フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

村の子供達が楽しみにしているもの・・・

f0106597_17453518.jpg
まだ、村祭りを引きずっています(笑)。
さて、先週末に行った、サンタガタ村のお祭り。通常こうした村祭りは、観光客を呼ぶために企画されることが多いのですが、この村のお祭りは、あまり宣伝もされず、毎年、村民による村民のためのお祭りとして開かれるんです。
私達がこの村祭りに来るようになって、もう5年目ですが、毎年、村の子供達が(勿論私達も)楽しみに待っている出し物があります。それが左のおじさんの操り人形劇。イタリア語では、操り人形を"burattino"(ブラッティーノ)と呼び、操り人形師は"burattinaio"(ブラッティナイオ)と呼びます。村の子供達が、毎年おじさんの出し物をどの位楽しみにしているかというと・・・
去年の村祭りでは、子供達が村の入り口でおじさんの到着を待っていて、このいでたちで現れたおじさんのトランクや荷物を運んだりしていました。


f0106597_2002841.jpg
相変わらず、のんびり屋の私達は肝心の操り人形が終わった頃に村に到着(笑)。こういうイベントものは、開演時間に間に合ったことが殆どありません。



f0106597_2014740.jpg
f0106597_20151991.jpg

写真左:このおじさんの凄い所は、子供に媚びていないのに、子供達の注意を惹く事が出来ること。ちょっとレトロな、昔の学校の先生のようないでたちで、普通に子供たちに語りかけているのですが、子供たちは真剣におじさんの言うことを聞きます。そして、おじさんが、「じゃあ、皆こちらに並んで~」と命令すると、不思議とおじさんの周りに集まりだす子供たち・・・
真ん中の一段低いのがユキちゃんです。

写真右:おじさんがアコーディオンを奏で始めると、踊り始める子供たち。「はいっ、じゃあピョンピョン飛んで~」というおじさんの一言で、子供たちは音楽に合わせて、ピョンピョン飛び始めました。まるで魔法のようです。


f0106597_2022584.jpg
f0106597_2027163.jpg


おじさんが「じゃあ2人組みになって腕を組んで回ってみよう~」と言うと、子供たちは、それぞれちゃんと2人組みになって、ぐるぐる回ります。
ユキちゃんもグルグル。


f0106597_20294264.jpg
f0106597_20302683.jpg


ユキちゃんはすっかりおじさんの魔法にかかってしまいました。


f0106597_2032165.jpg
f0106597_2033367.jpg

「皆、怖いの好きか~い?」(おじさん)
「イエ~イ!!!」(子供たち)
「度胸試ししてみるか~い?」
「イエ~イ!!!」
(子供たち)

「じゃあ誰か勇気のある子、手を上げて」(おじさん)
「僕!僕!!!」(男子全員、ヨチヨチの子も含む)

おじさんは、子供を前に立たせて、張りぼてのトンカチで子供を叩くフリをし、足元にある太鼓のペダルを踏んで「ドンッ」という音を出します。
なんでもない出し物なのに、子供たちは大喜び。


f0106597_20422064.jpg
f0106597_20425763.jpg



f0106597_20435422.jpg
イタリアでビックリするのは、こうして代表者を募る時に、子供達が余り恥ずかしがらず、ほぼ全員が手を上げること。


f0106597_2046755.jpg
f0106597_20473657.jpg


おじさんについてグルグル回って・・・


f0106597_2049910.jpg
f0106597_2053243.jpg


バールにまで入って行っちゃって・・・


f0106597_20542519.jpg
最後は、皆でお辞儀をしてオシマイ。
皆、おじさんと子供たちへ拍手喝さいでした。おじさんは、テレビゲームでは味わえない、ワクワクを村の子供たちへ運んでくれます。

