フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

期間限定!ヴァザーリの回廊ツアー

f0106597_05273475.jpg
アップが遅れましたが、水曜日にヴァザーリの回廊ツアーに行きました。
何度か入った事があるのですが、今回は日本語ツアーで、初めて日本人のガイドさんの説明付きでした。英語のツアーにくっついて、でもちゃんと日本人のガイドさんが付いていて、お客様には、イヤホンが配られ、日本語で丁寧に説明してくれる声が、耳元で心地よく聞こえます。


f0106597_08043525.jpg
ここがヴァザーリの回廊の始まり、階段の上が、ウフィッツィ美術館の展示室のある階です。ヴァザーリの回廊が出来た当時は、現在の展示室の階はまだ建造されておらず、後から1階分建て増しをしたので、かなりの段差があります。
f0106597_05453188.jpg

こちらがヴァザーリの回廊。
結構狭くて、アラームのシステムがないため、25人1グループになり、それに美術館の係員が1人付いて、一緒に移動して行きます。そのため、通常は一般公開がされておらず、こうして、現地の旅行会社が企画するツアーに乗っかって行く形となるのです。今までは日本語のツアーがなかったのですが、人数が集まり易い英語のツアーと一緒に行く事で、日本語ツアーも2名以上集まれば開催可能になりました♩
f0106597_05485745.jpg
やはり日本語で説明して頂けると、自分が余り知らなかった画家にも興味が持てて、とても面白い体験になりました。
窓から覗くフィレンツェの街角もまたここの回廊ならでは。
f0106597_05513477.jpg
穴から見るアルノ河。
ヴェッキオ橋の上も通って河を渡ります。
f0106597_05522035.jpg
そしてヴェッキオ橋の真ん中あたりには第二世界大戦時にヒトラーが「見晴らしを良くする為」に開けさせた大きなガラスの窓があります。
f0106597_05575899.jpg
こちらはデューラーの肖像画。
結構、それぞれの作品や作家について、面白い話をガイドさんから聞きましたが、それは是非ツアーに参加して楽しんで下さい。
f0106597_06311610.jpg
今回の新しい発見は、肖像画と言っても、描く画家に寄り本当に様々。自分をどう見て欲しいか、それぞれに違いがあり何とも奥深いです。最後の方の近代、現代の画家達の肖像画もとても面白かったです。
この作品は、イタリア人画家アントニオ・マンチーニ。うちの近くにこんなお爺ちゃんが居るなあ。

f0106597_06012765.jpg
アルノ河を渡り、終点のピッティ宮殿に向かう途中、サンタフェリチタ教会のファサードの上も通ります。わざわざ教会側に穴を開け、直接ミサを聞ける様にもされています。
f0106597_06034703.jpg
最後はピッティ宮殿の真横に出ます。ここでツアー終了。
1時間半タップリ説明してもらえて、大満足でした。

現在、こうしてツアー形式限定での公開も8月末までで、9月以降はまだ判らないとの事。
なので、今の所、期間限定のツアーですが、毎週、水、金、日の3日間、開催されています。ウフィッツィ美術館とヴァザーリの回廊を両方周るツアーもあり、そちらも日本人のガイドさんが付いて、丁寧に説明してくれます。

【期間限定ヴァザーリの回廊ツアー 現在〜2016年8月31日まで】

ヴァザーリの回廊ツアー 所要時間1時間30分 開催水、金、日曜
スタート12時(集合11時45分)、終了予定13時30分
お一人様65ユーロ 
お一人様からご参加頂けます(合計で2名様以上集まった場合に開催されます)

ウフィッツィ美術館+ヴァザーリの回廊ツアー 所要時間3時間半 開催水、金、日曜
スタート9時45分(集合9時30分)、終了予定13時30分 間30分の休憩が入ります。
お一人様85ユーロ
お一人様からご参加頂けます(合計で2名様以上集まった場合に開催されます)

どちらも、お支払いはお申し込み時にカードでして頂き、開催日より48時間以上前にキャンセルのご連絡を頂いた場合は全額返金、48時間前から24時間前までにご連絡を頂いた場合は50%が返金されます。一方、開催より24時間を切った時点でキャンセルのご連絡を頂いた場合は、全額返金されません。

ご希望日の3日前までお手配可能なので、お気軽に info.lacasamia@gmail.comまでお知らせ下さい。

追伸:以下のページにアップしました♩

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-05-30 06:16 | フィレンツェという町 | Comments(0)