フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

暑い日の午後~フィレンツェ、サンタクローチェ教会

f0106597_2172087.jpg



この記事は、より見やすく編集しなおしてメインサイト、フィレンツェ情報ラ・カーサ・ミーアの情報ページフィレンツェ見所案内 サンタクローチェ教会 前編で地図付きで掲載しています。

他にもフィレンツェ情報を沢山掲載していますので、宜しかったらご覧下さい。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by hi-vison_1103 at 2007-06-22 22:29
↓オーガニック市場のいいけど、教会もさすがに魅力的!
普通にさっといつでも見られる美術があるっていいな、といつも思います。
←ジャッキーブラウンの歌、よかったですよねー!
フライド...も好きでした!キャシーベイツも大好きなんです。
ここに来るといつも眺めてしまいます(^ー^)v 
青い...は少女時代のお料理をベテランのお手伝いさんから習うとこ?とか大好きでした。  byクロエ
Commented by chiho at 2007-06-22 23:42 x
クロエさん>恥ずかしくて言えない位、出来の悪い学生だったのですが、日本では大学で西洋美術史を専攻していたんです。フィレンツェに住み始めて10年以上が経って、それまでは、あえて美術館や教会に足を運ぶことがなかったのですが(学生時代に見すぎだったのかな?)やっとなんだか凝り固まりがなくなり、素直に作品と向かい合えるようになりました。ふふふ、クロエさんと映画の趣味が合いますね。
Commented by のりへい at 2007-06-22 23:53 x
お久しぶりです~。ほんっとフィレンツェ暑いですよね。週末は海に脱走、そして真っ黒です。(笑)
フランチェスコのわき腹に手を入れている方、たぶん医師です。アッシジのフランチェスコ教会の22番目の絵に、聖痕の確認というタイトルでジョットが描いてます。ジョットが作者なら同じではないかと。。。私も学生時代は英語に精を出しすぎて(なのに何故イタリア??)美術とは全く無関係の生活を送っておりましたが、こちらに住むようになってから、仕事の関係もあったんですが、勉強始めるとすごく面白いんですよね、背景やエピソードが。ウフィッツィを案内してるときなんかはつい夢中になりすぎて、お客様がグッタリしてたくらい。。。(笑)
ドナテッロとブルネッレスキの磔刑像のエピソードも興味深いですしね。この街は魅力と歴史がありすぎて、全然知識がおいつきません。(汗)
Commented by オイ(由香) at 2007-06-23 02:32 x
連続で失礼します。笑
大っっっ好きなんです、サンタ・クローチェ!
私はアメリカにきてからちょっしたと教会恐怖症なってしまい、しばらく行くことができずにいたんですが、サンタクローチェは好きすぎて私も3時間半居座りました。
でかすぎです。笑
ジョットーもすばらしいですが、ドナテッロもすばらしいですよね。
私も彼の受胎告知大好きです。色使いが斬新!
ジョットーの手を差し入れているシーン、ふさわしくないかもしれないんですが、なんだかおちゃめですね。笑
私には、誰かが子供のような好奇心で「よっ、と。」と手を突っ込んでしまったように見えます。(んなわけないんですが。)
私はブルネッレスキとジョットーの腕くらべのお話を知ってからサンタクローチェに行ったので、見比べようと思っていたんですが、
私が行ったときはあいにく工事中でなーんも見えませんでした。泣
いつかまたフィレンツェを訪れる機会があればぜひ行きたい場所です、サンタクローチェ。
Commented by amy at 2007-06-23 05:48 x
私が通って毎日見ていたのは…サンフランチェスコの僧衣のかけらでした。
↑マニアックですね。
当時はマザーテレサになってしまいそうなぐらい彼に憧れていましたので…
ジオットの絵、斬新ですよね~(あのふくよかなお顔が)。
入場料取られるようになって毎日は通えなくなったのが残念です。
Commented by nonnakaori at 2007-06-23 07:47 x
昨夜、Aさんから「眺めのいい部屋」のビデオを借りて、サンタクローチェ教会の聖フランシスコ伝がでてきて、いつも広場を横切るばかりなので、、、、、、、今回入ってみようかな? Iさんも「千穂ちゃんのブログみて、今回サンタクローチェ教会に入ってみよう」とおっしゃってました。ドナッテッロとブネッレスキも比べたら面白そう!
Commented by ぐらっぱ亭( ̄ー ̄) at 2007-06-23 09:15 x
サンタクローチェ、広場までは何度も行っているのに・・・何故か内部へ入ったことは1度ぐらいしかありません。尤もフィレンツェ訪問は・・・1964, 1974, 1989,2004のたったの4回でした。こんなに豊富に見るべきものがあったなんて、今更ながら残念なことをしました。66年のアルノ川大氾濫で、かなりの美術品が損傷を受けたのでしたね。それでもジョットの作品など、光を放っていますね。ところで、今度そのジョット生誕の場所を細かくリポートして下さいな。楽しみに。
Commented by gabbyna at 2007-06-23 12:00
この聖フランチェスコの死の絵は、有名ですね。確かに聖痕の確認だったと思います。キリストの様に死ぬ時に、手のひら、脇に刺された疵がでてきたということなんです。
映画、「ブラザーサン、シスタームーン」の中でサンタクローチェの最初の教会の雰囲気が出てきましたね。懐かしいです。
