フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

胡桃の季節です

f0106597_1750133.jpg
昨日の夕方、「マンマ!胡桃を沢山拾ってきたよ~」というユキちゃんの歓声が聞こえたので、外を覗いて見ると、夕方のお散歩に行っていたユキちゃんとアントネッロが沢山の胡桃を抱えて帰ってきました。
緑色だった胡桃は、今の季節、緑の部分がからからになり、木の下に沢山落ちているのです。早速、二人は胡桃の種の部分を取り出す作業に取り掛かりました。私も理屈では判っていましたが、実際に見るのは初めての経験です。


f0106597_17564289.jpg
f0106597_17591050.jpg



水に漬けておくと、周りの果実の部分が取れやすくなります。
アントネッロを観察していていつも不思議だなあと思うのは、こういうマメ知識を良く知っていること。きっと、今のユキちゃんみたいに、小さい頃からプーリアの義父さんや義母さんのお手伝いをしながら1つ1つ覚えたんでしょうね。


f0106597_1831380.jpg
f0106597_1845716.jpg



ユキちゃんは手袋での作業がたいそうお気に入りの様子。


f0106597_1864758.jpg
f0106597_1884637.jpg



1個ずつ丁寧にブラシでこびりついた果肉を取除きます。
ふざけながらもテキパキと作業を進める二人はとっても楽しそうです。


f0106597_18115926.jpg
f0106597_18131225.jpg



これで段々、「胡桃」の姿に近くなってきました。


f0106597_18163199.jpg
f0106597_18173857.jpg



こうして、毎日昼間は天日で干し、乾燥させます。乾燥させると、殻の中に入っている核(食べる部分)の表面についている渋皮の渋がなくなるんですよ。
今年の冬は暖炉の前で、沢山の胡桃が食べられそうです。(太る~!)

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by africa at 2007-09-21 18:39 x
くるみって天日で干すと渋が抜けるのかぁ。
こっちも森でなってます。採ってそのまま食べると渋いのはそのせいだったのね。
お外で汚れ作業が出来る場所があるっていいなぁ。
子供時代はいっぱい土や水と遊べる方がいいものね。
うらやましい(我が家はマンション)。
そして、パパと自然の豆知識を吸収できるユキちゃん、本当にいい育ち方してるっ。
Commented by じゅんべ at 2007-09-21 19:46 x
胡桃を取り出す作業は初めて見ましたが、銀杏を取り出す作業を思い出します(これはキョーレツにクサイですが・・・)
暖炉と胡桃・・・くるみ割り人形の世界みたいでなんだか素敵な響きです。
Commented by Ziggy at 2007-09-21 20:11 x
なんでもスーパーで買って食べるのが当たり前のようになっている中、こうやって、自然の恵みをありがたくいただいて、その方法をしっかり子に伝えるってすばらしいと思います。
とても親子の時間を大切にしているのだなぁと、しみじみと感じました。
うちなんて子供2人とも大きくなって(18と17)それぞれに忙しそうで みんなで家にいて普通に映画鑑賞や食事ができると嬉しくなります。
Commented by dedalo4jp at 2007-09-21 22:14
たくさんの胡桃 いいな~♪
私もがんばってかごにいっぱい拾って暖炉の前において
うきうきしてました。。。が。。。
我が家の猫が なにをおもったのか。。胡桃の上に しゃーっ
そうです おしっこをしちゃいました。。。
また位置からやり直し また拾いに行かなくては。。です
ユキちゃん 手袋姿 ばっちり決まってますね!
Commented by ゆっこ at 2007-09-21 22:49 x
山はもう秋ですね。
またまたほのぼのしました。

たくさんの胡桃はアントネッロ氏特製の力のいらない胡桃割りと共にこれからの季節を楽しませてくれるんでしょうね。

ゆきちゃんほんとかわいい!!
ほっぺをむにゅむにゅしたいです。
Commented by kazgarden2 at 2007-09-21 23:27
うわ~ 沢山採れましたね~! それにコロコロと大きな胡桃ですね。(笑) 我が家の庭に大きな胡桃の木があるのですが、中の種が小さすぎて人間が食べれる種類ではないような...リスさんたちが大喜びですけれど。(笑) ユキちゃんがお父さんに教えてもらっているこういう学校では習えない知識ってほんと財産ですよね~。 いつもながらほ~んと素敵な山生活! ^^
Commented by futa at 2007-09-22 00:23 x
はじめまして。数ヶ月前にちょっと子育てに疲れ気味のときにここを発見して以来、なんだか癒されてます。
lacasamia1もさかのぼって読んでました(照。

