フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

車をフィレンツェに忘れて来ました(笑)

今日は結構バタバタな一日でした。
朝、ドライバーのレアンドロさんと待ち合わせして、ワンデイトリップの下見に、キャンティ地方に行って来ました。
朝からワインの試飲をして(いや、グラス半分くらい)、写真バシバシ撮って、フィレンツェに戻って来て、医療通訳の仕事の為に救急病院へ。手術が入ってしまったドクターを2時間程待って、やっと話が出来、待たせていたユキと一緒にバスで村に戻って来ました。
さー、帰ろうと、車をいつも停めている場所を見たら、車がなーい!!!ガーン、これはイタリア生活初めての車の盗難!と青くなっていたら、ふと、今朝、そういえばレアンドロさんの車に乗り換えた際に、フィレンツェの街の入り口にある無料の駐車場に車を置いていたことを思い出したのです(チーン)。

アントネッロに早めに帰って来てもらい、解決しました。明日は朝から仕事なので、帰りは忘れないうちに車を持ち帰らなくてはっ!

ユキは、クラスメイトでペルー人のお友達Cちゃんの宿題を手伝って、お礼に、Cちゃんのご両親がやっているペルー料理屋さんでお昼をちゃっかりご馳走になって来ました。茹でたお肉に色んなソースをかけて食べるんだそうです。いいなあ。ペルー料理食べてみたい。ペルーでは女の子が15歳になると、クインチェネーラというお祝いがあって、盛大なパーティをするか、旅行に出すんだそうです。Cちゃんはペルー以外の南米の色んな国を旅してみたいんだって。
今日は、ユキにとっては思い出深い一日になったようでした。

実はCちゃん、体が少し弱いこともあり、欠席が多くて、初めのうち、クラスの中で余り馴染めなかったんです。ユキも、何度か他のお友達とフィレンツェにショッピングに行く時に、彼女を誘ったりしたけど、「どうだった?」って聞いたら、最初のうちは「うーん、余り喋らないし、楽しんでいるんだかどうか判んないなあ」と言っていました。所が最近は、二人だけで携帯でチャットしたり、宿題を手伝い合ったりしているらしい。いつも思うのですが、ユキって、こういう子の横にスルリと入って行くのが上手。ユキ本人は誰とでも楽しんでいるんだけど、二人っきりの方が話し易そうだなという子に対してはちゃんと接し方をわきまえてる。

部屋の片付けは全然出来ないけど、友達付き合いは上手ねって思う。
ともかく・・・お部屋片付けなさいっ!

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪



Commented by la_mia_coccolina at 2017-05-12 06:58
chihoさん、こんにちは!
しっかり者のchihoさんでもこんなおっちょこちょいな一面があるのですね~。
私は逆パターン...バスで出掛けたのに駐車場に車を取りに行ってあれ?どこだっけ?があります(笑)
レアンドロさん、お元気そう♪優しい笑顔を思い出します。
ユキちゃんはさりげなくお友達に寄り添う事が出来る素敵な女の子だなぁ、とこういうお話を聞く度にいつも思います。
Cちゃん、嬉しかっただろうな♡

by lacasamia3 | 2017-05-12 06:19 | 私の独り言 | Comments(1)