おじさん有難う。また来年・・・


人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by hi-vison_1103 at 2006-07-14 22:12
ユキちゃんの横顔!!!
どんどん、女の子らしく、綺麗になっていくなー(^ー^)byクロエ
Commented by Sette at 2006-07-14 22:36 x
いいですねえ、人とのふれあい。ほのぼのしていて。村の人たちのためっていうの、好きです。子供たちも本当に楽しそう。こんなに喜んでくれたら、おじさんも嬉しいでしょうね。
Commented by あお at 2006-07-14 22:57 x
こんな素晴らしいことを生業としている方がイタリアにいらっしゃるのですね。このおじ様は村から村へといつも旅していらっしゃるのでしょうか。ご自身にもお父さんの帰りを待つお子さんがいらっしゃるのかな・・・誰にでもできる仕事ではないですよね。子供を惹きつける不思議な魅力を持っていらっしゃるのでしょうね。彼の人生に興味がわく、そんな方ですね。
Commented by マスター at 2006-07-14 23:03 x
はじめまして、いつも拝見させてもらってます^^
こういう出し物って子供達にとっては
凄く強烈に心に残っていたりするんですよね
大人になってもユキちゃんが思い出したりするんでしょうね^^
Commented by taemomo at 2006-07-14 23:52 x
こんにちは~!!ごぶさたしてしまってすみませんっ  いいわね~なんかもうすっかり夏休みのような毎日で・・・おっとそうか。そちらは、早々とヴァカンスシーズンでしたっけ!こちらも いよいよ夏本番ですよ~今日は近所の神社の夏祭りに連れていかれました・・・(暑っ) 明日からは祇園祭 来週は天神祭り!し・か・し人が多すぎる~そちらの村祭りのように、参加する人が楽しめるようなお祭りがいいですね!
で、ゆきちゃん、首のところに見えてるピンクのひもは例の望遠鏡?(笑)
Commented by nana at 2006-07-15 07:35 x
ホントに素敵です… 機械的な世の中で、特別なものがなくても子供たちの心を惹きつけることが出来るなんて。 イタリアでは大人も子供も純粋なのでしょうね? おじ様の眼差しと、ユキちゃんのそれを見つめる瞳を見ていると、そう感じました。 chihoさんも日本では味わえないものを経験出来て幸せですね! 何故か、胸が熱くなりました…
Commented by serendipity_m72 at 2006-07-15 09:50 x
こういう子供たちを楽しませる行事・・いいですねぇ~♪
ゆきちゃん、とってもかわいいですね♪日本だと、ゲームなど物理的なものに頼りすぎる傾向にありますよね・・想像力を養えない日本の文化・・これから子供が欲しいと思っているので、考えさせられます。子供向きのTV番組にもアメリカ人の夫には理解できず・・子供にプラスになるとは思えない・・と呟いております。
Commented by hare at 2006-07-15 19:51 x
夏季学校の冒険物語といい、このおじさんといい、今の都会では味わえなくなってしまった何かとても大切なものを、子供たちの心の中に残してくれるんでしょうね。私も子供に返って、ここで育ちたいなぁ…(笑)
Commented by barnet46 at 2006-07-15 21:13
私の住んでいる 街 には こんな顔をした 子供を見たことがありません  俗にゆう高級住宅街 ここらの子供は携帯 塾バック 大人の顔色
をみながら 。。。何もかも背負ったちいさな大人のような いやな顔しています  いつも見させていただいて 日本はなにを 間違えたんでしょうね (皆さんような やさしい コメント でなくてごめんなさい)
Commented by chiho at 2006-07-15 23:21 x
クロエさん>寝ているときはまだまだ赤ちゃん顔なんですよ。最近はスカートにこだわったり、髪型にこだわったりと朝の支度に時間がかかって大変です。まだ、3歳半なのにねえ。
Commented by chiho at 2006-07-15 23:28 x
Setteさん>毎年、この村祭りのメインイベントのようになっています。少なくとも子供たちにとっては。
Commented by chiho at 2006-07-15 23:30 x
