フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

トスカーナが誇る美味しいチンタ豚

f0106597_36136.jpg
先週の農業祭りで見かけたのが、このチンタ豚。イタリア語では、"maiale di cinta"(マイヤーレ・ディ・チンタ)とか、"cinta senese"(チンタ・セネーゼ)と呼ばれています。チンタとは「帯」という意味です。もちろん、この首の後ろの白い帯からこの名前が付けられました。
この豚は、イタリアではエトルリア時代から存在しており、下のフレスコ画(シエナのプッブリコ宮殿内に残る1300年代のAmbrogio Lorenzottiのフレスコ画の一部)にも描かれています。トスカーナでは1950年代までどの農家でもこのチンタ豚が飼われていたそうです。放し飼いを好むこの豚は広いスペースを必要とし、冬の寒さにも耐える強い動物なんだそうです。


f0106597_315757.jpg
f0106597_3319.jpg



残念ながら、高度成長時代になると、「成長スピードが速く=生産コストが低い」、「狭いスペースで育ち」「脂身が少ないヘルシーな肉」をもつラージ・ホワイトと呼ばれる輸入種が主流となり、チンタ豚は絶滅寸前にまで追い込まれたのです。
2000年の調査でチンタセネーゼのトスカーナ全体の頭数が約500頭だったそうです!だから貴重な豚なんですね。今ではチンタセネーゼの肉で作ったサラミやハムが高級食材屋に並び、肉はシエナやキャンティ地方のレストランで高級食材として取り扱われています。私も肉屋ではこの豚の肉を殆ど見かけたことがなく、一度だけ、サン・ジミニアーノの肉屋さんでチンタ豚のステーキ用のお肉を買ったことがあります。
そんなチンタ豚が、実は我が家の裏山に放豚されているんです。農家の方に聞くと、朝勝手に豚小屋から出て行き、昼間は山の中でイノシシのようにドングリや木の根を食べて、夜になるとまたひとりでに豚小屋に戻ってくるそうです。肉も直売してくれるのですが、1頭単位なので(笑)、ちょっと多すぎ・・・
以前、柵から逃げ出したチンタ豚が3頭何故か、県道のバス停に並んでいたことがありました。
私は車からそれを見ていました。すると、フィレンツェ行きのバスが通りがかり、運転手さんがわざわざバスを停めて、扉を開け、「乗る?」って豚に聞いていたことがありました。きっとバスの中は大爆笑だったんだろうなあ。イタリア人、仕事中でもいちいちウケを狙いますっ。

話はそれましたが、ともかく、ナチュラルな餌を食べて育つのでチンタ豚の肉は美味しいですよ。トスカーナにいらしたら是非、"maiale di cinta"の食材を探してみてください。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by nonnakaori at 2007-05-29 08:05 x
チンタ豚くん可愛いですね。
イタリアに行ったら、チンタネーゼとラージホワイトを食べ比べて見たいわ。たぶん今こちらで人気のスペイン産イベリコ豚と同じでどんぐりを食べてるから、美味しいんでしょう。
それにしても、イタリアの運転手さんはウイットがあり楽しい!
農業祭りのはじめの記事のコメントにもお返事下さい。
イギリスの子羊可愛いよ
Commented by 中西 at 2007-05-29 08:49 x
chihoさんのコメント読んで改めて写真を見ると、お母さん豚の背中に 貫禄というか、人生の重みを感じるのは私だけでしょうか?うるさい子供たちを叱りつけながらバスに乗り込んできても納得しそうです! てな事いいながらも おいしそ~!という目でも見てしまう修行不足の私です。
Commented by 中西 at 2007-05-29 08:49 x
chihoさんのコメント読んで改めて写真を見ると、お母さん豚の背中に 貫禄というか、人生の重みを感じるのは私だけでしょうか?うるさい子供たちを叱りつけながらバスに乗り込んできても納得しそうです! てな事いいながらも おいしそ~!という目でも見てしまう修行不足の私です。
Commented by daikanyamamaria at 2007-05-29 09:47
chiho さん、おはようございます^^
わー、古代のエトルリアの人々も賞味した、"maiale di cinta"♪
これからは、レストランのシェフや、パントリーでお尋ねして食べてみますね。なんだか、わくわく^^
運転手さんのユーモアあふれる一こま。。。素敵ですね♪
まるで、お洒落なイタリア映画を見ているようです☆

