めをし、またフィレンツェに戻って12年?(←確かでない・笑)が経ったわけです。人生って不思議ですね。
Commented by chiho at 2007-12-02 00:56 x
gri-suruさん>フィレンツェって古いものが沢山残っている街だから余計にリアルな感じがするんですよね。この町並みを当時の人も歩いていたんだなあ、あの出来事があったときもこの建物はここにあったんだなあなどと思いながら町を歩くのも楽しいものです。応援有難うございます~。
Commented by chiho at 2007-12-02 01:01 x
ATさん>私もどちらかと言うと前期ルネッサンスの画家に惹かれます。派手さはないけれど、心を打つ魅力がありますね。後程、そちらにもお伺いします♪
Commented by chiho at 2007-12-02 01:02 x
maetoyoさん>次回は是非、サンマルコ美術館にいらしてくださいね。またブログで他の美術館もレポートします。
Commented by chiho at 2007-12-02 01:04 x
Polidoroさん>私もPugiのスキアッチャータが大好きです。お姉さんが包丁を入れる時のバリバリッという音がタマリマセン。塩加減も丁度よいんですよね。
Commented by chiho at 2007-12-02 01:06 x
Fkuroさん>「見返りキリスト」判ります~。房に描かれていたフレスコ画ですよね。ホント、良く残ったものだと感心します。次回は是非、ピザもっ(笑)。
Commented by chiho at 2007-12-02 01:08 x
kyomiさん>一週間滞在されると結構落ち着いて、色々な教会や美術館を訪れることが出来ますよね。うんうん、確かに、この受胎告知、不意をつくように、階段を上るといきなり目の前に現れるんですよね。
Commented by chiho at 2007-12-02 01:20 x
由香さん>孔雀は「魂の不滅」のシンボルだそうです。背筋がピンとなる気分、判るなあ。え、バールのお兄さん?今度チェックしてみますね(笑)。
Commented by chiho at 2007-12-02 01:27 x
gabbynaさん>この修道院は今でも修道院として使われていて、美術館の窓から、修道院の部分を眺めることが出来ます。ブラジルもカソリックの国だから修道院の数も沢山あるんでしょうね。
Commented by chiho at 2007-12-02 01:51 x
girasoleさん>おおっ、鋭い。ドメニコ・ギルランダイオは「最後の晩餐」をオンニサンティ教会でも描いていますよね。オンニサンティ教会の最後の晩餐の方が、サンマルコ修道院のものよりも2年早く描かれています。全く同じように見えるけれど、オンニサンティの方には猫が居なかったりと微妙に違いがあります。この2作品を見比べてみるのも面白いですね。
Commented by ふらもん at 2007-12-03 16:36 x
チホさん、こんにちは。先日お世話になったフラモンです。ここにも行きましたよ。11月は人が少なくていいですね。受胎告知も階段の踊り場から邪魔される事なく思う存分鑑賞させてもらいました。ここは、空気も清い感じで背筋がピンとなる感じが確かにしました。受胎告知を見て清い心で過ごそうと思って帰って来ましたが、出た瞬間から現実に引きずられすぐに忘れてしまいました。修行が足りません!!せめてポストカードの絵でも見ながら・・・と思いつつ今日も現実に引きずられてます。。。
Commented by DOA at 2007-12-03 22:51 x
はじめまして、いつも楽しんで読んでいます。
この最後の晩餐を眺めて時々ご飯を食べています。
というのも時々出かけるサイゼリアという庶民派イタリアンレストランの内装にあるのです。遠いイタリアに本物はあるのですね。
こちらはフィレンツェにあるそうですが、私がいつも食べるのはミラノ風ドリアです。

Commented by chiho at 2007-12-05 03:15 x
ふらもんさん>私も11月は好きな月です。ホント、フィレンツェが空いていてゆっくり町を観光できますよね。今、お土産に頂いたホカホカ靴下を履いてヌクヌクしています。どうも有難うございました♪
Commented by chiho at 2007-12-05 03:17 x
DOAさん>いつもブログを見てくださって有難うございます。サイゼリア、懐かしいです~。大学生だったころ、良く帰り道に寄っていました。いつかフィレンツェの本物を見に来て下さいね。
by lacasamia3 | 2007-12-01 00:00 | フィレンツェお薦め処 | Comments(24)