フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

家族でフィレンツェへ

f0106597_04292281.jpg
日曜日は、ストロッツィ宮殿で開催されている「グッゲンハイム展」に行ってきました。
f0106597_04303122.jpg
山を下りて、家族揃ってフィレンツェのチェントロに行くなんて、いつ振りだろう?
お天気だったから、日曜日の街は、ツーリスト以上にフィレンツェの人たちで賑わっていました。
f0106597_04314688.jpg
ジェラート屋さんも行列。と言っても日本の行列に比べたら、行列とは呼べない程、待ち時間はちょっとだけですが。

f0106597_04332303.jpg
木工職人はこんなものに惹かれるらしい。何度もこの前を通った事があるのに、アントネッロに言われるまで気づかなかったのですが、昔、食べ物屋さんだったんでしょうね。上の部分を開けるとそのままお店のカウンターになっちゃう扉。

展覧会は素晴らしかったです。リヒテンシュタインやポロック、デュシャン、ピカソなど20世紀を代表するアーチスト達の作品は、本物の作品を見るという事の意味を感じさせてくれる迫力がありました。
f0106597_04492826.jpg

シュールな作品が好きなユキが一番グッと来たのは、このイヴ・タンギーという画家の「宝石箱の中の太陽」(1937年)
何処までが砂漠で何処からが空なのか判らない、その曖昧さが好きなんだそうです。
有名どころの作品も素晴らしいのですが、100点以上の展覧会の場合、新たに好きなアーチストを見つけられる事が面白い。イヴ・タンギーの他の作品も見てみたいな。
 
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

by lacasamia3 | 2016-04-06 05:35 | フィレンツェという町 | Comments(0)