フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

マリオのひつじ

昨日の夜は、お隣のパオロ宅で、いつものメンバー(テッサ&アントニオ、パオロ&ラウラ、我が家ファミリー)で持ち寄りご飯でした。それぞれがここ数日のご馳走の残りを持ち寄り、賑やかな食卓となりました。

さて、ちょっと前になりますが、イヴの日の夕食の席でテッサに聞いた話です。
彼女の家の前の草原には、毎日下の村から羊飼いのおじさんマリオが40頭程の羊を連れてきます。余談ですが、広い草原で羊達が草を食べている時、マリオが座っている場所は、いつもそこだけ風が吹かなくて、陽がポカポカと当たる一番良い場所なんです(笑)。毎回同じ場所ではなくて風の向きで場所は変わるのですが、不思議とそこは風が吹かないんです。
さて、24日、マリオが、アントニオとテッサに何か草原から合図をしていたそうです。不思議に思った二人が彼の方に行くと、1頭の羊が森に迷い込んでしまったとのこと。身重の羊のお産がいよいよ始まりそうで、どうやら産み場所を探して森の中に入っていってしまったそうです。このままここで産んでしまうと大変なので、アントニオとマリオが何とか探し出し捕まえました。二人で下の村まで他の羊達と一緒に降りていったそうです。あの調子だと24日の夜に子羊が生まれているはずなのですが、どうだったかな?

イタリアでは、クリスマスのことを"NATALE"(ナターレ)と呼び、24日の夜に生まれた男の子はナターレ、女の子はナタリーナと呼ばれることが多いのです。
その子羊もナターレ君、ナタリーナちゃんと呼ばれるのでしょうか・・・
クリスマスの夜に生まれる子羊。私はクリスチャンではないけれど、なんだか少し神聖な気分になりました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by nonnakaori at 2006-12-28 20:01 x
マリオおじさんところで、子羊が生まれたら、春みたいにフレッシュなリコッタチーズg
Commented by nonnakaori at 2006-12-28 20:17 x
できるかな?リコッタチーズ。
冬に生まれる子羊さんは、寒くて大変ですね。
でも、イブに生まれるなんて神秘的。
マリオおじさんイブの日に大変でしたね。
マリオの出来事を、身振り手ぶりを交えて甘ったるい口調で話す美人テッサを思い浮かべて、楽しんでます。
今年の年越しパーティーは、どこのお宅かしら?
Commented by chiho at 2006-12-31 04:11 x
nonnakaoriさん>年越しは去年と変わらず近所で過ごすと思います。明日には判るかな?
Commented by momotaro-Y at 2006-12-31 22:13
オランダからはじめまして♪
素敵なブログですね♪いつも楽しく拝見させて頂いています。
(ランキングからお邪魔しています。私も「桃太郎の独り言~オランダ便り~」というブログを作っています。)

イタリアではイヴに生まれた男の子のことを「ナターレ」君と呼ぶのですね。
息子に良いニックネームが見つかりました。(笑)

これからも楽しみにしています。
ご健康で楽しい新年をお迎えくださいね。

オランダのchihoより
(素敵な偶然です!)
Commented by chiho at 2007-01-02 01:14 x
momotqaro-Yさん>こんにちは。オランダにいらっしゃるんですね。そちらは寒いですか?イタリアは暖冬で、真冬なのに10度以上あります。お子さんはイヴに生まれたんですね~。覚えやすいお誕生日でいいなあ。こちらこそ、chihoつながりで、これからもどうぞ宜しくお願いします。
Commented by 桃太郎のママ at 2007-01-04 21:15 x
chihoさん、返信遅くなりました~。
新年明けましておめでとうございます♪
オランダも(北なのでイタリアほどではありませんが)今年は暖冬です。
息子はちょうど2年前のイヴに自宅で生まれたのですが、あの時は銀世界・・・ホワイト・クリスマスでした。助産婦さんと看護婦さんが我が家に向かうのを、「大変だろうなぁ」と、心配していたのを想い出します・・・

今年もユキちゃんのご成長ぶり、そして大好きな街フィレンツェと郊外の模様を楽しみに拝読させて頂きます♪お体にお気をつけて頑張ってくださいね!
by lacasamia3 | 2006-12-28 05:45 | トスカーナ山暮らし | Comments(6)