胡桃、美味しそうですね。私もなんだか銀杏に似てるものを感じました。
こんな風にするんだ。。。知れて嬉しくなりました。いつも巧くキレイに写真撮られてますね、楽しみにしてます。
ユキちゃんとパパのアントネッロさんの作業姿がとても微笑ましくて大好きです。
我が家の娘(1歳7ヶ月)もユキちゃんみたいになってくれないかなあ。
我が家のパパはアントネッロさんに結構似てるんだけどな。。
じゃぁ私はchihoさんのようなママに… なれるといいなあ。そんなことを思いながら。
憧れてアパートのベランダにプランターを買ってきて、野菜を植えてその気になったりして。
次はとりあえずパパの蕎麦打ちの道具を借りて、手打ちパスタに挑戦してみたいな。
また美味しそうなレシピも載せて下さいね。
Commented by 708 at 2007-09-22 02:54 x
おー。果肉は食べられないモンなんですかね?
アーモンドやピーナッツなどは“生”があるんですけど、くるみは必ず乾燥させるモンなんでしょうか?

うーん。勉強になります。
Commented by jardindem_france at 2007-09-22 06:16
最近、胡桃の木に実がなっているのを初めて見ました。
緑の皮がついてるんですね~
地面にコロコロと落ちていたので、食べてみたら渋かった!
なるほど、天日で干せば良いんですね^^
勉強になりましたー
Commented by nonnakaori at 2007-09-22 09:44 x
すっかり秋ですね。
ユキちゃん相変わらずバッポと仲良しさん。お散歩なのに、大量の胡桃の収穫。胡桃は、本当に銀杏みたいに水につけてむくんだ。でも、銀杏の経験ないのですが、、、、、、、、、自然にいろんな生活の知恵を楽しく教えてくれるお父さんは、最高です。アントネッロに拍手。
こちらは、まだまだ暑くて、昼間はハイビスカスが咲き、夜は夕顔が綺麗です。今年の夏はハイビスカスが咲かないと思っていたら、日中の気温が25度くらいに落ちないと咲かないんだそうです。
今年の冬は楽しみですね。
Commented by 菜雪 at 2007-09-22 13:01 x
最初の状態で落ちてたら、ぜったい胡桃とは気づかないなあ、私。
ユキちゃんとともに、私も勉強しちゃっています。
自分でひろって取り出した胡桃、おいしいでしょうね~。
アントネッロさんは、ホントなんでも知っててすてきです。
Commented by crazyangie at 2007-09-22 13:04
くるみってこうなってるんだ~!果肉がついているのね。てっきりあの硬い殻のまま落っこちているのかと。。
本当に沢山の胡桃!
太るけど美味しいのよね~。
ユキちゃんが台にのってお手伝いするの、いたについてきましたね!
Commented by usatoru at 2007-09-22 15:27
やっぱり思うんですけど、ヘンにファッションにこだわるようなミラノあたりの男よりも(って偏見?<(^^;)、こういうアントネッロさんの方が断然僕はタイプだしカッコいいと思います。←おいおい。 そもそも子供の頃の豊かな時間を過ごさないと、誰でもできることじゃないし。そういうバックグラウンドもすごく微笑ましいというか、心温まる要素があるというか。僕自身の憧れでもあるんでしょうけどね(笑)
Commented by amy at 2007-09-22 18:08 x
今朝市場の鶏肉屋さんが庭で取れた胡桃を売り出してるのに気づき「あぁ、そろそろ季節なんだなぁ」ってちょうど考えてました。
わが実家には鬼胡桃という日本在来種の皮の硬い胡桃の大木が2本生えてまして、
毎年この時期は伯父たちを巻き込んで胡桃の収穫加工⇒胡桃五平餅作ってパーティーしてました。
伯父がわざと胡桃をたたいて私の頭の上に落とすんですよ。
あぁ、なつかしや…
そのうち絶対密輸して植樹します。
Commented by chiho at 2007-09-22 22:04 x
africaさん>日常生活のマメ知識って色々あるのね~。私も初めて知りました。うんうん、そのまま食べると渋いよね。外で作業をすることって結構沢山あるから、キッチン前のお庭は貴重なスペースです。そういえば、日本の農家にも、軒先に色んな物が干してあったり、やたらとバケツが多かったりしますよね。実体験でその必要性を感じています。
Commented by chiho at 2007-09-22 22:05 x
じゅんべさん>銀杏はこちらでは余り見かけません。フィレンツェの街中にはあるのかなあ?串焼きにして塩をかけて食べたら美味しいですよね~。うう・・・食べたくなってきた。