本当にどの修道会も創始者の意思がきちんと残るのは、大変困難なことんですよね。
Commented by kanmyougama at 2007-06-24 07:06
ヒレンツエ・・・2回ほど。
でもだんだん記憶から消える部分が多くなります。またツアーの場合いきたいところもいけなかったりしています。
貴重なレポートです。楽しみにしています。
Commented by Olive at 2007-06-25 00:17 x
とっても素敵な写真有難う。
ジョットの生家なんて ちゃんと在るんですね。 ジョットの生まれ育った側に住まれているなんて とっても羨ましいです。 側で本物の絵もゆっくり見たいです。
Commented by chiho at 2007-06-25 16:42 x
のりへいさん>おお~、解答有難うございます。そっか、聖痕だったんですね。中世の絵画って、頭が中世にならないと謎解きができないんですよね。当時の人はすぐにわかったんだろうなあ。留学時代に遠足で行ったアッシジも久しぶりに、行ってみたいと思います。
Commented by chiho at 2007-06-25 16:45 x
由香さん>私が行ったときも、片方は修復中でした。そうそう、この手前の医師の背中がなんとも可笑しいですよね。片手でちょこっと僧衣を持ち上げて「ヒョッ」って感じで手を差し入れていて。ドラマチックなシーンの中で一人だけ浮いています(笑)。
Commented by chiho at 2007-06-25 16:48 x
amyさん>そうそう、私も右脇のサグレスティーアに展示されている聖フランチェスコの僧衣を見ました。彼がアッシジからフィレンツェにやってきた時、当時のフィレンツェ人の反応はどうだったんでしょうね。
Commented by chiho at 2007-06-25 16:50 x
nonnakaoriさん>是非行ってみて下さいね。磔刑像は比較できるほど近くで見ることは出来ないのですが(写真のほうがわかりやすいです)、ジョットーのフレスコ画は良く鑑賞できますよ。
Commented by chiho at 2007-06-25 16:51 x
グラッパ亭さん>私もとっても興味があります。何歳までジョットーは田舎に住んで、いつ、何故フィレンツェに移り住んだのかとか。いつかジョットーの家を見学してきますね。
Commented by chiho at 2007-06-25 16:54 x
gabbynaさん>「ブラザーサン・シスタームーン」、懐かしいです。久しぶりに見たくなりました。確か監督はフランコ・ゼフィレッリですよね。個人的にはあまり好きでない監督なのですが(人間性が)、でもこの作品は聖フランチェスコが生きていた当時の様子を良く伝えていますよね。
Commented by chiho at 2007-06-25 16:56 x
kanmyougamaさん>ツアーだと通常フィレンツェ観光は1日半、長くて3日ですものね。色々なものを効率よく見ることは出来るけれど、結局は忙しすぎて印象が薄れるんでしょうね。フィレンツェは一週間滞在でも見切れないほど沢山の美術館や教会があるんですよ。少しずつご紹介しますね。
Commented by chiho at 2007-06-25 16:57 x
Oliveさん>そうなんですよ。今度、ジョットーの生家をブログでご紹介しますね。
Commented by musica at 2008-02-04 20:42 x
最初のサンタクローツェ教会の訪問は、あまりに敬虔な空気に圧倒され何も見ないで外で大きな息をして時を過ごしたのを覚えています。そしていまこのchihoさんの記事に、魅了され今度はしっかり見たり考えたりしよう、と意気込んでいます。有り難うございました。3月16日から10日間フィレンツェにいます。ゆきちゃんのかわいい姿にあえるかも。
Commented by chiho at 2008-02-04 21:33 x
musicaさん>楽しいご滞在になると良いですね。ぜひ今回はゆっくりと教会を観察してみてください。見所が多い教会ですよ。
Commented by musica at 2008-02-04 22:03 x
早速に有り難うございます。見所が多いのは、まずはchihoさんのこのブログです。どこからお勉強しようかと。出発までにイッパイみたいです。そして今度こそ焦点の有る滞在にしたいです。
で、3月19日こサンタクローチェでミサがありそれを聞きに行くのが大きな目的なのです。
でもchihoさんおすすめのところもいきたいです。
Commented by Maioha at 2008-04-07 19:12 x
はじめまして、こんにちは。すみません、こちらのエントリーで、やっと自分がどこに行ったのかを思い出したもので。
ちょうど、去年の6月30日(カメラのデータより)に私もサンタクローチェ教会に行たのですが、なんという名前の教会だったのかは、コチラを拝見するまで、はっきりと覚えていませんでした。町をフラフラしていて、あまり気にせずにというか、暑かったので、日陰を求めて入りました。なので、そこに「受胎告知」があることだけを覚えていたもので、、、
ところが、今では、中庭からの出口のところ?の左手にある「ライオンの上で頬杖をつくミカエルさん」の写真が一番のお気に入りになっています。
Commented by lacasamia3 at 2008-04-08 00:56
Maiohaさん>こんにちは。去年の6月30日だったら私が行った日に近いですね。この頃、かなり暑かったんですよね。ライオンの上で頬杖をつくミカエル、今度見てみますね♪
by lacasamia3 | 2007-06-22 21:59 | フィレンツェお薦め処 | Comments(23)