フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

再びクリスマス市へ行きました

f0106597_33031100.jpg
珍しくおすまし顔のユキちゃん、おめかししてどこに行くのかな?
先週は、私一人で行った、サンタクローチェ広場のクリスマス市に、土曜日の午後、家族で訪れました。町は、クリスマスの買い物をする人で溢れかえっていました。
それぞれのお店も、今が稼ぎ時!ショーウィンドーはクリスマスギフト用の商品が沢山並んでいます。ユキちゃんがクリスマスの飾り付けがされたショーウィンドーを見てまわるので、バス停から、いつも徒歩20分で行ける道なのに、1時間もかかってしまいました(涙)。


f0106597_3315359.jpg
f0106597_3325036.jpg



写真左:  こんなミニチュアの仕掛け玩具もありました。手前は遊園地のティーカップのミニチュアで、それぞれがクルクルと回っています。線路には機関車が走っていて、見ていて楽しいデコレーションでした。

写真右: やっとサンタクローチェ広場に着いたと思ったら、ユキちゃんが一言、「バッボ、おしっこ・・・」。というわけでまずはトイレ休憩(笑)。子連れの宿命デス。


f0106597_3333558.jpg
f0106597_3342855.jpg



写真左: 薄暗い夕方の光の中で各屋台の電飾がキラキラしています。何処に行ってもお祭りって楽しいですよね。

写真右: ユキちゃんが真剣に見ている屋台は・・・


f0106597_3351458.jpg
f0106597_33558100.jpg



写真左: 指人形の屋台。イケメンのお兄さんが売り物の指人形でデモンストレーションをしていました。お兄さんの手の後ろから、ピョコッとペンギン3兄弟が顔を出します。

写真右: 私達が楽しみにしていたのが、”vin brule'"(ヴィン・ブリュレ)の屋台。


f0106597_3402254.jpg
f0106597_3364632.jpg



赤ワインに沢山のスパイスを加えて加熱した、熱々のホットワインです。たっぷり入って、1杯2.5ユーロ。オーストリアとの国境に近い北イタリアの名物です。ネットでレシピを調べてみました。

" Vin Brule'" (ヴィン・ブリュレ)
赤ワイン1リットル、
ナツメグ、
シナモン、
クローヴ
レモンの皮
砂糖

これらの材料を赤ワインに入れて、沸騰寸前まで過熱し、火を止めてスパイスを取り除きます。飲む前にもう一度加熱して、熱々をいただきます。
北イタリアのスキー場ではお決まりの飲み物だそうです。ネットでも色々なレシピがありました。スパイスは結構、バリエーションがありそうですね。オーストリアやドイツでも飲むのかな?

ホットワインを飲んで、ほろ酔い気分の私達は、この後も更にクリスマス市の屋台を散策しました。その続きは、また明日・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by コーリー at 2006-12-18 09:28 x
vin brule' 寒い日のお休み前に 一杯。よく寝られそうですね。ぜひこのレシピー試してみたいと思います。 私の住むニューヨークも今クリスマスムード100% とっても好きな季節です。merry christmas イタリア語ではどういうのでしょう?
Commented by aoyadom at 2006-12-18 14:44
ドイツでは冬の定番です^^
グリューワインと言います。
スーパーでティーパック状に
なったスパイスミックスが売っているので
(私のブログでも紹介しています^^)
それを赤ワインに放り込んで好きな果物・砂糖を加えて
煮込むだけ。お好みで、最後にもう一丁
シナモンを加えたり、アマレットなどを垂らしても美味しいですよ。
日本は暖冬なので、まだ我が家では
今年は登場せず。chihoさんのブログを見たら
作りたくなってきました^^
Commented by chiho at 2006-12-18 17:35 x
コーリーさん>こんにちは。冬のニューヨークは寒そうですね。このホットワイン、体が温まるので、寝る前に飲むとしっかり眠れますよ。お薦めです。イタリア語でメリークリスマスは " BUON NATALE "(ブオン・ナターレ)です。コーリーさんにも " Buon Natale !"、良いクリスマスをお過ごしください。
Commented by chiho at 2006-12-18 17:37 x
aoyadomさん>こんにちは。へえ~、ティーパックになっているのは良いですね。後でそちらに伺います。どのメーカーのが美味しいとか違いがあるのかな?アマレットを加えても美味しそうですね。イタリア人だったら、グラッパを加えるかな?
Commented by kawate at 2006-12-18 18:26 x
始めまして。
各国のビジネス文化/マナーを紹介する
グローバル・ビズというサイト(http://gbiz.jp/)
の管理をしているカワテと申します。
イタリアについても紹介させていただいており、
是非イタリア文化を身近に感じられている皆様にご訪問いただき、
ご意見/ご感想などをいただければと思い、
コメントに記入させていただきました。

*Chiho様:突然のコメント失礼いたしました。
不適切でしたら削除ください。
Commented by yocchina at 2006-12-19 00:18 x
フランスではおそらく各地で「vin chaud ホットワイン」という名で冬の飲み物としてポピュラーです。vin bruleはフランス語源ですね。訳すと「焦げたワイン?」そうとう熱そうです(笑)私の住むホットな南仏ではこの焦げたワインは飲む機会がありませんが、記事を読んで飲みたくなってきました~。オレンジの皮を入れるのもおすすめです。
Commented by hare at 2006-12-19 02:00 x
イタリアではvin bruleというのですか。フランスもvin chaudの季節です。クリスマス市には必ずこの屋台がありますよね。身体があったまるし香りもいいしで大好きです。家でもたまに作りますが、部屋中がいい匂いにつつまれるのがまたいいんですよね。
Commented by haraharaman at 2006-12-19 05:23 x
ちょうど今、そのオーストリアとの国境に近い北イタリアにいますので、、、思わずコメントしちゃってまス(笑)。

Vin Brule、体がポカポカ暖まって美味しいですよネ。ちょうど先日、屋台で飲みました。季節感もたっぷりで、外で飲むというのがまたいいんですよネ(笑)。
こちらは今日はマイナス9度でした。
明日もまたこんな感じでしょうから、Vin Brule、またいってきます(笑)。
Commented by chiho at 2006-12-19 18:02 x
kawateさん>こんにちは。書き込み有難うございます。各国のビジネス文化の違いや、マナーの違いについてのサイトってありそうでなかったのですが、拝見するととても見やすくて便利だなと思いました。リンク集がなかったのですが、もし作られましたら是非、メインサイトと相互リンクをしていただければと思います。これからもがんばってくださいね。
Commented by chiho at 2006-12-19 18:04 x
yokkinaさん>へえ~、焦げたワインって言う意味なんですね。イタリア語に直訳するとvino bruciatoって感じでしょうか。フランス語と似ている言葉もあるんだなあと思いました。vino chaud もイタリア語ではvino caldoだし・・・オレンジの皮を入れても美味しそうですね。
Commented by chiho at 2006-12-19 18:06 x
hareさん>熱々のホットワインは飲む前に、湯気を吸い込むと何だかとっても良い香りがします。お家のキッチンもこのにおいに包まれるんでしょうね。
Commented by chiho at 2006-12-19 18:07 x
haraharamanさん>そちらは寒そうですね。vin bruleが本場ですよね。雪の中の屋台で飲むvin brule、何だか美味しそうです。
by lacasamia3 | 2006-12-18 06:32 | フィレンツェお薦め処 | Comments(12)