あおさん>子供を挽きつけるおじさんの魔法は、本当に不思議です。「ほらっ、行きなさい」なんて子供をけしかける親も居なくて、子供が自然におじさんの周りに集まって、言われるがままに踊りだすんですよ。
Commented by chiho at 2006-07-15 23:31 x
マスターさん>皆、大きくなっても覚えているんでしょうね。いつまでも元気で頑張って欲しいなあ。また来年おじさんに会えるのを楽しみにしています。
Commented by chiho at 2006-07-15 23:33 x
taemomoさん>そっか~、日本も夏祭りの時期ですね。いつかユキちゃんを日本の夜の縁日に連れて行ってあげたいなあ。キラキラして、賑やかで、楽しいですよね。そうそう、首から提げているのは、「魔法の望遠鏡」です。出掛けに慌てて探していました。
Commented by chiho at 2006-07-15 23:54 x
nanaさん>こちらの子供たちはとても純粋で、嬉しい時にはとっても嬉しそうな顔をします。テレビゲームもイタリアでは流行っていますが、こういう楽しい思い出は、子供の成長にとって大切なイベントだなあと思います。
Commented by chiho at 2006-07-15 23:57 x
serendipity_m72さん>テレビは、一時期衛星アンテナをつけて見ることが出来るようになったのですが、再びそれが壊れてしまい、ここ1ヶ月またテレビなしの生活です。ユキちゃんもそれ程見たがらないので、しばらくはこのままで良いかな?とそのままになっています(笑)。子供に想像力を与えるには、大人が想像力を失わないことが大切なんだなあと最近つくづく思います。
Commented by chiho at 2006-07-15 23:59 x
hareさん>ここでは子供たちの眼が活き活きとしています。勿論、電子ゲームも流行っていますが、まだまだ、学校の後は、公園や広場で遊ぶ子供たちを沢山見かけます。フィレンツェの市内はそうでもないかなあ?フィレンツェの街の子供たちは何処で遊ぶんだろう?
Commented by chiho at 2006-07-16 00:05 x
barnet46さん>最近、日本からおいでになるお客様からも、よく日本の子供の大変さをお聞きします。イタリアでは塾は殆どなく、小学校の頃は親が子供の勉強をみてあげ、中学以上になると、苦手な科目だけ、親がみることが出来ない場合はたまに家庭教師を頼むそうです。殆どのイタリアの子供は自分で勉強をします。昔、日本に行った時に、夜、塾鞄を抱えた小学生を駅で見かけたアントネッロが、「あの子達はこの時間まで何処に行っていたの?」と聞きました。「日本の子供は学校の後、塾へ行くのよ」というと、「じゃあ、いつ遊ぶんだい?遊ぶ時間がないじゃないか」ってビックリしていました。イタリアの小学生は、宿題が終わったら、遊びに行きます。塾が全て悪いわけではないけれど、遊ぶことも大事なんだけどなと思いました。
Commented by らふぁえろ at 2006-07-16 01:08 x
子供たちには面白いイベントだったでしょうね。
日本の子供たちはテレビゲームが多いのかな?
古き良きイタリアって感じで良いですね。

リンクさせて下さい。
Commented by chiho at 2006-07-18 01:19 x
らふぁえろさん>リンク大変光栄です。有難うございました。イタリアって人間同士の付き合い方や、家族のあり方というのは、あまり変わっていない気がします。もちろん、現代社会が抱える問題は、日本と同じですが、まだまだ家族の結びつきが強く、人との関係がとても直接的だなあと感じます。
Commented by ウメ at 2006-09-03 23:41 x
はじめまして、こんにちは。雰囲気の伝わる写真がたくさんで素敵なブログですね。一目で好きになってしまいました♪よかったらリンク貼らせてください!
Commented by chiho at 2006-09-03 23:45 x
ウメさん>こんにちは。ブログを見てくださり有難うございます。リンク大感謝です!!素人写真ですが、少しでもイタリアの空気が伝わればと思っています。これからもどうぞ宜しくお願いします。
by lacasamia3 | 2006-07-14 20:57 | トスカーナ山暮らし | Comments(22)