フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

朝帰りの結婚式

f0106597_00501843.jpg
昨日は、10年間付き合っていたドイツ人JちゃんとS君の結婚式で、フィレンツェを挟んで反対側の郊外に行ってきました。
偶然にもそこは、私たちが4年間、今の家を購入するまで仮住まいをしていた家のすぐそば。懐かしい風景でした。
結婚式は街の中の素敵なお城で。市の所有物件なので、申請すると市長さんもしくは市長代理が出張して来て、市役所と同じ様に、結婚式を執り行ってくれるんです。それを知っていれば!私たちもそうすれば良かったなあ。16年前、私たちは、何も知らずに大学の講堂のような市役所の中の広間で結婚式を挙げたのでした。
f0106597_00545309.jpg

10年間同棲して、思う所、あって結婚した二人。とっても幸せそうでした。

奇しくも、この日は、サッカーのヨーロッパリーグ、イタリアVSドイツの試合が21時からあり、披露宴会場となったアグリツーリズモのお庭にも特大スクリーンが設置されていました。
Jちゃんの実家ミュンヘンから来たドイツ人のお友達やご家族20人程、S君の実家ナポリから来たイタリア人のご家族15人+フィレンツェ人多数(+α)で100人程で観戦しました。

南ドイツ人と南イタリア人って南同士、結構似ているのかもと思った私。それにしても大量にミュンヘンから樽で持って来てもらったビールが凄く美味しかったです。さすがビールの国。

きわどいPK戦の結果、ドイツの勝利。
f0106597_00591807.jpg
切り替えの早いイタリア人は、ガンガン飲んで、サッサと踊り始める(笑)。
f0106597_01012041.jpg
20年振りに再開したリッカルド君。
昔、フィレンツェの色んなイベントで良くDJをやっている時に知り合った友人です。ずっと続けているのが素晴らしい。
皆がズンドコ踊っている間、私は友人Mちゃんの人生相談に付き合っていました。知り合ったときは22歳だったけれど、現在28歳でした。内面的に随分成熟したMちゃん。伸びしろがまだある世代って羨ましい・・・。

途中でユキはサッサと車に寝に行き、結局、私たちが会場を後にしたのは朝の5時。空がうっすらと明るくなっていました。凄い久しぶりに朝帰りをして、ぼーっとしています。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

Commented by sn0115 at 2016-07-06 13:47 x
知りたいですね。知り合いのFiorentina も小学校4年生と来年1年生がいて 先月結婚するの❗と喜んでいました。結婚はイタリアではどう言うことと捉えているのでしょうか? 日本以外は 同棲しても結婚は別と考えるのでしょうか? その背景はどの様な事なのでしょうか? ご意見をお聞きしたい。私見で結構です。
Commented by lacasamia3 at 2016-07-06 16:07
sn0115さん、同じイタリアでも、余り結婚にこだわらない北と保守的な南、または都市部と地方で随分と考え方が違うと思いますが、私が居るフィレンツェでは、結婚するしないにはあまりこだわりはないと思います。日本の様に苗字が変わることもないので。友人も、経験なクリスチャンですが、三人の子供の長男が10歳になったのをきっかけに、結婚しました。人生の何かの区切り、記念日という捉え方かも知れません。
by lacasamia3 | 2016-07-04 01:09 | トスカーナ山暮らし | Comments(2)