Commented by chiho at 2007-09-22 22:07 x
Ziggyさん>きっとユキちゃんもお年頃になったら忙しくて私たちの相手なんてしてくれないんだと思いますよ。だから、余計に今の時間を大切にしたいと思います。
Commented by chiho at 2007-09-22 22:09 x
dedalo4jpさん>ははは、ナンだろうなあ。臭いがしたのかなあ・・・。また集めなくては、ですね。
Commented by chiho at 2007-09-22 22:11 x
ゆっこさん>アントネッロの手作り胡桃割り機、覚えていてくれたんですね。活用していますよ~。少しずつ山にも秋が近づいてきています。
Commented by chiho at 2007-09-22 22:14 x
futaさん>1歳7ヶ月だとまだまだ手がかかる頃ですよね。ユキちゃんはその頃、午後の4時間だけ保育園に行っていました。その4時間がなんとありがたく感じたことか・・・。3歳になってお子さんが幼稚園に上がったら、きっとご自分の時間も出来てくると思いますよ。もうちょっと!かんばれっ。また子育ての息抜きに遊びに来て下さいね。
Commented by chiho at 2007-09-22 22:15 x
708さん>アーモンドは私もフレッシュなのが好きです。アーモンドは渋皮の渋は胡桃程強くないかな。胡桃はやっぱりしっかりと乾かす必要があるようです。¥
Commented by snowbees at 2007-09-23 06:21 x
当然ながら、西洋胡桃は、日本の胡桃とは品種が異なるが、同じ様にイメージしがちです:
http://yatsunet.weblogs.jp/kumaburo/2005/07/post_642a.html
<コンクリートの上などで、ハンマーで殻の合わせ目の部分を叩いて割り、中身を取り出します。西洋胡桃はナッツクラッカーと呼ばれるくるみ割り器で割れますが、日本の山にあるくるみは殻が固いのでくるみ割り器では無理です。大抵はくるみ割り器の方が壊れますのでご注意ください。>
Commented by chiho at 2007-09-25 16:09 x
jardindem_franceさん>こんにちは。そうそう、天日に干すと皮の渋みが消えるんですよ。我が家でも毎日外に干しています。大分渋が取れてきました。
Commented by chiho at 2007-09-25 16:16 x
nonnakaoriさん>アントネッロと一緒に住み始めてもう10年以上経つけれど、まだまだ私の知らないマメ知識を沢山持っているようです(笑)。
Commented by chiho at 2007-09-25 16:18 x
菜雪さん>こうしたちょっとした経験から、ユキちゃんは山の季節感を自分なりに感じているようです。昨日は、山を眺めながら「色が変わったねえ」と言っていました。こういうことが感じられるって大事なことだなあと思います。
Commented by chiho at 2007-09-25 16:20 x
crazyangieさん>小さな頃から、椅子によじ登ってお料理をするアントネッロの様子を覗き込んだりしていたユキちゃんです。段々いろんなことが出来るようになりました。
Commented by chiho at 2007-09-25 16:23 x
BUNTAさん>え、好み?BUNTAさんと好みが一緒♪あ、でも、毛深いしお腹出てますよ、かなり(笑)。う~ん、アントネッロを見ていると、無人島に流されても絶対生き残るだろうなあと思います。そんな、生活感溢れた逞しさがあるかな。
Commented by chiho at 2007-09-25 16:25 x
amyさん>日本の固い胡桃は、鬼胡桃って呼ぶんですね。ネーミングが面白いなあ。手作りの胡桃餅美味しそうですね。ご家族の楽しいイベントだったんでしょうね。
Commented by chiho at 2007-09-25 16:27 x
snowbeesさん>へえ~、日本の胡桃はそんなに殻が固いんですね。イタリアの胡桃は、胡桃割り機で簡単に割れるんですよ。アントネッロなんて手で割っています。
Commented at 2009-06-30 12:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by lacasamia3 | 2007-09-21 18:23 | トスカーナ山暮らし | Comments(30)