フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

フィレンツェの道の名前

f0106597_17473356.jpg
昨日からフィレンツェはグッと寒くなってきました。今朝は車のフロントガラスがカチカチに凍っていたので、きっと夜間は零下まで下がったんでしょうね。今、午前10:00でやっと7度です。
最近は、チェックインがひと段落し、木曜日までは自宅で仕事なので、新しいサイト作りの為に黙々とPCに向かっています。先週は、新サイトの立ち上げについて、いつもお世話になっている会計士さんのところに行ってきました。フィレンツェの西側にある会計士事務所。通りの名前が傑作なんです。その名もVia Palazzo dei Diavoli、訳すと「悪魔達の館」通り(ひえ~っ)。Diavoloは悪魔という意味なのですが、複数形だし(怖っ)。道沿いに大きな邸宅の古い入り口があって、石の紋章には踊る山羊がっ!今度、会計士さんにいわれを聞いてみます。


通常、イタリア中、大小どの町でも良く見かける通りの名前は、
Via Roma, Via Cavour, Corso Umbertoなどがあります。
南イタリアだと、Via Federico II なんていうのもあるかな。

フィレンツェの通りの名前は、近くにある教会の名前やその通りにあった工房の職種にちなんだものが多いです。

面白いのは、サンタクローチェ教会の近くにある、Via delle Pinzochere。ピンツォケレとは、独身を守り、聖フランチェスコの教えに従っていた女性達のことです。早朝、サンタクローチェ教会の清掃の為にこの道をピンツォケレ達が通っていた為に、この名前がつけられたそうです。

また、フィレンツェから進む方角を示す道の名前も沢山あります。
Via Faentinaはファエンツァ、Via Bologneseはボローニャ、Via Seneseはシエナ、Via Pisanoはピサ等、それぞれの行き先にちなんだ名前を持つ道もあるんですよ。

イタリア人が日本について質問する時に、良く聞かれるのが道の名前について。「日本って住所に道の名前がないんだって?」と不思議そうに聞いてきます。どうやって、住所だけでその場所にたどり着けるのかが判らないそうなんです。う~ん、確かに。イタリアだったら、道の長短はあるものの、ともかく町の名前、道の名前、番地さえわかれば大体(例外は除きますが)、その場所に着くことが出来ます。タクシーでも、所在地さえ見せれば、その場所に行ってくれます。最近はカーナビが発達しているから、日本でもタクシーは問題ないでしょうが、駅から歩いてその場所に行こうと思ったら、事前に地図で調べないと判らないですよね。そっか、最近はインターネットのグーグルマップで調べることが出来るんですね。便利な時代になったものですね。

ちなみに我が家の近くに、Via Salta Vacca (雌牛が跳ねる通り)という山道があります(笑)。
雌牛が跳ねたを村人が目撃したのかな?

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by greenlove at 2007-11-13 18:57 x
私が以前病院に勤めていた頃、患者さん(おもに高齢者)に郵便物を頼まれることが時々ありましたが宛名に××市××通りの散髪屋の角を曲がって2軒目の××さんへなどとか書いてあるので「ちょっとこれはまずいのでは・・・?」などというと「大丈夫、それでちゃんといくから」と言われたことがあります。郵便物は帰ってこないのでたぶんそれでいったんでしょうね。
ちなみに私の住んでいる通りは「定年横丁」とよばれています。 うちもお隣もそのお隣も後ろもみな定年組・・・さて20年後は・・おそろしい・・・
Commented by kaoriscafe at 2007-11-13 19:23
初めてのコメントです。
過去に4回イタリアに行って「また行きたいな~」と思って情報を検索していたらこちらに辿りつきました。
すごく有難いサイトを作っていらっしゃるんですね。
前回にフィレンツェに行く前に知っていれば・・・。

次回イタリアに行く際にも活用させて頂きます。
ページを沢山プリントアウトしてしまいました。
Commented by eric at 2007-11-13 21:48 x
はじめまして!