ユキちゃん、大丈夫?お休みに日に遊んじゃうことmariaにもあったわ♪
小さな頃の思い出がユキちゃんと一緒^^
お母さんは、愛情を込めて子どもを育ててくれる素晴らしい存在ですよね♡
ユキちゃんのこと、心を込めてお祈りしていますね♬..。.゚。*・。♡
Commented by tablemei2 at 2007-05-29 09:59
ユキちゃん、お加減いかがですか?
ひよこさん達もおおきくなってきたでしょうね。。。と思って伺ったら今度はブタさん。自然に触れて色んな生き物にも出会い、ユキちゃんの成長がほんとに楽しみです。心身共に大きく豊かになられるでしょうね、お祖母ちゃんの気分〜^^
Commented by しい at 2007-05-29 15:10 x
チンタセネーゼ、名前は耳にしたことがあります。イタリアのイベリコ豚みたいなもんだと・・。食べてみたいですぅ。ローマには入ってくるのかしら。あっても精肉じゃなくてハムとか加工肉のお姿かも。
Commented by ゆっこ at 2007-05-29 16:42 x
ゆきちゃん、お味噌汁とおにぎりを食べ・・・、でほっとしましたが、もう大丈夫ですよね。アイドルであるゆきちゃんが元気で粉でもいじってないと寂しいです。

チンタ豚さんの話興味深く、笑えました。
バスに乗ってどこへ行くんだったんでしょう?
chihoさん、今度見かけたら聞いてみてね。
(きっと他豚に言われない辛い事情があったはず・・)

Commented by Sette at 2007-05-29 19:11 x
並んでた豚も、停めて声かけした運転手さんも、面白い♪いいなぁ、そんな風景(笑)
ユキちゃん大丈夫ですか?ウチの両親も共働きで親はいませんでしたが(しかも、この世にいませんでしたから・汗)大変だったと思いますが、わりと子供はよくわかっていると思いますよ。
今までの記事、お料理でご機嫌のユキちゃん、美人の牛さん……楽しく拝見させていただきました♪
Commented by coma at 2007-05-29 19:46 x
チンタセネーゼ、美味しいですよね~。トスカーナの旅でチンタを飼っている方のところに泊まり、「もういらない!」ってくらい食べたのですが激旨でした。今考えると「もっと食べておけば・・」ってカンジですけど(笑) それにしてもバス停で待つ?3匹の豚と停車するバスには本当に笑えました。映画みたいですね!
Commented by chiho at 2007-05-30 05:35 x
nonnakaoriさん>イタリアでは普通の豚肉もかなり美味しいと思いますが、チンタセネーゼは更に美味しいです。ゆっくり自由に育っているからなんでしょうね。品質管理がとても厳しいそうですよ。
Commented by chiho at 2007-05-30 05:37 x
中西さん>うんうん、私も豚のお母さんのどっしりとした背中を見ると何だか「貫禄のあるおっかさん」を見ているような気がします。
Commented by chiho at 2007-05-30 05:38 x
daikanyamamariaさん>有難うございます。お陰さまで、こちらが拍子抜けするほどすぐに治ってしまいました。今日から元気に幼稚園に行っています。ヤレヤレ。
Commented by chiho at 2007-05-30 05:41 x
tablemei2さん>田舎育ちのユキちゃんは少なくとも食に関してはしっかりと理解できるようです。家畜の糞のお陰で、畑の野菜が育って、その野菜を私達が食べて、野菜くずはまた家畜が食べて、その家畜を私達が食べて・・・という循環を4歳児なりに理解しています。
Commented by chiho at 2007-05-30 05:43 x
しいさん>きっとローマにも昔はいた豚なんでしょうね。今ではトスカーナの一部にしかいなくなってしまったそうなんですよ。いつかトスカーナにチンタ豚を食べに来て下さい♪
Commented by chiho at 2007-05-30 05:44 x
ゆっこさん>豚たちはきっと辛いことがあって家出したかったんでしょうね(笑)。それとも、ちょっと都会に出て行きたかったのかな?
Commented by chiho at 2007-05-30 05:45 x
Setteさん>もーねー、「そこまでしてウケを狙うかっ」ということをイタリア人はします(笑)。しかも仕事中に!
Commented by chiho at 2007-05-30 05:47 x
comaさん>チンタ豚づくしの宿、良いですねえ。実は今、アグリツーリズモのリサーチをしてまして、もしお薦めであればお泊りになった宿、是非教えてください。
Commented by coma at 2007-06-01 09:50 x
チンタづくしの宿ですが・・・chiho さんならご存知かも。ピサ郊外のチンタ飼育者パオロ パリージさんのアグリツーリズモです。アンティノーリのワインとパオロさんのチンタ、贅沢三昧でした。というわけでお値段も張りましたが日本では絶対味わえない体験でしたよ。(個人で探したのではなく知人の紹介でした) 
Commented by chiho at 2007-06-02 17:57 x
comaさん>ピサの近くって結構穴場なアグリがあるんですよね。情報有難うございます。サイトを探してみてみます。
by lacasamia3 | 2007-05-29 03:19 | トスカーナの美味しい食材 | Comments(19)