フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

戦車がはじけるお祭り

f0106597_19543579.jpg
何とも物騒なタイトルですが、"Lo scoppio del carro"(ロ・スコッピオ・デル・カッロ)と呼ばれるフィレンツェの伝統行事の1つです。イースターのミサの中で、ドゥオーモの中と外の広場で行われる行事です。
イースターの昼のミサの中で、「神の栄光」をたたえる部分で、フィレンツェの大司教が「ぽちっ」(笑)とボタンを押します。すると、祭壇からシュルシュルッとケーブル伝いに作り物の白い鳩"Colombina"(コロンビーナ)が、教会の身廊を縦断し、ドゥオーモ前に用意された戦車までたどり着きます。すると戦車にぶら下げられた沢山の爆竹が破裂し、再び白い鳩は祭壇へと戻ります。この鳩が無事、戻るか戻らないかで、その年の農作物の出来が良いかよくないかを占うのです。


f0106597_205763.jpg
f0106597_20699.jpg



これが「戦車」です。この戦車は、中世の時代に対ローマ皇帝の戦で使われていた戦車のレプリカです。とはいっても、このレプリカが出来たのが1622年なので、とっても古いものなんですよ。パッツィ家というフィレンツェの貴族が作らせたそうです。


f0106597_2010286.jpg
f0106597_20115862.jpg



私は、たまたま用事でフィレンツェに行っていてこの光景に出くわしたので、私がドゥオーモ広場に着いたときには、もう既に終わっていて、戦車を牛が引きながら移動するのを見ました。凄い人だったので、戦車の先っぽしか見えませんが、かなり大きなものです。
来年は、朝から待って最初から最後までこの行事を見てみたいなあと思います。
イースターの日曜日、朝11時から12時の間に行われます。
今年の作物の出来はどうなんでしょうね?気になる・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by nonnakaori at 2007-04-09 23:56 x
なんだか面白そう!楽しいわ。
鳩が司教さまのスイッチで飛び出し、戦車に当たって戻るの?
それで豊作うらないをやるんですか。
おごそかなイースターの後の愉快な行事ですね。
あの荘厳なドゥオーモのお茶目な顔を覗いた気分です。
Commented by れな at 2007-04-10 01:18 x
ゆきちゃんに今日も癒されました☆
スペイン語とイタリア語はにてるんですね!!

戦車ってタイトルに最初はびっくりしました(笑)
Commented at 2007-04-10 01:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chiho at 2007-04-10 03:22 x
nonnnakaoriさん>聞くと笑っちゃうような行事ですが、皆かなり真剣です。来年は、ちゃんと前もって行って前の方で見たいと思います。
Commented by chiho at 2007-04-10 03:24 x
れなさん>そうですね、スペイン語とイタリア語、名詞は結構似ているものがありますよね。動詞が違ったりしますが、スペイン語でしゃべりかけられても何の話をしているのか少しは想像がつきます。
Commented by lacasamia3 at 2007-04-10 03:26
鍵コメさん>ご指摘有難うございました。最初は私もcarro=「山車」と単純に訳そうとしていたのですが、良く調べてみると、もともとcarro del fuocoと呼ばれる実際に戦に使われた戦車を復元したものなんですね。だからあえて「戦車」という訳にしてみました。
Commented at 2007-04-10 04:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by オイ(由香) at 2007-04-10 05:48 x
こんにちはChihoさん!
この行事見ました!私は前日の6時まで飲んでいて(笑)、
起きたのが9時半、ドゥオーモについたのが10時前だったんですが、
運良く中にはまだあまり人がいなくて、最前列で見ることができました!
(外のパレードは私がついたころは人が多すぎて見れなかったです)
相当酒臭いながらも教会に入れて運よかったなあと思います。笑
びゅんびゅん言ってましたよ、鳩!笑。そして元気よく戻ってきました!
私はイタリア語はまだまだ&全く予備知識なくこれを見ていたんですが、
隣で見ていた初老の夫婦のお二人が説明してくれてとてもうれしかったです。
今年の作物、豊作だといいですね!食べ物は心を癒します☆
Commented by BUNTA at 2007-04-10 12:45 x
レプリカも17世紀製となれば、もう既に「真実」って感じがしますよねー。
以前、プラハで友人のアパート探しを手伝ったときに、不動産屋さんが「この建物がまだ新しいから結構しっかりしてるのよ」とか言ってる割には、18世紀の建物だったので時間の感覚が違うことに、思わず笑ってしまったのを思い出しました~
Commented by Sette at 2007-04-10 17:55 x
パッツィ家、聞いた事あります。レプリカでも、年代物。大切に使われてるのですね。ほんと、今年の作物はどうなんでしょうね。Chihoさんの畑も♪
Commented by mai_tsubota at 2007-04-10 19:05
はじめまして^^毎日ブログチェックさせていただいてます♪ユキちゃんがかわいくってかわいくって♪野生で咲いているプリムラを見たときはうらやましくなりました。将来は街から離れたところに住みたいなって思ってます。4年ほどカナダに留学にしていたのですが、chihoさんのブログ見てて、今度はイタリアもいいな・・・なんて思ってます(笑)いつか本当にイタリアを旅or留学してみたいです!
Commented by ガブリエラ at 2007-04-11 01:07 x
この日 カトリック信徒は 「主のご復活おめでとう!」ってあいさつをします。白いはとは 「聖霊」の象徴です、「神の栄光」をたたえる部分とは 「栄光の賛歌」を歌う時でしょうか、それですと ミサの前のほうですね。

フレンツェでは そのようなことが 昔からされているのですね おもしろい!日本では それでも 「栄光の賛歌」のときは 鐘と鈴がなりひびきます。

イースターにフレンツェにいってみたいなあ。
Commented by chiho at 2007-04-11 01:57 x
鍵コメさん>いえいえ、書き込み有難うございます。私も実は別の日本語の本で「戦車」と書かれていたときにアレ?と思ったんです。でも良く調べてみると、戦車の方が訳として近いようですね。時には辞書の訳=実物とはいかないこともあり、訳の奥深さと面白さを感じます。
Commented by chiho at 2007-04-11 02:01 x
由香さん>ああ~!やっぱり10時頃には行っていないとですよね。来年は、気合を入れて早くに行きます。今年は豊作かな♪
Commented by chiho at 2007-04-11 02:02 x
BUNTAさん>フィレンツェでもそうですよ~。古い=13世紀代、普通=15世紀代、新しい=17世紀代 って感じです(笑)。更にローマなんかは「古い」基準が更に古いんだろうなあ(日本語が変です)。
Commented by chiho at 2007-04-11 02:03 x
Setteさん>豊作になると良いですね。冬場の雪が殆どなかったので、水不足が心配なのですが・・・果樹も野菜も今のところ順調です。
Commented by chiho at 2007-04-11 02:05 x
mai_tsubotaさん>こんにちは。カナダものんびりしていて良いところなんでしょうね。イタリアは、町ごとにがらりと雰囲気が変わり、それぞれに美味しいものがあるので楽しいですよ。是非、いつか遊びに来てくださいね。
Commented by chiho at 2007-04-11 02:08 x
ガブリエラさん>そうそう、グローリアの時だそうです。ミサの最初の方かも知れませんね。栄光の賛歌のときに、鐘と鈴を鳴らすかわりに爆竹なのかな?来年は真面目にレポートします、はい。
by lacasamia3 | 2007-04-09 20:16 | フィレンツェという町 | Comments(18)