フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

平和が一番だと思った

f0106597_01015584.jpg
母はとっくに日本に帰ってしまったけれど、今回、結構あちこち一緒に行ったり、色んな事を一緒にしたので、まだまだ写真が一杯あります。
ここは最初の1週間、母とTさんが泊まっていたフィレンツェのアパートのプライベートテラス。(大人気のこのアパートは現在、2017年の11月末まで予約が一杯なんです)
滅多に街に出てこないから(笑)ドゥオーモを背にしたアントネッロ、貴重な写真かも。テラスでアペリィティーボ&夕食にしました。鐘の音を聞きながら眺めた刻々と変わって行くフィレンツェの空の色が美しかった!
f0106597_01043745.jpg
その後、皆でジェラートを食べにお散歩に出ました。
エドアルドのジェラート、相変わらず手焼きのコーンが美味しい。
f0106597_01053555.jpg
皆でブラブラ歩いた真夜中のフィレンツェ。
フィレンツェは、治安が良いので、暗くなっても普通にリラックスして歩ける街です。こうして見ると、今年も、世界中からのツーリストがフィレンツェを訪れています。ジェラートを食べたり、お散歩をしたり、ヴェッキオ橋でチューしたり(笑)、大道芸人を見て大笑いをしたり、それぞれが楽しもうとこの街を訪れて、幸せな時間を過ごしています。
こういうハッピーで平和な時間がいつまでも続いて欲しいと、心から思うのでした。
f0106597_01134502.jpg
私の車で、トントコこんな所にも行きました。
私が大好きな小さな村、ローロチュッフェンナ。
f0106597_01150075.jpg
村の中心には川が流れていて、水車小屋があり、今でも小麦粉を挽いています。橋の手前の左手に降りて行く坂道に「mulino=粉挽き所」という表示があったので行ってみました。
f0106597_01162355.jpg
丁度開いていて、粉引き所の中を見せてもらえました。
石臼は3つあって、トウモロコシの粉、小麦粉、栗粉を挽く為に、それぞれ使っているのだそうです。
f0106597_01174029.jpg
お爺ちゃんは2代目。
今は三代目の息子さんがこの粉挽き所をやっています。息子さんは木工職人だったそうですが、仕事を辞めて、お父さんの跡を継いで、この粉挽き所で小麦粉を挽いているのだそうです。ここで挽いた粉を買う事も出来ます。

いつ開いてるの?って聞いたら、「毎日」だって。息子さん曰く、お父さんは体が続く限り、毎日粉挽き所に来てここで座っているんだそうです。
また、たまに「元気かな?やってるかな?」ってたまに訪ねて行きたくなる場所が増えました。

あとちょっと母との「夏の思い出話」が続きます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

Commented by patola at 2016-09-08 10:53 x
イタリアの村の空にぽかりぽかり白い雲が浮かんでいる写真に見とれています。静かで平和な光景。どこに価値を置くかで人生は随分変わるのだろうなと思いました。
Commented at 2016-09-08 16:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-09-09 00:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lacasamia3 at 2016-09-09 02:33
patolaさん、長く続いて来たものを大切にしながら、贅沢は出来なくても、食べて行けることが出来れば良い、そういう価値観の人はこの国には割とたくさん居ると思います。
Commented by lacasamia3 at 2016-09-09 02:34
鍵コメNさん、いつか是非、フィレンツェにいらして下さい。きっとその日が来ると思います!!
Commented by lacasamia3 at 2016-09-09 02:37
鍵コメaさん、この粉、そっちに届いたのねー!村の人が大切にしている河の水の動力だけを使って挽いた粉だから、余計に美味しいと思うな。美味しいパンが焼けると良いね。水車小屋、我が家の近くにはまだ幾つか残っているのよ。
Commented by shintaromaeda at 2016-09-09 19:54
初めまして。
こちらの記事からはゆっくりと流れる時間を感じるとともに古くから広がる街並と長い年月働いている粉引き、料理を見ているうちに「平和が一番だと思った」というのが納得出来る様に思えました。
Commented at 2016-09-11 01:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by lacasamia3 | 2016-09-08 01:22 | フィレンツェという町 | Comments(8)