私は今、京都に住んでますけど、道の名前とか入ってる住所ありますよ~
●○通り北へ上る・・・とか・・・
細い道がいっぱいあるからかなぁ?と思ってますがどうなんでしょうね?
京都出身じゃないので、詳しくは分かりませんけど

でも、悪魔たちの館通りだなんて、面白いですね。
ぜひ、由来が聞きたいです。
Commented by gabbyna at 2007-11-14 12:01
こちらは、通りは、人の名前が着いてます。うちの前の通りは、Aflaiyaだれそれさん、一応、有名人ばかりらしいです。歴史的有名人の名前の通りもごく稀にあります。なので地図を見ないと言うか(読めない?)人も多く、よく店に道を尋ねてきます。
それにしても小さなコックさんのユキちゃん、可愛すぎですよ。
Commented by がっちゃん at 2007-11-14 20:52 x
通りに名前がないことについては、日本に住むイタリア人が不満を言うことの一つです。私たちも、人に場所を説明するとき、角のタバコ屋を右に曲がって、そのあとまっすぐ行くとポストがあって・・・みたいな感じですよね。それに比べると、通りに名前があると、初めて行く場所で地図を片手にホテルを探すときなども、ちゃんとたどり着けるので便利だと思います。
でも、その便利なはずのイタリアで、郵便物がまともに届かないのは何故???
Commented by ふゆさくら at 2007-11-15 01:12 x
アメリカの通りにも確かに全部通りに名前があります!
そうか・・・日本の私の住んでいた所にはなかったっけ・・・。
確かに通りに名前が付いているのは便利ですよね(^^)
人に道を説明しやすい!
それにしてもユニークな名前の通りですね。しかも雰囲気が素敵!
この通りはなんていう名前?この通りはなぁに?って延々散歩してしまいそう。。。(笑)
Commented by usatoru at 2007-11-15 02:20
既に雪のサンクトからバルセロナに来て太陽のまぶしさと暖かさに生き返った僕ですが、あまりバルセロナと緯度の変わらないフィレンツェは寒そうですねえ、、、、ちなみに日本のような区画制の地番って、ナンバリングにも規則性がなくて日本人の僕らにとってもよくわかんないですよねえ(^^;
Commented by りろ at 2007-11-15 12:02 x
そういえば、このあいだ東京であちこちご案内したアメリカ人ご夫妻も、はとバスツアーでガイドさんが説明していた「日本の住所は区画制で通りの名前を基準にしているわけではない」という話に、「すごく興味深い!!」と反応していました。確かに、名前のない道って、路地なんかを含めて日本にはたくさんありますね。それって、考えてみれば、とても不便ですよね。
Commented by chiho at 2007-11-15 22:41 x
greenloveさん>へえ~、結構日本の郵便局も融通が利くんですねえ。郵便配達の人は心得ているんだろうなあ・・・。
Commented by chiho at 2007-11-15 22:44 x
kaoriscafeさん>初めまして。ブログを見てくださって有難うございました。フィレンツェって小さな街だけれど結構奥が深いので、一週間居ても足りないくらいです。いつか是非ゆっくりとまたフィレンツェにいらしてくださいね♪
Commented by chiho at 2007-11-15 22:47 x
ericさん>こんにちは。京都はそういえば通りの名前がきちんと住所に書いてありますよね。丁寧に「北へ上る」っていう住所もあるし。イタリアだと、通りの名前+番地です。番地は偶数と奇数で右側と左側に分かれていて、赤番(お店の番号)、黒番(住宅の番号)に分かれているんですよ。
Commented by chiho at 2007-11-15 22:50 x
gabbynaさん>イタリアも歴史的人物の名前の通りあります~。もちろん、Viale Michelangelo とか、最近だとVia Nerson Mandelaなんてのもあります。
Commented by chiho at 2007-11-15 22:51 x
がっちゃんさん>最近、イタリアの郵便事情悪いんですよね~。ユキちゃんのお誕生日に母が送ってくれた玩具が届かず、住所不明で1ヵ月半後に日本に戻ってしまいました(涙)。
Commented by chiho at 2007-11-15 22:53 x
ふゆさくらさん>うんうん、イタリアの場合、通りの名前と番地さえ聞けば、地図でその通りの場所を確認して適当に歩くとその場所に行けます。日本の場合は、まず地図で説明する必要がありますよね。
Commented by chiho at 2007-11-15 22:58 x
BUNTAさん>おおっ、世界を飛び回っていらっしゃるなあとブログで拝見していました。フィレンツェは大分寒くなってきました。うちなどは北風がピューピュー吹いてます。でも、ユキちゃんと鶏たちは元気に外で走り回っているんですよ(←同レベル)。
Commented by chiho at 2007-11-15 23:00 x
りろさん>うん、うん。通りの名前に慣れている欧米人にとって、それがないということは何だか凄く不思議なんですよね。
by lacasamia3 | 2007-11-14 00:00 | フィレンツェという町 | Comments(16)